タグ:鳥海山 ( 12 ) タグの人気記事

2016年 05月 28日
鳥海山(百宅ルート)での板納め ~ 2016年5月22日
f0170180_23203320.jpg

百宅(ももやけ)口の駐車場に着くと、スキーの準備をしている人達がいた。大清水(おおしず)休憩所(兼避難小屋)に前泊していた柴◯さんやgamouさん達で、今日は柴◯さんのチーム6人と同一行動をお願いしている。今年は雪消えが早いので、雪渓を巧みにつなぐ彼らのルートファインディングにお世話になろうという魂胆である。自分としては百宅口からは2010年以来なので6年ぶりになる。ただし、4年前に上からのピストンでもやっているので3回目と言うことになるだろうか。


  山域山名   鳥海山 七高山(2,229m)
  山行期間   2016年5月22(日)
  山行形態   山スキー
  天候      快晴
  参加者    2人(L:トラ山・黒◯) ※柴◯チーム(6人)と同一行動
  行程      登山口6:34~1190m地点8:04-8:14~唐獅子平避難小屋付近9:45~七高山11:18-12:25~
          1190m地点13:24-13:36~登山口14:40
  行動時間   8時間6分
  移動距離   11.7km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,437m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-05-28 08:36 | 山スキー | Comments(4)
2016年 05月 18日
鳥海山・湯ノ台ルートを小屋泊で ~ 2016年5月14日・15日
f0170180_21215698.jpg

高校時代の恩師であるKさんを鳥海山にお連れした。Kさんは御年67歳でスキー歴は成人してからなので相当長い。現在でも年間100日のゲレンデ通いをしているスキーフリークである。Kさんはこれまでゲレンデオンリーで山スキーは未経験だ。少しでも事前練習してもらおうと自分のスキーを貸してあったのだが、結局練習は出来なかったようでぶっつけ本番となった。


  山域山名   鳥海山 行者岳(2,159m) 七高山(2,229m) 新山(2,236m) 伏拝岳(2,130m)
  山行期間   2016年5月14日(土)・15日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      14日晴れ 15日晴れ
  参加者    2人(L:トラ山・Kさん)
  行程      14日 駐車地点14:16~滝の小屋16:23
         15日 滝の小屋6:09~マタフリ沢源頭(1510m)6:58~行者岳9:57-10:10~七高山10:45~新山11:12-11:23~
          外輪山11:34-11:51~伏拝岳12:33~滝の小屋13:44-14:13~駐車地点15:07
  行動時間   14日 2時間7分 15日 8時間58分
  移動距離   14日 3.2km 15日 12.2km (GPS計測)
  累積標高差 14日 +394m -39m 15日 +1,290m -1,652m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-05-18 00:44 | 山スキー | Comments(2)
2015年 05月 13日
鳥海山・猿倉コース ~ 2015年5月3日
f0170180_11145287.jpg

昨日(5/2)湯ノ台コースを終えてから猿倉口へと移動した。山頂を経由して滑り降りれば近いのだが、鳥海山の裾野をぐるっと半周以上もするとかなり時間がかかる。猿倉駐車場では会のパーティーはテントだが、我々は車中泊である。持ってきたタラノメを天ぷらにし、ビールを飲みながら明日の打合せだ。明日5/3は堰口に1台デポし、猿倉から登って堰口まで滑り降りる計画としていた。しかし、湯ノ台でもブナのヤニでスキーが滑らなかったことから、猿倉口からの往復に短縮することでまとまった。しかし、それではちょっと物足りないので、新山往復か唐獅子平までの滑降を状況により加えよう。ヘッデンの光の中に細かいものが漂い落ちてくるのが見える。なんだろうと皆で首をかしげる。ブナの花粉かもしれない。見上げれば星空。明日も晴れだろう。


  山域山名   鳥海山 七高山(2,229m)
  山行期間   2015年5月3日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者     3人(L:トラ山・◯樹・藤◯)
  行程      猿倉駐車場6:15~七高山10:20-11:10~下降点11:16~唐獅子平11:36-12:06~1890m地点13:00-13:10~
           猿倉駐車場14:08
  行動時間   7時間53分
  移動距離   13.1km (GPS計測)
  累積標高差  ±1,490m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-13 12:21 | 山スキー | Comments(0)
2015年 05月 09日
鳥海山・湯ノ台コース ~ 2015年5月2日
f0170180_130208.jpg

驚くほど今シーズンは雪解けが早い。鳥海山もかなり雪が少ないとの情報で、既に残雪は例年でいえば1ヶ月後くらいの状況だという。とはいえ、雪が全然無いわけじゃないので登ることは出来るだろうと、5月の2日・3日と鳥海山に行くことにした。コースはうちの会(福島登高会)が既に、前日入りで湯ノ台コースを計画していたので、便乗する形で当日入りの別パーティーを組んだ。自分にとって湯ノ台コースは通算3回目になる。


  山域山名   鳥海山 行者岳(2,159m) 伏拝岳(2,130m)
  山行期間   2015年5月2日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・藤◯) ※藤◯さんは1,800m付近まで
  行程      駐車地点7:50~斜面取り付き8:22~マタフリ沢源頭(1480m)10:28~行者岳12:38~伏拝岳13:07-13:40~
          滝ノ小屋14:15-14:30~駐車地点15:30
  行動時間   7時間40分
  移動距離   15.2km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,595m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-09 15:09 | 山スキー | Comments(6)
2014年 05月 12日
鳥海山・湯ノ台ルート ~ 2014年5月11日
f0170180_18512114.jpg

5月11日は今期初の鳥海山。湯ノ台ルートから登るという加○さんの企画に乗せてもらった。このルートは4年前に自分が初めて鳥海山に登ったときのルートだ。スキーで登る鳥海山には多くのルートがあるが、湯ノ台ルートは中島台ルートと並びもっとも長い方の部類である。ただし難しいところは特にない。そういえば4年前、山スキー初シーズンの自分を連れてきてくれたのも加○さんだった。

 山域山名   鳥海山 行者岳(2,159m)
 山行期間   2014年5月11日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者     5名(L:加○さん・○樹さん・Sさん・sharizakaさん・トラ山)
 行程      駐車地点7:25~斜面取り付き8:05~マタフリ沢源頭付近10:43~行者岳12:10-12:50~マタフリ沢源頭付近13:02~
          滝ノ小屋13:13-14:17~駐車地点15:15
 行動時間   7時間50分
 移動距離   15.6km (GPS計測) ※登り返しを除く
 累積標高差  ±1,608m (GPS計測) ※登り返しを除く




続きはこちら

by torasan-819 | 2014-05-12 20:42 | 山スキー | Comments(10)
2013年 05月 19日
鳥海山 祓川からの北斜面滑降 ~ 2013年5月18日
f0170180_238116.jpg

今年のゴールデンウィークは天気が今ひとつで、鳥海山を滑る機会を逃がしていた。そんなわけで、5月18日が今シーズン初の鳥海山となった。せっかく行くからにはと、以前から気になっていた祓川からの北斜面滑降にトライしてみることにした。このルートは祓川からスタートして北斜面を滑り降り、再び祓川に戻るところがミソなのだが、一部でヤブ漕ぎがある。しかし、4月末くらいまでなら1箇所のヤブ漕ぎですむようだ。この祓川からの北斜面のことを、9日に飯豊でお会いした峡彩山岳会のワタさんに話したところ、早速12日に滑って記録をアップしている。その記録によるとヤブ漕ぎは3回とのこと。さらに雪解けは進んだのだろうが、どのくらいヤブ漕ぎがあるのかは行ってみなければわからない。懸念はあったが、雪が多いという今年の状況に賭けてみることにした。
================================================================================
 山域山名   鳥海山 七高山(2,229.2m) 新山(2,236m)
 山行期間   2013年5月18日(土)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者    3人(L:トラ山・sharizakaさん・KIYOさん)
 行程      祓川第1駐車場7:25~七高山10:03-10:37~新山11:00-11:25~北斜面滑降~北斜面基部11:57~
          ヤブ漕ぎ地点12:23~祓川第1駐車場13:45
 行動時間   6時間20分
 移動距離   10.7km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±1,315m (GPS自動記録)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-19 09:42 | 山スキー | Comments(8)
2013年 05月 19日
鳥海山北斜面
f0170180_16592823.jpg

5/18 鳥海山の北斜面滑降で標高差770mを一気滑り。
ザラメで雪も良く最高の1本だった。虹も架かって素晴らしい景観に感激。
記録アップは後日。

by torasan-819 | 2013-05-19 08:22 | 山スキー
2012年 05月 24日
ワンデイ2ルート(祓川・百宅)の鳥海山 ~ 2012年5月20日
f0170180_7234122.jpg

======================================================================
山域山名   出羽山地 鳥海山(七高山)(2,229.2m)
山行期間   2012年5月20日(日)
山行形態   山スキー
天候      晴れ
参加者    単独
行程      白石3:04=祓川駐車場6:07-6:45~七ッ釜避難小屋7:41~鳥海山(七高山)9:04-9:31~唐獅子平避難小屋9:38~
         大清水山荘10:02-10:24~唐獅子平避難小屋13:06~鳥海山14:46-15:07~祓川駐車場15:49
行動時間   9時間4分
移動距離   21.7km(GPS計測)
累積標高差  ±2,460m(GPS計測)
======================================================================
鳥海山は裾野の広い独立峰。四方八方からの登山ルートがあり、山スキーのルートもしかりだ。その中でも矢島口からの祓川(はらいかわ)コースはアプローチも良く、距離と標高差の点で一番登りやすいとされている。とは言っても山頂までの標高差は1000m以上あるので、体力的に楽というわけではない。鳥海山はこれまで4回、山スキーで滑っているのだが、2010年に湯ノ台口ルート百宅口ルート、2011年に吹浦口ルート、そして今シーズンは鳥越川(中島台)ルートを滑ることができた。しかし、なぜか祓川はまだだったので、次の鳥海山は祓川を滑ろうと考えていたところ、20日に時間が取れ行くことにした。しかし、相方が見つからず単独行ということに。1人であれば祓川だけではもったいない。よく参考にさせてもらっているgamouさんのところで、祓川と百宅を1日でやっていた記録があり、以前から気になっていたのだ。いつかはと思っていたが、この機会に思い切ってやってみることにした。百宅ルートは、登山口の大清水(おおしず)園地までのアプローチが林道でかなり長い。除雪が登山口まで到達するのは例年5月下旬になり、それまでは通常登ることはできない。その百宅ルートを山頂から下り、また登り返そうというのが今回の計画だ。山頂から百宅ルートの中間にある唐獅子平避難小屋までは、鳥海山東側の魅力的な大斜面が広がり、ここまでは滑り降りて登り返すという人は多い。しかし、大清水まで降りる人は滅多にいない。10:00まで大清水に到達しなければその時点で戻る計画とし、鳥海山に向かうことにした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-05-24 12:34 | 山スキー | Comments(20)
2012年 05月 03日
鳥海山鳥越川(中島台)ルートからの北斜面滑降 ~ 2012年4月30日
f0170180_174090.jpg

======================================================================
山域山名   出羽山地 鳥海山(新山)(2,236m)
山行期間   2012年4月30日(月)
山行形態   山スキー
天候      晴れ/薄曇り
参加者    2人(L:トラ山、加○さん)
行程      林道駐車地点5:22~750m地点6:14~七五三掛付近9:30~新山山頂11:07-11:47~赤川右俣12:10~
         750m地点13:02~林道駐車地点13:44
行動時間   8時間22分
移動距離   18.5km(GPS計測)
累積標高差  ±1,870m(GPS計測)
======================================================================
2年前に初めて山スキーで鳥海山に登った。いや、正しくは夏も冬も含め、鳥海山という山に登ったこと自体が初めてだった。鳥海山は周囲に比肩する山もない独立峰であり、遠く四方からよく見える。そのどっしりとした存在感は、周囲を圧するようでもあり、見守っているようでもある。その裾野はほとんど海にまで達しているから、よけいに大きさと高さが際だって感じられる。鳥海山には多くの頂があるが、外輪山に沿ってとぐろを巻くような千蛇谷と、そこを登ってくるけし粒のような人を見てその景観に感動し、自分もいつか谷の下からここを登ってみたいと強く思った。昨年その思いを実行しようと計画したのだが、天候により中止してしまった。そんなわけで、今シーズン初となる鳥海山の目的は、その計画の再チャレンジにあった。それは鳥海山の数あるルートの中でも屈指のロングルートとされる、鳥越川から千蛇谷を経て新山へと至るルートだ。起点により異なるが、往復約18~20kmにもなるルートで、標高差も1800m以上となる。そのため残雪期であっても途中でテント泊とし、2日間かける場合も多い。まして厳冬期となれば、綿密な計画と力のあるパーティーに天候も味方しなければ成功は覚束ない。とはいえさすがにこの時期になれば、締まった雪面で距離を稼ぐことが出来るだろう。ワンデイでのピストンも射程距離になってくる。今回は30代の頃にこのルートを日帰りしたという和○さんも、別パーティーとして29日から入り、標高1000m付近にテント泊する計画だ。我々は30日の日帰りピストンなので、途中で追いつけば合流する考えであった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-05-03 13:30 | 山スキー | Comments(4)
2011年 05月 09日
鳥海山(吹浦口コース) ~ 2011年5月6日
f0170180_343131.jpg

======================================================================
山域山名   出羽山地 鳥海山(新山)(2,236m)
山行期間   2011年5月6日(金)
山行形態   山スキー
地形図    鳥海山
天候      晴れ
参加者    3人(L:和○さん、長○さん、トラ山)
行程      大平小屋(6:15)~御浜小屋(8:50)~七五三掛(9:51)~千蛇谷(10:18)~大物忌神社(11:40-12:07)~
         新山(12:19-12:40)~七五三掛(13:30)~御浜小屋(14:17)~大平小屋(14:45)
行動時間   8時間30分
移動距離   16.0km
累積標高差 +1,500m -1,500m
======================================================================
震災以降、しばらくは休み無しに働く日々が続いていたが、この頃やっと落ち着いてきた。しかしなかなか気持ちが山に向かわない。体も心も疲れていたからだろうか。でも山に登れば山から元気をもらえるはず。よし、山に登ろう。和○さん達が鳥海山に行くというので、相乗りさせてもらうことにした。神楽ヶ峰が3月6日だったから、ちょうど2ヶ月ぶりの山になる。2ヶ月の間に体重も4キロ以上増え、腹回りもだいぶボテッとしてきた。体をシェイプするのは大変だが、鈍るのは短時間であり簡単である。そんなわけで体力に一抹の不安を抱えながらも、1年ぶりの鳥海山に向かうことにした。

鳥海山の山スキーは、昨年湯ノ台口コース百宅口コースから登っている。今回は私のリクエストもあり、吹浦口(ふくらぐち)コースとなった。日本海を背にして鳥海山の西側の鳥海ブルーラインから登るルートだ。4月28日に開通したばかりの鳥海ブルーライン(鳥海公園吹浦線)だが、まだ全線開通ではなく国民宿舎大平山荘(1,000m)までとなっている。しかも駒止(548m)にあるゲートから大平山荘までは夜間通行止(17:00~8:00)となっているので、行程に余裕を持たせるため前日出発となった。交通規制については、山形県道路規制情報などから情報を事前に得ておきたい。

5日午後4時過ぎに大平山荘に到着。ここから上は終日通行止めで、開通は5月11日になるようだ。今夜は山荘の手前にある駐車場にテントを張らせてもらうのだが、既に同じ目的らしい車が何台も駐車していた。テントを張って宴会しているパーティーから少し離してこちらもテントを設営。その他のグループは車中泊らしい。テントに入りこちらも午後5時過ぎから宴会だ。いつもは簡単にすませることの多い食事だが、今日は長○さん(女性)がレタス鍋を振る舞ってくれた。食べながら飲みながら話しをしているうちに夜は更けていく。午後9時過ぎに就寝。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-05-09 07:27 | 山スキー | Comments(10)