人気ブログランキング |
2019年 06月 15日
あけら山・青麻古道 ~ 2019年6月13日
f0170180_07583478.jpg


天気予報では13日は快晴らしい。平日だが梅雨の晴れ間は貴重なので朝にひと山登ることにした。出勤前の数時間なので近場の青麻山にいつもの電波中継所から登ろうと思ったが、ふと昨年に整備された新しい道があることを思い出した。まだ歩いたことがなかったので調べると、パラコース登山口と北原尾登山口など複数の登山口があるようだ。パラコースは距離もあるので時間的に無理と思い北原尾から登ることにした。これらの道はもともとあった道も利用し蔵王古道の会で整備したのだという。


山域山名   あけら山(820m)
山行期間   2019年6月13日(木)
山行形態   トレーニング
天候     晴れ
参加者    単独
行程     北原尾登山口5:46~カタクリの丘6:04~遠刈田横柴登山口6:15~カタクリの丘6:30~あけら山7:01~北原尾登山口7:31
行動時間   1時間45分
移動距離   6.9km
累積標高差  ±665m





                案内板に導かれる
f0170180_07592779.jpg


                北原尾登山口への入口
f0170180_07192513.jpg


                駐車場と登山口の案内板
f0170180_07205372.jpg


                南蔵王が目の前
f0170180_07230325.jpg


                ここを左へ
f0170180_07240630.jpg
f0170180_07463607.jpg


                北原尾登山口
f0170180_07252748.jpg
f0170180_07464272.jpg


北原尾地区の国道457号にある「天皇皇后陛下行幸啓」の看板から東に入る。進んでいくと小さいながら手作りの案内板に導かれて登山口入口となる牧草地に着いた。自分は手前の道路脇に車を止めたが、案内板には牧草地に駐車してよいように書いてある。実際皆さん停めているようだ。牧草地の中を南に歩き始めるとすぐ案内板により左に曲がり、突き当り手前の右に「北原尾登山口」の案内板があった。少なくとも道路から登山口までは、牧草地の中なのでおそらく民有地なのであろう。ありがたく通らせていただいた。



                林間を登っていく
f0170180_07261710.jpg


                鉄塔下を横切る
f0170180_07263935.jpg


                カタクリの丘(641m)
f0170180_07275917.jpg


                遠刈田横柴登山口
f0170180_07315742.jpg


                山頂が見えた
f0170180_07394324.jpg


                伐採地上部が唯一の展望ポイント
f0170180_07413968.jpg


                急斜面のロープ
f0170180_07423654.jpg


                あけら山の山頂
f0170180_07435245.jpg
f0170180_07435989.jpg


登山口から林の中へ入り登っていくが、まだ踏み固められていない地面は踏んだ感じが柔らかくて気持ちが良い。明瞭というほどではないが、踏み跡を見失わない程度には道がついている。要所要所にはテープが付いているので道を外す心配も少ない。高圧線の鉄塔の下を通り過ぎて登っていくと、小ピークに「カタクリの丘」との案内板があった。何の気なしにまっすぐ進んでいくと下り始める。遠刈田横柴登山口の方に向かっていることに気付いたが、登山口を確認するのも良いだろうとそのまま進む。この時点で青麻山までは時間的に無理となり、手前のあけら山までとすることに変更する。やがて林道に出て登山口の案内板を確認。横に送電線巡視路の看板もあったので、この道は巡視路を一部利用したものであることが分かる。登り返して先ほどの小ピーク分岐から青麻山・あけら山方向へと折れる。緩い尾根道を登り下りまた上ると急斜面になる。これを登ればあけら山の山頂だろう。この急斜面の道はまだ道になり切っていない踏み跡程度だ。ひと汗かいてあけら山の山頂に到着。ここまでの道もおおむねそうだったが、山頂も樹木に遮られて展望は全くない。



                下山すると牛がいた
f0170180_07460778.jpg


                駐車場
f0170180_07574145.jpg


すぐ踵を返すと下山にかかる。トレイルランとまではいかないが可能な限り小走りで駆け下る。地面感触がソフトでグリップもいいので快調だ。車に戻ると急ぎ帰宅して通常どおりに出勤。登山口から山頂までに眺めがあるのは伐採地の上を歩く時くらいで、それも蔵王とは反対側にしか開けていない。しかし、林間の歩きは気持ちが良く静かな里山を楽しむことができる。また、登山口からは南蔵王の大展望が眼前に広がり、これまでの青麻山東側からの登山ルートが蔵王がほとんど見えないのに比較すると、とても新鮮に感じたのである。車をデポしてあけら山から青麻山へ(その逆も)と抜けるとミニ縦走ルートにもなる。まだ踏み固められていない道は膝にやさしく歩きやすい。なお、水場はこのコースにも他のコースにもない。

【 青麻山古道について 】
 その昔、蔵王信仰は青麻山が始まりだったとのこと。青麻山の麓に宿坊を構えて蔵王を歩き回った修験者達がいたのだという。その当時歩かれた道も、歩く者がいなくなるといつの間にか失われてしまったのだろう。それを蔵王古道の会が数年かけて整備し、昨年復活したのが青麻山古道である。


                GPSトラック
f0170180_08095942.jpg



by torasan-819 | 2019-06-15 08:18 | | Comments(0)


<< 蔵王・不忘山 ~ 2019年6...      蔵王・名号峰 ~ 2019年6月9日 >>