人気ブログランキング |
2015年 03月 06日
山登りアーカイブス 2009年3月15日~スノーシュー登山(安達太良・箕輪山)
f0170180_2224657.jpg

箕輪山は風の通り道で、いつも強風のイメージがある。体が飛ばされるほどの風も珍しくはない。この日も風は強く、そしてとにかく寒気が厳しかった。指が痛くなるほどの寒気を経験したのは、この時が初めてだったと思う。風に負けて敗退した形にはなったが、いい経験をした箕輪山だった。



= 2009年3月15日 =
今日は以前から登りたいと思っていた、福島県は安達太良山に連なる箕輪山に登った。この箕輪山は風が強いことが多いらしく、ネットの山行記録にもしばしばそういった記述がある。昨日の大荒れの天候の影響が残る今日も風は強そうだ。しかし一度箕輪山の風を経験しておくのもいいのではないかと思った。ところが今日は朝からリズムが狂った。目覚ましを午前5時30分にしたはずなのに目が覚めたのは7時! さらには登山靴を忘れて引き返したり。こんな日は無理をしないに限る。

時間短縮に高速に乗ると70分ほどで横向温泉に着いた。このあたりは雪がまだまだ深い。ここから箕輪山目指して登ることにする。午前9時30分頃にスキー場脇(標高1088m)から、スノーシューで登り始める。雪は硬く締まっていてツボ足でも歩けそうだ。ほどなく勾配が急になってくる。ストックで体を押し上げるようにして高さを稼いでいく。風は強いようだが林に守られて音が聞こえるだけだ。急勾配の斜面を登り上げると一気に視界が開ける。勾配の緩い斜面の広がるその先に箕輪山が見える。しかし林が風から守ってくれるのはここまでで、この先は低木しかないので吹きっさらしとなる。風が体感温度を一気に下げる。あまりに寒いのでジャケットのフードをかぶった。いつもはほとんどフードをかぶらないのだが、今日だけは別だ。

1時間15分ほどで箕輪山山頂(標高1728m)だ。オイラのほかに誰もいない山頂はさらに風が強い。先週の名号峰ほどではないが体が風で倒されてしまいそうだ。山頂からは360度の大パノラマなのだが、西側はガスがかかっていてよく見えないし、風が強くて景色を眺める余裕がない。箕輪山の南側にある鉄山まで行こうと思っていた。スノーシューはここまででアイゼンに履き替える。でもこの風ではたして行けるだろうか? とりあえず行けるところまでと思い、鉄山方向の鞍部に向け下り始める。心なしかさらに風が強くなったようだ。細かい氷が飛ばされてきて、頬にピチピチと当たり痛い。こんな時は目出し帽が必要だと思う。とにかく風が冷たくて指が痛くなってくる。このままでは鉄山までの往復3.5キロはちょっと無理だ。この先へ進むことは断念し引き返すことにする。

もう一度箕輪山に登り返し山頂に戻ると、ガスが出てきてあたりは瞬く間に白一色だ。下山ルートは登りとは違うルートで、鬼面山(1482m)を経由して下山することにする。相変わらず雪が締まっているので、スノーシューを履くまでのことはなくアイゼンのまま歩く。風が強くて昼食を取れる場所も見つからず、ここまで行動食のカレーパン1個だけだ。しかたない一気に下ってしまうことにする。駐車場所に戻ったのは13時20分頃。4時間弱の山行でGPSによると歩行距離8.2km、累積獲得標高879mであった。結局誰にも会わなかったが、駐車場で鬼面山から下ってきたらしい山スキーの人と話をした。ちょっと登り足りない感じがしてもう一山登りたいぐらいだったが、今日はおとなしく帰ることにしよう。今度は風の強くないときに登りたいものだ。



by torasan-819 | 2015-03-06 22:37 | 山登りアーカイブス | Comments(0)


<< 蔵王・南屏風岳からコガ沢への滑...      下から登る西吾妻山二十日平 ~... >>