人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2021年 04月 17日
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17490250.jpg

南会津で山スキーとなると自宅からの距離があるので日帰りは難しい。これまで数回の会津駒ヶ岳などでの山スキーは前日夜移動での現地テント泊だった。以前からゆっくりと泊まりながら(下山してひと風呂浴びてビールを飲みたいのが本音)山スキーをやってみたいと思っていたので計画した。しかし飲み相手となるはずのN井田さんが怪我で脱落。それでも泊りに2名日帰りに1名が参加と4人パーティーとなった。


山域山名 南会津 会津駒ヶ岳(2,133m) 大戸沢岳(2,089m)
山行期間 2021年2月21日(日)
山行形態 山スキー
天候 晴れ
参加者 4人(L:トラ山・K地・S木y・T内)
行程 村営グランド7:36~駒ヶ岳登山口7:41~ヘリポート跡8:53-9:03~昼食11:15-11:50~会津駒ヶ岳12:16-12:24~大戸沢岳13:31~1,811m標高点14:21~下山尾根15:28~下大戸沢スノーシェッド16:48~車デポ地点16:57
行動時間 9時間21分 移動距離 13.7km 累積標高差 +1,570m -1,644m





村営グランドから歩き出す
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16450228.jpg


駒ヶ岳登山口
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16460584.jpg


ショートカットルートの急斜面
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16473068.jpg


ヘリポート跡
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16480043.jpg


夏道ルートを登る
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16493654.jpg


20日は午後からの移動のみとした。檜枝岐は距離もさることながら移動に時間がかかるのだ。夜は素泊まりが安かった会津たかつえスキー場近くの民宿に泊まった。夜からの雨が音を立てて降っている。まだ2月なのになんということだ。21日朝起きると雨は止んでいた。午前6時過ぎに宿を出て檜枝岐に向かう。5度ほどある気温のおかげで道路は凍結していない。下大戸沢スノーシェッドを出た先に日帰り参加のT内さんを見つけて乗せる。村営グランドの駐車場は満車だったが何とか停めた。他の登山者は既にスタートしたようで誰もいない。スキーを担いでR352を少し歩き駒ヶ岳登山口からスキーにチェンジした。雪は少ないがシール歩行に問題はない。大して歩かないのに暑くなり早々とジャケットを脱ぐ。途中からショートカットで登るが急斜面にS木yさんがやや苦戦。ヘリポート跡まで登って後続を待ってひと息つく。青空で風も穏やかと良い日である。ヘリポート跡からはほぼ夏道ルートで登る。おっさんパーティーなのでゆっくりペースだが汗が流れる。下山する泊りの登山者や早くも滑り降りてきたスキーヤーとすれ違う。



会津駒ヶ岳と大戸沢岳へ続く稜線が見える
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16512227.jpg


燧ヶ岳をバックに山頂へと登る
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_16575586.jpg


駒ヶ岳山頂
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17034106.jpg


ちょっとひと滑り
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17051093.jpg


稜線を大戸沢岳へ
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17063508.jpg


大戸沢岳から1本滑る
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17103121.jpg


良い斜面だった
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17133947.jpg


北東斜面は雪質が良かった
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17231518.jpg


気持良く滑る
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17252556.jpg


樹林帯を抜けてオープンバーンになったところで昼食タイムとした。山頂へと続く穏やかな稜線が美しい。思ったより少ないが登山者が点々と見える。行動を再開すると30分弱で山頂に到着。やや風はあるが寒さは感じない。貸し切りの山頂でひとしきり眺めを堪能してから大戸沢岳へスキーを向けた。2,098mピーク手前でちょっと味見に南斜面を滑ってみた。少し重いがまずまずの雪質である。もっと落とせば源六郎沢(2019年に沢登り)になる。登り返してあらためて大戸沢岳へと向かう。雪崩の心配さえなければ右も左も滑りたくなる斜面ばかりである。大戸沢岳の南東斜面が魅力的なのでお試しにまた少し滑ってみた。登り返して尾根に戻ったが後で考えれば下山する尾根にトラバースすれば良かったと思った次第。大戸沢岳の北東方向には素晴らしいオープンバーンが広がる。先行者のシュプールのあった方へ滑ると雪質が予想外に良い。今日一番の雪質である。思わず歓声を上げながらの滑降となった。



登り返してトラバース
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17274709.jpg


バックは三岩岳
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17315463.jpg


下山予定の尾根
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17332976.jpg


モナカ雪と生コン雪に苦労する
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17345871.jpg


下大戸沢スノーシェッドに到着
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17382329.jpg


本日のお宿
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17385886.jpg


お疲れ様
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17411617.jpg


あまりに快適なので一気に250mほど落としてふと我に返った。下山ルートの尾根にしてはトレースが少なすぎる。GPSで確認すると45度ずれて違う尾根に入っていた。地形図を見ると下山はできると思われたがメンバー全員初めてのエリアでもあり計画通りの尾根に戻ることにした。登り返してトラバースし尾根に乗るのに約1時間のアルバイトとなりメンバーには余計な負担をかけてしまった。下山ルートの尾根の下降は始めはモナカ雪に苦労し次は生コン雪に苦労した。修行のような雪質で2月とは思えない状態であった。車の回収のため自分とT内さんが先行して下大戸沢スノーシェッドの南側口近くに到着。T内さんの車で村営グランドの車を回収し戻ると少ししてK地さんとS木yさんが下山してきた。計画より約1時間の遅れなのでミスのリカバリーに要した時間分ということになる。全員無事到着にやれやれである。宿泊予定の檜枝岐の民宿に連絡すると心配していたようで申し訳なかった。民宿で美味しい料理をいただきながら今日の話に大いに盛り上がったことは言うまでもない。



GPSトラック
南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸沢岳 ~ 2021年2月21日_f0170180_17442366.jpg


by torasan-819 | 2021-04-17 18:01 | 山スキー | Comments(0)


<< 春の山菜~その2(コゴミ・ワサ...      鳥海山・中島台ルート >>