2018年 05月 02日
鳥海山・吹浦口から笙ガ岳へ ~ 2018年4月28日
f0170180_13051361.jpg


山域山名   鳥海山 笙ガ岳(1,635m)
山行期間   2018年4月28日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・О島)
行程     大平登山口12:25~笙ガ岳Ⅲ峰13:56~Ⅱ峰14:04~鳥海湖15:00~大平登山口15:57
行動時間   3時間32分
移動距離   8.9km
累積標高差  ±915m






             大平登山口
f0170180_11561181.jpg


             夏道ルートで登る
f0170180_11580628.jpg


             ちょっとルートミス
f0170180_11593157.jpg


             笙ガ岳Ⅲ峰が見えてきた
f0170180_12001794.jpg
f0170180_12512299.jpg


             左手には新山と外輪山
f0170180_12032719.jpg


鳥海山ツアー1日目は移動もあるので吹浦口からの半日コースとした。吹浦口は7年ぶり2度目になるが、まだ笙ガ岳を滑ったことが無かったのでこの機会にと思った。27日に開通したという鳥海ブルーラインを走り、大平山荘から1キロほどのヘアピンカーブを過ぎたところが吹浦口の大平登山口だ。GWに入ったので満車かと心配したが、意外や15台ほどの駐車スペースには余裕がある。雪壁を削って作られた階段を登りスタートする。ほぼ夏道沿いに付いているトレースに従い登っていくと、露出した笹で進路を阻まれ2度笹を踏んで越えた。左手から回り込めばそんなことはなかった様子。急ぐ行程でもないので、広がる景色を眺めながらゆったりした気分で登っていく。やがて笙ガ岳Ⅲ峰が見えてきたのでトレースを離れてダイレクトに目指す。それにしても広大だ。下山口を問わなければ緩やかに広がる斜面はどこでも滑ることができる。鳥海山ならではの景観だ。Ⅲ峰の左手から外輪山と新山が徐々にせりあがってくる。吹浦口から1日かけての新山往復もまたやってみたいものだ。



             Ⅲ峰からの眺め
f0170180_12043008.jpg


             雪庇が発達している
f0170180_12065950.jpg


             Ⅲ峰を滑降するグループ
f0170180_12082315.jpg


             Ⅱ峰よりドロップ
f0170180_12540537.jpg


             フラットで滑りやすい斜面だ
f0170180_12115669.jpg


             素晴らしい斜面だった
f0170180_12564012.jpg


             Ⅲ峰に登り返すグループ
f0170180_12150609.jpg


若さ溢れるО島に先行してもらいながらⅢ峰に到着。眼前には新山と外輪山が圧倒的な存在感だ。数人のグループがいてドローンで自分たちの滑降を撮影している様子。そんな時代なのだなと今どきの人達がちょっと羨ましい。自分としてはドローンは遭難者の捜索時に役立つ場面がありそうだなと思う。笙ガ岳は雪庇が発達しており、自分としては蔵王の屏風岳を思い起こさせるが斜面はこちらの方が均一で滑らかだ。本峰のある南へと移動していくとⅡ峰でドロップポイントを見つけたので滑降準備。斜面下には滑降を終えたパーティーがいる。スキーのトップを斜面に落とすと重力に任せて風を切る。斜度は30数度のザラメでフラットな斜面は整備したゲレンデのように快適だ。落差は200mほどなので滑降はあっという間に終わる。続いて滑ってきたО島だが彼女としては不本意な滑りだったようだ。ではもう1本と行きたいが時間の関係で今日はこれで終わりだ。例のグループはまた滑るためⅢ峰に登り返していった。



             鳥海湖を歩いてみる
f0170180_12164954.jpg


             御浜小屋
f0170180_12181522.jpg


             赤旗ルートで滑り降りる
f0170180_12192866.jpg

             北側に出てしまった
f0170180_12200076.jpg


             道路を歩いて戻る
f0170180_12200444.jpg


鳥海湖を見たかったのでシールを貼って向かう。今はまだ凍り付き雪原となっている湖面に降りて歩いてみた。御浜小屋まで登るとやや風が強くなってきた。シールを剥がすと快適な緩斜面の滑降が続く。赤旗を追って気持ちよく滑っていくと、登山口より600mほど北側の登り口に誘導されてしまった。途中からトラバースしたが結局無理となり、2m以上の雪壁を強引に道路へ降りる羽目になった。なお、この北側の登り口の方が駐車スペースも広くて取り付きも容易だが、そのぶんGWは満車になるのも早いかもしれない。今日のルートは笙ガ岳も滑って所用時間3時間半と、半日ツアーとしてはほど良い感じで良いコースだった。
※鳥海ブルーラインは例年5月20日ごろまで17:00~翌朝8:00まで夜間通行止めとなるので下山時間に注意されたい。



             GPSトラック( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_12300779.jpg


by torasan-819 | 2018-05-02 01:11 | 山スキー | Comments(0)


<< 鳥海山・中島台ルート(北面滑降...      山スキー記事作成中 >>