人気ブログランキング |
2009年 07月 24日
風雨の飯豊連峰縦走(その3)
20日(月)
予定 頼母木小屋~地神北峰~丸森尾根~飯豊山荘

昨日早く寝たせいか、午前1時15分に目が覚めてしまった。疲れてはいても、普段の習慣からか長く寝ることができない。外では風
がビュービューと吹いている。朝までに止んでくれればいいのだが。雨音が聞こえないので、雨足は弱まったようだ。暗闇の中、シュ
ラフにくるまり、まんじりともせずに過ごす。小用をしたくなり、ヘッドライトを付けて外のトイレへと向かう。雨は降っていないが、相変
わらずガスが濃い。

頼母木小屋のトイレは、真新しいバイオトイレできれいだ。排泄物(大)はおが屑と混ぜて生物分解する方式のトイレだ。そのために
トイレ内に車輪の無い自転車のようなものが置いてあり、用を足したら前に20回以上、後ろに10回以上ペダルを漕ぎなさいとある。
その回転力でおが屑を撹拌する仕組みだ。小用の場合は、別処理になっていて、ペダル漕ぎは必要ない。トイレ協力金を入れる。
小屋に戻りシュラフに潜るが眠れない。しょうがないのでヘッドライトで登山地図を眺め、あれやこれや考えてみる。昨日の夜は暑い
くらいだったが、今日はちょっと寒いくらいに感じる。小屋内の登山者が少ないこともあるだろうが、外気温も低くなっているのだろう。
そうこうしているうちに、いつの間にかまた眠ってしまった。




4:30頃 起床
二度寝から目が覚めると、外が薄明るくなっていた。起きることにする。出発予定は午前6時なので、十分な余裕がある。朝食はア
ルファ米でのカニ雑炊とお茶。乾いていないウエアを片づけ、パッキングをする。毎日グチョグチョの登山靴を履く。気が滅入るがい
たしかたない。

6:25 出発
ほぼ予定どおりに出発する。雨は降っていないが、ガスはまだ濃いのでカッパを着る。空が明るいので、天気の回復を期待する。昨
日強風の中を歩いた縦走路を、今日は逆に歩く。風が無いだけで、我々の足取りも軽い。西側のガスがサッと晴れた。飯豊に登って
初めて見る西側の風景だ。昨日登る予定だった杁差岳と、杁差小屋も見えてきた。急峻な山肌と深い沢が見える。飯豊の一部だが、
やっと目で感じることができた。
f0170180_17171980.jpg


地神北峰に向けて歩いていると、向こうから4人の登山者が歩いてくる。新潟のパーティーだ。ほどなく接触し話しをすると、やはり
余りの強風に縦走を中止し、門内小屋に泊まったという。他にもそんな人達がいて、昨日の門内小屋は混んでいたようだ。彼らは
これからエブリ差し岳まで行き、足の松尾根を降りるのだろう。昨日の遅れを取り戻すべく、小屋を早立ちして歩いて来たのだろう。
オイラも72歳になったとき、はたして飯豊の稜線に立てるだろうか?いや、立ちたいものだ。人生の、そして山の先輩である彼らに
エールを送りたい。飯豊の3日間で何度も会い、そしておそらく、下界ではもう2度と会わないであろう彼らに。

7:16 地神北峰
地神北峰は丸森尾根へ下る分岐でもある。いよいよ主稜線を離れて山を下りるのだ。下り始めて少しすると、悔しいことに晴れてき
たではないか。もう少し早く晴れていれば、もう少し遅く出発していれば、飯豊の峰々を眺めることができたのに。残念だがしかたな
い。また登ろう。山とはそういうものだ。遠くに朝日連峰が、雲海の上から頭を出していた。
f0170180_17263469.jpg

f0170180_1728789.jpg

f0170180_1728193.jpg


8:09 丸森峰
雨は降りそうもないし暑くなったので、少休憩を取りカッパを脱いだ。南側に見える尾根は、先週ピストンした梶川尾根だ。扇ノ地紙
のピークからすーっと延びている。丸森尾根には水場が1箇所だけある。夫婦清水といい、ここで水を補給した。丸森尾根も急な下
りというか、厳しい下りが多い。同行の2人はダブルストックだが、オイラはダブルアーム(自分の腕)だ。その方がオイラの場合、動
きやすくて良い感じなのだ。言葉で急とか激しいといっても、やはり自分で歩いてみないと飯豊の尾根道の厳しさはわからないと思
う。他の山だって急登はいくらでもあるだろうが、それが続く距離が違う。だからこそ登りがいのある山なのだ。

丸森尾根では、登ってくる人が7~8人いた。日帰り山行とおぼしき人や、泊まり装備の人など。女性の単独行者が1人いて休んで
いた。今日は梅花皮小屋まで登るという。70歳くらいに見える単独の男性も登ってきた。登り方からして、かなりの健脚と見た。飯
豊には様々な人が登ってくる。ダイグラ尾根を始めとして、梶川尾根も丸森尾根もツアー登山など受付はしない。皆自分の飯豊に登
りたくてやってくるのだ。

S・Hさんが足の指が痛くて辛そうだ。昨日岩にぶつけたのが、今日になって痛み出したという。歩けないわけではないので、ゆっく
り目に下ることにする。やがて飯豊山荘の屋根が見えてくる。普通の山だったら、斜め下に見えるという感じだろうが、飯豊は尾根道
が急なので、まさに「下」に見えるという感じだ。近そうに見えて、実は見えてからが長い。かなり時間がかかる。それでも少しずつ
高度を下げ近づいてくる。
f0170180_17305419.jpg

f0170180_1730586.jpg


10:55 丸森尾根登山口
やれやれやっと到着した。膝がガクガクだ。下山すれば我々の目的はひとつ。風呂に入ることだ。早く3日間の汗を流したい。登山
口のすぐ真ん前が飯豊山荘なので、ここの風呂に入りに行く。500円也。いや~気持ちがいい。源泉かけ流しの温泉だ。風呂から
上がれば飯だ。ちょっと奮発して岩魚焼定食にした。1,680円也。岩魚の塩焼きとフライが美味い。
f0170180_17403531.jpg

f0170180_17405074.jpg

f0170180_1741415.jpg


帰路は心地よい疲れと共に、充足した気持ちで運転しながら帰ってきた。何とも満ち足りた気分だ。初めての3人パーティーで、足
手まといになったり、迷惑をかけることなく縦走できたこと。天候は悪かったが、それもひとつの経験とできたこと。そして、なんとい
っても飯豊の懐深く、どっぷりとつかることができたこと。またこよう飯豊に。ガスで見えなくたってかまわない。急登を登り、そし
て下り、自分の足で、飯豊にひととき居させてもらいに来よう。

データ
行動時間 6:25~10:55 4時間30分
歩行距離 6.5km(GPS値)
累積標高差 +254m -1,468m(GPS値)

合計
歩行距離 34.8km(GPS値)
累積標高差 +3,305m -3,301m(GPS値)


あとがき…
今回の縦走は、激しい風雨をおして歩きました。実施するか中止するかは、その時の「現場」の様々な条件により、そのパーティー
が自ら判断すべきものであり、そのパーティーしか判断し得ないものです。このブログを読んでいただいた方には、こんな山行もあ
ったのだという程度に受けとめていただきたいと思います。

最期に、北海道トムラウシ山、美瑛岳で遭難され亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

by torasan-819 | 2009-07-24 22:39 | | Comments(4)
Commented by utinopetika2 at 2009-07-25 21:30
様々な想いを巡らせ、登られる方が多いのでしょう。
思いつきで登られる方は少ないような気がします。
人を拒むような山ではないとはいえ、やはり厳しそうです。
まして悪天候なら、尚更ですね。
Commented by torasan-819 at 2009-07-25 22:30
utinopetika2さん
日本の多くの山がそうであるように、飯豊山も信仰の山です。
昔も今も形こそ違えど、人は山から何かを感じるのでしょうね。
なにも山頂を目指すだけが山登りではないですから、飯豊もやり方ではゆったりとした登り方で楽しめるはずです。
Commented by pot at 2009-07-27 10:47 x
ドキドキできた山行の様でうらやましいです。
次はどこでしょう。
四人組が無事で良かったです。
Commented by torasan-819 at 2009-07-27 21:58
potさん
飯豊の石転び沢を登ってみたいです。
でも今年は無理かもしれません。
立山・剣岳に登ってみたいです。
日程が取れるかどうか…


<< 沢登り 杉田川 ~ 2009年...      風雨の飯豊連峰縦走(その2) >>