タグ:蔵王 ( 158 ) タグの人気記事

2014年 11月 06日
蔵王の火山活動が活発化か?
f0170180_7295039.jpg

 「蔵王は、いつ噴火してもおかしくない活火山であることを認識してほしい。」とは最近の山形地方気象台の担当官の発言だ。昨年1月に火山性微動が確認されており関係者は注目していたようだが、御嶽山の噴火があり行政や関係各機関の動きがにわかに慌ただしくなってきた。
そんな動きとは別に、しばらく前から地元の山仲間の間では「新噴気口」が活発になっているとの話が出ていた。新噴気口とは御釜の北東に比較的新しくできた噴気口で、温泉が湧いており野湯に入ることができる場所としてそこそこ知られている。自分も何度か入ったことがあるが、視界をさえぎる物の無い野湯は開放的で大変気持ちの良いものである。
さて、新噴気口付近から湧出するお湯の温度が上がっていると聞いていたので、11月2日実際に行って確かめてみた。現地に近づくと明らかに蒸気の吹き出す勢いが以前とは違う。硫化水素の臭い(よく硫黄臭というが硫黄は無臭)も強くなっており、斜面を流れ落ちるお湯に手をつけてみると温度も高くなっている。あちこちの噴気口からブクブクと激しく、熱水の中からガスが吹き出していて、確かに以前よりはかなり「活発」であると感じた。
蔵王は1940年に小規模な水蒸気噴火が発生したが、それ以降に噴火は発生していない。過去の大地震の後は必ず火山の噴火があったといわれている。蔵王も噴火するのか、噴火するとすればいつなのか、残念ながらその時を正確に予知することは不可能だ。とすれば火山に近づかないことが、災難を避ける一番の方法とも思える。しかしそれでは、山頂まで観光地化されている蔵王の観光業関係にとって、大打撃となるのは火を見るより明らかだろう。安全が第一ではあるが、悩ましいところである。






by torasan-819 | 2014-11-06 07:48 | | Comments(2)
2014年 09月 25日
秋空とクライミング ~ 2014年9月21日
f0170180_629073.jpg

21日はクライミング講習会に参加。受講したのではなくお手伝いとして。主催は白石市にある山岳会の白峰会だ。場所は中央蔵王の五色ドームというところだが、蔵王は何度も登ったよという人でも、この場所を知っている人は多くはないだろう。参加者は受講者とサポート隊を含めて19名。初級の講習会なので、ロープ操作、支点構築や懸垂下降など基本的な事を行った。沢登りではロープを使う自分だが、クライミングの講習はあまりやってないので良い機会。昼食にと準備して頂いた芋煮は、ロケーションと相まって最高に美味しかった。爽やかな秋晴れの下、クライミングを楽しみ充実した1日。

その他の画像

by torasan-819 | 2014-09-25 06:50 | | Comments(6)
2014年 09月 14日
1年ぶりの蔵王・小阿寺沢 ~ 2014年9月13日
f0170180_1439233.jpg

蔵王の小阿寺沢はアプローチが容易なコンパクトな沢で、初心者のトレーニングに向いている。白峰会で初心者を連れて入るというので、サポートも兼ねて1年ぶりに訪れることにした。こちらは3人パーティー。自分以外の2人は小阿寺沢は初めてだ。なお、自分は毎年訪れており今回で6回目となる。

 山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
 山行期間   2014年9月13日(土)
 山行形態   沢登り
 天候      曇り時々晴れ一時雨
 参加者    3名(L:トラ山・佐○さん・菅○君) ※白峰会パーティー8名と共同遡行
 行程      登山口7:53~入渓8:04~F1(10m)8:30~F4(6m)10:47~休憩11:47-12:23~F6(6m)13:00~
          枝沢出合13:13~管理道13:22~スキー場ゲレンデ13:46~登山口15:16
 行動時間   7時間23分
 移動距離   7.3km (GPS計測)
 累積標高差 不明
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1・20m×1)




続きはこちら

by torasan-819 | 2014-09-14 18:25 | 沢登り | Comments(4)
2014年 08月 10日
蔵王・コガ沢表入道沢を調査遡行する ~ 2014年8月9日
f0170180_1653689.jpg

台風11号の接近により今週末の天候はどこも雨マーク。でも土曜日は朝晩降りそうだが、日中は曇りで何とか持ちそうだ。というわけで遠出は避け、地元の蔵王で遊んでみることにした。○樹さんの提案もあり、コガ沢の枝沢である表入道沢を登ることにした。この表入道沢は登山大系のコガ沢概念図に記されてはいるが、遡行記録はない。小さい枝沢であり、概念図に滝マークも無いところからすると、スカ沢の可能性も強い。しかし、水引入道(1,656m)に突き上げているので、もしかすると上部は登攀的な沢の可能性もある。地元の山を深く知る機会にもなるので、調査の意味合いも込めて向かうことにした。

 山域山名   蔵王・白石川児捨川流域垂清川支流 コガ沢・表入道沢
 山行期間   2014年8月9日(土)
 山行形態   沢登り
 天候      雨のち曇り
 参加者    2名(L:トラ山・○樹さん)
 行程      スキー場8:31~入渓9:08~5mナメ滝9:32~権現沢出合10:03~10mナメ滝+10m滝10:19~表入道沢出合10:55~
          二俣11:33-11:45~登山道12:15~水引入道12:21-12:39~スキー場14:01
 行動時間   5時間30分
 移動距離   9.2km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,280m (GPS計測)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-08-10 17:00 | 沢登り | Comments(12)
2014年 07月 18日
山遭協夏山訓練 ~ 2014年7月13日
f0170180_9555894.jpg

7月13日は山遭協(山岳遭難防止対策協議会)白石支部の夏山訓練。そういえば昨年も同じ日だった。我々の班は6人で白石スキー場から登り、不忘山経由で南蔵王縦走路をエコーラインまで歩く。いわゆる南蔵王縦走路の縦走ということだ。他の4つの班も硯石コースや水引コースなど、各ルートから登りエコーラインで集合する。白石スキー場からの登りは中腹で相変わらずの泥道なのだが、一部で迂回路が付けられており、今回はそちらの枝払いなどをしながら登る。

登山者で賑わう不忘山頂を通り、アイハギノ峰付近で休憩していると雨が降り出した。それでも行き交う登山者は多い。カッパを着て縦走路を北へと進む。この時期の稜線はいつもこんな感じで、昨年も途中でカッパを着たことを思い出す。縦走路をトレイルランの練習で走っていた人達がいたが、稜線は風もあるので走っていなければ寒くて仕方がないだろう。

エコーラインで各班が集結し、警察署のバスで白石スキー場に戻り訓練終了。南蔵王縦走路は難所と言えるほどの所は無い。訓練と言っても特に救助訓練などをするわけでもなく、登山道のチェックが主な内容だ。しかし、警官は異動でこの地に来ているので、訓練で初めて蔵王に登る人も多いだろう。今回歩いてみて感じたのは、登山者に若い人が増えているということ。先週の沢登り教室の青年にバッタリ会ったのには驚いた。山登りは一生涯楽しめる趣味である。彼らにはこの先何十年と蔵王に登り続けて欲しいし、それをまた次の世代へと繋げていって欲しいものである。

縦走ルート
白石スキー場8:09~不忘山~南屏風岳~屏風岳~杉ヶ峰~前山~刈田峠~エコーライン13:26

その他の画像

by torasan-819 | 2014-07-18 10:32 | | Comments(0)
2014年 07月 05日
若者と登る青麻山 ~ 2014年7月5日
f0170180_08432193.jpg
今年就職した隣の部署の若者S君が、山登りしたいそぶりだったので誘ってみた。聞くと大学で山岳部だったというではないか。これは有望株と思ったが、よく聞いてみると山岳部とはいってもハイキング程度の山行しかしていなかったという。ではとりあえず軽く登ってみようかと、早朝にトレーニングがてら青麻山に登ることにした。パラパラと雨が降っているが、彼はあまり気にならないようで、久しぶりの山登りにワクワクしている様子が見て取れる。今日は遊歩道入口から周回することにした。急登をゆっくりと登り、1時間ほどかけて山頂へ。いつも単独なので、2人で話しながら登るのは楽しい。山頂でちょっと休憩しすぐ下山する。雨が降っていなければ、あけら山まで足を伸ばしたいところだが次回としよう。下山は無線中継所の方に下る。かなり滑りやすいので、下りでの足の運び方を話しながらゆっくり歩く。無線中継所手前でこれから登る男性とスライド。無線中継所からは舗装路を下り、途中から送電線の巡視路に入ってヤブっぽい踏み跡を辿る。最後は杉林の急斜面を下り、ちょっと登り返すと遊歩道入口のすぐ近くで林道に出た。ちょっと疲れたというS君だが、久しぶりの山登りを楽しんだ様子。雨も泥もヤブも早起きも気にならないようで、山向きのタイプであると見受けられた。次回を約束して帰宅した。自分との年齢差は30歳もあるが、彼とのこれからの山行が楽しみだ。

 山域山名   青麻山(799.5m)
 山行期間   2014年7月5日(土)
 山行形態   トレーニング登山
 天候      晴れ
 参加者    2名(L:トラ山・S君)
 行程      遊歩道入口5:34~青麻山6:32-6:39~無線中継所7:11~遊歩道入口7:38
 行動時間   2時間4分
 移動距離   約5.3km
 累積標高差 約±560m



by torasan-819 | 2014-07-05 09:22 | | Comments(0)
2014年 06月 20日
朝駆けで花の不忘山へ ~ 2014年6月20日
f0170180_23564593.jpg

このところ何かと気ぜわしく、なかなか山にも登れないでいた。これではどうにも体が鈍ってしまう。1回登ったくらいで何がどうというわけでもないが、自分自身に活を入れる意味もあり、不忘山に出勤前の早朝登山。自分は職住接近なので、平日であっても早朝に登れば仕事には十分間に合う。睡眠不足はちょっと辛いがまあ何とかなる。この時期の不忘山は花の不忘山となるので、毎年必ず登らずにはいられないのだ。午前4時過ぎから硯石登山口より歩き始めると、右のふくらはぎに違和感というか疲労感がある。最大心拍数が上がりすぎないよう加減する必要もあり、ペースを抑えて登ることにする。少し風のある山頂では、しばしハクサンイチゲなどの撮影タイム。下山も度々立ち止まって花を撮影しながら、膝を痛めないよう注意して駆け下る。予定どおり余裕を持って帰宅し出勤。さて、今日登りに要した時間は1時間22分。必死になって頑張ったわけではないが、これまでの最速タイムで登っていた。なぜ?先日の青麻山といい不思議である。この歳で体力が伸びるはずもない。効率的な登り方ができるようになってきたのだろうか…

 山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
 山行期間   2014年6月20日(金)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り
 参加者    単独
 行程      硯石登山口4:08~山頂5:30-5:45~硯石登山口6:40
 行動時間   2時間32分
 移動距離   8.1km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,024m (GPS計測)




不忘山の花画像

by torasan-819 | 2014-06-20 13:00 | | Comments(6)
2014年 06月 16日
青麻山(25回目) ~ 2014年6月15日
f0170180_635574.jpg

この土日は所用が入り、参加を予定していた搬出訓練をキャンセルしてしまった。先週も山には登れなかったので、どうにも体が鈍っているような感じがして、むしょうに山に登りたくなる。山に登れないことがストレスになってしまうのだ。我が家の草刈をし終えると午後6時も近くなったが、暗くなるまでの間に青麻山に登ることにした。青麻山を登るのは25回目。無線中継所からスタートし、小走りで駆け下るとすぐ登りとなる。急登で心拍数が上がりすぎないように加減して登っていく。そんなに頑張ったつもりはないが登り27分の好タイム、というかたぶんこれまでの最短のような気がする。山頂タッチしてすぐ下山。下りも小走りとなるが膝を痛めないよう、歩幅を細かく着地はソフトにを注意する。わずか43分のトレーニング登山だが、気持ちの良い汗をかくことができた。
============================================================
 山域山名   青麻山(799.5m)
 山行期間   2014年6月15日(日)
 山行形態   トレーニング登山
 天候      晴れ
 参加者    単独
 行程      無線中継所18:07~青麻山17:34~無線中継所18:50
 行動時間   43分
 移動距離   約3.4km
 累積標高差 約±380m
============================================================

by torasan-819 | 2014-06-16 06:33 | | Comments(2)
2014年 06月 15日
ウド採りも終盤
f0170180_20234350.jpg

6月14日(土)日中は所用があるので早朝にウド採りに行くことにした。まだ暗い午前3時過ぎに自宅を出る。標高を上げていくと思いのほか強風で、蔵王の某所でしばらく風待ちをする。4時過ぎに歩きだしてとある沢の奥へ向かう。深山の雪渓の残る急斜面がウドの自生地だ。滑落や落石に注意してウドを採る。こんなところまでウド採りに来るのは自分くらいだろう。何年もここに来ているが、自分以外の人間が採りに来た形跡を見たことはない。
さて、ウド採りもそろそろ終わりだ。まだしばらくは採れるだろうが、そんなところはもう山菜採りの領域ではなく、沢登りのついでという感じになる。それにしても山ウドほど、山の香りというか山の味を感じさせてくれる山菜もないと思う。ウドは庭先に植えれば定着して育ってくれるのだが、山に自生する、いわゆる山ウドの清冽な香りはやはり深山のものほど香り高い。今夜の晩酌はウドの天ぷらにしよう。

by torasan-819 | 2014-06-15 20:26 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2014年 04月 29日
蔵王・ひよどり越えからの熊野岳東面滑降 ~ 2014年4月29日
f0170180_132122.jpg

大型連休とは言っても自分の場合は地元のイベントが多く、なかなか連続休暇とはならないのが現実。29日も午前中は2箇所に顔を出さなければならないが、午後からの半日は自由になる。19日に山スキーに行ってから10日も経つので何とか行きたい。しかし、半日で行けるところとなると近場に限られる。29日は山仲間の加○さんから、車利用の周回ルートで蔵王の熊野岳東面の誘いがあった。もちろん断ったのだが、まてよ午後からピストンで行ってみるのも悪くないと思った。調査山行として今後のデータ取りにもなるだろう。時間的には厳しいが単独でもあり、行けるところまで行こうと気楽に考えて向かうことにした。

 山域山名   蔵王 熊野岳(1,841m)
 山行期間   2014年4月29日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      晴
 参加者     単独
 行程      賽ノ磧駐車場13:16~濁川13:54~丸山沢14:26~熊野岳東面(1733m地点)15:34-15:42~丸山沢15:51~濁川16:07~賽ノ磧駐車場16:53
 行動時間   3時間37分
 移動距離   7.6km (GPS計測)
 累積標高差  ±1,013m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2014-04-29 20:55 | 山スキー | Comments(4)