人気ブログランキング |
2011年 09月 02日
阿武隈川 南沢 ~ 2011年8月27日
f0170180_23111789.jpg

======================================================================
山域山名   甲子山 阿武隈川 南沢 甲子山(1,549m)
山行期間   2011年8月27日(土)
山行形態   沢登り
地形図    甲子山
天候      曇り時々雨
参加者    3名(L:和○さん・河○さん・トラ山)
行程      駐車場所8:42~南沢出合9:08~F1(8m)9:19~F2(6m)11:06~F3(8m)11:27~F4(6m)11:27~
         F5(4m)11:53~F6(10m)12:07~二俣12:15~F7(5m)12:28~F8(6m)12:35~F9(30m)12:44~
         F10(6m)13:34~奥の二俣13:48~岩棚14:01~スラブ14:27~登山道14:36~甲子山頂14:37-14:57~
         甲子トンネル16:08~駐車場所16:18
行動時間   7時間36分
移動距離   約6.5km(カシミール計測)
累積標高差 約±740m(カシミール計測)
======================================================================
27日は那須の南沢に入った。天気は今ひとつだったが、勤め人同士がパーティーを組むとなると、天気を気にしながらも、メンバーの休みの合う日に設定せざるを得ない。福島市某所で待ち合わせ、高速で那須に向かう。朝からどんより曇った天気だったが、甲子(かっし)温泉に向かううちとうとう雨が降ってきた。甲子大橋の手前から甲子温泉に下ると、大黒屋という1軒宿がある。さすがに大黒屋に車を停めるのは気が引けたので、少し上のカーブの空きスペースに車を置くことにする。雨もほとんど降っていないので支度をして出発する。南沢は旭岳や甲子山を源とする阿武隈川の源流となる沢の一つだ。比較的アプローチが便利で、距離も短く下山も楽なうえに、10箇所程度の手頃な滝があることから初級者用の沢として入渓するパーティーも多いようだ。しかし和○さんが南沢に入った30年以上前は、沢登りで入る人もほとんど無く、手探りでの入渓だったという。当時は装備もなく、ノーヘルにノーロープでワラジで登ったという、全部の滝をフリーで登ったのも、フリクション抜群のワラジと若さがあったからだろうか。今では南沢は関東方面からの入渓者が多く、少々人臭い沢になったようだ。今日のパーティーはそんな30年以上ぶりの和○さんと、初めて入渓する河○さんと私の3人だ。





                      どちらからでも南沢には行くのだが…
f0170180_21355659.jpg


                      幅10mもない阿武隈川
f0170180_2222234.jpg


                      わかりにくい出合
f0170180_22153092.jpg


                      南沢へ入渓
f0170180_22202454.jpg


車を止めたところから少し上に歩くと右手に道がある。ある記録で古いガードレールのある林道跡を進むとあったが、見ると2本が平行している。右は古いが左は現在も使っているようだ。右を進もうと(私が言った)歩いていくと、阿武隈川へと下っていきコンクリート堰堤があった。堰堤にタラップは付いてなかったので、護岸コンクリート沿いに上流へ進む。踏み跡もなくなったので、崩れた土砂が堆積したところから川に降りる。和○さんによると、左の道へ入っていけば南沢出合の近くに降りられたはずだというが、少し早く沢に入ったと思えば問題ないだろう。阿武隈川は福島県と宮城県を流れる、延長239kmにおよぶ大きな川だ。しかしその阿武隈川も、ここではまだ小さな川でしかない。ここから4kmも行かないうちに源頭となり、そこから阿武隈川の水の旅が始まるのだ。高さのある堰堤を、左岸から踏み跡を追って高巻く。川に降りて進むと直ぐ流れが左に弧を描き、右から南沢が合わさる。その50mほど先には同じく右から一里滝沢が合わさる。南沢出合は枝が被っていてわかりにくく、間違って一里滝沢に入ってしまう場合もあるようなので注意したい。南沢の入口は枝が被っていて、その先へ進むと何やら向こう側の世界に入っていく感じがする。

                      F1(8m)水流右から登る
f0170180_10403964.jpg


すぐF1だ。高さは8mほど。登るには水流を左から斜上するバンドがよさそうだが、気温の低い朝一番からのシャワーは敬遠したが、暑いときは豪快にシャワーで登りたい。水流右から河○さんが登るが小さい落石発生。別な方を見ていて気づかなかった私の右足親指に当たった。痛いが折れなかったのでひと安心。滝の最上部で流木の枝が邪魔しているが、その間を抜けて河○さんが落ち口到達。つづいて私で、最後の和○さんは左足に不安があるのでお助けひもを出す。

                      F2(6m)は倒木が多い
f0170180_232529.jpg


                      右から巻く
f0170180_23272750.jpg


F2(6m)は倒木が多く荒れた感じ。残置ハーケンや紐のある右壁を直登しようと河○さんが取り付くが、残置ハーケンのあるあたりで行き詰まる。見るからにもろい岩のうえ、雨で滑りやすいのでもう一手がでないようだ。諦めて降り、もう少し下の倒木沿いにロープを引いて登る。高巻いて滝の落ち口近くにトラバースしたが、崖が立っていて以外に悪い。無理することもないと懸垂で4mを降りる。降りてわかったが、もう少し上流まで巻けば問題なく降りることができたようだ。

                      F3(8m)左岸を巻く
f0170180_23441044.jpg


                      6mの懸垂下降
f0170180_2345119.jpg


ナメを歩き流木ダムを越えると、手前の小滝2mの先にF3(8m)が見える。F3は左壁が赤黒くなっていて何やらおどろおどろしい。ここは右壁を直登の記録もあるが、上部が微妙でいやらしい。左岸にある踏み跡を追って巻くことにする。滝の高さまで登ると、踏み跡は上へいくものと落ち口にトラバースするものがあったが、我々は落ち口に向かった。落ち口の上に出るとここも崖が立って悪い。先行する私は、微妙なスタンスを拾ってトラバースし何とか降りた。後続の2人はまたしても6mほどの懸垂下降となった。ここももう少し大きく巻けば、苦もなく沢に降りることができたようだ。

                      F4(6m)
f0170180_23464851.jpg


                      F5(4m)
f0170180_081351.jpg


F4(6m)は右壁を直登する。上部でちょっと微妙なところがあったので慎重に登る。後続にお助け紐を出したが、初めからロープを出した方がいいかもしれない。黄色のナメ滝F5(4m)は左壁を斜めに登る。スタンスが微妙なのでスリップしないように慎重に足を運ぶ。ここでも後続にはお助け紐を出した。

                      F6(10m)
f0170180_0124621.jpg


                      二俣
f0170180_026550.jpg


                      小滝2mとF7(5m)
f0170180_0301439.jpg


                      F7を直登
f0170180_033741.jpg


                      F8(6m)
f0170180_03757100.jpg


                      F9(30m)が見えてきた
f0170180_04636.jpg

f0170180_0483434.jpg


黒いF6(10m)は斜瀑という感じで、水流右を比較的容易に登れる。すぐ二俣で甲子山へ向かう右俣へ入る。手前に小滝2mがあるF7(5m)は水流右を登るがここも難しくない。ナメ状のF8(6m)も易しい。すぐ小滝3mを越えると左から枝沢を合わせる。さあいよいよ南沢の核心部の30m大滝が見えてきた。見ると30mあるかなと思ったが、多くの記録で30mということになっている。

                      F9を登ったライン
f0170180_11303473.jpg


                      上から見るとかなりの高度感
f0170180_057023.jpg


                      ソバナが咲いていた
f0170180_1124329.jpg


                      F10(6m)
f0170180_1201329.jpg

f0170180_1204235.jpg


記録によれば水流左か、もう少し左の左壁から草付きを登り、中段で右にトラバースして水流に寄り、そのまま落ち口に直登するようだ。私がトップをやらせてもらいロープを引いて登るが、浮き石も多く注意が必要。実際に河○さん目がけて石を落としてしまった。ビレイする場所にも注意が必要だ。中段で残置ハーケンがあるがかなり古いもので信用出来ない。あらたにハーケンを打ちランニングビレイを取る。水流に寄りそのまま上に登ると、立木に2箇所目のランニングビレイを取る。さらに上の落ち口近くで支点を取り後続を確保する。下を覗くとかなりの高度感。滝は下から見えない部分もあり、やはり30mほどありそう。和○さん、河○さんと登ってきて、つるべで河○さんに落ち口にトラバースしてもらう。念のため河○さんに確保してもらって落ち口に無事到着。この滝はフリーでも登れるが、今日のように滑りやすかったりメンバーによってはロープを出した方がいいだろう。F10(6m)はホールド・スタンス豊富で水流右を直登する。

                      奥の二俣を右へ
f0170180_1213661.jpg


                      岩棚を登る
f0170180_8114363.jpg


                      山頂直下のスラブ
f0170180_831155.jpg


                      甲子山頂(1,549m)
f0170180_8354868.jpg


10分ほど登ると奥の二俣。水量は5:1くらいで、左の本流は山頂南側で登山道に出るようだ。私は山頂まで詰めてみたかったので、和○さん河○さんにご同行願い右に入る。いよいよ細くなった沢を10分ほど登ると岩棚があり、ちょろちょろと水が落ちている。こうなるともう滝とはいえない。沢はツルツルのナメになってきたので、滑り落ちないよう両脇のブッシュを掴みながら登る。小さな岩棚を越えると山頂直下と思われるスラブになる。スラブの直登は無理なので右のブッシュに逃げる。ここは左に逃げてもいいだろう。右の尾根に登って5分ほどヤブを漕ぐと登山道に出た。左に20mほどで甲子山の山頂。新しい標柱などもあり整備されている感じだが、ガスで眺めがまったくないのが残念。

                      甲子トンネル西郷側抗口
f0170180_9275928.jpg


                      甲子大橋
f0170180_9295153.jpg


                      2年前に建て直された大黒屋
f0170180_1375730.jpg


山頂で遅い昼食とした。ノンアルコールビールだが美味い。和○さんが放射線量の計測をする。測定値0.15~0.19μSv/h程度で問題のないレベル。下山中に雨が降ってきたがそのまま歩く。九十九折りの登山道を下り、大黒屋まで行かずに新道に向かう踏み跡に入って甲子トンネル西郷側坑口側に出た。甲子大橋を渡って安心坂トンネル手前から右に折れ、車まで戻ると今日の沢登りを終えた。

南沢は自分にとってなじみのある阿武隈川の源流域を、沢登りで探訪するという魅力があった。比較的小さな沢だが、5~10mの滝を9箇所に30mの大滝と遡行者を飽きさせない。遡行距離も長くなく標高差もほどほどで、直登出来る滝が多いことから初級者の沢といわれているようだ。しかし滝は立っているものが多く、岩も脆かったりスタンス・ホールドが微妙であったりするので十分注意したい。特にこの日は岩がすべて濡れていたということもあり、微妙なところが多くて結構難しく感じた。安易に滝に取り付くのはケガの元だ。ロープは積極的に使いたい。確保があれば安全に楽しく沢登りが出来る。初級者の沢といわれていても、初級者だけでの遡行は避けた方がいいと感じた。晴れた日ならもう少し印象も変わったかもしれないが。沢は登る人によっても、その時の条件によってもかなり印象が違ってくるので、ネットの記録を鵜呑みにしないことが大事だろう。この私の記録もだ(笑) 南沢は簡単だったという感想の人だっているのだから。今回はロープも出して慎重にゆっくり登ったのでそこそこ時間がかかったが、条件が良くて足が揃っていれば半日コースだろう。

                      ルート(再現)図
f0170180_1033673.jpg


by torasan-819 | 2011-09-02 19:18 | 沢登り | Comments(4)
Commented by utinopetika2 at 2011-09-05 21:35
落差の多い沢のようで、写真では難関の連続のようにみえます。
トラさんならソロでも問題ない沢なのでしょうか?
それにしても・・・大黒屋はパスですかぁ~信じられません。
Commented by beerkatsu at 2011-09-06 14:37 x
実は、8月7日に計画したのですが、何と沢靴を忘れ・・唖然茫然。仲間と別れ、家に帰って、気を取直し、距離的に近い烏川に行きました。・・南沢の入渓点が不安でしたが、しっかり学習できました。その時の状況によっては、そう簡単でもないようですね。近いうち行きたいと思っております。
Commented by torasan-819 at 2011-09-06 21:11
utinopetika2さん
沢は条件によりその表情を変えます。
ある時は優しき乙女、ある時は山姥(笑)
utinopetika2さんには条件の良いときに登ってください。
大黒屋は日帰り入浴が15:00までです。
しかも洗い場のある内風呂に関しては13:00までなんですよ。
なのでこの日は「ちゃぽランド西郷」で入浴しました。
Commented by torasan-819 at 2011-09-06 21:14
beerkatsuさん
はい聞きました博○さんから。
私は以前沢靴を忘れ、普通のトレッキングシューズで沢登りをしたことがあります。
今はそんな無茶やりませんが(^^ゞ
南沢はコンパクトなサイズの中に滝がギュッと詰まっているのがいいですね。


<< 沢登り講習会(蔵王小阿寺沢) ...      古代人の夢 >>