人気ブログランキング |
2019年 10月 08日
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_07363264.jpg

松川はその上流部において間々川と名前を変える。どこから間々川となるのか正確なところは分からないが、大平温泉のところで二俣となるので、左俣が間々川となり右俣が佐原沢となるのではないかと考えている。今年は8月から3回の遡行で松川から間々川そして稜線までの遡行を終えたので、今度は佐原沢を遡行してみることにした。



山域山名   吾妻 松川・佐原沢
山行期間   2019年10月6日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々雨
参加者    2人(L:トラ山・N山)
行程     自宅6:00=駐車地点7:45-8:02~滝見台確認8:10-8:46~大平温泉8:55~30m滝9:17~25m滝9:44~1,220m二俣10:21~
       30m滝10:32~25m滝11:00~1,509m二俣12:22~登山道14:05~ママ河原15:02~駐車地点15:39
行動時間   7時間37分
移動距離   9.8kⅿ
標高     最低点1,035m 最高点1,820m
装備     ロープ 30ⅿ×2





            大平温泉脇で佐原沢が出合う
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_14415118.jpg



            すぐゴルジュになる
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_14471745.jpg



            源泉からの引湯管が延びている
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_00325155.jpg


            沢の中にある源泉
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_00335912.jpg


大平温泉駐車場の少し手前の道路最高地点に車を置く。霧雨模様で今ひとつテンションが上がらないまま準備をする。天気の回復を期待してスタートを遅らせようかと思ったが、結局上下カッパを着て8時過ぎに歩き始める。大平温泉へ下る一本道だが途中で滝見台に寄り道をしたので時間がかかった。大平温泉に断りを入れて露天風呂脇を通るとすぐ左原沢出合である。本流の間々川より狭い沢で黒いパイプが目立つ。大平温泉の源泉から湯を引いているパイプだ。左原沢に面した方にも露天風呂があるのは今回気が付いた。右岸斜面の上の方に鉄梯子が見えたが、今は廃道となっている登山道の名残のようだ。沢を登っていくと源泉はまさに沢の中にあった。管理が大変であろうことは容易に想像できる。源泉の先からは人のにおいが一切しなくなる。



            最初の4m滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_00363672.jpg


            右岸の柱状節理
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_00404578.jpg


            30m滝を直登する
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_14564319.jpg



            30m滝の最上段
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_07272796.jpg


            6m滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15022065.jpg


            4m滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15284018.jpg


右岸に柱状節理を見ると30m滝が現れる。岩は黒光りして滑りそうだが比較的寝ているので直登可能だ。N山さんに先行してもらうことにすると水流右から取り付いた、落ち口まで登ったのを見届けると自分も登る。岩は見た目より滑らないので比較的容易だが油断は禁物である。夏ならシャワークライミングもいいだろう。その後は6mを始めいくつかの小滝があるがいずれも容易に越えることができる。



            次の大滝が見えてきた
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15295795.jpg


            25m滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15332109.jpg


            右岸を高巻いて落ち口上に降りた
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15353146.jpg


            1,220mの二俣は左へ
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15375271.jpg


            7m滝は左壁を直登
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_15523624.jpg


やがて次の大滝である25m滝に突き当たる。水量にもよるのだろうが3条になって落ちている。上部が少しハングした直瀑で見るからに直登はできない。高巻きはと見ると左右どちらからでもできそうだ。我々は右岸から高巻くことにして斜面に取りつく。急斜面を登り頃合いを見てトラバースすると、上手い具合に落ち口のすぐ上に出ることができた。1,220mで右俣が15m滝で合わせる二俣を左俣へ進むとすぐ7m滝だ。左壁は立っているが直登することができる。



            30m滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_16042219.jpg


            左岸枝沢より高巻く
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_18012004.jpg


            上部はヌルヌルの滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_18023781.jpg


7m滝を越えると大滝が見えてくる。30mの直瀑だ。なかなか見事な滝で両翼を広げたような左右の岩壁は垂直に切り立っている。間々川の剣急滝にも似ているが滝と側壁の厳しさでは劣る。高巻きも剣急滝よりずっとやり易いようである。高巻きルートをN山さんに選んでもらうと左岸の枝沢からとなった。枝沢を登っている途中でN山さんがスリップし、以前から痛みがあった左肩をさらに痛めてしまった。この枝沢の岩はかなり滑りやすく注意が必要だ。



            25m滝
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_18041195.jpg


            肩を痛めたN山さんにロープを出す
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_18042116.jpg


            紅葉の沢
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_18061014.jpg


            1,509m標高点二俣を左へ
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_20252192.jpg


            フカフカの苔に覆われた石
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_20275308.jpg


30m滝の高巻き自体は特に問題なかったが、少し登りすぎたので下降して沢に戻るとすぐ目の前が25m滝になる。最初の滝に似ていて同じように直登できるが、肩を痛めたN山さんのためロープを出す。佐原沢の大滝はこれが最後となり以降は詰めていくだけである。小滝をいくつか越えると穏やかな流れとなり源頭の渓相となる。紅葉も見られるようになり秋の深まりを感じる。右岸からいくつか枝沢を合わせながら本流を進んでいくと、地形図の1,509m標高点で小さな二俣となり左俣に入る。1977年の記録では稜線まで詰めずに途中からヤブを漕いで登山道に出ているが、今回は尾根まで忠実に詰め上げることにしている。



            森の中を右往左往する
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_20391410.jpg


            やっと登山道に出た
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_20473469.jpg



            下山の登山道で陽が差してきた
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_21275382.jpg


沢は細くヤブが被り気味となる。倒木に阻まれ沢形も不明瞭となり沢を見失い、また沢に戻るなどしながら詰めていく。キノコでもあればと目を配ったが残念なことに食べられるものは見つからなかった。平坦な地形となり沢形も無くなると、前もあまり見えないほどの密度の濃いヤブ漕ぎが続く。約1時間でヤブを抜けると湿原で登山道に出た。ガスと風で寒いので沢装備もそのままに下山にかかる。登山道を駆け下っていくと青空が見え始め陽まで差してきた。もっと早く天気が回復してくれればと思ったが山では良くあることだ。

今シーズンは松川、間々川、左原沢の遡行でこの山域に4回足を運ぶこととなった。源頭まで詰めたことでより深く吾妻を知ることができたように思う。松川の遡行についてはこれでひと区切りとしたい。大平温泉までの道途中にある不動明王の説明板には、中部関東や東北各県からの沢登りパーティーで賑わっていると書いてある。30年40年前はそんな時代でもあったのだろう。今は遡行するパーティーも僅かとなってしまったが、今後また記録を見て遡行しようと思う者も現れるに違いない。ただし、大平温泉までの道が無ければ遡行はより困難となるであろう。大平温泉の湯が発見されたのはかなり古くて西暦860年とされている。秘湯中の秘湯と言われる大平温泉がこれからも末永く続いていくことを願うものである。



            GPSトラック ( 登り:赤 下り:青 )
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_08010209.jpg


※滝見台について
色々と調べていると滝見台があり近年まで人が入っていたらしいことを知った。大平温泉への急な下りのジグザグ道となる最初のカーブのところから滝見台への道があるらしい。以前は案内板もあったが現在は撤去されたのか無くなっている。大平温泉へ降りる前に少し調査してみることにした。カーブのところになんとなく踏み跡がある。入ってみると少し登ってすぐ水平のトラバースとなった。踏み跡は道というには厳しい状況で、急斜面のトラバースは一般人には危険すぎるレベルとなっていた。途中のザレ場には古いトラロープもあったが信用できるかは不明。5分ほどで剣急滝(剣巉滝が正しいかもしれない)の滝見台らしき所まで来た。沢の音はするが樹林とガスのせいか滝を見ることができなかった。踏み跡はここまでだが案内板にはさらに先への道が描かれており、燕滝を眺める地点まで至ることができたようだ。トラバースしていくと沢筋があり越えると小尾根に乗る。滝の音が近くなり姿は見えないが火焔滝と思われる。さらに先へトラバースすると断崖になりそうなので、剣急滝まで行くとすればもう少し登ってからトラバースする必要がありそうだ。これ以上深入りすると時間がかかりそうなので今日はここまでとして戻ることにした。機会があれば天気の良い日に再調査したい。少なくとも2014年までは案内板があったようなので、その頃は剣急滝を見るため滝見台まで行く人もいたようだ。今は案内板も無くなったので滝見台があったことすら分からなくなった。剣急滝は知る人ぞ知る滝ということになってしまったようだ。



by torasan-819 | 2019-10-08 01:48 | 沢登り | Comments(2)
Commented by tabilogue2 at 2019-10-15 08:31 x
25年前の続きを観させてもらったような・・・? トリップ感ありありでしたね。そうでしたか、滝見屋の親父が怒鳴ったのは送湯パイプが設えてある沢だったからでしたか・・・。30m滝 剣急滝のジュニア版、拝ませていただきありがとうございました
Commented by torasan-819 at 2019-10-15 22:56
tabilogue2さん
佐原沢は何故か初めての沢のような気がしませんでした。
tabilogue2さんの想いに影響されたのかな?

滝見屋さんは源泉の保守に苦労されているのでしょう。物資の運搬も大変ですし、商売と言ってしまえばそれまでですが、長年続けるのは大変だと思います。いつか泊まってみたいと思っているのですが…


<< 雪崩事故防止のための雪崩学入門...      吾妻・松川上流 間々川(ママ河... >>