人気ブログランキング |
2019年 05月 01日
箕輪山東尾根 ~ 2019年2月2日
f0170180_07433448.jpg



山域山名   箕輪山(1,718.5m:三角点)
山行期間   2019年2月2日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    6人(L:トラ山・N井田・W辺・K倉・О島・K地)
行程     駐車地点9:40~1,292m標高点10:50~東尾根11:20~三角点12:20~昼食13:30-13:46~登り返し滑降~駐車地点14:30
行動時間   4時間50分
移動距離   5.9km
累積標高差  ±812m





                旧国道から斜面に取りつく
f0170180_23074465.jpg




                灌木帯を登る
f0170180_07140619.jpg


                雪庇のある尾根に乗る
f0170180_07153392.jpg


                急斜面にジグを切る
f0170180_07162296.jpg



                緩やかなオープンバーンを登る
f0170180_07165502.jpg


                ガスで視界が奪われる
f0170180_07174419.jpg


                三角点付近を今日の山頂とした
f0170180_07181268.jpg


箕輪山の東尾根は半日程度のショートツアーである。国道115号の東鴉川トンネル西口から旧国道115号に入ってすぐに車を置いて登る。天気は曇りで風は弱いが上の方はおそらく吹いているだろう。斜面に取り付くと積雪量が少ないせいもあり灌木がうるさい。急斜面になると若手メンバーがぐいぐい登っていくがこちらはマイペース。1,292m標高点に乗ると雪庇による顕著な白い尾根ルートになる。左側の雪庇に注意しながら登ると、東尾根北側の急斜面になる。ジグを切って登るのだが、どうしても若手は急な角度で強引に登りたがる。こちらは無理せず緩い角度で登り、結果的に楽に早く尾根に上がることができる。年の功というべきか。東尾根に出るとガスがかかってきた。山頂方向は真っ白である。樹林のうねりを避けて左回りにルートを取る。登っていくに従いよりガスが濃くなり風も強くなってくる。お互い確認できるように隊列を組んで歩く。視界はなくなり斜面と空間の境界もはっきりしないのは気持ちが悪い。風に叩かれながら歩を進め、GPSで三角点まで到達したことを確認したところで今日の山頂とした。



                安全地帯まで下降した
f0170180_07190904.jpg


                雪質も徐々に滑りやすくなる
f0170180_22141937.jpg


                急斜面を滑り降りる
f0170180_06274317.jpg


                楽しいツリーラン
f0170180_06335409.jpg


                    K地さん
          


                    О島嬢
          



シールを付けたまま下山するが、平衡感覚が変なうえにシュカブラに足を取られて転倒者続出。樹木が見えてくると平衡感覚も戻りひと安心だ。風の当たらない安全地帯でシールを剥がし、滑降モードにチェンジする。往路を辿ろうとするがトレースはほとんど消えてしまっている。高度を下げると視界も戻って滑りを楽しめるようになる。樹林帯に入れば柔らかい深雪のツリーランである。あちこちの斜面で歓声が上がる。ここは樹林の北側急斜面ということで、手軽にパウダーを楽しめる穴場のような場所なのだ。あまりに良かったので昼食後に登り返してお代わりをしてしまった。厳冬期はここだけを滑りに来ても良い。天気の悪いときや風のある時は樹林帯の中で遊ぶことができる。ただし降雪後は雪崩に注意したい。スタート地点に戻って今日のツアーを終了した。今回は登り返したので行動時間4時間50分となったが、ピストンだけなら4時間程度のショートツアーコースである。



                GPSトラック( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_07540205.jpg


by torasan-819 | 2019-05-01 18:59 | 山スキー | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2019-05-18 19:12
2本目の動画は編集してませんか?ずいぶん離れたところから笑い声が聞こえますね。
Commented by torasan-819 at 2019-05-20 07:16
fck_mototyanさん
そう聞こえますか?カメラのマイクのせいかもしれませんね。
間違いなくО島嬢の笑い声ですよ。
彼女はいつも笑いながら滑ってますね。
どんだけ楽しいんだか(笑)


<< 八ツ楯山 ~ 2019年2月11日      西吾妻山・若女平コース ~ 2... >>