2016年 10月 24日
栗子山塊・豪士山 ~ 2016年10月16日
f0170180_719127.jpg

天気が良くて風もなく最高の山日和となった日曜日、午後からの半日で登れる山ということで、この時期としてはマイナーな豪士山に登った。ちょっと目的もあったのだが、思ったとおり誰にも会わない静かな山歩きとなった。


山域山名   栗子山塊 豪士山(1,022.4m)
山行期間   2016年10月16日(日)
山行形態   無雪期一般登山
天候     晴れ
参加者    単独
行程     豪士山登山口13:29~豪士峠14:33~豪士山14:44~ひかば越え15:02-15:27~折り返し点15:44-15:49~
       ひかば越え16:05~豪士山登山口16:59
行動時間   3時間30分
移動距離   9.5km(GPS計測)
累積標高差  ±896m(GPS計測)





                 尾根道(565m)
f0170180_2137216.jpg


                 紅葉はまだ先
f0170180_22334712.jpg


                 僅かな流れの水場
f0170180_2235433.jpg


                 豪士峠
f0170180_23551856.jpg


自宅から豪士山登山口までは1時間半ほどかかる。登り始めたのは午後1時29分になっていた。車が4・5台停められる豪士山登山口だが、あるのはキノコ採りらしき車が1台のみ。紅葉にはちょっと早い中途半端な時期なので、登る者は少ないのだろう。自分としては静かな山歩きができるので好都合。登山口から沢を渡ると尾根に取り付く。しばらく急登が続くが、やがて穏やかな登りになる。道は尾根を辿り登っていくが、上のほうではトラバース道となり小沢に寄る。ここは水場なのだが、表示板はどこかに行ってしまったようで見当たらない。沢水を一口飲んでから急な九十九折りを登り、少しトラバースすると豪士峠に出る。登山口からは1時間少々だったが、ほど。パーティーなら休憩を取りながらゆっくり登って2時間ほどだろう。

                 豪士山へ向かう
f0170180_23571073.jpg


                 豪士山頂
f0170180_001567.jpg


                 米沢盆地
f0170180_011021.jpg


                 蔵王連峰
f0170180_0492.jpg


                 尾根道を辿る
f0170180_0155836.jpg


                 七ッ森・栗子山
f0170180_030326.jpg


                 駒ヶ岳
f0170180_033729.jpg


                 ひかば越え
f0170180_0335716.jpg


                 アキグミ
f0170180_0352575.jpg


豪士峠から南に見える豪士山へ尾根の縦走路を辿る。距離も標高差もないのでたちまち豪士山頂に到着。午後ということもあり遠くは霞がかかっているが、360度の展望は気持ちが良い。南に延びる尾根の西には駒ヶ岳、東には摺上山、中津川を挟んで南東に七ッ森と栗子山塊の山々が近い。駒ヶ岳へと続く尾根道のうち、豪士山~ひかば越えの間はまだ歩いたことがなかった。その区間を歩くのも今日の目的のひとつ。豪士山から細い尾根道を辿るとひかば越えまでは早足で15分ほど。ここには赤くて甘酸っぱい実のアキグミがある。休憩がてらアキグミを味わうのが今日の目的の二つ目だ。

                 もう少し足を伸ばしてみる
f0170180_0371326.jpg


                 日が傾いてきた
f0170180_0385932.jpg


                 細かい九十九折りを下る
f0170180_0405610.jpg


                 登山口に戻る
f0170180_0452459.jpg


時間はまだ余裕があるので、峠からさらに尾根道を南へ辿り、黄葉の森を透かして傾いた日が射す中を歩く。適当なところで折り返してひかば越えに戻り、ひかば越えルートで下山することにした。このルートは沢沿いに道がついているが、滑りやすいところもあり注意したい。ひかば越えからは早足50分ほどで下り、薄暗くなり始めた豪士山登山口へと戻った。普通は1時間半は見ておいたほうが良いだろう。

さて、今日の目的の三つ目は山ブドウだったが、残念ながらほとんど実がついていなかった。知り合いに聞くとほかの山でもブドウは不作とのことで、今年はそういう年なのだろう。豪士山は紅葉の時期はもちろん、葉が散った晩秋や雪を被った初冬の頃も良い。ただし、熊の多い山域でもあることを忘れないようにしたい。

                 GPSトラック ( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_1211275.jpg


by torasan-819 | 2016-10-24 20:56 | | Comments(4)
Commented by 熊五郎 at 2016-10-30 12:43 x
やっぱり山ぶどうは不作のようですね。
いい時期になったので心当たりを何か所か回ったのですが
やっと見つけて軸込みで1キロていど。
今年は山ぶどうジュースにして飲み終わっちゃいました。

例の2年物は色、香りがすごくおいしそうなのですが、酸味がかなり残っています。でもついつい飲んでしまいもう残りわずか(;'∀')
酸味を減らすには完熟の見極めが大事かもしれません。
Commented by torasan-819 at 2016-10-30 17:11
熊五郎さん
山の知り合いもみんな山ブドウが不作と言ってます。
今年は諦めて来年に期待することにしました。
ワタクシもそろそろ昨年仕込んだものを味わうとしましょうか。
Commented by tabi-syashin (もときち) at 2016-10-30 20:01 x
グミなら 笹谷峠にもありますね。
有耶無耶の関とハマグリへの笹谷峠分岐付近に。。。
酸っぱかった(´艸`)
Commented by torasan-819 at 2016-10-31 07:39
tabi-syashin (もときち) さん
情報ありがとうございます。
ワタクシは酸っぱいのが大好き人間なんです(^^)v


<< 2016秋のキノコ(3)      二口山塊 小松原沢遡行・南沢下... >>