タグ:迷沢 ( 9 ) タグの人気記事

2016年 01月 17日
笹ヤブスキーの迷沢 ~ 2016年1月16日
f0170180_1213838.jpg

安達太良山の迷沢は自分にとっても定番ルートであり、例年1月中旬から滑り始めることが多い。しかし、今年は暖冬による積雪不足でヤブが埋まっていないとの情報。山スキーにはまだまだの状況とは思ったが、それを承知で様子見に行ってみることにした。物好きといわれるだろうが、これが自分の性分だから仕方が無い。


 山域山名   安達太良山 迷沢
 山行期間   2016年1月16日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    4人(L:トラ山・大◯・川◯・藤◯)
 行程      国道115号9:44~迷沢渡渉点9:58~北斜面基部12:16~鉄山避難小屋13:44-14:17~北斜面基部15:12~
          迷沢渡渉点15:44~国道115号16:11
 行動時間   6時間27分
 移動距離   10.0km (GPS計測)
 累積標高差 ±895m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2016-01-17 22:31 | 山スキー | Comments(4)
2015年 01月 18日
安達太良山 迷沢 ~ 2015年1月17日
f0170180_4165856.jpg

今週末は久しぶりに福島に来る○井さんと山スキーということで、安達太良山の迷沢との計画。迷沢はスキー場のリフトで標高を稼げるので、条件が良ければ半日での周回も可能なルートだ。しかし、低気圧が発達し天気は良くないとの予報。山域を変えたとしても、標高を上げれば稜線近くはどこでも風が強いだろう。低山かスキー場で遊ぶ方法もあったが、まずは当日集合して現地判断とすることにした。

 山域山名   安達太良山 迷沢(鉄山西尾根)
 山行期間   2015年1月17日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    5人(L:佐○さん・和○さん・坂○さん・○井さん・トラ山)
 行程      国道115号9:45~迷沢渡渉点10:04~北斜面下部12:00~1500m地点12:28-13:19~休憩14:10-14:25~
          迷沢渡渉点14:32~国道115号14:58
 行動時間   5時間13分
 移動距離   7.0km (GPS計測)
 累積標高差 ±723m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-01-18 21:23 | 山スキー | Comments(12)
2014年 01月 28日
2週連続の安達太良山迷沢 ~ 2014年1月26日
f0170180_20582141.jpg

週末は気温が高いとの予報だったが、なるほど3月下旬並の陽気である。そのため土曜日は多くのスキー場で雨が降った。日曜日に山スキーに行くことにしていたが、当然標高の低いところの雪は湿って重いであろう。標高を上げても気温の高さから雪崩の心配と、ガスで視界が厳しくなることが予想された。しかも今回はボーダーの小○君が一緒なので、あまりアップダウンのあるルートは選びたくない。迷いに迷ったあげく、結局先週と同じ迷沢に行くことにした。しかし、まったく同じでは芸がないので、視界があれば迷沢の北隣の仏沢を滑ったら登り返して迷沢ルートへ。視界が無かったり強風の場合は国道115号からの迷沢ピストンの計画とした。
================================================================================
 山域山名   安達太良山 迷沢(鉄山西尾根)
 山行期間   2014年1月26日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    3人(L:トラ山・○樹さん・小○君)
 行程      国道115号9:09~迷沢渡渉点9:20~北斜面下部10:49~1490m地点11:16-11:28~1110m休憩11:48-12:10~
          登り返し~1440m地点13:02-13:12~迷沢渡渉点13:49~国道115号14:06
 行動時間   4時間57分
 移動距離   10.2km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,046m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-01-28 19:07 | 山スキー | Comments(4)
2014年 01月 20日
安達太良山迷沢(鉄山西尾根)を滑る ~ 2014年1月18日
f0170180_21222652.jpg

1月18日は安達太良山域の迷沢へ行くことにした。箕輪スキー場のリフトを利用して高度を稼ぎ、下降を楽しむことのできるルートだ。積雪量がまだ十分ではないこの時期より、2~3月のほうが良いのだが、試しに様子を見てくるのも悪くはないだろう。ただし、冬季の箕輪山から鉄山、安達太良山にかけての稜線は、かなりの強風地帯であり要注意である。特に箕輪山は凄まじい風となり、撤退を余儀なくされることもある。また、ガスっていることが多くホワイトアウトになることもしばしばで、特に地形がなだらかになる鉄山避難小屋周辺では迷いやすく、西尾根を下降する際もルートファインディングに注意を要する。それらに注意すれば迷沢ルートは雪質も良く、下り中心のツアーを楽しむことができるのだ。
================================================================================
 山域山名   安達太良山 迷沢(鉄山西尾根)
 山行期間   2014年1月18日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    4人(L:和○さん・高○さん・sharizakaさん・トラ山)
 行程      国道115号(車デポ)=箕輪スキー場8:15=Cリフト降り場8:56-9:08~鉄山避難小屋10:46-11:34~
          迷沢渡渉点13:21-13:35~国道115号13:50=箕輪スキー場14:12
 行動時間   4時間42分
 移動距離   8.6km (GPS計測)
 累積標高差 +536m -966m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2014-01-20 21:16 | 山スキー | Comments(6)
2013年 06月 23日
遭難者の捜索で安達太良山の迷沢周辺へ ~ 2013年6月22日
f0170180_1524980.jpg

6/22は安達太良の迷沢周辺で遭難したと思われる男性の捜索に参加してきた。
その方は6/9にネマガリダケ採りに行ったのだが、道端にザックを置いたまま行方不明となった。
6/9の午後から警察、消防団による捜索が始まり、6/13まで継続されたが発見には至らなかった。
それでもその後数日間警察の捜索が続いたのだが、それも打ち切りとなった。

この遭難した方は、私の山友ナマステさんの友人であり、マロさんの知人の義兄なのだ。
ナマステさんは公式な捜索とは別に、プライベートでずっと1週間以上捜索しており、マロさんやその他の方も捜索に参加している。

6/22はナマステさんの山友を中心に、総勢13名が今日は見つけるぞと意気込んで現地に向かった。
約5時間ほど4班に分かれ、ネマガリダケのヤブの中を捜した。
しかし、見つけ出すことはかなわなかった。
ヤブこぎに慣れている我々でも、ネマガリダケのヤブは手強い。
ヤブの中に入れば、見えるのは自分の周り数メートルだけとなる。
ネマガリダケ採りでの道迷い遭難が多いのも頷ける。

しかし今回の遭難は、その日の状況からすると、通常の道迷いとは違うような感じがする。
沢や急斜面など、考えられるところは既に捜索されているのだが、原点に戻ってもう一度ザックの置いてあったところを中心に捜す。
背丈を越えるササヤブの海の中では、人による捜索など線でしかないのかもしれない。
見つけ出すぞという意気込みで向かったのだが…
下山するとご家族や親族の方が待っておられたのだが、残念な報告をすることとなった。
すがる思いであったであろう奥様の顔を見るのが辛かった。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-06-23 01:53 | | Comments(4)
2013年 02月 13日
安達太良山 鉄山西尾根の迷沢へ ~ 2013年2月11日
f0170180_232314.jpg

安達太良山の迷沢は箕輪スキー場のリフトを利用すれば、あまり登りの苦労をしないで楽しめるルートだ。このルートは安達太良の迷沢と教えられたが、鉄山西尾根の迷沢あるいは四段山と言う人も多い。いつもの待ち合わせ場所で加○さんとYoshikiさんを乗せ、白石インターでさらに深○さんを乗せると高速で福島へと走る。朝から天気も良く風もない。しかし国道115号を登るにしたがい雪が舞うようになり、土湯トンネルを抜けると景色が変わりさらに雪深くなる。箕輪スキー場の駐車場はまだガラガラで、一番奥に車を止める。レストハウスで登山届を提出し、リフト1回分(600円)を購入した。
===========================================================================
 山域山名   安達太良山 鉄山西尾根(迷沢ルート)
 山行期間   2013年2月11日(月)
 山行形態   山スキー
 天候      曇りのち雪
 参加者    4名(L:Yoshikiさん・加○さん・深○さん・トラ山)+煙突おじさん(小屋以降)
 行程      白石6:40=箕輪スキー場8:00=Cリフト降り場8:39-8:48~Aリフト降り場手前9:08~鉄山避難小屋10:28-11:26~
          迷沢渡渉点13:17-13:34~国道115号13:46~箕輪スキー場14:34
 行動時間   5時間46分
 移動距離   10.2km (GPS計測:記録間隔10m)
 累積標高差 +574m -902m (GPS計測:記録間隔10m)
 装備      山スキー日帰り装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-02-13 03:57 | 山スキー | Comments(4)
2012年 03月 20日
冬の名残の安達太良山 迷沢 ~ 2012年3月20日
f0170180_23333145.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山 迷沢
山行期間   2012年3月20日(火)
山行形態   山スキー
天候      曇り
参加者    3人(L:和○さん、河○さん、トラ山)
行程      箕輪スキー場8:40=Cリフト終点9:15-9:27~鉄山避難小屋10:58-11:41~コル11:58~北斜面12:13~
         迷沢12:49~国道115号13:17=箕輪スキー場13:30
行動時間   3時間50分
移動距離   8.2km(GPS計測)
累積標高差  +364m -800m(カシミール計測)
======================================================================
今年はなかなか春めいた陽気にはならない。20日も気温は上がらないとの予報。しかし、荒れなければ気温が低いのは、かえって山スキーに好都合というもの。ほぼ1ヶ月ぶりに山スキーに復帰する和○さんは軽めの1本がいいだろうということで、ショートコースの迷沢に行くことになった。迷沢は昨年2月11日に初めて滑って以来となる。その時はパウダーを楽しめたのだが、今回は3月も下旬近くになる。雪質はあまり期待できないだろうが、ともかく滑ってみることにした。集合場所へ向かう車中から眺めた安達太良連峰は、上の方が雲の中でやはりあまり良くない。国道115号の土湯トンネルを抜けて3kmほど下ると新岩弓橋で、そのすぐ手前左に駐車スペースがある。ここに回送用の車を1台デポし、国道115号を戻って箕輪スキー場の駐車場へ。箕輪の山頂を見るとガスっているので、今日は山頂を踏まずに、直接鉄山避難小屋を目指すことにする。センターハウスに登山届を提出し、動き出したばかりのCリフトに乗り込む。さすがにこの時期になると、ゲレンデを滑っているのはスキー愛好家ばかりでみんな上手い。リフトの上から、あの人はカービングターンが決まっている、などと眺めているとリフト降り場だ。シールを貼っているとスキーヤーが声をかけてきた。見るからに高齢のようだが、スキーをやっているだけあって背筋はしゃんとしている。お一人は80歳だというが、自分もそんな年齢までやり続けてみたいものだと思う。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-03-20 18:23 | 山スキー | Comments(10)
2011年 10月 04日
安達太良山・迷沢 ~ 2011年10月2日
f0170180_3103633.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良山・高森川・迷沢
山行期間   2011年10月2日(日)
山行形態   沢登り
天候      曇り
参加者    3名(L:和○さん・河○さん・トラ山)
行程      岩弓橋付近6:37~仏沢6:41~入渓6:45~3mナメ滝6:52~10m滝8:19~6m滝9:05~4mナメ滝9:19~
         12m斜滝9:23~二俣9:40-10:00~20m滝10:05-11:05~30m滝11:10-12:50~休憩~奥の二俣13:20~
         大岩13:29-13:57~ヤブこぎ~登山道16:20~沼尻登山口18:28
行動時間   11時間51分
移動距離   未計測
累積標高差 未計測
======================================================================
10月1日・2日は今回のメンバー3人で巻機山の米子沢の予定だった。しかしどうも天気が思わしくない。週間予報では雨の確率が高く気温も低いようで、毎日チェックしていたが好転の兆しはなかった。そんなわけで2日前に米子沢を諦め、和○さんの提案もあり近場の迷沢に行くことになった。迷沢は安達太良の鉄山北西斜面を源とする沢だが、上流で何本にも分岐し明りょうな主流を持たない沢のようだ。同行の河○さんは8月に迷沢に入っているが、そのときは右俣に入ろうとして誤って左俣へ入ってしまい、雷にも遭い行動時間も長くなるなど大変だったようだ(記録はここ)。そんなこともあり河○さんは迷沢の再トライを考えていた。和○さんは36年前の1975年!に、迷沢の右俣を登っていて記録が残っている。その後もう1度登ったらしいが、いずれにしても30年以上ぶりの迷沢右俣ということになる。36年前の和○さんはまだ20代の青年。当時はロープもヘルメットも無く、わらじを履いて3人パーティーで登った。記録によると入渓から稜線の登山道まで、5時間で遡行を完了している。現在の我々は沢シューズにヘルメットやロープはもちろん、GPSまで持っているのは時代というものだろう。私は迷沢の沢登りは初めてとなるが、山スキーでこの山域を滑ることもあり沢を詰めてみたいと思っていたので、ちょうどいいタイミングとなった。ところでネットで迷沢の沢登りを検索してもヒットするのは会の記録しかなく、他にはまったく見あたらない。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-10-04 06:57 | 沢登り | Comments(8)
2011年 02月 12日
安達太良山・迷沢 ~ 2011年2月11日
f0170180_072259.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良連峰 箕輪山(1,728m)
山行期間   2011年2月11日(金)
山行形態   山スキー
地形図    安達太良山
天候      曇り
参加者    2人(L:加○さん、トラ山)
行程      白石7:40=箕輪スキー場9:00=Cリフト終点9:30-9:44~箕輪山10:55-11:05~コル11:35~
         鉄山避難小屋12:14-12:50~迷沢14:18~国道115号14:44~箕輪スキー場15:19
行動時間   5時間49分
移動距離   約10.5km
累積標高差  約+850m 約-1,200m
======================================================================
箕輪山は昨年山スキーに行きたいと思いながら結局実行出来なかった山だ。特にこの頃は迷沢ルートが気になっていたのだが、やっと11日にいつもの加○さんと行くことが出来た。箕輪山は2年前に初めて登ったが、その時はスノーシューだった。箕輪山の北側を国道115号の土湯トンネルが貫通していて、度々通って箕輪山はその度見ているわりには「遠い」山だったわけだ。さて箕輪山~鉄山周辺は風が強いこと、ガスがかかると迷いやすいことでも知られていて、ホワイトアウトで下山方向を見失うことも多い。今年は1月16日に箕輪山に向かった山スキーヤー2名が、行動不能になり2晩ビバークして救出されるということもあった。表面には出ないが遭難もどきも結構あるのかもしれない。今日のリーダー加○さんは何度か迷沢ルートに来ている。私としては百人力の気分で箕輪山へと向かった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-12 14:53 | 山スキー | Comments(18)