2009年 04月 20日
湯殿山 ~ 2009年4月19日
f0170180_5314144.jpg

19日は山形県の湯殿山(標高1500m)に登った。
友人と共に前日から山形入りし道の駅にしかわで車中泊。
この道の駅は温泉も併設してあるのが利点。
トイレも駐車場近くに独立した建物となっているので便利。
車中泊には二重丸の場所で、オイラ達の他にも何台も車中泊の車がいた。
友人と車中で宴会となったがかなり飲んでしまった。
でもぐっすり熟睡で翌朝は快調。

さて今回の湯殿山は単独行が好きなオイラには珍しくガイドツアーに参加した。
単独行ばかりだとたまには人恋しくなる(笑)
ガイド3名+参加者29名の大所帯。
しかも女性が7割!
たまにはこういうのもいいかも。

湯殿山は山頂までの道が無い。
だから積雪期~残雪期に雪を利用しなければ容易に山頂には立てないのだ。
ガイドさんによると以前は毎年4月29日に湯殿山ツアーをやっていたそうだが、この頃は10日ほど開催日を早めているという。
雪の少ない今年はこれでも遅いくらいのようだ。
まあしかし標高400m程度の場所にも雪は残っているのだからさすが豪雪地帯。



f0170180_5344891.jpg

f0170180_5352128.jpg

県立自然博物園ネイチャーセンター前(標高815m)を午前8時30分過ぎに出発。
人数が多いので3パーティーに分かれる。
足下はスノーシューが4割、ワカンが2割、ツボ足4割くらいだ。
天気はこれ以上ないくらいの快晴。
オイラにとっては人の尻を見ながら歩くことが新鮮だ(笑)
ペースはゆっくりだがそれでもしばらく歩くと暑くなってきたので早々と半袖Tシャツ1枚に。

前方やや左手には湯殿山が見え、やや右手には姥ヶ岳が見える。
川(石跳川)沿いに登っていくがさすが豪雪地帯だ。
今年は雪が少ないとはいっても川はいまだに大半が雪で覆われている。
だからこそ道が無くても川を越えたりしながら歩けるのだが。
こんな天気のいい日に雪を踏みしめながらブナの疎林を登っていくのはなんとも気持ちがいい。
歩いていくうちにスノーシューの女性は次々とスノーシューを脱いでツボ足に切り替える。
女性は足の負担が軽いほうがいいようだ。
男性は全員最後までスノーシューで通したのと対照的。
オイラは女性のスノーシューを1セット受け持ち自分のザックにくくりつけた。

f0170180_535562.jpg

f0170180_5353659.jpg

f0170180_536726.jpg

やがて標高1200mあたりで森林限界を超えると一気に視界が広がる。
一同からワーっという歓声がおこる。
振り返ると大朝日岳、小朝日岳、西朝日岳、以東岳など朝日連峰が大パノラマだ。
太陽を浴びた白い峰々がまぶしい。
先月登った赤見堂岳、石見堂岳も見える。

f0170180_5553260.jpg

f0170180_537613.jpg

f0170180_5374357.jpg

f0170180_538610.jpg

出発から3時間ほどで山頂に到着。
さっそく昼食にするが、先客や我々の後から到着したグループもいたりで山頂は50名以上で大にぎわい。
でも思いのほか平坦で広い山頂なので問題なし。
東の姥ヶ岳の向こうには月山が見えるが、山頂の山肌も地面がかなり露出していて、月山と言えど雪が少ないことを伺わせる。

f0170180_5401815.jpg

f0170180_544578.jpg

f0170180_5453126.jpg

山頂からちょっと南よりの東斜面では山スキーの人たちがシュプールを描いていた。
下りは登りより東側にコースをとり、ブシ沼、カワクルミ沼などを経由。
2時間ほどでネイチャーセンター前に到着。
GPSによると歩行距離8km、累積標高差829mだった。

f0170180_5591383.jpg

f0170180_714599.jpg

それにしても女性陣は最後まで元気だった。
60代後半と思える小さな女性もいたが、ザックを背負い皆と変わらぬペースで歩き通しケロリとしている。
別な女性は来週月山から石跳川のコースを滑るので様子を見に来たという。
いやはや恐れ入りました。
オイラも年を取ってもかくありたいものだ。

解散後は朝日連峰の登山口の大井沢集落で温泉に入り月山ICから高速で帰宅。
友人にも楽しんでもらえたようだし、オイラも大満足の山行だった。
さて雪焼けで真っ赤な顔になった友人。
明日会社でなんと説明するのだろうか(笑)

by torasan-819 | 2009-04-20 05:30 | スノーシュー | Comments(7)
Commented by lc4adv at 2009-04-20 09:32
朝日連峰の眺めが凄いです。
4枚目の写真、大朝日小屋が見えそうで見えない。
Commented by lc4adv at 2009-04-20 09:34
5枚目の写真でした。
既に小朝日岳~大朝日岳の稜線には一部雪無いですね。
Commented by utinopetika2 at 2009-04-20 22:05
凄い景色です。
天候にも恵まれて、春山登山を満喫されたようですね。
ほんと女性は強いですよね。
僕もかくありたいと思います。
Commented by leviathan05 at 2009-04-20 23:49
はじめまして、 ブログ「Digital photo log Ⅲ」への訪問、コメントありがとうございました。 m(_ _)m
私のブログはリンクを貼ってないのですが、「お気に入り」に登録させていただきました。

↑ 湯殿山、青空に雪山がよく映えて、爽やかさを感じます。
こんな良い天気の雪山を登ってみたいです。
↓ の一切経山も素晴らしいですね。 今年登りたい山のリストに加えておこう。 (*´▽`*)♪
Commented by torasan-819 at 2009-04-21 07:47
lc4advさん
そうなんです雪が少ない!
大朝日小屋が見えそうな望遠画像がありましたがオイラにはよくわかりませんでした。
Commented by torasan-819 at 2009-04-21 07:49
utinopetika2さん
女性は積極的ですし山がにぎやかになりますね。
男性ではああはいかないなと思いますホント。
Commented by torasan-819 at 2009-04-21 07:51
leviathan05さん
こちらも「エキサイトブログ」に加えさせていただきますね。
そちらの楽しい山行記事も楽しみにしています。
これからもよろしくお願いします。


<< タラノメ・コシアブラ      読書 「忘れがたい山」 >>