人気ブログランキング |
2018年 10月 25日
安達太良山・東鴉川 ~ 2018年10月21日
f0170180_02520430.jpg

安達太良山の東鴉川を訪れた。自分としては2009年以来なので9年ぶりということになる。東鴉川は登山大系にもあるとおり、大滝の直登にこだわらなければ難しい滝もなく易しい沢といえるだろう。安達太良山はコンパクトな山域なので日帰りが容易な沢ばかりだが、その中でも東鴉川は地味な印象があるのか遡行するパーティーは少ない。ネットで検索しても福島登高会の記録の他はわずかしか見当たらない。周回ルートが取れないということもネックになるのだろう。しかし、ゆったりとした沢登りをしたいとき、初心者トレーニングとして遡行したい時などは頃合いの沢なのではないだろうか。今回のパーティーは初心者2名を含めた6人だが、紅葉を楽しみながらのんびり遡行することにした。


山域山名   安達太良山・東鴉川
山行期間   2018年10月21日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    6人(L:トラ山・S木・N井田・W井・K玉・О田)
行程     旧東鴉川橋8:30~新東鴉川橋8:45~18ⅿ滝9:20~15ⅿ滝10:15~2段8m滝10:35~5m滝12:11~
       登山道12:27-12:54~僧悟台13:21~塩沢登山口P14:20
行動時間   5時間50分
移動距離   7.6kⅿ
標高     最低点780m 最高点1,509m
装備     ロープ 30ⅿ×2





                旧国道115号の東鴉川橋脇から下りる
f0170180_00410329.jpg


             ゴーロが続く
f0170180_00413223.jpg


             現在の国道115号の橋
f0170180_01150303.jpg


             前方に滝が見えてきた
f0170180_01173620.jpg


             前衛の3ⅿ滝
f0170180_01205588.jpg


             18ⅿ滝
f0170180_01232836.jpg


             右岸から高巻く
f0170180_01244598.jpg


塩沢登山口に1台デポしてから旧国道115号の東鴉川橋に向かい、橋手前にある空き地に車を止める。沢支度をして橋の脇から沢に下りた。ゴーロを15分ほど歩くと現在の国道115号の橋の下を潜る。しばらく歩くと前方に滝が見えてきた。東鴉川で一番大きな滝である。石滝を越えて近づいていき手前の3ⅿ滝を登ると大滝である。水量が少ないので迫力には欠けるが末広がりで実際以上に大きく感じる。これまでの記録ではこの滝の高さは12mから30ⅿとばらつきが大きいが、今回は18mと整理することにした。左壁からの直登も可能のようだが無理せず右岸からの巻きを選択する。沢への下降は4名が10mの懸垂下降をしたが2名は直接下降した。高巻きに要したのは約40分だった。



             15ⅿ滝
f0170180_01283099.jpg


             2段8m滝
f0170180_01314116.jpg


             緩やかなナメになる
f0170180_01362269.jpg


             4ⅿ滝
f0170180_01512014.jpg


             明るく開放的な源頭部
f0170180_02055351.jpg


             最後の5ⅿ滝
f0170180_02070992.jpg


             登山道に出た
f0170180_02293643.jpg


             登山道を下山する
f0170180_02372540.jpg


続く15ⅿ滝は左右どちらからでも登れるが、水流右は水しぶきを浴びながらの直登になる。空は晴れているが日の差し込まない沢は濡れると肌寒い。4ⅿ滝を難なく越えると傾斜のあるゴーロで高度を上げていく。2段8ⅿ滝を越えると沢は一転して緩やかなナメになる。日も差すようになりのんびりした気持ちになる。小滝をいくつか越えていくと沢は明るく開ける。5ⅿ滝が現れるが容易。二俣を左に進むと大岩が鎮座し沢はさらに二手に分かれる。どちらに進んでも大差はないが今回は右へ。ヤブが被さるようになるが構わず遡行を続けると登山道に出た。遅めの昼食を取ってから登山道を塩沢登山口へと早足で下山した。



             GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_02444616.jpg



by torasan-819 | 2018-10-25 20:26 | 沢登り | Comments(4)
Commented by 米沢の高橋です at 2018-10-31 22:14 x
トラ山さん、お晩です。
21日は私も今季沢納めでした(「も」ではないのかもしれませんが)。
山寺から二口峠に突き上げる、昔は登山道があった大道沢でたき火宴会して締めてきました。
20日は予報が良い方に外れ、ほんのパラパラと降っただけで、せっかくたき火用のタープも
張ったのにもったいないことでしたが、おかげでたき火ナイトをまったり味わいました。
21日は秋晴れで日向は汗ばむほどの晩秋沢登り日和でしたね。
大道沢はナメ主体ですがいくつか滝や小ゴルジュもあり、意外に楽しめます。詰めは広葉樹林の
軽いヤブこぎで登山道に出ます。よろしかったら新人さんの足慣らしにでも出向いてみてください。
東鴉川は私は知らなかったので、来季行きたい候補に入れさせていただきました。
沢登りから10日でお山は雪のようで、今度はアッチがシーズンインですね~
Commented by torasan-819 at 2018-11-01 07:34
米沢の高橋さん
普通は沢納めですが私はもう少し粘ります(笑)
28日も行きましたので近日中にアップします。
私も焚火で沢納めとしたいのですが、さすがに11月になると付き合ってくれる人は少なくなります。
大道沢はノーマークでしたが、昔は登山道があったとのことであのあたりかと見当がついた次第です。
東烏川は地味な沢ですが気が向きましたら遡行してみてください。
その場合は横向登山口にデポして箕輪山経由で下山したほうが山形側からくる場合は合理的でしょう。
11月は沢納めと初滑りが重なるので忙しいです(^^)v
Commented by 米沢の高橋です at 2018-11-01 23:24 x
あらー、なんかちょっと敗北感?ですね。でもこちらはもう同行してくれる
物好きはいないようなので大道沢の締めでよしとしましょう。
ぜひ11月に沢納め&滑り初めを楽しんでください。
そして来年6月は滑り納め&沢初めですかね。
そう考えると、一年中沢と山スキーでなんとかやってられるわけで、
水場がないからたくさん担ぐとか下りが長くてしんどいとかいう
苦労からは解放されるかもしれませんね。
スキー担いで沢を詰めて、雪渓のある沢を滑ってくる、なんていうのも
話のタネにはなりそうですね。
そんなこと、きっと誰もやったことがないかも、ですよ、トラ山さん?
Commented by torasan-819 at 2018-11-02 07:26
米沢の高橋さん
考えてみれば沢とスキーで1年暮らす生活を10年近く続けていることになります。
去年も一昨年も沢納めは沢靴で雪を踏みしめてでした(笑)
さて、スキー担いで沢を詰めて、雪渓のある沢を滑ってくるということは考えたことはありますが未だ実行に至らずです。
きっと誰かがやってますよ、考えることは誰しも似たようなものですから。


<< 御神楽岳霧来沢・前ヶ岳南壁V字...      蔵王・水引入道(ルートミス検証... >>