人気ブログランキング |
2019年 12月 15日
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_02021529.jpg



山域山名   月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)
山行期間   2019年12月15日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    3人(L:トラ山・N山・和〇)
行程     志津8:31~姥沢10:18~リフト下駅10:36-10:45~リフト上駅11:31-12:10~リフト下駅12:20~
       姥沢12:25~ネイチャーセンター13:25~志津13:41
行動時間   5時間10分
移動距離   10.5km
累積標高差  ±844m





            除雪終了点よりスタート
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_01342649.jpg


            電柱下ルートも仕上がっている
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_01370703.jpg


            車道を姥沢へ
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_01381788.jpg


            ガスの姥沢
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_01391928.jpg


            リフト下駅
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_21374233.jpg



            リフト下を登る
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_21404662.jpg



午前8時過ぎ志津に着くと既に縦列駐車状態。準備をしている間にも続々と車がやってくる。ナンバーも山形、宮城、福島はもとより新潟や千葉など関東圏のナンバーも。見知った顔も多数で、山スキーで自分が知っている大半の人が来ているのではと思うほどの賑わいだ。志津で一時期1mを超えた積雪もだいぶ嵩が減ったようだが、それでも60、70センチはあるだろう。続々スタートしていく人達につられるようにしてこちらも歩き始める。昨夜は降雪があったようで軽い新雪が積もっている。道路から電柱下をショートカットして姥沢へ。薄いガスの中見上げても姥ヶ岳や月山は見えない。回復傾向の天候に期待してリフト下駅まで歩き小休止。和〇さんの膝が心配だったが大丈夫とのことでリフト下を登ってみることにする。和〇さんは膝の手術後地道なリハビリを重ねてきたのだ。本格的な山スキーは1年半ぶりとなる。いざ登り始めるとシールの調子の悪い自分は2人に離されてしまう。登るにつれて次第に風が強くなりガスの中に。雪面はガリガリで歩きにくい。体感温度は風でマイナス10度以下だろう。



            リフト乗り場の下に逃げ込む
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_01471976.jpg


            リフト下を滑り降りる
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_01491227.jpg


            石跳川へと降りる
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_02071615.jpg


            早く灌木が埋まって欲しい
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_02094120.jpg


            小橋を渡る個所
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_02120031.jpg



            ネイチャーセンターへ
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_02113276.jpg


リフト上駅まで来たが姥ヶ岳は当然無理。寒いのでリフト乗り場の下を掘って潜り込み休憩とする。風を防げば別世界だ。ここは知っておくと便利な避難スペースになる。3人で昼食を取っていると外で聞き覚えのある声がする。入ってきたのは西川のS田氏。今日は単独のようだ。続いて入ってきた数人と入れ替わるように外に出る。視界の無い状況は変わらないので姥ヶ岳は諦めて下山することに。沢の下降も考えたが大人しくリフト下を滑り降りる。ところどころガリガリであまり楽しくはない。登ってきたボーダーを見たら女子2名。姥沢まで下ったがこのまま下山では面白くないので石跳川側へと降りることにした。斜めにネイチャーセンター方向を目指すが藪がまだ埋まっておらず小うるさい。小沢も埋まっていないので複雑な地形に右往左往する。それでも石跳川左岸を滑り降りるスキーのトレースがあった。数百m歩くと冬季閉鎖中のネイチャーセンター。道路に出ると沿いに志津まで戻った。もっと雪の欲しい月山だが他の山からすれば贅沢というものだろう。それにしても年末までにまとまった雪は降りそうもない。また来るかもしれないなと思いながら月山を後にした。



            GPSトラック
月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)~ 2019年12月15日_f0170180_02152826.jpg


by torasan-819 | 2019-12-15 19:15 | 山スキー | Comments(2)
Commented by tabilogue2 at 2019-12-18 10:18
昨年も「雪稜に登ろうシリーズ」を始めた11月は新川岳の細尾根で10cmあったかなかったか? 雪が降ったのは北面白山訓練の1月でしたがスノーリッジにはならなかった。
今年は 昨年以上に遅れていますね。年末になってもそれほどにならない予想です。2月でようやく訓練になるかな??? 

月山リフト上駅の穴蔵www 思い出してトップ記事に追加しておきましたヨw あの時の正月合宿は完全無敵のホワイトアウトで酩酊しました、それに穴蔵で 鉄骨にぶち当たって「除夜の鐘」が鳴り響いてましたっけ 笑
Commented by torasan-819 at 2019-12-19 21:12
tabilogue2さん
この頃の気象の変化には戸惑いを通り越して危惧を抱いています。
ついついロートルは自分の小さい頃はなどと言い出したくなるのですが、それも無理のないほど変化が顕著です。
昔は毎日寒くてしんしんと少しずつ雪が降り積もった印象があります。
しかし今はドカ雪はあっても昔のような奥ゆかしい?降り方をしなくなったようです。
どちらが普通とか変だとかという気はないのですが明らかに変化してますよね。
自分の冬の印象は幼少期のノスタルジックな感覚が強いと思います。
冬の印象が大きく変化してきていることに戸惑いを感じています。
すみません今日はアルコールが入ってしまい考えがまとまりません。
いずれにしても変化を止めることは難しいのでしょうね。


<< 月山・姥ヶ岳 ~ 2019年1...      蔵王・刈田岳(ハイライン分岐ま... >>