人気ブログランキング |
2019年 07月 23日
蔵王・後烏帽子岳 ~ 2019年7月20日
f0170180_07212524.jpg



山域山名   蔵王・後烏帽子岳(1,681m)
山行期間   2019年7月20日(土)
山行形態   トレーニング
天候     雨
参加者    単独
行程     小阿寺沢登山口10:57~前烏帽子岳12:40~後烏帽子岳13:23~秋山沢登山口14:44~神嶺林道~小阿寺沢登山口15:15
行動時間   4時間18分
移動距離   11.1km
累積標高差  ±1,048m





この1週間平日は全然歩くことができなかったこともあり、土曜日は少し歩きたくなった。雨に当たるのは承知のうえで後烏帽子岳に登って見ることにした。登山口からカッパを着て歩き出したものの、暑いし汗をかくので上衣は早々と脱いでしまう。雨で濡れるがかえって気持ちが良い。雨の山中は湿度ほぼ100%だろう。蒸し暑いせいか心臓がバクバクいってあまり調子が良くない。60年も使えば少々ガタも来るだろう。四六時中休みなく働いている心臓にお疲れ様と言ってあげたい。心臓に合わせペースを落として登ることにした。もともと登山者の少ないルートゆえ、特に雨の今日は自分だけだろうと思っていたが男性がひとり下ってきた。珍しいと思ったが相手もそうかもしれないと思うと何か可笑しい。小阿寺沢登山口からの後烏帽子岳は展望がほとんどない登山ルートだ。前烏帽子岳でのみ展望があるのだが今日はガスで何も見えない。黙々と登って後烏帽子岳山頂に到着。晴れていれば屏風岳東面のビューポイントなのだがガスの中。下山は秋山沢コースだがこちらも歩く人は少ない。一部はササに隠れるなどで分かりにくくなっているところもある。歩いてこそ道は道として保たれる。歩く者がいなくなれば道はいすれ消えてしまうのだろう。急斜面が終わり緩やかな下りとなったころザンザン降りとなった。雨音が賑やかだ。林道に出ると砂利の路面を雨水が走っている。スタート地点に戻るとずぶ濡れの衣類を着替えた。終始雨だったが歩いたので満足した気分。



                雨の中を登っていく
f0170180_21573626.jpg


               ナラタケが発生していた
f0170180_07263389.jpg


                展望無しの前烏帽子岳
f0170180_21590522.jpg


                ハクサンシャクナゲ
f0170180_22000186.jpg


                後烏帽子岳山頂
f0170180_22010441.jpg



                ミネウスユキソウ
f0170180_22021984.jpg



                トウゲブキも咲き始めた
f0170180_22475674.jpg


                サンカヨウの実
f0170180_22530531.jpg


                ササに覆われた登山道
f0170180_22562055.jpg


                ザンザン降りを歩く
f0170180_22572102.jpg


                林道を水が走る
f0170180_07074968.jpg


                鮮やかなキイチゴ
f0170180_07075670.jpg


                生き生きしたアジサイ
f0170180_07082694.jpg


                GPSトラック( 往路:赤 復路:青 )
f0170180_07145768.jpg


by torasan-819 | 2019-07-23 07:27 | | Comments(0)


<< 安達太良山・杉田川 ~ 201...      蔵王・不忘山 ~ 2019年7... >>