タグ:西大巓 ( 4 ) タグの人気記事

2017年 12月 15日
西大巓での山スキー ~ 2017年12月9日
f0170180_18141872.jpg

2週連続で月山に行ってみようかとも考えたが、既にオープンしているグランデコスキー場が積雪60センチとのことで、ならば西大巓も大丈夫だろうと向かうことにした。12月上旬に西大巓での山スキーは通常であれば考えられない。雪でヤブが埋まってないうえ踏み抜きもあるからだ。普通は12月下旬以降だろうというのが「常識」と思っていた。しかし、今年の冬は降雪が早かったので、月山の状況を見ても可能ではないかと思えた。西大巓の最新情報はないが、駄目もとで向かうことにした。


山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,982m)
山行期間   2017年12月10日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇りのち時々晴れ
参加者    2人(L:トラ山・M崎)
行程     スキー場7:56~第4リフト終点9:40~西大巓11:20~東斜面1本目~昼食12:06-12:30~西大巓12:35~東斜面2本目~
       第4リフト終点13:40~スキー場14:02
行動時間   6時間6分
移動距離   11.0km
累積標高差  ±1,150m



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-12-15 18:12 | 山スキー | Comments(2)
2016年 01月 12日
吾妻山西大巓での冬合宿 ~ 2016年1月9日~11日
f0170180_2118984.jpg

毎年恒例の冬合宿だが、今年は安達太良山の勢至平周辺をテン場に予定していた。しかし、暖冬の影響かとにかく雪が少ない。年末年始で少しは降ってくれないものかと期待したが、ほとんど降ってはくれなかった。雪が少なくてもテントは張れるのだが、メインとなる山スキーが満足に出来ないのでは合宿にならない。合宿直前までぎりぎり粘って検討した結果、グランデコスキー場を利用して西大巓で行うことにした。他の山域よりは雪があることと、合宿途中での下山と参加がしやすいことが選択理由だ。


  山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
  山行期間   2016年1月9日(土)~11日(月)
  山行形態   山スキー
  天候      9日曇り 10日曇り 11日曇り 
  参加者    9日~11日 8人(L:トラ山・和◯・佐◯・鈴◯・渡◯・深◯・中◯・金◯)
          9日~10日 1人(大◯) 10日~11日 1人(河◯)
          サポート 9日 4人(坂◯・都◯・菅◯・柏◯) 11日 2人(菅◯・柏◯)
  行程      9日 福島7:00=スキー場9:20=ゴンドラ終点11:10~ゲレンデトップ11:48~テン場12:05
          10日 テン場8:08~西大巓9:45-10:00~西吾妻山11:07-11:13~西吾妻小屋11:27-11:57~
               西大巓12:40-12:53~テン場13:32-13:50~登り返し~1,860m14:25-14:35~テン場14:52
          11日 テン場8:05~西大巓9:29-9:55~東斜面滑降~登り返し10:05~西大巓10:16-10:26~
               テン場10:57-12:07~スキー場12:37
  行動時間   9日 55分 10日 6時間44分 11日 4時間37分
  移動距離   9日 1.0km 10日 7.6km 11日 7.1km (GPS計測)
  累積標高差 9日 +240m -3m 10日 ±865m 11日 +418m -1,045m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-12 21:23 | 山スキー | Comments(4)
2015年 02月 08日
快晴の吾妻山西大巓と樹氷 ~ 2015年2月7日
f0170180_1422348.jpg

この時期になると樹氷が気になる。樹氷は東北地方の奥羽山脈の一部山域(八甲田山、八幡平、蔵王連峰、吾妻山)でしか確認されていない。海外でも確認されていないようで、世界的にも珍しい現象なのである。樹氷の最盛期は1月から2月だ。しかしこの時期は厳冬期であり、天候に恵まれることはかなり少ない。ましてや、勤め人の休みに好天が合うことはまれである。今週末の天気予報は悪くないようだ。しかし、平地はそうでも山は違うことも多い。見ることが出来たら儲けものという気持ちで、吾妻山へと向かうことにした。

  山域山名   吾妻山 西大巓(1,981.8m)
  山行期間   2015年2月7日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    7人(L:和○・佐○・都○・高○・渡○・黒○・トラ山)
  行程      スキー場8:30=リフト終点9:35-9:47~西大巓11:25-11:43~休憩12:05-12:20~西吾妻小屋12:48-13:00~
          西大巓13:33-13:45~ゲレンデトップ14:21~スキー場14:38
  行動時間   4時間51分
  移動距離   9.2km (GPS計測)
  累積標高差 +656m -1,211m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-02-08 06:51 | 山スキー | Comments(14)
2012年 08月 04日
山登りアーカイブス 2008年3月22日~スノーシューで西吾妻山へ
f0170180_208149.jpg

スノーシューで何度か蔵王を歩き、それなりに経験を積んだ。しかし、まだまだ初心者の域を出ていないのは、自分がよく分かっていた。歩く山域を広げたいと思い、吾妻や安達太良を考えたが、夏山も含めてまったく登ったことがない。なのでツアーを探して参加してみることにした。自分よりも経験の少ない友人と2人だけ参加のツアーだったが、天候にも恵まれ最高の登山となった。
=======================================================================
2008年3月22日
今日は快晴になるだろうと予想されたので山へ行ってきた。登ったのは福島県と山形県の県境にもなる吾妻連峰。その一端となる西大巓~西吾妻山に、グランデコスキー場のトップから登った。この頃単独行の多いオイラだが、今日は初めての山域でもありスノーシューツアーに参加した。同行はバイク友の「ばったり」さんで、今日が4回目のスノーシューだそうだ。ガイドの橋口さんを先頭に、オオシラビソの林の中を快調に登る。まだ3月とはいえ、今日はすっかり春山の陽気だ。それでも積雪はまだまだ深くて、雪面も午前9時あたりではまだ解けだしてはいない。西大巓は1981.8m、西吾妻山は2035m。西吾妻山の山頂付近には、崩れかかってはいるが樹氷の名残もある。視界がクリヤーで遠くの山々も近くに見え、何か得した気分になった。飯豊連峰、朝日連峰、月山そして鳥海山、さらには八幡平までも望める。今日は本当に素晴らしい天気に恵まれたな。帰りは温泉にマッタリつかり幸せな気分で帰ってきた。

by torasan-819 | 2012-08-04 20:55 | 山登りアーカイブス | Comments(2)