人気ブログランキング |
2019年 01月 30日
西吾妻山・若女平コース ~ 2019年1月26日
f0170180_10062984.jpg



山域山名   吾妻連峰 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
山行期間   2019年1月26日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れのち曇り
参加者    4人(L:トラ山・K籐・K地・N山)
行程     天元台湯元駅8:45-9:18=リフト終点9:53-10:05~凡天岩11:05~西吾妻山11:35~西吾妻小屋12:02-12:45~
       若女平14:10~細尾根14:25~小坂14:36~西吾妻スカイバレー14:48
行動時間   4時間43分
移動距離   8.3km
累積標高差  +307m -1,330m





            天元台湯元駅
f0170180_09484966.jpg


            リフトでゲレンデトップへ
f0170180_09495325.jpg


            樹林帯を登る
f0170180_09503185.jpg


            眺めが素晴らしい
f0170180_09561584.jpg


            ツアールートを辿る
f0170180_10013616.jpg


            外人さん達と
f0170180_10105637.jpg


天元台湯元駅でロープウェーを待っていると外人さんのパーティーがやってきた。ニセコやルスツに白馬だけでなく、こんなところにも外人さんがやって来るようになったのかと少し驚いた。リフトでゲレンデトップまで上がり歩き出す。トレースもなく今日は我々が一番乗りのようだ。樹林の中をトラバース気味に登り鞍部に出る。雲は多いが晴れているので眺めが素晴らしい。樹氷も最盛期で我々を迎えてくれた。コルから凡天岩へと緩やかな斜面を登っていく。振り返ると500㎡以上後方に5~6人のパーティーが見えた。凡天岩の近くまで来ると、なんと先ほどのパーティーが早くも追いついてきた。驚くほどの速さだ。見ると下で見かけた外人さんたちのパーティーではないか。しかも、ガイドはいないようで外人さん達だけで行動している。片言で皆さんはとっても速いと言うと、ユーたちのトレースがあったからだよとのこと。外人さん達は戻るらしく写真を撮って別れる。



            西吾妻小屋
f0170180_10144252.jpg


            1階入り口を除雪
f0170180_10153244.jpg


            樹林帯の滑降
f0170180_10175465.jpg


            ツアー標識
f0170180_10185448.jpg


            若女平
f0170180_10190110.jpg


            ツリーランを楽しむ
f0170180_10201220.jpg


            細尾根
f0170180_10214746.jpg


            小坂を通過
f0170180_10230229.jpg


            藤右ェ門沢の橋を渡る
f0170180_10245583.jpg


            西吾妻スカイバレー除雪終了点
f0170180_10260362.jpg


西吾妻山ではガスの中となり視界がなくなった。西吾妻小屋を目指したがルートを外してしまい修正して到着。小屋の1階ドアが開いていて雪が吹き込んでいる。内部の雪を15分ほどかけて掻き出して昼食とした。小屋からはシールで歩き、斜度が出てきたところで剥がす。始めのうちはうねりがあり滑りにくいが、樹間が広くなると快適な滑降となる。今日のメンバーはスキーが上手い人たちばかりなので飛ぶように滑り降りていく。あっという間に離れてしまうので、何度かルート修正しながら尾根を下降していく。若女平を過ぎるとツリーランが楽しめるが、やや雪が重くなってしまった。細尾根は東側の雪庇に注意が必要だが問題なく通過した。小坂の急斜面も今日のメンバーは難なく滑り降りる。籐右ェ門沢の橋を渡ると西吾妻スカイバレーの除雪終了点に到着。



            GPSトラック
f0170180_10284823.jpg



by torasan-819 | 2019-01-30 01:46 | 山スキー | Comments(1)
Commented by tabilogue2 at 2019-04-13 22:38 x
まだまだ忙しいのかい? さびすい・・・・w


     安達太良山・冬山合宿 ~ 20... >>