タグ:蔵王 ( 173 ) タグの人気記事

2018年 02月 11日
蔵王・南屏風岳東壁滑降から水引入道周回 ~ 2018年2月10日
f0170180_08505173.jpg


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m) 水引入道(1,656m)
山行期間   2018年2月10日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・F井・O島)
行程     白石スキー場6:58~ゲレンデトップ7:37~不忘山9:42~南屏風岳10:58~東壁滑降11:16~昼食(コガ沢)11:40-12:15~
       水引入道13:30~林道14:45~白石スキー場15:02
行動時間   8時間4分
移動距離   10.9km
累積標高差  ±1,331m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-02-11 10:32 | 山スキー | Comments(2)
2018年 02月 02日
蔵王・不忘山 ~ 2018年2月2日
f0170180_22461220.jpg

不忘山の雪の状況を見に行ってきた。ヘッデンを点けてゲレンデトップまで快調に登る。オフピステに入ると前回(1月14日)より積雪が50センチ以上増えている感じだ。ヤブもかなり埋まってきてだいぶ歩きやすくなってきた。20センチほどの沈み込みで軽いラッセルが続く。午前6時を過ぎるとヘッデンなしでも歩けるようになった。1,400mを超えるとガスがかかり始める。南屏風の東斜面はもちろん不忘山頂も見えない。引き返そうかとも思ったが、せっかくだから山頂を踏むことにした。あわよくば最後までスキーで登れるかと思ったが、やはり無理で20mほどツボ足で登り山頂を踏む。風もないが視界もないので長居は無用だ。雪面の凹凸が見えにくく1回転倒したものの、それ以降は順調に滑り降りる。開業前のゲレンデをコース幅いっぱい使って滑り降りる。3時間ちょっとの山行だった。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2017年2月2日(金)
山行形態   山スキー
天候     曇り・上部ガス
参加者    単独
行程     白石スキー場5:03~ゲレンデトップ5:41~不忘山7:30-7:35~白石スキー場8:16
行動時間   3時間13分
移動距離   7.1km
累積標高差  ±867m



by torasan-819 | 2018-02-02 12:26 | 山スキー | Comments(0)
2018年 01月 14日
蔵王・不忘山 ~ 2018年1月14日
f0170180_00111605.jpg

午後から散歩気分でちょっと不忘山へ。ヤブのうるさい林へ入って登っていく。天気は良いが気温はマイナス8度と低い。そのおかげで雪はややサンクラストしているものの柔らかい。ゲレンデトップ辺りからは、この頃定番にしているコガ沢右岸肩ギリギリのラインで登る。他のトレースはツボ足の1本と獣のが多数。キンキンに冷えた空気が心地良い。ひとりで黙々と登っていると野兎が駆けていった。そのうち冷たい指が痛くなってきた。太陽も尾根の向こうに隠れたので16:17で登るのをやめた。標高1,500m辺りまでと思っていたが1,320mまでしか登れなかった。昨日の疲れもあるにはあるが、以前と比べてスピードがめっきり落ちてきたようだ。年齢的に仕方ないのだと自分に言い聞かせる。下山はスキーの機動力が最大に発揮される。何度か立ち止まりながらも20分程度でスキー場まで滑り降りた。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,320mまで)
山行期間   2018年1月14日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り
参加者    単独
行程     白石スキー場14:23~ゲレンデトップ付近15:30~1,320m地点16:17-16:25~白石スキー場16:50
行動時間   2時間27分
移動距離   5.0km
累積標高差  ±481m



by torasan-819 | 2018-01-14 22:52 | 山スキー | Comments(0)
2018年 01月 08日
蔵王・不忘山 ~ 2018年1月8日
f0170180_22124531.jpg

午前中は所用があったので午後から地元の不忘山へと向かった。センターハウスに登山届を出すと第3リフトに乗る。Eコースゲレンデトップでシールを貼り歩き出す。トレースは見当たらず今日はこちら側からは誰も登っていない模様。薄日が差す天気でほぼ無風と穏やかだ。不忘山はヤブがうるさいことで有名?で、あまり山スキー向きとは言えない。しかし、地元の山でもあり、1,500mを越えればヤブも気にならなくなり展望も広がるので足繁く登っている山なのだ。今シーズンは雪の降り始めは早かったが、その後の降雪があまりなく積雪量は少な目だ。なるべくヤブの薄いところをと左寄りのラインを取り登る。相方のО田さんに合わせてゆっくりと登る。15時を過ぎたがもう少し登ると不忘山の山頂が見えてきた。標高1,630m地点で今日はここまでとする。下りは登りより難しい。右へ左へとヤブを避けながらなので満足な滑りにはならない。斜滑降+キックターン+横滑りで下降していく。山スキー経験の少ないО田さんは苦労している様子。慣れるには場数を踏むしかない。ゲレンデトップまで戻るとリフトの営業終了で、パトロールがゲレンデ確認に滑ろうとしていた。挨拶をして客のいないゲレンデを滑り降りる。センターハウスでひと息ついて帰宅した。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,630mまで)
山行期間   2018年1月8日(月)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・О田)
行程     白石スキー場12:51=ゲレンデトップ13:07~1,630m地点15:16~ゲレンデトップ16:31~白石スキー場16:37
行動時間   3時間30分
移動距離   5.1km
累積標高差  +495m -787m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-01-08 22:40 | 山スキー | Comments(0)
2017年 12月 31日
蔵王・刈田岳 ~ 2017年12月31日
f0170180_07184857.jpg



山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2017年12月31日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・K藤)+sharizakaさん
行程     すみかわスキー場6:16~ゲレンデトップ7:09~刈田岳8:40~避難小屋8:50-9:30~井戸沢滑降3本~すみかわスキー場11:40
行動時間   5時間24分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-12-31 20:15 | 山スキー | Comments(0)
2017年 12月 24日
山スキー講習会・刈田岳 ~ 2017年12月24日
f0170180_03224866.jpg

今シーズンから山スキーをやりたいという方が3名現れたので講習会をやることにした。サポート及び足慣らしのメンバーも可として告知したところ9名パーティーとなった。場所はすみかわスキー場から刈田岳にした。スキー場をベースにしての山スキーが容易であり、雪上車道を利用できるという利点がある。


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2017年12月24日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    9人(L:トラ山・S木・W井・K藤・※M戸・※K玉・※О田・S山・M上)※初山スキー
行程     すみかわスキー場(講習)9:00-9:45=ゲレンデトップ10:05-10:19~刈田岳避難小屋12:42~昼食13:12-13:37~
       ゲレンデトップ13:56~すみかわスキー場14:10
行動時間   3時間51分
移動距離   9.7km
累積標高差  +464m -748m



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-12-24 22:33 | 山スキー | Comments(0)
2017年 11月 26日
今シーズン初滑り ~ 2017年11月24日
f0170180_01090102.jpg


5日前の沢登りでは寒気が入り雪が降ったが、その寒気による降雪で月山はかなり積もったらしい。それではと24日に月山を計画したが、所用で遠出が出来なくなり地元の蔵王に変更した。すみかわスキー場着が既に10時を過ぎており、ガスと風も言い訳にしてゲレンデでの足慣らしに止めることにした。すみかわスキー場に着くと気温はマイナス2度で積雪深は15~20センチほど。久しぶりの雪の感触を味わいながら足慣らしにゆっくり歩く。相棒は今日はボードにしたのでスノーシューだ。50分ほどかけてあとみゲレンデトップに到着。斜面の積雪深は20~40センチ程度で、少しブッシュも出ているが十分滑走可能な状態。まずは1本いただく。1か所底つきしたが気持ちよく滑ることができた。登り返して3本滑ってゲレンデの真ん中で昼食。昼過ぎから気温が下がってきたので雪はさらに軽く良い感触になった。午後からも3本滑って満足。良いスキーシーズンインとなった。



その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2017-11-26 00:53 | 山スキー | Comments(4)
2017年 09月 09日
蔵王・M沢 ~ 2017年9月3日
f0170180_12440480.jpg

宮城県山岳連盟の遭難対策訓練に参加。場所は蔵王のM沢。天気は良かったが山は涼しくて爽やかだ。総勢13名で沢に入り遡行。普通なら残暑のこの時期だが、この気温では積極的に水に入る気にはなれない。両岸は岩壁が続き、滝を巻くときはロープを出しての登攀訓練となる。今回は4班に分けて各々の判断で登る。初めてリードした人もいた。風が強そうな稜線には出ずに山腹を巻いて戻った。蔵王古道を下って駐車地点に戻り終了。※今回は手抜き記録です。


山域山名   蔵王・M沢
山行期間   2017年9月3日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    13人
行程     賽ノ磧7:35~入渓9:10~訓練~大黒天15:00~賽ノ磧15:35
行動時間   8時間
移動距離   8.2km
標高     最低点1,110m 最高点1,580m
装備     ロープ50m×4・30ⅿ×4



他の画像はこちら

by torasan-819 | 2017-09-09 05:29 | 沢登り | Comments(0)
2017年 08月 14日
蔵王・熊野岳 ~ 2017年8月14日
f0170180_21485592.jpg


中3の息子は部活動が実質終了してしまったので体を持て余している。山を歩いてくるかと声をかけたら2年ぶりに付き合ってくれることになった。サッカーで忙しくしていた頃には考えられなかったことだ。体力的にはとうの昔に追い越されており、息子から相手にされなくなって久しい。それだけに我が耳を疑ったと言えばオーバーかもしれないが、そのくらい珍しいことだ。このところずっと天気が良くないが、今日も時折雨が降る空模様。しかし、ライブカメラで見ると蔵王のお釜周辺は青空も見えている。コースを大黒天から刈田岳を経由して馬の背から熊野岳のピストンにして登ってみることにした。

観光客に混じって大黒天から登る。自分の息は荒くなってくるが息子は鼻歌気分だ。刈田岳の大勢の観光客を横目に馬の背へと降りていく。流れるガスにお釜は見え隠れしている。刈田リフトの分岐を過ぎると、ガスがちということもあり観光客はほとんどいなくなる。熊野岳避難小屋を経由して熊野岳山頂へ。熊野岳は蔵王連峰の最高峰だが、息子はなんだこんなものかという表情。聞いてみるともっと岩場の厳しい登りがあると思っていたようだ。復路の途中で結構雨が降ってきた。寒くはないので息子共々濡れるに任せる。刈田岳を過ぎると雨もおさまったが、首にかけていたタオルを絞ると随分水が出た。大黒天に駆け下って息子とのハイキングは終わった。今度また付き合ってくれるのはいつのことだろうか。


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m) 熊野岳(1,841m)
山行期間   2017年8月14日(月)
山行形態   ハイキング
天候     曇り時々雨
参加者    2人(L:トラ山・息子)
行程     大黒天14:11~刈田岳14:40~熊野岳避難小屋15:06~熊野岳15:12-15:16~刈田岳15:40~大黒天16:04
行動時間   1時間53分
移動距離   7.7km
累積標高差  未計測



その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2017-08-14 23:40 | | Comments(3)
2017年 07月 23日
南屛風岳・コガ沢滝沢 ~ 2017年7月22日
f0170180_09374236.jpg


南屏風岳東面を集水域とするコガ沢は、これまで何度か遡行している。コガ沢には何本か枝沢が入るが、その一つである滝沢は未遡行なので機会があればと思っていた。22日は予定がキャンセルで空いてしまったので、滝沢をに行ってみることにした。パートナーは急な誘いにも乗ってくれることの多いF井さん。沢登りの経験はまだ少ないF井さんだが、ちょうど良いトレーニングにもなるだろう。


山域山名   蔵王 南屏風岳 コガ沢・滝沢
山行期間   2017年7月22日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れのち曇り
参加者    2人(L:トラ山・F井)
行程     白石スキー場7:40~入渓8:43~権現沢出合9:45~10mナメ滝10:28~滝沢出合12:30~20m涸れ滝14:06~
       稜線登山道15:13-15:30~不忘山15:57~白石スキー場17:55
行動時間   10時間15分
移動距離   9.5km(参考値)
標高     最低点840m 最高点1,770m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m)



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-07-23 12:26 | 沢登り | Comments(0)