2018年 05月 03日
鳥海山・中島台ルート(北面滑降) ~ 2018年4月29日
f0170180_21335557.jpg

鳥海山の山スキーでの日帰りピストンとしては、中島台ルートが最長となるだろう。鳥海山はどこから登っても印象的な景観なのだが、中島台から千蛇谷を通り新山へ至るルートは特に素晴らしいと感じる。自分は6年前に一度中島台ルートをやったことがあるが、それ以来久しぶりのトライとなる。その時も北面を滑ったので今回も条件が良ければ滑ってみようと考えた。メンバーは5年前に一緒に北面を滑ったことのあるsharizakaさんと近頃成長著しいО島との3人である。


山域山名   鳥海山 新山(2,236m)
山行期間   2018年4月29日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    3人(L:トラ山・О島・sharizaka)
行程     中島台レクリエーションの森5:00~あがりこ大王5:32~スキー歩行開始5:55~750m地点6:22~七五三掛付近10:00~
       新山山頂11:32-11:53~赤川右俣源頭12:18~750m地点13:04~中島台レクリエーションの森14:00
行動時間   9時間
移動距離   20.1km
累積標高差  ±1,840m






             中島台レクリエーションの森をスタート
f0170180_22262626.jpg


             木道を歩いていく
f0170180_22285505.jpg


             雪が現れてきた
f0170180_22301277.jpg


            あがりこ大王
f0170180_22303533.jpg


             やっとシール登高開始
f0170180_22334245.jpg


             遠く北面が見えてきた。
f0170180_22385364.jpg


前日笙ガ岳を滑った後に中島台レクリエーションの森に移動。sharizakaさんも合流して現地調達のタラノメとコシアブラを天ぷらにして軽く宴会。隣のテントの影響もあり午前4時前には強制起床。お陰で予定通りの午前5時ちょうどにスタートした。レクリエーションの森の中へと進むと木道になるが周囲にはまったく雪が無い。しばらく歩くと雪が現れてきたがまだまだスキーでは歩くことはできない。あがりこ大王で木道は終了となる。さらに森の中に踏み込んでいくと、やっと沢筋の急斜面でスキーに切り替えることができた。以降は順調に雪の上を歩いていくが、ブナの根開きが大きいのでなかなか直線的には歩くことができない。幅100mほどの沢に挟まれた特徴的な地形の750m地点は記憶があった。先行の4人パーティーがバーナーまで出して朝食中だった。やがて左手に北面を正面にした鳥海山が見えてきた。かなり遠く感じるのだが、一歩一歩進めば到達するのだから歩くというのは凄いことだ。ここからの北面はまるで壁のように見えて滑る対象とは思えないほどだ。



             鳥越川沿いに歩いていく
f0170180_06212169.jpg


             北面をズームアップ
f0170180_06244512.jpg


             回り込むように近づいていく
f0170180_06283457.jpg


             シャリバテ気味のsharizakaさん
f0170180_06503123.jpg


             千蛇谷へ大トラバースで下降するパーティー
f0170180_07011478.jpg


             千蛇谷を登っていく
f0170180_07090466.jpg


             先行に追いつき追い越すО島嬢
f0170180_07111063.jpg


稲倉岳の尾根を右に見ながら鳥越川沿いに歩いていく。正面から吹き下ろしてくる風が強くやや歩きにくい。向かい風なので歩きには妨げになる。左にはずっと鳥海山が見えているが、斜度がやや寝てきた北面がやっと滑る対象に見えてきた。それにしても素晴らしいロケーションだ。この景色の中に自分がいられるだけでも幸せだと思わずにはいられない。歩いていくとsharizaka(シャリザカ)さんが不調のようで遅れがちになる。どうもシャリバテ気味の様で結局カップ麺を食べることになり大休憩。(シャリザカさんがシャリバテとはシャレにならない。ちなみにsharizakaさんの名前は鳥海山の七髙山直下の舎利坂からいただいているとのこと。)休憩しながら千蛇谷の左岸壁を見ているとスキーヤーが現れトラバースを始めた。おそらく新山を目指すために千蛇谷に降りるのだろう。夏道は七五三掛を通り千蛇谷に降りるのだが急斜面のトラバースが結構嫌らしい。こちらのトラバースの方が斜面も少し緩く、スキーを走らせられるので合理的かなと思う。さて我々も千蛇谷を登ろう。О島は先行していた男性陣のプライドを軽く打ち砕きながら次々と抜き去って登っていく。



             大物忌神社
f0170180_07140282.jpg


             新山(2,236m)
f0170180_07183353.jpg


             北面の滑降
f0170180_07255680.jpg
f0170180_07264994.jpg
f0170180_19592818.jpg
f0170180_19342418.jpg


             最高のロケーションだ
f0170180_19384985.jpg
f0170180_19395608.jpg
f0170180_19425859.jpg


かなり足に疲れを感じながら大物忌神社に到着するとО島が待っていた。休憩していると15分ほどでsharizakaさん到着。さらに突然M崎さんが登場しビックリ。先ほどの千蛇谷左岸の大トラバースはM崎さん達のパーティーだったらしい。大物忌神社から新山にはひと登りだ。山頂は七髙山からも人が来ていて賑わっている。北面の状況を観察に行くとツボで登って来たパーティーがいる。おそらく祓川からだろう。さて北面を滑ろう。今日の北面はザラメで良好なコンディションで滑降には申し分のない条件だ。ドロップして山頂直下の急斜面を数ターンしてやり過ごすと、その後は滑りやすい平均斜度35度の斜面となる。sharizakaさんもО島も気持ちよく滑り降りてくる。北面滑降は滑ったものにしか分からないスペシャルな体験だ。何といっても景観が素晴らしい。眼下に広がる景色は他にはない広がりがある。初めて北面を滑降するО島は幸せ者だ。北面を滑った女子はかなり少ないだろう。体力と技術もだが斜面の条件も良くないと難しいからだ。



             標高差600mを滑降した
f0170180_19463948.jpg


             赤川右俣の源頭をトラバース
f0170180_19480640.jpg


             鳥越川ルートを戻る
f0170180_19522834.jpg


             林間を滑り降りる
f0170180_19584482.jpg


             ギリギリまでスキーで滑った
f0170180_19590457.jpg



             木道がやたらに滑る
f0170180_19594958.jpg


             ありがとう鳥海山
f0170180_20063668.jpg


北面を基部まできっちり滑り降りると標高差800mの滑降となる。しかし、中島台へ戻るとなると途中でトラバースしなければならない。それでも滑降は標高差600mほどになる。前回トラバースした赤川右俣の源頭を目印にしてトラバースする。決まったルートはないので自分の勘で滑っていくと、ヤブに遮られることもなく鳥越川沿いのルートに合流することができた。樹林帯に入るとブナの大きな根開きに注意しながら滑り降りていく。あがりこ大王からは木道歩きとなるが、この木道がやたらと滑る。自分は朝に1回と合わせて3回も転倒してしまった。下からはどんどん観光客が歩いてくる。中島台レクリエーションの森はGWということもあり人気のスポットのようだ。計画どおりの午後2時ちょうど駐車場に帰着。鶴泉荘で汗を流す(通常300円・モンベル会員200円)と、5/1まで鳥海山だというsharizakaさんと別れて帰宅の途についた。



               GPSトラック( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_23362365.jpg



by torasan-819 | 2018-05-03 23:55 | 山スキー | Comments(4)
Commented by デンキ at 2018-05-16 12:50 x
トラ山さん、こんにちは。
中島台コースに来ていたのですね。
以前、連休に歩いたことが有りますが、その時と比べてあまりにも雪が少なく驚きました。
今年の雪消えのスピードは凄いですね。

北面は三年前の3月に登った事は有りますが、雪の状態(と言うか氷)が悪く滑走は断念しました。
それ以来行ったことは無いので何時かは滑ってみたいものです。

祓い川からのツボ足隊、たぶん会友です。
風が強く、最初から滑走は諦めていたそうです。
Commented by torasan-819 at 2018-05-17 06:11
デンキさん
久しぶりの中島台ルートでした。
今年の状況ではタイミング的に遅いかなと思いましたが、ちょっと担げば何とかなるかと。
私も還暦になる年なので今回やらないと来年できる保証はないし(笑)
それにしても今年は雪消えが速いですね。

北面は私の場合3回行って3回滑っているので成功率100%ですが、滑られそうな時を狙って行っているので当然といば当然なんですね。
いずれにしてもアイスバーンでは恐ろしくてとても無理なので、滑降はタイミング次第ですね。

本庄山の会のHPで報告書読みました。北面の直登でスキーを担いで登るのはリスクがありますからね。
それにしてもあの直登は凄いですね。私も1度登ってみたいと思いました。

今週末に鳥海山にもう1回行って板納めしたいのですが、天気が良くないのでどうしようかと悩んでいました。
Commented by fck_mototyan at 2018-05-17 12:42
ヘルメット、サングラス着用でもトラ山さんは何だかオーラ出ててすぐにわかりましたよ。山の中では良く声かけられるでしょ(笑)
Commented by torasan-819 at 2018-05-17 22:00
fck_mototyanさん
いやいやワタクシは、目立たぬようにはしゃがぬように似合わぬことは無理をせず(河島英五:時代おくれ)です。
もう板納めですか?ワタクシはもう1本やって今シーズン終了かな。


<< 蔵王・熊野岳東面 ~ 2018...      鳥海山・吹浦口から笙ガ岳へ ~... >>