2018年 04月 13日
蔵王・不忘山 ~ 2018年4月8日
f0170180_00025500.jpg

8日の予報では山の天気はあまり良くなかったが、山仲間から山スキーのオファーがあり行くことになった。ただし、所用のため午後2時には帰宅したいのであまり選択の余地はない。結局、時間の読める近場の不忘山に登ることにした。今シーズンは不忘山への山行が多いのだが、自宅から近いこともあり半日で山頂ピストンが可能なことも理由になっている。



山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2018年4月8日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ・上部ガス
参加者    3人(L:トラ山・N井田・W井)
行程     白石スキー場8:33~ゲレンデトップ9:18~不忘山11:10-11:16~ゲレンデトップ12:02~白石スキー場12:19
行動時間   3時間46分
移動距離   7.4km
累積標高差  ±867m





             化粧直ししたゲレンデ
f0170180_23075834.jpg


             Eコースのゲレンデを登る
f0170180_23093028.jpg


             いつものルートで歩く
f0170180_23474537.jpg



             徐々にガスの中へ
f0170180_23140081.jpg


             今年は雪解けが早い
f0170180_23492885.jpg



昨夜に降雪があったようで、白石スキー場のゲレンデは化粧直しされて真っ白になっていた。雪が無ければスキーを担がなければならないが、これで最初からスキーで歩くことができるので助かる。積雪は5センチもないのだが、緩斜面のゲレンデならば数センチもあればシール歩行が可能になる。ゲレンデには日が射しているが稜線はガスの中で見えない。薄皮のような新雪の上を登っていくと、Eコース途中からやっと残雪の上を歩くことができるようになった。今日のメンバーの2人は福島県人で各地の山に登っているのだが、なんと不忘山が初めてだという。福島市からも比較的近い不忘山だが、1度も登ったことがないという福島の山屋さんは意外に多い。ゲレンデトップからはいつものルート取りで登る。樹林帯を抜けて尾根に出ると風が当たるようになるが思ったほどではない。高度を上げるとガスがかかってきて、残念ながら2人には南屏風岳も水引入道も見せてあげることはできない。次回のお楽しみだ。



             スキーをデポして山頂へ
f0170180_23204399.jpg


             初登頂の2人
f0170180_23221099.jpg


             カリカリ斜面のトラバース
f0170180_23244372.jpg


             ちょっと滑りにくい雪でも楽しい
f0170180_23264531.jpg


             ブナ林のツリーラン
f0170180_23284226.jpg


             Eコース下部まで滑ることができた
f0170180_23290830.jpg


             新雪はすっかり融けてしまった
f0170180_23291497.jpg


今年は雪解けが早いようで、ハイマツが出てしまって尾根通しで歩けないところもある。そんな場所は左の斜面に逃げるが、凍ってカリカリ斜面のトラバースは落ちそうであまり気持ちの良いものではない。山頂直下からは岩が露出しているので、スキーをデポしてツボ足で山頂を踏んだ。久しぶりの寒気に指が痛くなってきたこともあり、2人を画像に撮るとそそくさと下山することにした。固いバーンに薄い新雪が乗っただけなので滑りやすくはないが、それでもスキーでの滑降は軽快で楽しい。ゲレンデに戻ってみると3時間の間に新雪はすっかり融けていた。数時間での白から茶色へと劇的な変化に、今朝の真っ白なゲレンデが夢のようにさえ思える。Eコースは何とか雪をつないで滑り降りたが、その下はスキーを担いで歩くしかなかった。不忘山の山スキーは今日がシーズン最後のようだ。



             GPSトラック( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_23340119.jpg


by torasan-819 | 2018-04-13 22:06 | 山スキー | Comments(0)


<< 湯殿山(姥ヶ岳経由の周回ルート...      南蔵王スキー縦走 ~ 2018... >>