2018年 02月 18日
蔵王・馬ノ神岳 ~ 2018年2月17日
f0170180_09422004.jpg

今週末は天気が下り坂で標高を上げると強風のようだ。こんな時は樹林帯歩きということで近場の馬ノ神岳に登ることにした。風が直接当たらない南側からアプローチして1,250mまで樹林の中を歩くことができる。自分としては2年ぶり6回目の馬ノ神岳になる。


山域山名   蔵王連峰 馬ノ神岳(1,551m)
山行期間   2018年2月17日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れのち曇り(山頂は風雪)
参加者    単独
行程     スキー場7:02~支尾根取り付き7:53~馬ノ神岳10:24-10:30~林道11:00~スキー場11:45
行動時間   4時間43分
移動距離   11.3km
累積標高差  ±903m





             駐車場よりしばらく林道を辿る
f0170180_09011172.jpg


             ひとりラッセルで進んでいく
f0170180_09013630.jpg


             沢を渡ったところで斜面に取り付く
f0170180_09080547.jpg


             密な雑木林
f0170180_09100335.jpg


             ブナ林を登る
f0170180_09112146.jpg


             1,300mで尾根に出る
f0170180_09120027.jpg


白石スキー場の駐車場北端に車を停めてスタート。林道を歩き始めると前日のトレースがあったがやがて消えた。軽いラッセルで50分ほど歩き、沢の橋を渡ったところで林道脇の斜面に取り付く。ここまで駐車場から約2.4キロだ。斜面には皆伐後に生えた細い雑木の密度が濃い。木々の間をすり抜けるようにして登っていくと細いカラマツ林となる。伐採後に植林したものだろうが、無理に作られた林はとても貧相な感じがする。やがて林はブナの若木に変わり、さらに標高を上げると成木の太いブナが増えてくる。やはりブナの森は落ち着く。少し急になった斜面にジグを切り登っていくとポンと尾根に出る。風が強ければここで止めようと思っていたが予想に反して風が弱い。4~5mといったところなので山頂を目指すことにする。



             1,409m標高点から山頂方向を見る
f0170180_09133674.jpg


             白い道が続く
f0170180_09210303.jpg


             山頂手前
f0170180_09224415.jpg


             山頂にて(晴れていればバックは屏風岳東壁)
f0170180_09225188.jpg


             林間を滑り降りる
f0170180_09251678.jpg


             自分のトレースを辿って戻る
f0170180_09282456.jpg


尾根を辿り1,409m標高点を過ぎると山頂へと続く白い尾根道が見えてくる。実際に尾根道があるわけではないが、雪庇になった尾根の雪が白い道のように見える。ここを登るとすぐ山頂のように思うが、本当の山頂は手前のピークに重なるように見えていて少し先にある。尾根は風で叩かれ雪庇となっているが、歩くと思わず「硬い!」と独り言が出るほど締まっている。急斜面をシールで登り切り少し尾根を辿ると平坦になる。ここが馬ノ神岳の山頂だ。ここは屏風岳(北屏風)の絶好のビューポイントで、晴れていれば素晴らしい眺めを楽しむことができるが今日は真っ白だ。山頂からは1本南隣の尾根を下ったり水引入道に登って下ることも考えられるが、視界の無い今日はピストンにすることにした。弱いと思っていた風も徐々に強くなり10m程度の風雪になっていた。スキーでの下りは快適だ。またたく間に高度を下げていく。樹林帯に入るとブナ林を滑り降りる。ちょっと樹間が狭いが十分以上に楽しめるツリーランだ。以前に来たときは滑り自体を楽しめたという印象は無い。しかし、今年は積雪量が多く今日は雪も比較的良かったからなのか好印象だ。樹間は狭いがそれもあまり苦にならない。カラマツ林の途中で作業道を見つけ辿ると、下部の密林をカットして林道へと出ることができた。シールを貼って林道を歩き駐車場へと戻った。



             GPSトラック( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_09300903.jpg


by torasan-819 | 2018-02-18 06:20 | 山スキー | Comments(0)


<< 蔵王・水引入道(中退) ~ 2...      蔵王・南屏風岳東壁滑降から水引... >>