人気ブログランキング |
2015年 11月 08日
晩秋の高畠駒ヶ岳に登る ~ 2015年11月7日
f0170180_01164140.jpg

この週末は天気がパッとしない。土曜日の方がいくぶんましな予報だったので、低山を歩いてみようと思った。いくつか案はあったのだが、結局自宅からもあまり遠くない豪士山に登ろうかと考えた。しかし、豪士山は昨年登っているので、同じ山域にある駒ヶ岳に登ることにした。駒ヶ岳は栗子山塊の中にあり、米沢市と高畠町の境に位置する。会津駒ヶ岳や甲斐駒ヶ岳など全国に駒ヶ岳という山名は多いので、この駒ヶ岳を山形駒ヶ岳とか高畠駒ヶ岳と呼ぶこともある。同じ山域にある豪士山は、ある程度登山者もいるのだが、はずれに位置する駒ヶ岳は少ないようだ。


  山域山名   栗子山塊 駒ヶ岳(1,067m) 焼枯(1,075m)
  山行期間   2015年11月7日(土)
  山行形態   一般登山
  天候      晴れのち曇り
  参加者    2人(L:トラ山・藤◯)
  行程      駐車地点9:42~西信濃沢登山口9:47~キノコ採り(約1時間)~P969m12:17~駒ヶ岳12:50-13:20~
          焼枯13:34~ひかば越え14:23-14:41-~ひかば越え登山口15:24~駐車地点15:35
  行動時間   5時間53分
  移動距離   8.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±990m (GPS計測)






                         林道脇に車を置いてスタート
f0170180_19322621.jpg


                         西信濃沢登山口
f0170180_1933236.jpg


                         沢を渡る
f0170180_19344444.jpg


                         分岐を右へ
f0170180_19363221.jpg


                         斜面の取り付きにある道標
f0170180_19433787.jpg


113号からぶどうまつたけラインに入り、左折して上和田地区を通って山間部に入っていく。未舗装の林道になり元宮キャンプ場を過ぎると、車がいっぱい停まっている豪士山登山口。さらに700mほど進むとY字路になる。試しに左へ進むと、ひかば越え登山口に行き着く。Y字路に戻って右へ進むとあまり道が良くない。登山口まではそう遠くないだろうと、道の脇に車を置いて歩きだしたが5分ほどで西信濃沢登山口に着いた。数台車が置ける広さはあるが、普通車は無理しない方が無難。沢の左岸に付けられた道を辿ると沢を渡り右岸に移る。今日は2人とも長靴なので沢でも気を使わずに渡れる。ほどなく沢は二俣になり道も左右に分かれる。どちらにもピンクテープが付いていて戸惑うが右が登山道だ。すぐ沢を渡り急斜面に取り付く。

                         ナメコ発見
f0170180_19444091.jpg


                         ムキタケ
f0170180_194845.jpg


                         乾燥気味のナメコ
f0170180_19485610.jpg


                         0.11マイクロシーベルト
f0170180_19494322.jpg


ナラ林を登りながら辺りを見回すと、すぐムキタケが見つかった。その後はしばらくキノコ採りとなる。ナメコも見つかるが、やや時期が遅かったようで老菌が多く、しかも乾燥してパサパサしている。やはりキノコはタイミングだなと思う。地形図で沼の表記になっている湿地帯の手前から登山道を離れてキノコを探す。小一時間キノコ採りをした後、適当に急斜面を登ると登山道に戻ることが出来た。

                         左手に駒ヶ岳と頭だけ見える豪士山
f0170180_2082443.jpg


                         陽が当たり暑い
f0170180_20174762.jpg


                         信濃沢を見下ろす
f0170180_20262983.jpg


                         969mピーク
f0170180_20272522.jpg


                         露岩の細尾根
f0170180_20325549.jpg


                         駒ヶ岳が近くなってきた
f0170180_20365627.jpg


                         明るいブナ林を歩く
f0170180_2156863.jpg


尾根道になると陽が当たり暑いくらいだ。左前方に駒ヶ岳の山頂を見ながら登っていくと、969ピークの標識がある。ここから駒ヶ岳までは稜線歩きとなる。眺めを楽しみながら歩こう。途中で露岩の細尾根があるが、短いので特に問題はない。ここで3人パーティーとすれ違う。結局この日はこのパーティー以外に誰も見かけなかった。小ピークに登りまたコルへ下ると駒ヶ岳が近づいてくる。駒ヶ岳へはブナ林の中を登っていく。古木が見当たらず大きさがそろっているところを見ると2次林なのだろう。葉がだいぶ落ちたブナ林は陽が差して明るく気持ちが良い。と思っていたところ、にわかに曇ってきて太陽が隠れてしまった。

                         駒ヶ岳山頂
f0170180_20433854.jpg


                         駒清水は50mほど下らしい
f0170180_20451133.jpg


                         焼枯は高畠町最高地点
f0170180_20474837.jpg


                         ひかば越え(向こうのピークは豪士山の前衛)
f0170180_20561187.jpg


                         アキグミ
f0170180_2142446.jpg


                         ツルウメモドキ
f0170180_2152131.jpg


やがて標識が1本あるだけの山頂に到着。事前に調べて知ってはいたが、周囲が樹林で囲まれ眺めがないのが残念だ。10人程度は休憩できそうな平場があり昼食タイムとする。場合によっては駒ヶ岳ピストンとも考えていたが、やはりここまでくると周回したくなる。ひかば越えから下山することにする。駒ヶ岳山頂からいったん下るが、駒清水という水場の標識を過ぎるとまた登り返し、標高1000mの焼枯というピークに至る。ここは高畠町最高地点とのことで標識があり、左折するように進路を変える。アップダウンはあるが概ねなだらかな尾根道をたどる。かさかさと落ち葉を踏む音が聞こえるだけの静かな山歩きが続く。自分が最も好むのはこんな山歩きだ。やがて開けた草地に出る。ここがひかば越えだ。正面のピークが豪士山かと思ったが、これは前衛峰で豪士山はその向こうのようだ。ひかば越えにあった赤い実が目に付いた。アキグミとツルウメモドキだ。アキグミは熟して甘いので少しいただくことにする。

                         細かい九十九折りで下る急斜面
f0170180_2174352.jpg


                         沢沿いに下る
f0170180_21101965.jpg


                         ひかば越え分岐
f0170180_21155224.jpg


                         ひかば越え登山口
f0170180_21121520.jpg


ひかば越えからは急斜面を九十九折りで下る。この九十九折りは、他には例がないほど細かく屈曲を繰り返す。やがて沢沿いの道になり、細く滑りやすい箇所もあるので注意して下ろう。一部分だが道が消えてしまい沢を歩くところもある。沢が二俣のひかば越え分岐を過ぎ、しばらく沢の左岸をたどるとひかば越え登山口に着く。駐車地点までは10分ほどである。

                         GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_22522425.jpg


by torasan-819 | 2015-11-08 21:04 | | Comments(2)
Commented by tabi-syashin at 2015-11-10 13:52
冬場には「ひかば越え登山口」から ダイレクトに駒を目指そうとして
コンタ820へ試登しました。いやはや きつかった(笑)  
となれば、砂川・信濃沢分岐のコンタ430からジワジワ登るのが妥当そうですね。
以前、駒からの下山に使っていましたが いい尾根でした。

駒から高畠町最高点にでて、栗子までスキー縦走ですね? 下見登山(笑)
ついでに七ツ森尾根上に幕営して 七ツ森ピストンしてきてください。
厳冬期の新雪降雪あれば 崩れやすいのでロープ確保が必要かもです? 南東面は崖です!
残雪時なら 北西面からピッケル一本でいけそうです。

我々も狙ってますが(笑)時期が問題で、3月以降では腐って面白味は半減しそうです。
Commented by torasan-819 at 2015-11-10 22:55
tabi-syashinさん
見た感じでは砂川・信濃沢分岐からの尾根がよろしいようですね。
七ツ森ピストンはきついなぁ~というか私は縦走するとは言ってませんが(笑)
七ツ森は5年前に中津川の枝沢を詰めて山頂に立ちましたが、その時の同行者が積雪期に七ツ森に登りたいと言ってました。
声をかけてみようかとふと思ってしまいました。
どうすっかな(笑)


<< ヤマブドウを仕込む      紅葉とスラブの御前ヶ遊窟 ~ ... >>