2014年 09月 21日
サクラシメジ
f0170180_23214936.jpg

今年は9月上旬の残暑も無く、秋の訪れがちょっと早い感じがする。
そう思っていたら、秋キノコの発生も例年より10日くらい早いとの情報が入ってきた。
ならば時期を逃すまいと思い、20日にサクラシメジ、通称アカキノコを採ってきた。

このサクラシメジは、親戚の裏山の竹と松の混在林に発生する。
色が桜色というか赤っぽくて、それがキノコの名称になったのだろう。
サクラシメジは一度これと覚えれば、ほぼ見間違う事はないだろう容姿をしている。

いつもは10月上旬に採っていたのだが、今年はもう出ているだろうと予測し行ってみると案の定だった。
最初は目が慣れていないので見つけるまで少し時間がかかる。
しかし、ひとつ見つければ次々と見つかる。
行ったのが夕方近くなので、採っているうちにヤブは薄暗くなってきたが、そこそこの収量があった。

調理は自分の場合、ナス・糸コンニャク・豚肉と一緒に炒めて醤油で味付け。
油でよく炒めると旨味が出てくる。
少し苦味があるので茹でこぼしてから調理すると良いというが、自分の場合はそんなことしなくとも十分美味しい。
天ぷらにすると美味しいとも聞くが、まだ試したことはないので次回にでも試してみよう。

by torasan-819 | 2014-09-21 05:41 | キノコ | Comments(0)


<< 秋空とクライミング ~ 201...      ミズコブ美味し >>