人気ブログランキング |
2019年 05月 04日
月山・肘折ツアー ~ 2019年4月14日
f0170180_16431855.jpg

今年の月山肘折ツアーは肘折温泉泊で計画した。ツアー翌日に旅館から月山まで送ってもらえるのは5人以上の場合。ちょうど5人となり計画が成り立った。日帰り組は5人だが、そちらは和〇さんがサポートしてくれることになりひと安心。ところが泊りが1人キャンセルになり4人に。旅館と交渉して何とか引き受けてもらった。やれやれ。天気も大丈夫そうだ。



山域山名   月山(1,984m) 小岳(1,226m) 大森山(791.2m)
山行期間   2019年4月14日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れのち曇り
参加者    宿泊組4人(L:トラ山・K地・U井・I田)
       日帰り組5人( О島・K藤・F井・N山・teku) 計9人 +M崎(個人)+和〇(サポート)
行程     弓張平6:55=姥沢駐車場7:20-7:36=リフト上駅8:18~月山9:55-10:11~千本桜10:30~清川橋11:00-11:36~
       念仏ヶ原避難小屋12:15-12:34~小岳13:20-13:35~赤沢川13:52~ネコマタ沢源頭14:26~大森山コル15:25~
       大森山頂16:07-16:17~林道16:36~朝日台17:06~道路17:23~肘折温泉17:38
行動時間   9時間20分
移動距離   20.4km
累積標高差  +1,198m -2,425m
参考データ  肘折積雪深124cm(4月13日アメダス)






                姥沢へ向かう途中の雪壁
f0170180_14301241.jpg


                リフト下駅へ
f0170180_13433694.jpg



                ツアースタート
f0170180_13462039.jpg


                月山西斜面を登る
f0170180_13484610.jpg


                山頂へ
f0170180_14345074.jpg



                ツアーメンバー8人+M崎さん
f0170180_13552495.jpg


宿泊組はツアー前夜に道の駅にしかわ集合とした。ちば山の会の2人と仙台のK地さんと合流し泊とする。ここは温泉が併設なので便利で快適。翌朝は弓張平まで移動し日帰り組と合流。3台に分乗して姥沢に上がるとサポートの和○さんと別れる。スキーでリフト下駅まで歩き運転開始を待つ。動き出したリフトで登るとツアーが始まる。スキーを担いで少し登り、いったん滑り降りてからシールを貼って歩く。夏道ラインで斜面をトラバースするよりも楽なのでいつもこうしている。四ツ谷川源頭を横切ると月山西斜面に取りつく。振り返ればいくつものパーティーがアリのように登ってくる。ガリガリのハードバーンで手こずることも多い急斜面だが、気温が上がってきたようでスキーアイゼン無しでもシールで登りきることができた。月山の山頂には早くもM崎さんが待っていた。M崎さんは肘折からの月山ピストンにトライ中で、肘折の朝日台を2時スタートし月山には10時に着いたとのこと(M崎さんの記録はここ)。以降我々と行動を共にすることになった。



                月山東斜面へ
f0170180_14000784.jpg


                大斜面を滑降
f0170180_14020098.jpg



                N山さん
f0170180_14042684.jpg


                体力抜群のM崎さん
f0170180_14373654.jpg


                滑降を楽しむ
f0170180_14063137.jpg


                tekuさん
f0170180_14064022.jpg


                千本桜にて
f0170180_14072129.jpg


                急斜面を立谷沢川へ滑り降りる
f0170180_14111580.jpg


                立谷沢川を下る
f0170180_14451876.jpg


                清川橋はまだ雪の下だ
f0170180_14465569.jpg


                沢沿いに登る
f0170180_14493428.jpg


                平坦な念仏ヶ原
f0170180_14504993.jpg


                頭だけ出ている念仏ヶ原避難小屋
f0170180_14550472.jpg


                月山をバックに
f0170180_14524542.jpg


月山の広大な東斜面を滑降する。登ってきたものだけが味わえる至福のひと時だ。千本桜からはいつものように急斜面を立谷沢へと落とす。前日のパーティーは尾根ルートのようで、こちらの斜面はノントレースで美肌のまま。皆さんそれぞれのラインでドロップしていく。ところが300mほど下げると急に雪が重くなってきた。我慢の滑りで立谷沢まで落とす。沢沿いに滑って清川橋の辺りで早めの昼食休憩とする。橋はまだ雪に埋まっていて見えない。シールを貼って枝沢を登ると念仏ヶ原に出る。長い雪原の歩きだがメンバーの足どりは快調だ。頭だけちょこっと出た念仏ヶ原避難小屋に到着。周囲には昨日泊まった大パーティーと思しき形跡がある。



                ツアーの後半へ
f0170180_15011486.jpg


                アップダウンが続く
f0170180_15141130.jpg



                小岳から滑降
f0170180_15113937.jpg


                赤沢川左岸尾根
f0170180_15222026.jpg


                ネコマタ沢で悪戦苦闘
f0170180_15284627.jpg


                尾根北側をトラバース
f0170180_15345831.jpg


                大森山へと最後の登り
f0170180_15372544.jpg


                大森山頂上
f0170180_15400254.jpg


避難小屋でツアーも約半分。後半は小岳までしばらくアップダウンが続く。尾根をたどるのでルートは比較的明瞭。小岳でシールを剥がしてやっと滑降となる。雪が重くてスキーが走らない赤沢川を避けて左岸尾根をたどる。赤沢川からシールを貼ってネコマタ沢源頭まで登る。先行パーティーで斜面はズタズタだが、どのみちこの重い雪では滑りにならない。悪戦苦闘するメンバーもいたが全員滑り降りる。ツボ足で登り小尾根を乗っ越すと北斜面のトラバースが続く。大森山のコルに着いた頃体調に異変を感じる。スキーを担いで大森山の登りにかかると、異様にバテた感じになり最後尾で亀の歩みだ。苦しい登りに耐えてやっとの思いで大森山に到着。皆からは15分以上も遅れてしまった。こんなことは初めてでショックである。水と食料はしっかり取っていたのだが。



                最後の急斜面
f0170180_15421784.jpg


                朝日台に到着
f0170180_15444199.jpg


                旧肘折小学校の校舎は解体されていた
f0170180_15523933.jpg


                肘折温泉へ
f0170180_15561540.jpg


                大友屋旅館に投宿
f0170180_15562709.jpg


                プチ湯治プランでの夕食(お得です)
f0170180_16004386.jpg


                朝の肘折温泉
f0170180_16042993.jpg


登りでは参ったが滑るのは大丈夫なので大森山からはトップで滑り降りる。林道に出ると朝日台までは30分ほどで到着。既に和○さんが待っていてくれた。ここから日帰り組は和○さんと月山の姥沢へと戻る。宿泊組はスキーと徒歩で肘折温泉だ。旧肘折小学校へ向かうとなんと校舎が解体中だった。進路修正して道路に出ると徒歩で肘折温泉へと向かう。10分程で大友屋旅館に到着。歓迎看板には月山スキーチーム○○様と書かれていた。少し照れるね。宿泊はプチ湯治プランにしたが、料理も美味しく十分な量でかなりお得感があり大満足。もちろん温泉も良くて4回も入ってしまった。翌日は旅館の車で姥沢まで送ってもらう。無理を聞いて頂いた大友屋旅館さんに感謝。天気が良ければ姥ヶ岳にでもショートツアーと思っていたが、雨模様で荒れ気味の天気なので大人しく帰宅。来年の月山肘折ツアーも泊りかな。




                GPSトラック
f0170180_16194582.jpg
f0170180_16593483.jpg



by torasan-819 | 2019-05-04 23:50 | 山スキー | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2019-06-11 00:41
相変わらず刺激的な記録ですね。
Commented by torasan-819 at 2019-06-11 18:14
fck_mototyanさん
特に脚色はしてませんが(笑)
刺激的なのはM崎さんの登場もあったからでは?
さて、遅れていた山スキーの記録ですがやっと4月分が終わりました。
5月分は残り3本なのでもうひと頑張りです。


<< 蔵王・刈田岳 ~ 2019年4...      蔵王・刈田岳 ~ 2019年3... >>