人気ブログランキング |
2019年 09月 27日
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_07391481.jpg

先週の間々川遡行では時間切れで上部を残してしまった。そのうちにやろうと思ってもいつになるかわからない。気持ちが間々川に向いているうちに残りの部分を遡行することにした。ママ河原から上部には厄介な滝は無いようだ。遡行そのものは3時間程度で可能だろうと読んだ。登山道で藤十郎分岐から下山すれば昼過ぎには登山口に着いてしまうだろう。それではちょっともったいない。これまで積雪期にしか歩いたことのない縦走路を歩いてみることにしよう。中大巓を経由して天元台から大平温泉に下る計画にした。



山域山名   吾妻 松川・間々川(ママ河原から登山道まで)
山行期間   2019年9月21日(土)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    3人(L:トラ山・N山・O島)
行程     自宅5:30=登山口7:10-7:35~ママ河原8:01~8m滝8:44-8:55~二俣9:15~登山道10:27-11:03~
       藤十郎分岐11:11~人形石11:48~北望台12:15~天元台12:54-13:27~明道沢コース入口13:42-13:57~
       明道沢渡渉点14:12~大平温泉14:56-15:31~登山口16:00
行動時間   8時間25分
移動距離   15.4kⅿ
標高     最低点1,035m 最高点1,948m
装備     ロープ 30ⅿ×1・20ⅿ×1






            登山口(不忘閣ヒュッテ跡500m先)
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_21423918.jpg


            速足で登る
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_21432087.jpg


            登山道渡渉点のママ河原
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_21435223.jpg


           大岩のゴーロ
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_22104665.jpg


            3m斜滝
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_22134043.jpg


            4m滝
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05173491.jpg


            8m滝
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05224288.jpg


            4m斜滝と枝沢
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05251799.jpg


            3m滝
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05261861.jpg


            二俣を右俣へ
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05270914.jpg


不忘閣ヒュッテ跡より500mほど上の登山口前に車を置いて歩き出す。N山さんのペースが早くてついていくのがやっと。26分でママ河原まで来てしまった。早速遡行を開始するとしばらく大岩のゴーロが続く。滝は3mと2mの小滝の次に4m滝が出てくる程度でいずれも容易だ。少々退屈だなと感じ始めるとやっと8m滝が現れた。前回の20mの燕滝を小さくしたような姿である。直登は難しいので高巻きになる。N山さんにお任せすると左岸から小さく巻いて沢に戻った。さらに10分ほどで本流が4m斜滝で左がナメの枝沢になる。次の3m滝を越えて進むと大岩が折り重なる二俣となった。水流が見えないほど大岩が重なっている。左俣は弥兵衛平へと続く。右俣へ入ると伏流となるが少し進むと水流が現れる。



            7m滝
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05292642.jpg


            6m滝
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05301349.jpg


            開けて緩やかな流れになる
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05323764.jpg


            ヤブ漕ぎすること10数分
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05383370.jpg


            湿地帯に出ると木道があった
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05401678.jpg


            池塘と草紅葉
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05482067.jpg


            藤十郎分岐
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_05463831.jpg


            エゾオヤマリンドウ
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06064923.jpg


右俣へ進むと荒々しい岩の7m滝と6m滝が続くが容易に登る。沢は緩やかな流れとなり両岸が低く開けてきた。徐々に源頭部の様相になりヤブが被ってくるが沢を詰めていく。最後は10数分のヤブこぎで湿地帯のところで登山道の木道に出た。ちょうど山スキーで見慣れたツアー標識のところで、雪がない時期はこんな場所だったのかとあらためて思う。沢装備を解くとひと休みしてから木道を歩き出す。藤十郎分岐までは400mほどで分岐から下ればママ河原を経て登山口に戻ることができる。今回は中大巓~天元台を経由して大平温泉に下るので通過する。冬にしか歩いたことがなかった夏道は新鮮に感じる。花の季節の終わりを告げるようにエゾオヤマリンドウが咲いていた。



            中大巓とスキーツアーコース標識
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06080576.jpg


            人形石を通過
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06101279.jpg


            天元台ゲレンデトップ(北望台)
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06172164.jpg


            天元台高原
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06192995.jpg


            明道沢コースで大平温泉へ
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06203760.jpg


風もなく穏やかな空気のなか草紅葉の木道を歩くのは気持ちが良い。中大巓山頂手前の人形石付近で今日初めて登山者に出会うと、その後は行き交う登山者が増えて来る。かもしか展望台を下り天元台のゲレンデトップでリフトの係員に聞くと9割の登山者がリフトで下山するとのこと。もちろん我々はゲレンデ内の登山道を自分の足で下る。ほぼ同じにリフトに乗った登山者よりも少し早く天元台に到着。順調なのでゆったり休憩してから大平温泉に向かう。



            明道沢渡渉点
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06214426.jpg


            樹齢500年以上の大ミズナラ
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06250309.jpg


            大平温泉到着
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06303076.jpg



            最後は梯子を下る
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06292848.jpg


            念願の露天風呂で汗を流す
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06331359.jpg


歩いていくと8人ほどのグループがいて聞くと米沢山の会(今年で80周年とか)とのこと。登山道刈り払いの感謝を伝えると他にもいろいろ情報を得ることができた。途中寄り道などしたので天元台から大平温泉までは1時間半ほどかかった。まだ時間には余裕があったので念願の露天風呂に入ることにした。これまで大平温泉には何度も来ているのに一回も入ったことがなかったのだ。沢沿いの露天風呂で湯につかるのは最高の気分である。登山口に戻るとちょうど雨がぱらついてきた。

今回で松川の遡行も終了となった。8/18、9/15、9/21の3回に分けて通算で2日半かかったことになる。登山大系にもあるが、松川は吾妻の沢の中では最も難しく遡行しがいのある沢だった。自分としてもこの年齢で松川を通して遡行することはなかなか大変だった。危うい場面や厳しい高巻きなどもあったが、若いメンバーに助けられ何とかやり遂げることができた。同行してくれたメンバーに感謝したい。



            GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_06522973.jpg


by torasan-819 | 2019-09-27 06:39 | 沢登り | Comments(4)
Commented by tabilogue2 at 2019-09-28 09:34
大ミズナラに抱かれるO島嬢の写真が良いなぁ。。。最近 こうなんというか ポージングを要求しているような? カメラマン風な画像を見るけど? 宗旨替えした?w

その昔 佐原沢に入ろうとしたら 滝見屋の主からすごい剣幕で怒られたっけ・・・おそらく飲み水を採ってる沢なんでしょうね。
それから 抜けの二俣右の藪が15分でしたか?・・・早いw 左は湿地帯になってから長かったですよ。。。
Commented by torasan-819 at 2019-09-29 09:01
tabilogue2さん
あ、やっぱりわかりましたか (^^ゞ
松川シリーズはトップ画像は滝と同行者2人の画像に統一しました。
最初の画像はたまたまですが、気に入ったのでその後の滝と2人画像は要求です(笑)
自然な姿と作った姿はすぐわかってしまいますね。

ところで次は佐原沢かなと考えていました。
ここはやはりこそこそせず正攻法で行くしかないかな。
左俣の弥兵衛平は地形図から見てもヤブが長そうです。
Commented by 山川歩 at 2019-09-29 12:01 x
懐かしく拝見させて頂きました。20数年前高校生の息子と2人で我が家から掘立川~松川~東大巓まで3回で歩きました。遡行の最後は明星湖の明月荘よりの木歩道に出ました。
9月7日に不忘閣跡から吾妻温泉跡へ昔の道をたどって半分埋もれた郵便受けを見てきました。米沢在住
Commented by torasan-819 at 2019-09-29 22:42
山川歩さん
初めまして。コメントありがとうございます。
山川歩さんはどこかのブログでお見かけしたことがあると思います。
堀立川というのは米沢市街を流れる川のようですが、そこからずっと遡行して3日でですか?凄いですね。
沢登りの経験が豊富とは思えない高校生の息子さんが、よくぞ松川の大滝の高巻きをやったものです。いやはや驚きました。
私は不忘閣跡から吾妻温泉跡への道はまだなのですが、近いうちに歩いてみようと思います。
また色々と教えていただければ幸いです。


<< 吾妻・佐原沢 ~ 2019年1...      吾妻 松川上流・間々川(大平温... >>