2018年 08月 12日
蔵王・小屋ノ沢 ~ 2018年8月11日
f0170180_10343606.jpg


山の日の11日は蔵王の小屋ノ沢を日帰りで遡行することにした。先日の沢合宿で予定していた沢なのだが、台風の影響でやむなく変更したのでリトライということだ。小屋ノ沢は通常2日間で遡行されるのだが、工夫すれば日帰りでの遡行が可能だ。今回は峩々温泉に下山することにして、距離と時間を短縮することにした。車のデポが必要になるが、地元の利を生かせばさほどの手間ではない。なお、登山道あるいは沢下降での周回ルートでも日帰りが可能だ。その場合は足並みのそろった少人数のパーティーとしたい。


山域山名   蔵王・小屋ノ沢本流
山行期間   2018年8月11日(土)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    5人(L:トラ山・W井・E藤・F井・T葉)
行程     峩々温泉5:40=林道終点7:25-7:40~二俣8:11~淵(高巻き)8:27~魚止の滝10:23~12m滝10:46~875m二俣11:33~
       1,000m二俣12:33~30m大滝13:12-14:35~1,200m二俣15:06~登山道16:40-16:54~峩々温泉18:08=林道終点19:10
行動時間   10時間28分
移動距離   8.5kⅿ
標高     最低点670m 最高点1,390m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1






             林道終点
f0170180_01242107.jpg



             水量は多めだ
f0170180_07494115.jpg



             魚止橋
f0170180_07582097.jpg


             落ち込みの突破は困難
f0170180_08014640.jpg


             高巻きから懸垂下降となる
f0170180_08090494.jpg


下山する峩々温泉に1台デポして川崎インターへと移動する。コンビニで福島組と合流するとブドウ沢林道へ入る。登山口を過ぎてさらに進み、行き止まりになったところに車を停める。この先も続いていた林道は、だいぶ前に一部崩壊して通れなくなったのだ。5年前は不明瞭な踏み跡を辿り魚止橋から入渓したが、今回はすぐ沢に入ることにした。早速支度をして沢に降りる。昨日は大雨警報が出たので心配していたが、増水しているものの水は笹濁り程度で遡行は可能だ。30分ほどで二俣になり右へ入ると頭上に魚止橋が見えた。水勢が強く釜と小滝の突破は無理なので、左岸をいったん橋まで上がってから沢に降りなおした。小滝を2つ越えると淵になる。ここは泳ぐか左岸をへつるのがセオリーだが、今日は流れが強く泳ぎは無理だ。ヘツリを試みて釣り師のトラロープが下がっているところまで行くが、そこから沢の落ち込みに降りなければならない。しかし、沢幅が狭く流れがかなり強く、空身でロープ引くことも考えたが流されると判断し、5年前同様(原因は違うが)右岸の高巻きとなる。懸垂下降で沢に戻ったが高巻きに30分ほど要した。



             ヘツリも緊張する
f0170180_08121098.jpg


             枝沢の15m滝
f0170180_08141071.jpg


             4m滝
f0170180_08181183.jpg


             枝沢の4m滝
f0170180_08190719.jpg


             魚止滝は左の枝沢から巻く
f0170180_08235911.jpg



小屋ノ沢は小ぶりな沢だが、小滝でも釜のある滝が多く増水で白く泡立っていて流れは強い。油断すると流されそうなところもあり、釜のヘツリや急流の通過では緊張が続く。ヘツリでW井さんがドボンし少し流されたが、下流は流れが穏やかになる箇所で意外に本人は余裕。左岸から枝沢が15m滝で落ちるが、水量が多いのでなかなか見事。どちらが本流かと思うほどだ。続いて4m滝の水流左を登ると、左岸から4ⅿ滝の枝沢を合わせるがこちらも水量多し。すぐの4m滝をT葉さんは右壁から登ったが、我々には難しいので右岸から小さく巻く。やがて10mの魚止滝が現れる。直瀑なので左の枝沢から巻いて沢に戻る。この辺りになると水量も減るので緊張感も和らいでくる。



             12m滝
f0170180_08305400.jpg


             左岸の崩壊斜面から高巻く
f0170180_08303914.jpg


             5mトイ状滝を突っ張りで越える
f0170180_10221925.jpg



             4m滝と8m滝
f0170180_08390319.jpg


             6m斜滝
f0170180_08401249.jpg


             天然ウォータースライダー
f0170180_08405343.jpg


左岸の崩壊斜面を過ぎると12m滝だ。崩壊斜面脇ルンゼから5分ほどで小さく巻くことができる。右岸の高巻きを選択すると少々手こずることになる。しかし、高巻き中にE藤さんが眼鏡を枝に引っ掛けて紛失してしまった。皆で30分近く探したが結局見つからず。強い近眼ではないので行動はできるようだ。遡行を再開して875mの二俣を左俣へ進む。5mトイ状滝は突っ張りで越える。4m滝すぐ上の8m滝は水量多く、今回も直登を断念し右岸を高巻く。6m斜滝は右壁を登るがちょっと渋い。平水なら問題なしのナメ小滝も水流強くウォータースライダー状態。T葉さんと左をへつるが、他のメンバーには右岸を巻いてもらう。



             釜がある滝が多い
f0170180_08470153.jpg


             4~5mの滝が続く
f0170180_08530433.jpg


             1,000m二俣を右俣へ
f0170180_08563930.jpg


             1,030m左岸のテン場
f0170180_10300960.jpg


             10m斜滝
f0170180_08593038.jpg


             T葉さんだけ直登成功
f0170180_09023721.jpg


             10m斜滝
f0170180_09080258.jpg


4~5mの滝を4つほど越えると、1,000mで二俣となり本流の右俣へ進む。1,030mで左岸に焚火跡のあるテン場が現れる。10m斜滝は最後が立っていて難しく、T葉さんは直登したが我々には困難だ。右壁を登ったが落ち口へのトラバースが微妙で、皆にはさらに高巻いてもらう。ここは平水ならやはり直登だろう。10m斜滝を右岸から巻くと30m大滝の下に出る。



             30m大滝
f0170180_09094020.jpg


             中段まではクラック沿いに登る
f0170180_09125652.jpg


             上部が手がかりに乏しい(F井さん)
f0170180_09164622.jpg


             E藤さん
f0170180_09201947.jpg


             W井さん
f0170180_09213562.jpg


これまで見たどの画像よりも水量が多い。5年前は同行者がこの滝を登攀中に落ちるという事故(幸い怪我はなかったが)が発生している。観察すると中央のクラック沿いを中段まではそれほど難しくはなさそうだ。その上の潅木帯までの間はちょっと微妙に見える。自分がリードすることにして岩に取り付く。中段までは比較的容易だが、念のためハーケンでランニングビレイを2箇所取る。残置はハナからあてにしていない。上段は右上の潅木を目指して右上するクラック沿いに登れそうだ。細いクラックは登るにつれてさらに心細くなる。何とか1カ所ランニングを取ると、滑りやすい岩をじりじりと登り太い潅木までたどり着いた。高さがあるので久しぶりに緊張した登攀だった。50mロープなので1ピッチだったが30mなら2ピッチになるだろう。なお、中段から右の草付きに逃げることも可能だ。潅木支点から上は左寄りに直上し、滝の上段を左岸から巻いて沢に降り立ったが、5年前にテン場にしたところだった。この30m滝を越えるのに1時間20分ほど要したが、時間的には右の枝沢から巻いた方が早いだろう。



             5m滝
f0170180_09301476.jpg


             6ⅿ滝は左岸から
f0170180_09332406.jpg


             5m滝も左岸から
f0170180_09342510.jpg


             とにかく滝が多い
f0170180_09401571.jpg


             何度目の突っ張りだろうか
f0170180_09422866.jpg


             笹ヤブを10分ほど漕ぐ
f0170180_09494291.jpg


             峩々温泉に到着
f0170180_09552929.jpg


大滝を越えて気分的にかなり楽になる。3mCS滝を突っ張りで越えると5m滝は右壁から登る。続く6ⅿ滝は左岸を小さく巻くと、1,200mで1:1の二俣になる。計画は右俣からダイレクトに名号峰ピークを目指すつもりでいたが、時間が押しているので峩々温泉に近い左俣に変更することにした。一見左壁を登れそうな5m滝は左岸を小さく巻く。その後も4mほどの滝がいくつも続き、突っ張りで登ったりお助け紐で助け合ったりと、メンバーには良い経験になったようだ。細くなる沢を追っていくと、いつの間にか5年前に辿った最短ルートを過ぎてしまったようだ。方角を変えて左手の笹ヤブに入り、10分ほどのヤブ漕ぎで登山道に出た。やれやれと沢装備を解く。下山は峩々温泉まで約3.5キロを、途中でチチタケを採りながら歩く。計画より少し遅れて登山口に到着。車を回収してから風呂(るぽぽ川崎500円)に入り解散した。



             GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_10111397.jpg


by torasan-819 | 2018-08-12 16:37 | 沢登り | Comments(1)
Commented at 2018-08-16 13:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 浅草岳と鬼ヶ面山 ~ 2018...      蔵王・コガ沢 ~ 2018年8月5日 >>