人気ブログランキング |
2018年 10月 14日
黒伏山・南壁中央ルンゼ ~ 2018年10月8日
f0170180_08453593.jpg



山域山名   黒伏山 南壁中央ルンゼ(風の踊り場まで)
山行期間   2018年10月8日(月)
山行形態   クライミング
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:K樹・H田・トラ山)
行程     駐車地点8:03~南壁取付点8:55~風の踊り場12:50-13:24~南壁取付点14:40~駐車地点15:34
行動時間   7時間31分





自分は沢登りで滝を登ったりするが、クライミングは沢登りのトレーニングとしてたまにかじる程度でしかない。そんな自分だが黒伏山南壁のクライミングに行ってきた。登ったとはとても書けないので行ってきたと書く。もちろん初めての黒伏山クライミングである。船形山系にある黒伏山はクライマーには有名な岩場なのだが、自分は通りすがりに見たときにあんなところよく登るもんだと思っていた程度だった。南壁を何度も登っているK樹さんが誘ってくれたので、この機会に一度体験してみようとなったわけである。

登攀ルートは中央ルンゼとのことだが南壁の代表的ルートのようで、終了点まで9~10ピッチになるとのことだ。しかし、自分の実力と3人パーティーということ、スタートがゆっくりであることを考えると完登はハナから無理なことに思えた。おそらく中間点の「風の踊り場」までだろうと予想した。クライミングは初心者の自分なので中央ルンゼの詳細は他の方の記録を見てもらいたいが、簡単に説明すると予想通り4ピッチ登って風の踊り場までで時間切れ終了となった。風の踊り場でひと息つくと喉がカラカラであることに気付いた。水を飲む余裕もなかったのだ。結局一樹さんがすべてのピッチをリードしてくれたのだが、やれと言われても自分にはとてもリードできそうにないというのが現実。フォローでさえまともに登れてはいないのだから、一度もリードしていない自分は南壁を登ったとは言えない。

今どき中央ルンゼはフリーで登るのが当たり前になっている様だが、自分は人工でアブミなどがなければ厳しいというか無理だと感じた。K樹さんは僅かなホールドとスタンスで登っていくが、その後から登る自分にはいったいどこをどうやったら登れるのか見当もつかない。苦し紛れに残置ハーケンを踏むこと数度、ヌンチャクも掴んだ、思いっきりロープにテンションをかけてやっと登ったところもあった。いやはや必死の思いである。同行のH田も自分と似たようなものだったが、若いのでこれからの伸びしろがある分違う。こちらは縮む一方だ。それでも身の丈に合った楽しみ方はいくらでもあると思いたい。



             取り付き点
f0170180_07000142.jpg


             1ピッチ目をリードするK樹さん
f0170180_07093420.jpg


             セカンドはH田
f0170180_07112995.jpg


             1ピッチ目の残置支点
f0170180_07130178.jpg


             2ピッチ目は1ピッチ目に比べれば易しい
f0170180_07200972.jpg



             70~80度というところか
f0170180_07214144.jpg


             3ピッチ目
f0170180_07253175.jpg


             この辺が難しいようだ
f0170180_07342042.jpg


             右に見えるのは赤いハングと言われるところ
f0170180_07370469.jpg


             登れる自信なしだが行くしかない
f0170180_07383903.jpg


             4ピッチ目
f0170180_08004815.jpg


             風の踊り場の下
f0170180_08021202.jpg


             風の踊り場から見下ろす
f0170180_08050068.jpg


             眺めがよろしい
f0170180_08135187.jpg


             時間切れで懸垂下降
f0170180_08165494.jpg



by torasan-819 | 2018-10-14 22:52 | | Comments(2)
Commented by tabilogue2 at 2018-10-22 09:13
お疲れ様ですぅぅぅ よくもまあ 持ち上がりましたね~(笑)
風の踊り場まで4ピッチ マルチピッチで何ピッチ目???って ならなかった?(´艸`)
沢ヤでよかった…と つくづく思ったはずです(^◇^)
Commented by torasan-819 at 2018-10-23 00:02
tabilogue2さん
> よくもまあ 持ち上がりましたね~
  必死でしたから(笑)自分はクライミングセンスなしです。
> マルチピッチで何ピッチ目???って
  ん?なんか変ですか?
> 沢ヤでよかった…とつくづく思ったはずです
  それはもう思いましたとも。沢登りではこんな壁を登ることはありませんし。


<< 蔵王・水引入道(ルートミス検証...      蔵王・遭難者捜索 ~ 2018... >>