タグ:蔵王 ( 158 ) タグの人気記事

2017年 01月 24日
蔵王・不忘山 ~ 2017年1月22日
f0170180_1345749.jpg


白石スキー場をスタートしてゲレンデ脇を登る。雪不足にあえいでいたスキー場も、この頃の降雪でやっとひと息ついたという感じだ。40分弱でEコースのゲレンデトップまで登り、そのまま林の中へ入る。昨日のものだろうスノーシューのトレースがあり使わせてもらう。トレースはブッシュを避けてくねくね曲がり、スキーではちょっと歩きにくい。時折青空から日も差し風も穏やかでハイキング気分だ。それにしても不忘山のヤブは年々濃くなっているような気がする。自分としては温暖化による気温上昇や降雪量の減少が原因ではないかと疑っている。1400mで東尾根の稜線に合わせるが、まだ灌木がうるさい。1500m辺りまで登るとやっと灌木もなくなり歩きやすくなる。その代わり風とガスが出てきたが、不忘山ではいつものことだ。フードを被って登っていくと、山頂まであと少しというところでガスが晴れた。視界があるのでスキーのまま登高を続けて山頂を踏んだ。凪なのかほぼ無風となり自分だけの山頂は無音の世界だ。吾妻連峰を眺めれば雲で霞んでいる。天気の良さに気を良くし先へと進む。予定では権現沢の源頭まで行くことにしている。地形図で1,732m標高点のアイハギの峰の東斜面だ。不忘山頂からコルまでの下りの稜線は、さすがにスキーは無理なのでツボ足である。にわかに風が強くなってきて、稜線からは雪煙が舞うようになる。コルからはスキーに替える。アイハギの峰手前から権現沢源頭の斜面へとトラバースする。シールを剥がして滑降準備を整えたが、吹き付ける風が厳しい。雪煙で視界不良の斜面は白一色で、雪面の凹凸がよく見えない。意を決して斜滑降をしてみたが酔いそうである。風に叩かれた雪面は固くて雪崩の心配は無いが、快適な滑降とはならないようである。今回は権現沢源頭の滑降は見送り、コルへと再トラバースして戻ることにした。風に遊ばれてもたつきながら不忘山頂へ戻る。視界は無く白一色である。スキーに替えて少し下ると3人パーティーとスライド。結局この日見かけたのはこの3人だけだった。うるさい灌木を縫うようにして下り、スキー場へと戻った。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2017年1月22日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ・上部ガス
参加者    単独
行程     白石スキー場6:43~ゲレンデトップ7:21~不忘山9:43~P1732直下10:31~不忘山11:36~白石スキー場12:46
行動時間   6時間3分
移動距離   9.0km (GPS計測)
累積標高差  ±1,009m (GPS計測)



その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2017-01-24 00:04 | 山スキー | Comments(2)
2017年 01月 22日
蔵王・刈田岳 ~ 2017年1月21日
f0170180_2211540.jpg

樹氷が時期的にはそろそろ見頃ということと、井戸沢源頭が滑られるのではないかと期待し、いつものメンバーを誘った。すみかわスキー場では青空も見え風も弱いが山頂方向はガスの中だ。とにかく登ってみようと歩き始める。ゲレンデトップからは積雪量はまだ少ないが中央コースを歩くことが出来る。20センチほどのラッセルだが雪は軽いのでサクサク進む。小沢の横断箇所で自分が先頭で沢に降りたところ、突然右岸が雪崩れて半身が埋まった。表層雪崩だ。右岸斜面は高さ5mほどしかないが、吹き溜まった雪がまだ安定していないところにショックを与えてしまったようだ。井戸沢で雪崩に遭遇した以前の経験が頭をよぎる。今日は井戸沢源頭はやめようと思った。風に叩かれながら剣が峰の稜線を登り避難小屋に逃げ込む。ゆっくりと早めの昼食を取って外に出たが、状況は変わらずガスの中。このガスでは雪崩の懸念以前に井戸沢源頭にはドロップできない。ハイライン寄りに下がっていくと視界が戻ってくる。井戸沢源頭の南隣になるこの斜面は斜度も緩く雪崩の心配も少ない。まずは1本滑ってみる。気持ち良く滑ることが出来たので登り返して2本目の滑降。たまたまいたテレマーク男性を誘って登り返し3本目を滑って満足。時間的にはまだ余裕があるが、余韻を残して今日はこの辺にすることにした。お目当ての樹氷はまだ生育途中という感じ。いずれにしても晴れの日を狙って再訪したいと思う。中央コースで下山して青根温泉じゃっぽの湯で暖まり帰宅。
※井戸沢の雪崩について補足


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2017年1月21日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ・山頂部ガス
参加者    3人(L:トラ山・K藤・F井)
行程     すみかわスキー場7:57~ゲレンデトップ8:45~刈田岳避難小屋10:36-11:46~滑降3本12:11-13:13~すみかわスキー場13:56
行動時間   5時間59分
移動距離   10.0km (GPS計測)
累積標高差  ±853m (GPS計測)



その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2017-01-22 20:13 | 山スキー | Comments(2)
2016年 12月 19日
蔵王・刈田岳 ~ 2016年12月18日
f0170180_0302690.jpg

蔵王の雪の状況を確認しに刈田岳に登ることにした。すみかわスキー場から雪上車道を歩く。雪はまだまだ少ないが地面が見えているということはない。まだリフト運転開始前のあとみゲレンデを登ると、斜面には所々ブッシュも見えるが滑降はできるようだ。中央コースの灌木は全然埋まっていないので、ゲレンデトップからは再び雪上車道を歩く。雪上車道は大黒天でエコーラインに合わせると、前方に先行者が4人見えた。追いつくと白峰会の良く知っている面々で、以後一緒に行動することにした。


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2016年12月18日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    単独 ※大黒天から白峰会パーティーと同一行動
行程     すみかわスキー場8:30~ゲレンデトップ9:15~大黒天9:47~刈田岳避難小屋11:16-12:03~すみかわスキー場13:09
行動時間   4時間41分
移動距離   12.7km (GPS計測)
累積標高差 ±691m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-12-19 00:20 | 山スキー | Comments(4)
2016年 09月 12日
南蔵王の不忘山へ ~ 2016年9月10日
f0170180_2357796.jpg

息子のサッカーが終わってから不忘山へひと登り。このところ仕事で忙しかったので、山は2週間ぶりとなる。硯石登山口には、午後3時近くにしては車が多い。白石スキー場への道が先日の台風で壊れたので、こちらに回ってきた登山者がいるようだ。登っていくと、4人の単独男性とすれ違う。「これからですか?大変ですね。」と声をかけられる。大変といえば天気が良くて暑いのが大変。トレーニング登山なので、心拍数が上がりすぎない程度に頑張って登る。自分としてはまずまずのタイムで山頂に到着。午後4時を過ぎているのに男性が1人いる。こんな時間にと思うが、自分もなので人のことは言えない。10分間休憩してから早足で下山。1時間弱で登山口に到着。気持ち良い汗をかくことが出来た。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2016年9月10日(土)
山行形態   無雪期一般登山
天候     晴れ
参加者    単独
行程     硯石登山口14:48~山頂16:13-16:23~硯石登山口17:17
行動時間   2時間29分
移動距離   7.7km
累積標高差  ±1,025m



by torasan-819 | 2016-09-12 23:57 | | Comments(4)
2016年 06月 07日
花の南蔵王へ駆け足山行 ~ 2016年6月5日
f0170180_23351835.jpg

所要を済ませて午後から不忘山へと向かった。不忘山の花の便りが聞こえていたので、半日時間があれば登るつもりでいた。午後から登るのは登山のセオリーからは外れるかもしれないが、花は待ってくれないのだ。硯石登山口から登っていくと真っ赤なヤマツツジが目立つ。下山するパーティーとすれ違いながら不忘山へ。いつもはほとんど出合わないのだが、3パーティーもいたのは花の時期だからだろう。ウラジロヨウラクやサラサドウダンはこれからという感じ。シロヤシオ、ハクサンチドリ、ナナカマド、ニガイチゴなどに目をやりながら登る。不忘の碑を過ぎると山頂まではコイワカガミやハクサンイチゲ、ミヤマキンバイ、シラネアオイなどが見られる。少し昨日の疲れはあるものの、体調は良いので予定通り南屏風岳まで足を伸ばすことにする。
山頂過ぎるとハクサンイチゲが多く、ユキワリコザクラが文字どおり花を添える。ミネザクラはほぼ終了だが、登山道脇で1箇所にだけあるミヤマオダマキは健在で、、ミツバオウレンも小さな花を咲かせている。鞍部から登りになるとアズマシャクナゲやチングルマが見られるようになる。南屏風岳の山頂ではミネズオウに出会うこともでき、短くも楽しい花旅だった(でもホントはゆっくり時間をかけて歩きたいのですよ)。


  山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m) 南屏風岳(1,810m)
  山行期間   2016年6月5日(日)
  山行形態   無雪期一般登山
  天候      晴れ時々曇り
  参加者    単独
  行程      硯石登山口14:16~不忘山15:46~南屏風岳16:16-16:25~不忘山16:50~硯石登山口17:52
  行動時間   3時間36分
  移動距離   9.7km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,248m (GPS計測)



その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2016-06-07 23:15 | | Comments(6)
2016年 03月 10日
蔵王・澄川源頭からの北屏風滑降 ~ 2016年3月5日
f0170180_20475746.jpg

前日に続き天気が良さそうな日曜日、地元である南蔵王の屏風岳東斜面の通称北屏風を滑ることにした。やはりシーズン中に1度は北屏風を滑らないと気が済まない。メンバーはいつもの藤◯さんにその友人の小◯さんも加わり3人パーティーだ。北屏風へのアプローチルートは定番の後烏帽子岳からではなく、すみかわスキー場から澄川源頭を登るという、いわば裏ルートとでも呼べそうな計画とした。ちなみに自分は後烏帽子岳からアプローチしたことは何故か1度も無い。


  山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m)※1,760mまで
  山行期間   2016年3月5日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れのち曇り
  参加者    3人(L:トラ山・藤◯・小◯)
  行程      すみかわスキー場8:42~井戸沢9:42~金吹沢10:53~澄川11:32~稜線(1760m)13:14-13:46~
          休憩14:24-14:45~秋山沢コース口15:42~神嶺林道デポ車16:15
  行動時間   7時間33分
  移動距離   15.4km (GPS計測)
  累積標高差 +1,003m -1,514m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-03-10 23:39 | 山スキー | Comments(6)
2016年 03月 06日
蔵王での雪洞山行 ~ 2016年2月27日・28日
f0170180_15572442.jpg
雪洞に泊まってみたいという三◯さん(utinopetika2さん)の企画で、蔵王の刈田峠で雪洞山行と相成った。そのきっかけとなったのは2年前の山行が原点らしい。三◯さんは2日前に深◯と川◯の3人で下見を実行。小屋にデポもしたというから用意周到である。雪洞は刈田峠避難小屋のすぐ近くに作る予定。参加人数も多いので、何かアクシデントがあっても対応可能にとのことだろう。


  山域山名   蔵王連峰 刈田峠
  山行期間   2016年2月27日(土)・28日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    7人(L:三◯・深◯・川◯・◯樹・後◯・yoshiki・トラ山)
  行程      27日 すみかわスキー場12:00=ゲレンデトップ12:25-12:35~南蔵王縦走路口13:52~刈田峠避難小屋14:10
          28日 刈田峠避難小屋7:52~撤退8:35~南蔵王縦走路口9:32~すみかわスキー場10:44
  行動時間   27日 1時間35分 28日 2時間52分
  移動距離   未計測
  累積標高差 未計測



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-03-06 10:28 | 山スキー | Comments(12)
2016年 02月 25日
蔵王・秋山沢コース ~ 2016年2月21日
f0170180_863816.jpg
東北特に太平洋側の山はどこもかしこも強風の予報。スキー場は軒並みクローズだ。それを承知で翌週の山行の下見を兼ねてすみかわスキー場まで行ってみた。しかし、やはり風が強すぎて歩くのは断念。では標高を下げようということで、樹林帯の秋山沢コースへと変更した。昨日登った馬ノ神岳は秋山沢を挟んで南側になり、秋山沢コースは北側になる。秋山沢コース入口へは東北大学蔵王観測所から歩こうと向かったが、牧場で一部に積雪があり進めない。やむなく戻って今度はえぼしスキー場の手前で、神嶺林道から歩くことにした。昨日は神嶺林道の南端から歩いたが、今日は北端から歩くということになった。秋山沢コース入口までは2.6キロほどの距離だ。


  山域山名   蔵王連峰 秋山沢コース
  山行期間   2016年2月21日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    単独
  行程      駐車地点12:03~秋山沢コース入口12:58~1,195m地点15:00~秋山沢コース入口15:38~駐車地点16:17
  行動時間   4時間14分
  移動距離   10.5km (GPS計測)
  累積標高差 ±860m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2016-02-25 18:04 | 山スキー | Comments(2)
2016年 02月 21日
蔵王・馬ノ神岳 ~ 2016年2月20日
f0170180_21232822.jpg
南蔵王に馬ノ神岳という山がある。読み方は「まのかみだけ」といい、他には無いこの山だけの名称だ。主稜線から少し離れた東に位置し、目立つ山では無いが山頂は屏風岳格好のビューポイントである。特に冬の真っ白な屏風の壁は、眼前に迫ってくるようで迫力があり、一見の価値ありだと思う。登山道が無い山なので、登るには積雪期がお勧めである。夏はヤブこぎを覚悟せねばならない。自分はこれまでにスノーシューと山スキーで計4回登っているが、この頃はご無沙汰していたので5年ぶりに登ってみることにした。


  山域山名   蔵王連峰 馬ノ神岳(1,551m)
  山行期間   2016年2月20日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    単独
  行程      スキー場10:16~支尾根取り付き11:07~馬ノ神岳13:32-13:41~林道14:34~スキー場15:21
  行動時間   5時間5分
  移動距離   11.1km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,020m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2016-02-21 02:12 | 山スキー | Comments(0)
2016年 02月 19日
蔵王・後烏帽子岳 ~ 2016年2月13日
f0170180_1143697.jpg

  山域山名   蔵王連峰 後烏帽子岳(1,681m)
  山行期間   2016年2月13日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      曇り
  参加者    単独
  行程      ゲレンデトップ13:43~後烏帽子岳14:27-14:43~ゲレンデトップ15:02~駐車場15:17
  行動時間   1時間34分
  移動距離   未計測
  累積標高差 未計測




続きはこちら

by torasan-819 | 2016-02-19 08:02 | 山スキー | Comments(0)