人気ブログランキング |
2018年 12月 24日
湯殿山 ~ 2018年12月23日
f0170180_13571641.jpg

もう年末だというのに相変わらず雪が降らないので山スキーの選択肢があまりない。地元の山々はヤブが埋まっていなかったりで滑りにならないのだ。月山には雪があるが姥ヶ岳は2回滑ったので湯殿山に向かうことにした。5人パーティーだが行先が一致したtekuteku登山部2名と行動を共にすることにした。厳冬期の湯殿山はよほど条件が良いときに、ワンチャンスをものにしないと山頂は踏めない。しかし、12月ならまだ比較的可能性がある。


山域山名   湯殿山(1,500m)
山行期間   2018年12月23日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れのち曇り
参加者    7人(L:トラ山・K藤・F井・M戸・U井)+tekuteku登山部(M崎・S藤)
行程     志津8:10~ネイチャーセンター8:44~石跳川渡渉9:13~森林限界(1,250m)10:25~湯殿山11:16-11:40~
       東斜面滑降~昼食12:11-12:43~ネイチャーセンター14:04~志津14:15
行動時間   6時間5分
移動距離   9.9km
累積標高差  ±977m






             まだまだ雪は足りない
f0170180_12184885.jpg


             ネイチャーセンターからの湯殿山
f0170180_12193420.jpg


             石跳川左岸を歩く
f0170180_12204386.jpg


             橋で対岸へ渡る
f0170180_12213050.jpg


             О島パーティーが追い越していく
f0170180_12221472.jpg


志津に着くと思ったより車は少なかった。今ひとつパッとしない天気のせいだろうか。歩き始めると新雪はなく締まった固い雪面でスキーは沈まない。ネイチャーセンターを経由して石跳川左岸を歩く。石跳川はまったく埋まっていない。豪雪の月山だが今年はまだ積雪量が少ないのだ。橋で対岸へ渡り樹林の中を登り始めると、後ろからО島パーティーが追いつき抜いていった。若い2人の足は速くすぐ姿が小さくなった。



             樹林帯の中は春のよう
f0170180_12230954.jpg


             森林限界を超える
f0170180_12243228.jpg


             オープンバーンを登る
f0170180_12273513.jpg


             月山西斜面
f0170180_12414453.jpg


             山頂が見えてきた
f0170180_12380872.jpg


             山頂に到着
f0170180_12391436.jpg


樹林帯は穏やかで春のようだ。おまけに雪質まで春のようで、少し融けた表面が固く締まっている。斜度が増したところで早くも滑り降りてきたスキーヤーがいる。Gamoさんと分かったので声をかけると、今日は雪が固くて楽しめないのでもう帰るとのこと。こちらは気温上昇とともに少しは緩んでくることを期待して登り続ける。1,250mで森林限界を超えるとオープンバーンとなる。急斜面は固く締まっているのでエッジを外さないよう登る。誰も落ちることなく無事山頂に到着。気温が高いこともあり、結局ジャケットなしで登ってしまった。12月下旬でもこんな日があることに驚く。山頂にはО島パーティーのほか、4人の先行パーティーは飯豊で会ったことのある方達だった。下降は東斜面を滑ることにした。新雪もなく雪は安定しているが問題は雪質だ。



             滑降準備のО島パーティー
f0170180_12434501.jpg


             さて我々も滑ろう
f0170180_12451991.jpg


             東斜面の雪質はイマイチだった
f0170180_12455282.jpg


             F井さん
f0170180_13351784.jpg



             K藤さん
f0170180_12481359.jpg


             石跳川へと滑降
f0170180_12485931.jpg


             東斜面をバックに
f0170180_12521925.jpg


             石跳川左岸を下降する
f0170180_12540083.jpg


             まだ時期尚早だったか
f0170180_12545925.jpg



斜面に入るとやはり雪は良くなかった。南面ほどは固くないが、重い雪で滑りにくく春雪のようだ。高度を下げるとさらにグサグサの雪になってしまった。気温が高いので仕方がないがちょっとガッカリ。石跳川を左岸へ渡り昼食にしていると、チラチラと小雨が降ってきた。左岸の下降は積雪不足で小沢や段差に悩まされた。特に今年は時期尚早だったようだ。メンバーには今シーズン初スキーが3人いたので心配したが、こんな状況でも楽しんでもらえたようだ。志津に着くと他の車はほとんど無くなっていた。皆さん下り坂の天気に早目の下山だったらしい。水沢温泉で汗を流すころには雨が本降りになっていた。



               GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
f0170180_13524375.jpg



by torasan-819 | 2018-12-24 09:47 | 山スキー | Comments(4)
Commented by fck_mototyan at 2018-12-25 07:12
トラ山さん
本当に雪少ないですね。湯殿山の場合石跳川渡渉に不安があるので、同行できてよかったです。年末寒波に期待ですね。
Commented by torasan-819 at 2018-12-25 12:47
fck_mototyanさん
こんな年もあるということで仕方ないですね。
ゲレンデ練習にでも行こうかな(笑)
Commented by U井 at 2018-12-26 21:44 x
シーズン初スキーのうちの1人が楽しめたかというと、そうですね、絶叫マシンみたいでした。
ともあれ、お世話になりました。
そのうち雪が積もったらまた出没します。
Commented by torasan-819 at 2018-12-27 00:25
U井さん
危なげのない滑りで遅れもせずに…とここまで書いてふと気づきました。
たしか山スキーは6シーズン目くらいですよね?
これまで様々な経験をしてきたんですから、シーズン初スキーでも危なげないのは当たり前ですね。
失礼しました(^^ゞ
楽しいところ考えておきますので、またおいでくださいませ。


<< 蔵王・不忘山 ~ 2018年1...      蔵王・刈田岳 ~ 2018年1... >>