人気ブログランキング |
2019年 08月 31日
会津駒ヶ岳・檜枝岐川下ノ沢 ~ 2019年8月24日~25日
f0170180_12305249.jpg

たまには泊りでゆったりとした沢登りをしたいと思い日帰りの沢を物色した。8月下旬だが大人の夏休みのつもりだ。ちょっと遠いので普段はなかなかその気にならない檜枝岐川の下ノ沢に行くことにした。この山域の沢登りは自分としてもお初である。なお、会としても2005年以来26年ぶりの下ノ沢となる。



山域山名   会津駒ヶ岳 檜枝岐川下ノ沢
山行期間   2019年8月24日(土)~25日(日)
山行形態   沢登り
天候     24日晴れ 25日曇り時々晴れ
参加者    3人(L:トラ山・S木・N井田・T葉)
行程     24日 自宅5:30=竜ノ門の滝駐車場9:40-10:09~入渓10:11~ゴルジュ10:33~竜ノ門の滝下段10:50~
          竜ノ門の滝上段11:02~8m滝12:06~二俣(テン場)12:47
       25日 テン場6:35~三条8m滝7:27~1,780m二俣9:24~1,870m二俣9:57~登山道10:39~
          駒ヶ岳山頂10:49-10:55~駒ノ小屋11:07-11:42~竜ノ門の滝駐車場13:32
行動時間   24日 2時間38分 25日 6時間57分
移動距離   24日 1.9km 25日 7.7km 計9.6km
標高     最低点1,060m 最高点2,133m
装備     ロープ30m×2



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-08-31 23:55 | 沢登り | Comments(0)
2019年 08月 31日
吾妻・松川 ~ 2019年8月18日(その2)
f0170180_12215449.jpg



山域山名   吾妻 松川(大平温泉から大平温泉)
山行期間   2019年8月18日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     自宅4:30=自転車デポ地点6:10=林道駐車地点6:40-7:00~入渓7:07~ヒョウタン淵8:45~三俣11:12~40m滝12:57~
       二俣15:02~小屋跡15:45~難関ゴルジュ16:09~大平温泉18:20~自転車デポ地点18:52~乗車地点20:05
行動時間   13時間5分
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点490 最高点1,215m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-08-31 23:02 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 30日
吾妻・松川 ~ 2019年8月18日(その1)
f0170180_22473188.jpg

吾妻または吾妻山は福島市の西部から山形市の南部にかけて連なる火山帯の総称で、その山域は広くなだらかな尾根が続く。福島登高会(以降は会とする)では吾妻の沢を60本以上遡行しているが、主に沢登りの対象となっている沢は10本未満である。その中でも松川は最上川の源流域であり水量も豊富で、吾妻の沢の中では比較的難度が高いとされている。会としては1976年 の記録があり、自分としては2012年 に大平温泉までを遡行している。2012年の遡行では少しやり残した感があり再遡行を考えていたが、あっという間に7年の歳月が過ぎてしまった。もはや来年とは言っていられない歳なので覚悟を決めて松川に向かうことにした。遡行時間が長くなるのでパーティーは足並みのそろう3人で組んだ。



山域山名   吾妻 松川(大平温泉から大平温泉)
山行期間   2019年8月18日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     自宅4:30=自転車デポ地点6:10=林道駐車地点6:40-7:00~入渓7:07~ヒョウタン淵8:45~三俣11:12~40m滝12:57~
       二俣15:02~小屋跡15:45~困難ゴルジュ16:09~大平温泉18:20~自転車デポ地点18:52~乗車地点20:05
行動時間   13時間5分
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点490 最高点1,215m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-08-30 22:05 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 23日
二口山塊・エシコ沢遡行 高倉沢下降 ~ 2019年8月17日
f0170180_07171734.jpg


二口山塊の沢は短いので日帰りできるものが多い。自分も沢登りを始めた頃から年に1~2回は二口山塊の沢を登ってきた。広く名の知られた大行沢を始め鳴虫沢やカケス沢などだが、それでもまだ遡行していない沢がいくつもあり、そのひとつがエシコ沢だった。エシコ沢は地元山岳会の沢登り講習会でも使われる比較的易しい沢である。この17日は軽めの沢を考えていたので、この機会にエシコ沢に行くことにした。



山域山名   二口山塊・エシコ沢
山行期間   2019年8月17日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     林道ゲート8:05~エシコ沢出合8:43~25m滝9:03~二俣9:30~40m滝9:34~林道横断10:50~林道(遡行終了)11:21-11:38~
       高倉沢下降点11:53~8m滝12:32~宍戸沢出合13:34~林道ゲート14:05
行動時間   6時間
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点345m 最高点780m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-08-23 18:31 | 沢登り | Comments(0)
2019年 08月 17日
吾妻山・シモフリ新道(駱駝山まで)~ 2019年8月15日
f0170180_07212778.jpg

午後から時間が空いたのでK藤を誘って吾妻のシモフリ新道を歩いてみた。シモフリ新道は地形図にも記されているが長らく廃道状態だった。それを近年再整備に尽力された人達がいて歩くことができるようになった。とはい目印は最小限で不明瞭なところもあり、誰でも歩ける道とは言えない。整備された登山道しか知らない人だけで歩くのは危なっかしい。そんなシモフリ新道だが新鮮な風景が広がり静かな山歩きが楽しめる。そう期待して行ったわけだが思ったより台風の影響が早かった。駱駝山に近づいたころには風がかなり強くなり、体があおられて尾根歩きが危なっかしくなってきた。一切経山まではさらに強くなると思われたので引き返すことにした。また日を改めて登りに来ることにしよう。



山域山名   吾妻山 駱駝山(1,704m)
山行期間   2019年8月15日(木)
山行形態   一般登山
天候     晴れ時々曇り
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     不動沢登山口12:45~賽河原13:09~駱駝山14:37~水場12:25~賽河原16:02~不動沢登山口16:25
行動時間   3時間40分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測



# by torasan-819 | 2019-08-17 07:19 | | Comments(0)
2019年 08月 13日
谷川連峰・白毛門沢 ~ 2019年8月4日
f0170180_21555331.jpg


山域山名   谷川連峰 白毛門沢
山行期間   2019年8月4日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    3人(L:S木k・トラ山・О島)
行程     白毛門駐車場6:10~東黒沢入渓6:20~ハナゲノ滝6:45~白毛門沢出合7:00~10m滝7:50~タラタラのセン8:27~
       大岩8:53~二俣9:21~白毛門11:06-11:41~白毛門駐車場13:33
行動時間   7時間23分
移動距離   6.8kⅿ
標高     最低点690m 最高点1,720m
装備     ロープ 30ⅿ×1・20ⅿ×1




続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-08-13 08:49 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 10日
谷川連峰・大倉沢 ~ 2019年8月3日
f0170180_19284536.jpg

8月第1週の山行を決めかねていたところ、S木kさんから谷川連峰の沢登りの誘いが来た。こんな機会はそうはないのですぐ手を上げた。メンバーは他に最近成長著しいО島との3人だ。谷川山域が全くの初めては自分だけであるが、大倉沢はS木kさんも初遡行とのこと。自分にとっては未知の沢だが、忙しかったこともあり事前に調べることはできなかった。いや、あえて調べなかったともいえる。たまには事前情報の無いまっさらな状態で沢と向き合うのも面白いだろう。いつもはリーダーなのでそうもいかないが、今回は純粋に沢登りを楽しみたいと思ったのだ。



山域山名   谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
山行期間   2019年8月3日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    3人(L:S木k・トラ山・О島)
行程     白毛門駐車場5:41~武能沢7:12-7:23~6m魚留滝7:30~ウナギ淵8:12~十字峡・大倉沢出合8:38~40m大滝10:16~
       3mCS滝11:24~1,570m二俣12:58~朝日岳14:27-14:47~笠ヶ岳15:39-15:54~白毛門16:30-16:52~白毛門駐車場18:44
行動時間   13時間3分
移動距離   15.6kⅿ
標高     最低点690m 最高点1,945m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1・20ⅿ×1



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-08-10 08:31 | 沢登り | Comments(4)
2019年 07月 31日
蔵王・コガ沢黒滝沢 ~ 2019年7月28日
f0170180_00051448.jpg

事情により遠出ができない5日は地元のコガ沢にした。コガ沢を詰め上げれば南屏風岳だが、今回は枝沢の黒滝沢に入ることにした。黒滝沢はそのうちにと思いながら未遡行だった沢だ。ほとんど記録の無い沢で、登山大系には出合の滝が10mと記載されているだけで説明文は無い。仙台YMCA山岳会の古い会報にはあるかもしれないが、そこまで調査することもないだろう。小さい沢で行程も短いし事前情報が無いほうが沢登りは楽しめる。なお沢登りではないが、昨年2月には雪に埋もれた黒滝沢をスキーで途中まで登っている。



山域山名   蔵王 コガ沢・黒滝沢
山行期間   2019年7月28日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    4人(L:トラ山・N山・F井・H田)
行程     スキー場5:24~入渓6:07~5mナメ滝6:37~権現沢出合7:20-7:40~10mナメ滝8:07~8m滝9:06~滝沢出合9:52~
       黒滝沢出合9:56~登山道11:34-11:48~水引入道12:02~無名沢12:20~コガ沢出合13:40~スキー場15:00
行動時間   9時間36分
移動距離   9.1km
標高     最低点840m 最高点1,656m
装備     ロープ50m×1・20m×1



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-07-31 13:06 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 24日
吾妻・大滝沢 ~ 2019年7月21日
f0170180_22590730.jpg

7日の会主催の沢登り講習会は中止となったので、その代わりというわけではないが大滝沢の沢登りを計画した。11人パーティーとなったが、今シーズン初沢登りの者多数、初心者数名、まったく初めてが1人という構成である。自分としても大滝沢は4年前に遡行して以来なので久しぶりということになる。事前情報では我々以外にも他会など少なくとも3パーティーが入渓するようで、いずれも講習会または初心者トレーニングのようだ。そのため駐車場所はいつもの場所でなく滑川橋の数百m手前の空き地とした。


山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域前川支流 大滝沢
山行期間   2019年7月21日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    11人(L:トラ山・N井田・T甲・N山・W井・S木k・S木y・T内・О島・F井・K東)
行程     駐車地点7:47~入渓7:53~F1(15m)8:15-9:00~滑川大滝9:36-9:50~大滝落ち口10:25~ネコノ沢出合11:07~
       ホラガイ沢出合11:44~ヒョングリ滝12:25-12:35~登山道12:45-13:00~駐車地点14:09
行動時間   6時間22分
移動距離   6.5km
標高     最低点815m 最高点1,225m
装備     ロープ30m×3



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-07-24 19:34 | 沢登り | Comments(6)
2019年 07月 24日
安達太良山・杉田川 ~ 2019年7月13日
f0170180_07563324.jpg



山域山名   安達太良山 阿武隈川支流杉田川
山行期間   2019年7月13日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・N山・W部)
行程     駐車場9:21~遠藤ヶ滝9:41~二条8m滝11:44-12:07~1060m二俣12:46~2段8m滝12:59-13:40~
       遡行終了点(1,180m)13:52~仙女平14:11~駐車場15:07
行動時間   5時間46分
移動距離   8.0km
標高     最低点672m 最高点1,220m
装備     ロープ30m×1



続きはこちら

# by torasan-819 | 2019-07-24 07:57 | 沢登り | Comments(0)