人気ブログランキング |
2019年 05月 04日
蔵王・杉ヶ峰 ~ 2019年3月17日
f0170180_22502217.jpg

1ヵ月ぶりの山スキーである。2~3月は仕事の繁忙期のうえ定年退職も控え、余計な用事も重なって息つく暇もないほど忙しい日が続いた。残業から帰宅しても頭の中は仕事でいっぱいで、山に行く余裕もないというかその気にもなれなかった。それも少し落ち着いてきたので、久しぶりに山スキーに行くことにしたというわけである。前回から1ヶ月も空くと体力低下が心配になり、勝手知ったる蔵王で確認してみようと杉ヶ峰に行くことにした。



山域山名   蔵王連峰 杉ヶ峰(1,744.7m)
山行期間   2019年3月17日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・K地・N山)
行程     すみかわスキー場7:50~入山地点8:37~井戸沢8:55~清渓小屋9:36~金吹沢9:50~刈田峠避難小屋10:00~澄川出合10:41~
       杉ヶ峰12:13~岳樺沢出合12:36~金吹沢13:00~井戸沢13:26~観光道路13:40~すみかわスキー場13:55
行動時間   6時間5分
移動距離   15.6km
累積標高差  ±1,080m






                スキー場から雪上車道を歩く
f0170180_21344537.jpg


                入山地点の目印
f0170180_21355616.jpg


                高度を下げないようにトラバース
f0170180_21363655.jpg


                古いコース標識
f0170180_21364490.jpg


                井戸沢の渡渉ポイント
f0170180_21403766.jpg


                井戸沢右岸を登る
f0170180_21413012.jpg


                井戸沢小屋の脇を通過
f0170180_21444695.jpg


                清渓小屋
f0170180_22112315.jpg


すみかわスキー場をスタートし、雪上車道(観光道路)を入山地点まで2.5kmほど歩く。雲は多いが晴れている。予報によると今日は低めの気温とのこと。この時期はそのほうがありがたい。いつものルートで小沢を渡り、高度をあまり変えずに井戸沢までトラバースする。井戸沢の穴に注意して渡り、急斜面をひと登りすると緩やかな登りになる。このルートが初めての2人に、ルート周辺にある小屋を案内することにした。最初は赤い屋根の仙台一高の井戸沢小屋、その少し上に年季の入った風情の東北大学の清渓小屋がある。また今回は寄らないが井戸沢を隔てた対岸には東北学院大学のTGヒュッテがある。いずれも原則として関係者しか利用できないが、目印にもなるので覚えておいた方が良い。



                まだ残っている樹氷
f0170180_21491803.jpg


                右手には刈田岳
f0170180_21522446.jpg


                刈田峠避難小屋
f0170180_21564732.jpg


                K地さんの滑降




                澄川を登る
f0170180_22215643.jpg


                澄川源頭での昼食
f0170180_22375493.jpg


金吹沢を越えて右手に刈田岳を見ながら前山の方へ歩いていくと刈田峠避難小屋がある。こちらは誰でも利用できるが、赤い屋根が雪に埋もれて見つけにくいことも多い。小屋から前山へと登り、山頂手前の斜面から峠ノ沢源頭を滑り降りる。今日は雪が軽いので快適な滑降だ。前山東斜面を滑りに来るスキーヤー・ボーダーも多い。澄川まで下降して出合でシールを貼ると沢床を登っていく。何ヵ所か口を開けているので注意したい。両岸が徐々に低くなってくると澄川源頭部だ。左手には樹氷が見事な屏風岳の西斜面が見えてくる。沢の中で風を防げるうちに昼食休憩してから、芝草平の広々とした雪原へと踏み出す。



                杉ヶ峰を登る
f0170180_22402347.jpg


                東斜面にドロップ
f0170180_22441828.jpg


                N山さんの滑降




                快適な斜面だ
f0170180_00112807.jpg


                沢へと落とす
f0170180_00141059.jpg


                沢を下降する
f0170180_01523852.jpg


                スキー場へと戻る
f0170180_23482201.jpg


西には飯豊連峰が南には吾妻連峰が見える。杉ヶ峰は山頂まで行かずに東斜面を澄川源頭へと滑る。まずは上部のオープンバーンだ。同行の2人は水を得た魚のように滑っていく。気温が低めで雪のコンディションが良く、パウダーとまではいかないもののスプレーを上げての滑降となった。下部は樹林帯に入り柔らかい雪のツリーランとなる。たちまち澄川源頭まで落ちてしまうと、あっけなく今日のお楽しみが終わってしまった。時間と体力があれば登り返してもう1本といきたいが、あまり欲張らずに今日はこれで満足するとしよう。復路は澄川源頭を滑り降りて岳樺沢出合から登り返す。やがて往路のトレースを見つけるとスキー場へと戻った。

杉ヶ峰東斜面は斜度が適度で山スキーに適した斜面だが、ここまで足を延ばして滑る人は少ない。昔から清渓小屋などを利用するパーティーにとって、澄川源頭や杉ヶ峰あたりは定番ルートだったようだ。しかし、我々のように日帰りで滑るパーティーは少ない。今日も我々の貸し切りゲレンデだ。好ルートではあるが、やや距離があるので敬遠されているのだろうか。1ヵ月ぶりの山スキーだったが歩行に問題は無かった。何よりも雪山を歩くことができて素直に嬉しい。山にいるうちは仕事のことはすっかり忘れていた。こういう時間が自分には必要なのだと思う。



                GPSトラック( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_00253512.jpg


by torasan-819 | 2019-05-04 01:58 | 山スキー | Comments(0)


<< 蔵王・屏風岳 ~ 2019年3...      山遭協冬山救助訓練 ~ 201... >>