2011年 10月 14日
家族で登った姥ヶ岳 ~ 2011年10月12日
f0170180_18222942.jpg
======================================================================
山域山名   姥ヶ岳(1,669.7m)
山行期間   2011年10月12日(水)
山行形態   一般登山
天候      晴れ時々曇り
参加者    3名(L:トラ山・妻・息子)
行程      ネイチャ-センター8:32~姥沢分岐9:16~施薬小屋10:29-10:43~金姥下分岐11:29~
         姥ヶ岳山頂11:44-11:50~ リフト上駅12:05-12:10~リフト下駅12:25-12-35~遊歩道入口12:41~
         姥沢分岐13:10~ネイチャーセンター13:44
行動時間   5時間12分
移動距離   約9.2km (カシミール計測)※リフト分除く
累積標高差 約+900m 約-640m (カシミール計測)※リフト分除く
======================================================================
今年の夏、小3の息子を1週間の子どもキャンプに送り出した。私と違い?人見知りしない性格なので心配はしていなかったのだが、初めて会う小3から中3までの8人の子ども達との数々の体験は、忘れがたく貴重な思い出となったようだ。キャンプが終わって迎えに行った帰りの車中、仲間との別れが辛かったようで、ずっと押し黙ったまま目を赤くしていたのが印象的だった。そんな子どもキャンプのある日の活動に姥ヶ岳登山があった。ネイチャーセンター(山形県立自然博物館)から姥ヶ岳までは6km以上あり標高差も850m以上ほど。子ども達と引率者とで、楽しく登るはずだった。しかし、登山道の途中に何箇所かある石跳川の支流を渡るところで、息子は足を滑らせずぶ濡れになってしまった。体を冷やさないよう大事を取ってくれたのだろう、そこから息子だけが引率者のうち1名に付き添われ下山したのだという。その話を聞いて、なんとか再挑戦させてやりたいと思いながらも、早くも紅葉の時期になってしまった。そんなわけで小学校が秋休みの最終日の12日、何とかやりくりして時間を空け家族3人での姥ヶ岳登山に向かうことにした。息子はサッカー少年で毎週運動しているし、昨年不忘山にも登っているので体力的には大丈夫だろう。しかし、妻は日頃特に運動もしていないので渋っていたが、3人で登ってこそ意味があるとか何とかごまかして連れ出すことに成功。一路高速を月山へと向かった。





                     ネイチャーセンター前 
f0170180_0172314.jpg


                     案内板
f0170180_0182345.jpg


                     支流を渡る
f0170180_0212726.jpg


                     石段の道を登っていく
f0170180_0233646.jpg


                     姥沢への分岐
f0170180_2481750.jpg


                     陽が当たると木々が輝く
f0170180_0261259.jpg


私は何度か来たことのあるネイチャーセンター(以後センターと表記)だが、来るのはいつも雪のある時期ばかりで、こんな時期に来るのは初めて。センター前の駐車スペースに車を止める。開館準備をしていた職員らしき方が、姥沢からセンターまで下る道があるという。それは地図に記載されて無い道なので知らなかったのだが、その道を下れば周回が楽になる。これは良いことを教わったと思ったら、脇の案内看板にも描かれていた。準備をするとセンターのすぐ脇にある登山口から出発する。この石跳川沿いに登っていく道は、その昔湯殿山への参詣のための道であったという。そのためなのだろうか、道が石段で整備されているところが多い。今は自然博物園のコースとして、四季を通じて歩かれている。自然観察路としてコースも多いのだが、今日は姥沢登山が目的なので石跳川沿いに真っ直ぐ登っていく。黄葉したブナの原生林が美しい。ヤマウルシやナナカマドの赤も美しい。息子は昨年も不忘山に登っているので大丈夫と思うが、妻は普段まったく運動をしていないのでバテないか心配。装備や飲み物昼食などは全部私が担ぎ、妻のリュックには菓子程度にした。意識的にペースを抑えて登っていく。歩いていく途中で何やら香りがただよう場所があった。キノコの香りだ。しかし今日はキノコ採りではないので先へと進む。1時間ちょっとで、息子が足を滑らせた沢に到着。石跳川の小さい支流で、大したことのない沢だ。この程度ではやばやと下山したとは情けない。今日は必ずや姥ヶ岳山頂に立たせるぞと密かに決意する。

                     湯殿山が見えてくる
f0170180_0303340.jpg


                     尾根の紅葉
f0170180_0392716.jpg


                     やがて周囲は笹原に
f0170180_045272.jpg


                     装束場の施薬小屋
f0170180_0455224.jpg


やがて樹林帯を抜けて視界が広がると、左手に色とりどりに染まった湯殿山の尾根が見えてきて、美しさに思わず声が上がる。徐々に細くなる石跳川沿いに登っていくと、周囲にチシマザサの笹原が増えてくる。やがて湯殿山と姥ヶ岳の間の鞍部にある、装束場と呼ばれている場所に到着。ここからは三角形に形の良い湯殿山が見える。装束場とは、湯殿山本宮に参詣する前に、草鞋を履き替え衣装を改めたところなのでそう呼ばれているらしい。ここにある避難小屋は施薬小屋と呼ばれているが、平成7年頃まであった以前の小屋は、登山者に薬湯を売る個人所有の茶で「施薬小屋」と呼ばれていたことから、その後設置されたこの避難小屋も施薬小屋と呼ばれるようになったという。避難小屋は簡素な小屋だが、風を避けて休めるのはありがたい。中に入って休憩し、お握りとお茶で小腹を満たした。ここまで2人とも特に問題なく登ってこれたのでひと安心する。

                      振り返ると湯殿山に施薬小屋
f0170180_0482177.jpg


                      10日前は吹雪いたらしい
f0170180_0523126.jpg


                      湯殿山より高くなった
f0170180_142440.jpg


                      金姥への急登
f0170180_114443.jpg


                      山頂への木道
f0170180_1103471.jpg


                      姥ヶ岳山頂
f0170180_1131635.jpg


姥ヶ岳山頂までは、あと1時間20分だと励まして小屋を出る。月山山頂にかかる雲のせいで、右手に見える姥ヶ岳山頂も雲に見え隠れする。小屋周辺は灌木と笹原が広がる平坦地だが、この辺りの紅葉は盛りを過ぎ、少しずつ冬枯れに向かっている様子。今月2日は吹雪いて積雪もあったという(朋友会yossyさんの記録)。小屋を出てすぐは平坦だが、やがて登りになるとここまで元気で歩いてきた妻が疲れてきたという。バテられては困るので、ペースをさらに落としゆっくり歩くように促す。息子の方は元気なので問題なし。登山道は姥ヶ岳の北斜面をトラバースして登っていく。仙人沢をはさんで向こうに見える尾根は品倉尾根だ。鞍部の稜線を歩いている登山者が見えてきた。ひと登りすると姥ヶ岳と月山をつなぐ登山道にぶつかる。ここまで来れば姥ヶ岳山頂はあと一息。急斜面の石段を登り、金姥という姥ヶ岳のすぐ北にある1,688mのピーク下をトラバース。ほぼ水平に延びる木道を歩くと山頂(1,669.7m)に到着した。大げさだが息子のリベンジ達成。妻もなんとか登りきることが出来た。家族で達成感を味わう。

                      牛首下の湿地帯
f0170180_1214386.jpg


                      リフト上駅へと下る
f0170180_1203885.jpg


眺めの良い姥ヶ岳山頂だが、今日は雲が多く遠くが霞んでいる。すぐ東側に見えるはずの月山の山頂は、雲の中で牛首から下が見える程度。遠望もあまりきかず、朝日連峰が少し見えたが鳥海山は眺められなかった。東側眼下に牛首下の湿地帯が広がり、姥沢ルートの木道を歩く登山者が小さく見える。姥ヶ岳にはリフトに乗れば、30分と歩かず山頂に立つことも出来る。リフト上駅方向から登ってくる軽装の人達は、おそらくリフトで登ってきたのだろう。山頂の記念画像を撮ると下山することにした。下山の時間短縮のため、下りの一部はリフトを利用することにした。リフト上駅から所要時間13分で、約1kmと標高差260mを運んでもらえる。料金は大人は560円、子ども390円だが、この日はなぜか子どもの分をサービスしてくれた。

                    リフトで下る
f0170180_124507.jpg


                    眩しいほど輝く森の中
f0170180_1295758.jpg


                    大門海沼の紅葉
f0170180_1334337.jpg


                    ヤマウルシ
f0170180_1352543.jpg


                    標高を下げるとまだ緑のブナの木
f0170180_1371538.jpg


リフト下駅で休憩してから姥沢に下ると、ちょっとわかりにくいがセンターへ下る道の入口があった。しばらくは急な下りで標高を下げると、あとは穏やかな道となり、眩しいほどのブナやミズナラの黄葉の中を歩いていく。明るいブナの森はなんとも気持ちが良い空間だ。やがて木々の間からセンターの屋根が見えてきた。最後まで元気な息子と、長い下りで膝が痛いという妻と無事ゴール。センターの中に入り下山報告をすると、子どもキャンプの登山で息子の下山に付き添ってくれたDさんがいて、リベンジの報告をすることができた。センター職員のDさんに、また来年も子どもキャンプにお出でといわれ、再会を期してセンターを後にした。

後日談:登山後も息子は何ともなし。もちろん私もだが、意外と妻も大丈夫だった。少し筋肉痛になったぐらいで、それほどダメージはなかったようだ。体脂肪が減ったとか、また登りたいとか言っている。今回連れ出す前に、山に登りたくないと言ってたのは誰だったのか。さて次はどこに登ろうか。

                      ルート図(再現)
f0170180_23193784.jpg


by torasan-819 | 2011-10-14 21:16 | | Comments(8)
Commented by maro4070 at 2011-10-18 06:18
オー、家族皆さんでいいですねぇ~。(^o^)
昨年このコースを今頃歩きましたが黄色の目映い紅葉に目を引きました。
リベンジ、良かったですね。(^^)
Commented by torasan-819 at 2011-10-18 19:36
maro4070さん
穏やかな日に登れて良かったです。
我が家のおっ家内もまんざらでもなかったようです。
今度月山湯殿山に行くときは雪の季節です。
Commented by leviathan05 at 2011-10-18 22:29
ブナの黄葉がものすごく綺麗ですね。ウルシも鮮やかです。
ご家族揃っての登山、素晴らしかったと思います。息子さん、リベンジよかったですね。
良い経験をされた(させた?)と思います。
Commented by yossy1904 at 2011-10-18 23:25
姥沢からネーチャーセンターまで道があったんですね・・。
沼のある辺りは、むかし修験者が修行する場所と聞いたことがあります。
歴史が刻まれた道なんですね。
Commented by torasan-819 at 2011-10-19 07:19
leviathan05さん
子どもの場合、初めの経験が非常に大事だと思うので気をつかいました(笑)
山を嫌いにならないようにあまり難度の高くない、登頂の充実感を味わえる程度の山ということで。
でも今回は妻が一番充実感を得ていたかもしれません。
Commented by torasan-819 at 2011-10-19 07:36
yossy1904さん
あったんですね道が。
私もスキーでしか来ていなかったので知りませんでした。
今回のルートは「玄海古道」という湯殿山参詣の道ですが、ちょうど昨日の河北新報に記事が載っていました。
今は参詣のために歩く人もいない玄海古道に、また光を当てようということのようです。
Commented by utinopetika2 at 2011-10-19 15:15
また登りたい・・・名ガイド、トラさんのサポートが良かったでしょう。
来年あたり、一般ルートで北アあたり如何でしょう。
きっと感激されると思います。
Commented by torasan-819 at 2011-10-19 20:54
utinopetika2さん
いえいえコースが良かったのかなと思ってます。
来年北アですか…
確かに行けば絶対感激でしょうね。
さてどう言いくるめて連れ出すか(笑)


<< 今年のキノコ      朝日連峰 大朝日岳 ~ 201... >>