2015年 04月 13日
にしんの山椒漬け
f0170180_774939.jpg

山スキーの帰路、南会津町田島にある和泉屋魚店でにしんの山椒漬けを買ってきた。にしんの山椒漬けは、古くから会津地方で保存食として食べられていたという。身欠きにしんを醤油などの漬け汁に山椒の葉と一緒に漬けるのだという。味はと言うと酒の肴にピッタリと感じた。会津の地酒でちびりちびりやるのが乙かもしれない。なお、値段は1本180円也。
詳しくはこちら「にしんの山椒漬け」

by torasan-819 | 2015-04-13 07:54 | 食いもん | Comments(4)
Commented by tabi-syashin (もときち) at 2015-04-13 10:22 x
おおっ! これは僕のほうが得意ですよ! なんせ昔、実家で食べてましたから・・・
いちおう甘酢を作るのが一家訓ですが、実家ではそれに玉ねぎの薄切りと鷹の爪を散らして
酢加減はマリネドレッシングで調整すれば ご飯でも お酒でも どちらでもいけます。
写真のような切り方もあるでしょうが、添え切りにするともっと美味しく見えますよ(笑)
Commented by NON at 2015-04-13 11:52 x
ニシンは亜鉛が多く、味覚失調の人にはもってこいの食材です。
美味しそう、機会が有ったら買って食べてみます。
Commented by torasan-819 at 2015-04-13 19:22
tabi-syashinさん
ありゃ~これは本家本元のtabi-syashinさんには釈迦に説法ですね(^_^;)
それにしてもtabi-syashinさん生家のレシピはまさにマリネ風?でしょうか。
切り方を変えて今日もおいしく頂きました(^_^)v
Commented by torasan-819 at 2015-04-13 19:27
NONさん
亜鉛?よくは分かりませんが有り難い食材なのですね(^O^)
是非ご賞味あれ。


<< 会津駒ヶ岳 ~ 2015年4月12日      ウコギ >>