タグ:飯豊 ( 38 ) タグの人気記事

2017年 05月 25日
飯豊・石転び沢 ~ 2017年5月24日
f0170180_12211454.jpg

今回のミッションは、会の若手のW辺とO島に石転び沢を経験してもらうことだ。思い起こせば自分も山スキー初シーズンの7年前に、現会長の和〇さんに連れてきてもらったのが初飯豊だった。飯豊を自分で計画して滑るにはある程度の総合力が必要だが、若手に伝授したいという思いがある。他のパーティーメンバーはK藤さんとF井さんだが、F井さんも飯豊は今回が初めてとなる。


山域山名   飯豊連峰 石転び沢
山行期間   2017年5月21日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    5人(L:トラ山・W辺・O島・K藤・F井)
行程     倉手山登山口駐車場5:28~温身平6:40~長靴デポ地点8:18-8:30~石転ビノ出合9:13~梅花皮小屋12:10-13:30~
       石転ビノ出合13:56~長靴デポ地点14:07-14:25~温身平15:22~倉手山登山口駐車場16:28
行動時間   11時間
移動距離   22.7km (GPS計測)
累積標高差  ±1,986m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-05-25 22:58 | 山スキー | Comments(6)
2016年 10月 15日
飯豊連峰 大白布沢本流(御沢)左俣 ~ 2016年10月2日
f0170180_2391471.jpg

日帰りの沢で食指の動くところはないかと探していたところ、逍遙溪稜会の今年7月の記録が目に止まった。それは飯豊連峰三国岳の大白布沢本流の御沢であり、記録を読む限りでは手頃な沢のように思えた。天気が良い予報の9月30日はたまたま休みであり、呼びかけに応じた会の若い女性と一緒に行く計画を立てた。しかし、29日夜に蔵王でキノコ採りの遭難者捜索の要請が入り、30日をキャンセルして2日間の捜索活動に携わった。10月2日は空いたので、あらためてメンバーを募り御沢に向かうことにした。


山域山名   飯豊連峰 一ノ戸川支流 大白布沢本流(御沢)左俣
山行期間   2016年10月2日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    3人(L:トラ山・K樹・T葉)
行程     御沢野営場7:08~タカツコ沢出合7:33~大滝下8:22~大滝上8:35~大岩4m滝9:21~二俣10:04-10:24~
       登山道12:44~疣岩山12:56~三国岳13:22-13:50~御沢野営場15:40
行動時間   8時間32分
移動距離   11.8km
標高     最低点540m 最高点1,654m
装備     日帰り沢装備(ロープ30m×2)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-10-15 23:09 | 沢登り | Comments(4)
2016年 06月 06日
飯豊・西俣尾根から稜線へ ~ 2016年6月4日
f0170180_550254.jpg

  山域山名   飯豊連峰 西俣ノ峰(1,023.2m) 頼母木山(1,730m)
  山行期間   2016年6月4日(土)
  山行形態   無雪期一般登山
  天候      晴れ
  参加者    5人(L:トラ山・菅◯・大◯・八◯・藤◯)
  行程      梅花皮荘7:10~登山口7:25~十文字ノ池8:10~西俣ノ峰8:54~枯松峰9:55~三匹穴10:56~ルートロス(昼食)11:06-12:46
          頼母木小屋13:14-13:38~頼母木山13:53-14:09~枯松峰15:20~西俣ノ峰16:02~登山口17:06~梅花皮荘17:22
  行動時間   10時間12分
  移動距離   16.0km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,787m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-06-06 17:51 | | Comments(2)
2016年 05月 12日
飯豊・ホン石転び沢 ~ 2016年5月8日
f0170180_3212582.jpg

今年は寡雪と町道の道路工事の関係で石転び沢をほぼ諦めていた。ところが、◯樹さんが5月3日に偵察に単独で行ったところ、すんなりと町道を通ることが出来てしまった。しかも驚くことに◯樹さんは、北股岳から北股沢左俣を滑って登り返し、滝沢を滑って梅花皮岳に登り返し、ホン石転び沢を滑るという、ワンデイ3本の滑降をこなしてきたのだという。特にホン石転び沢は斜面の状態がこれまでで一番と言えるほど良かったのだという。それならばと石転び沢へ向かうことにした。メンバーは2週連続となる◯樹さんを始め、いずれ劣らぬ好き者ぞろいなのだが、菅◯くんだけは初めての石転び沢となる。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) ホン石転び沢
  山行期間   2016年5月8日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    4人(L:トラ山・◯樹・菅◯・KIYO)
  行程      大淵(梅花皮荘分岐)5:05~湯沢ゲート6:13~温身平6:37~地竹原先(靴デポ)7:46-8:00~石転ビノ出合8:42~
          梅花皮小屋11:20-12:00~梅花皮岳12:35-12:48~ホン石転び沢出合13:01~地竹原先13:18-13:36~
          温身平14:32~湯沢ゲート14:58~大淵16:12
  行動時間   11時間7分
  移動距離   25.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,215m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-05-12 21:42 | 山スキー | Comments(6)
2015年 09月 16日
飯豊連峰1day周回 ~ 2015年9月5日
f0170180_241113.jpg

飯豊連峰の全山縦走を1日でやりたいと思っていた。一昨年からの目標である。しかし、天気などに阻まれ機会を捉えることが出来ないままとなっていた。全山縦走の場合ネックがある。縦走後にどうやって戻るかだ。協力者に頼むのが一番良いのだが、急きょ9/5のトライを決めたので見つけることが出来ない。やむなく全山縦走は諦め、周回ルートの自己完結型とすることにした。コースはダイグラ尾根から飯豊本山~大日岳~丸森尾根とした。自分にとってダイグラ尾根は今回が2度目。初めて登ったのは6年前になる。


  山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 御西岳(2,012.5m) 大日岳(2,128m) 烏帽子岳(2,017.8m) 梅花皮岳(2,000m)
          北股岳(2,024.9m) 門内岳(1,887m) 扇ノ地紙(1,880m) 地神山(1,849.5m)
  山行期間   2015年9月5日(土)
  山行形態   一般登山
  天候      曇り時々晴れ
  参加者    単独
  行程      飯豊山荘上駐車場4:17~桧山沢吊橋4:55-5:01~休場ノ峰6:33~宝珠山8:19~飯豊山9:39-9:44~御西小屋10:24~
          大日岳11:19-11:30~御西小屋12:17~御手洗ノ池13:14~烏帽子岳14:14~梅花皮岳14:29~梅花皮小屋14:44~
          北股岳15:06~門内小屋15:42~地神山16:23~地神北峰16:32-16:39~飯豊山荘上駐車場19:01
  行動時間   14時間44分
  移動距離   33.6km (GPS計測)
  累積標高差 ±3,538m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-09-16 02:52 | | Comments(12)
2015年 06月 03日
飯豊・ホン石転び沢でのスキー板回収 ~ 2015年5月31日
f0170180_0154321.jpg

23日のホン石転び沢滑降でスラフに流され落とされた際、右のスキーが外れ板を見失ってしまった。板納めに行って板を納めてしまったと自虐的に言っては見たものの、内心は当然に悔いが残っていた。このままでは終われない、板を山中に残したままにしたくないとの思いがあった。スキー板の捜索に行くのなら、雪渓の状態の良い早いうちだ。雪渓が融ければ融けるほど捜索は困難になるどころか危険が増す。何とか6月中旬までには行きたいものだと思った。5月末日の31日は天候が良くない予報だったが、まずまずの予報に変わってきた。天狗平までの町道が29日に開通したとの情報もあり、この日を逃してはとの思いが自分を後押しした。急なことでもあり同行者は見つからなかったが、単独で回収に向かうことにした。単独ゆえ無理はできないが、やれるだけやってみようと。それでダメなら諦めもつく。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) ホン石転び沢
  山行期間   2015年5月31日(日)
  山行形態   残雪期一般登山
  天候      雨のち曇りのち時々晴れ
  参加者    単独
  行程      天狗平6:44~温身平7:01~うまい水7:44~地竹原8:00~梶川出合8:18~石転ビノ出合8:50~
          ホン石転び沢出合9:32~板回収11:58~梅花皮岳12:25~梅花皮小屋12:58-13:16~石転ビノ出合14:05~
          梶川出合14:27~地竹原14:50~温身平15:48~天狗平16:08
  行動時間   9時間24分
  移動距離   16.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,140m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-06-03 07:00 | 山スキー | Comments(10)
2015年 05月 29日
板納めで本当に板を納めてしまった飯豊・ホン石転び沢 ~ 2015年5月23日
f0170180_7424179.jpg

今シーズンの板納めは飯豊の石転び沢とした。石転び沢は17日にも行ったのだが、思いのほか雪面がきれいで好印象だった。また普通に石転び沢を滑るのでは物足りないので、滝沢とホン石転び沢を滑ることにした。滝沢を滑るのは初めてだが、時間と体力の関係で適当なところで登り返し、ホン石転び沢を滑る計画とした。これで半年に及ぶ山スキーシーズンもいったん休みになり、夏山のシーズンに入る。


  山域山名   飯豊連峰 梅花皮岳(2,000m) 石転び沢 烏帽子岳(2,017.8m) 滝沢
  山行期間   2015年5月23日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・KIYO)
  行程      大淵(梅花皮荘P)5:00~飯豊山荘5:27~温身平5:39~自転車デポ地点5:44~うまい水6:31-6:42~
          靴デポ地点7:08-7:23~石転ビノ出合8:02-8:10~梅花皮小屋10:32-10:58~梅花皮岳11:23~
          烏帽子岳11:43-12:10~滝沢登り返し地点(1610m)12:18-12:28~梅花皮岳13:57-14:18~ホン石転び沢出合15:00~
          石転ビノ出合15:21~靴デポ地点15:48-15:59~自転車デポ地点17:03~飯豊山荘17:17~大淵(梅花皮荘P)17:32
  行動時間   12時間32分 ※自転車走行含む(以下同じ)
  移動距離   29.1km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,830m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-29 20:30 | 山スキー | Comments(6)
2015年 05月 22日
飯豊・石転び沢 ~ 2015年5月17日
f0170180_026380.jpg

いよいよ今シーズンも終盤だ。となれば必然的に飯豊である。行き先を石転び沢として、声をかけたところ何人かが呼応してくれた。佐◯さんと黒◯君は石転び沢が初めてだ。特に黒◯君は今シーズンから山スキーを始めたばかりだというのに、もう石転び沢なのだから進歩の早さには驚くばかりだ。佐◯さんはベテランだが飯豊は夏山ばかりで、これまでスキーの機会がなかったという。◯樹さんと小◯君の2人は石転び沢だけでは物足りないだろうから、別パーティーとして北俣沢を滑ってもらうことにした。天気は晴れだが、風があり気温もちょっと低めとの予報。かえって暑くなくて好都合かもしれない。


  山域山名   飯豊連峰 石転び沢
  山行期間   2015年5月17日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・佐◯・黒◯) ※同行者2人(◯樹・小◯)
  行程      大淵(梅花皮荘分岐)5:10~飯豊山荘6:10~温身平6:33~雪渓末端7:46-8:01~石転ビノ出合8:44~梅花皮小屋11:20-12:20~
           石転ビノ出合13:20~雪渓末端13:27-13:42~温身平14:52~飯豊山荘15:15~大淵(梅花皮荘分岐)16:13
  行動時間   11時間3分
  移動距離   25.5km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,160m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-22 01:23 | 山スキー | Comments(2)
2015年 05月 19日
今シーズンもそろそろ板納め
f0170180_754141.jpg

この時期になると滑ることのできる山は限られてきます。雪解けの速い今シーズンは特にです。ということで5月17日は飯豊の石転び沢へ行ってきました。思いのほかデブリが少なく雪渓がきれいでした。記録は後日アップします。今シーズンもそろそろ板納めです。

by torasan-819 | 2015-05-19 07:59 | 山スキー
2015年 05月 16日
飯豊本山の本社ノ沢を滑降 ~ 2015年5月10日
f0170180_12574255.jpg

本社ノ沢(おむろのさわ)は飯豊山の本山東面を源とする沢だ。地蔵岳から眺めると、山頂を挟んで右と左に顕著な沢筋が見え、中腹で合流して流れ下っている。先達により比較的新しく開拓されたこのルートも、徐々に知られるようになった。しかし、いったん沢に下って登り返すという標高差の大きいルートゆえ、辿ろうとするとそれなりの体力が求められる。また、沢が割れている場合の処理や、いったん踏み込めばエスケープできないという厳しさがあり、誰でも辿れるルートではない。さて、今週末の天気予報では山頂は氷点下が予想され、風も強いというあまり良くない条件のようだ。しかし、自分にとって今シーズンのラストチャンスかもしれない。今回が初本社ノ沢になる2人と伴に向かうことにした。※過去の記録 2012年 2013年


  山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 地蔵岳(1,538.9m)
  山行期間   2015年5月10日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ時々曇り(山頂ガス)
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・KIYO)
  行程     大日杉小屋4:40~1,200m地点6:42-7:07~地蔵岳8:03-8:12~大又沢8:30~本社ノ沢出合9:08~二俣(1,360m)10:03~
          飯豊本山小屋12:20~山頂12:38~飯豊本山小屋12:53-13:22~二俣14:01~本社ノ沢出合14:13~地蔵岳15:52-16:00~
          大日杉小屋17:30
  行動時間   12時間50分
  移動距離   15.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,497m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-16 13:38 | 山スキー | Comments(2)