人気ブログランキング |
2019年 05月 07日
鳥海山・中島台ルート(北面滑降) ~ 2019年4月21日
f0170180_21294491.jpg

鳥海山のロングルートである中島台からの新山に行くことにした。北面の滑降も狙うつもりだが、この時期は雪が固くて滑降に適さないことも多いので、条件が良ければ滑ってみようと考えた。今回の相方はK地さんだが、御年67歳とは思えないほどパワフルな方で滑りはアグレッシブ、登りではいつも引き離されてしまうほどスタミナ抜群なのである。60代という括りでは自分も同じ年代ではあるのだが、体力・技術共々とても追いつけないという感じがする。そんなK地さんなので山スキーでは頼もしい相方ということになる。



山域山名   鳥海山 新山(2,236m)
山行期間   2018年4月21日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇りのち晴れ
参加者    2人(L:トラ山・K地)
行程     中島台レクリエーションの森5:40~750m地点7:02~七五三掛下10:14~大物忌神社11:33~新山山頂11:50-12:15~
       赤川右俣源頭12:36~昼食~750m地点13:42~中島台レクリエーションの森14:16
行動時間   8時間36分
移動距離   20.0km
累積標高差  ±1,787m





                スタートしてすぐスキーに乗る
f0170180_20060871.jpg


                残雪多し
f0170180_20411685.jpg


                750m地点
f0170180_20414926.jpg


                北面が良く見える
f0170180_20445351.jpg


                稲倉岳
f0170180_20462165.jpg


                この角度からはそれほど急には見えない北面
f0170180_20494065.jpg


                予想通り晴れてきた
f0170180_22472717.jpg


                K地さんは足が速い
f0170180_20514966.jpg


                千蛇谷を登る
f0170180_20560992.jpg


中島台レクリエーションの森には前夜到着しテントを張った。我々以外には車が1台のみだったが、深夜過ぎから車がやってくるようになり明け方にはほぼ満杯になった。駐車場からすぐ雪を拾いながらスキーで歩く。橋を渡るときだけスキーを担いだ。森を抜けて千蛇谷に入っていく。天気は曇りだが回復傾向との予報に期待するとしよう。左手に鳥海山と右には稲倉岳の景観は何度来ても素晴らしい。ところがどうにも自分のペースが上がらない。K地さんには先行してもらいマイペースの一人旅だ。登るに従い谷が狭まってくるので、前後左右に他のパーティーが現れてくる。思ったとおり天気が良くなり青空も見えてきた。



                雪に埋もれている大物忌神社
f0170180_20590749.jpg


                新山のドロップポイント
f0170180_21030661.jpg


                思ったよりも固いバーンだ
f0170180_21051882.jpg


                素晴らしいロケーション
f0170180_21075763.jpg


                高度を下げると雪が緩んできた
f0170180_21105331.jpg


                快調に飛ばすK地さん
f0170180_21130396.jpg


まだ屋根の一部しか出ていない大物忌神社の横をとおり新山へ登る。山頂でやっとK地さんに合流だ。北面の状況を探ると今日はまだ滑った形跡がない。雪はというと気温が低めなので緩んではいないが、さりとてアイスバーンというほどでもないようだ。もっと緩むだろうと想定していたのだが、滑りたいという欲求の方が勝り北面滑降を決断した。いざドロップすると思ったより固い。転倒に注意して滑り降りる。転倒は滑落につながり、そうすればかなり落とされるだろう。標高で200mほど下げただろうか、雪が緩んで滑りやすくなってきた。ここからは素晴らしいロケーションの滑降が続く。思わず知らず歓声が出てくる。歳も何も関係ない。クラックもなくフラットな斜面に酔いしれる。K地さんもキレッキレのターンで滑り降りてくる。



                満足感に浸る
f0170180_21142940.jpg



                赤川右俣源頭をトラバースして下降する
f0170180_21202077.jpg


                往路に合わせる
f0170180_21235021.jpg


                あがりこ大王
f0170180_21235831.jpg


                中島台レクリエーションの森に帰着
f0170180_21251688.jpg


北面を見上げると満足感に浸る。今日北面にトライしたのは我々だけだったようだ。北面基部まで200mほど残して左へトラバースし北面を外れる。基部まで滑っても何とか登り返し無しで戻れるかもしれない。来年機会があればトライしてみよう。方向をだいたいの勘で定め、ノントレースの斜面を滑り降りていく。藪にも阻まれず上手い具合に往路に合わせることができた。重くなった雪に時折り推進滑降も交えながら出発点へと戻った。今回は思ったより雪が残っていたので、ギリギリだが出発点からすぐスキーで歩くことができた。明日以降は雪切れしてスキーを担ぐ距離が日に日に長くなるだろう。中島台ルートは出発点と山頂との標高差が大きいだけに、どちらも良好な条件というのはなかなか難しい。



                GPSトラック( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_21485502.jpg



by torasan-819 | 2019-05-07 08:27 | 山スキー | Comments(2)
Commented by sharizaka at 2019-05-31 19:03
今年は帰りに木道で転ばなかったんですね(笑)。
Commented by torasan-819 at 2019-05-31 23:49
sharizakaさん
今回は木道は全部雪の下でしたから(^^ゞ
毎回こうありたいものですが来年やいかに⁉


<< 湯殿山 ~ 2019年4月28日      蔵王・刈田岳 ~ 2019年4... >>