人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2021年 04月 12日
鳥海山・中島台ルート
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00374902.jpg



山域山名 鳥海山 新山(2,236m)
山行期間 2021年4月10日(土)
山行形態 山スキー
天候 曇り(山頂快晴)
参加者 3人(L:トラ山・N山・M崎)
行程 中島台レクリエーションの森7:39~750m地点8:44~1,800m(昼食)11:42-12:00~大物忌神社12:55~新山山頂13:09-13:26~750m地点14:07~中島台レクリエーションの森14:39
行動時間 7時間 移動距離 21.5km 累積標高差 ±1,807m





中島台レクリエーションの森をスタート
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23113990.jpg


赤川の橋を渡る
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23125762.jpg


あがりこ大王
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23181534.jpg


いいペースで歩く
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23253759.jpg


950m地点から小尾根に乗る
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23291350.jpg


中島台レクリエーションの森へあと少しのところで道路に薄っすらと雪が現れた。こういうことがあるのでゴールデンウィーク明けまではタイヤ交換が出来ない。キャンプ場の駐車場は6~7割ほどの入りで思ったより少ない。曇天と低気温の予報のせいだろうか(先週は満車だったとのこと)。トイレは使用可能なのでありがたい。7:39駐車場をスタートしたが、あらかたのパーティーは既に出発しているので最後尾に近い。遊歩道には雪が僅かに積もっているが帰る頃には無くなっているだろう。木道を歩いて赤川に架かる橋を渡りスキーにチェンジした。雪は少ないが切れずに続いている。とはいえ1週間後は木道の終点(あがりこ大王)から更に先までスキーを担ぐことになりそうだ。昨日の新雪により歩きは快適。750mで尾根が狭まり急斜面を登ってひと息つく。サクサク登ってきたが曇りなので暑さにやられることもなさそうだ。



右前方に稲倉岳への尾根を眺める
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23355277.jpg


先行パーティーの背中が見えた
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23384752.jpg


頭上に雲が近づいてくる
鳥海山・中島台ルート_f0170180_23412471.jpg


1,500mでガスの中へ
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00014147.jpg


1,800mで昼食タイム
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00025694.jpg


ガスが晴れてきた
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00054833.jpg


テンションアップする
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00075861.jpg


まさに鳥海ブルーの空
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00114667.jpg


外輪山もすっかり見えてきた
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00194173.jpg


大物忌神社
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00245936.jpg


山頂に立つM崎さん
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00262920.jpg


下には雲海が広がる
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00292088.jpg


やがて樹林を抜けると鳥海山が見えてきたが中腹以上は雲に覆われている。前方に先行パーティーがちらほら見えてきた。トップを歩くM崎さんに引っぱられて先行パーティーを次々と抜いていく。固い急斜面も新雪のおかげで比較的登りやすい。標高1,500mほどでガスに突入した。結構濃いので右も左も分からない。このまま登っても何も見えないかもしれない。ガスのため引き返してきた単独のスキーヤーとスライドする。山頂はダメかと思ったが1,800mほどで昼飯食べながらの様子見とした。するとガスが薄れて千蛇谷の側壁が少し見えてきた。思わず良し!と叫ぶ。登っていくと雲の上に出たようで快晴である。青空の深さはまさに鳥海ブルーだ。我々がトップなので前方には真っ白な雪面が続く。先ほどまでのガスの中が何だったのかと思う様な素晴らしい景観である。こんなサプライズまでは予想していなかった。これだから山は登ってみなければ分からない。ところが前半のハイペースのせいかバテてきた。大物忌神社の手前から山頂まではヒーコラであった。ひと足先に登頂したM崎さんに続いて山頂に立つ。空には雲一つないが下界は一面の雲海だ。



滑降開始
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00314542.jpg


雪が良く走る
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00492988.jpg


千蛇谷を滑降
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00535960.jpg


再びガスの中を下降する
鳥海山・中島台ルート_f0170180_00573371.jpg


日本海へ向かって降りていく
鳥海山・中島台ルート_f0170180_01030353.jpg


雪が消えた木道
鳥海山・中島台ルート_f0170180_01040669.jpg


下りの滑りは快適そのもの。この時期に軽い新雪は最高の御馳走だ。千蛇谷を滑っていくと登って来た4人パーティーとすれ違う。彼らもガス待ちをして登って来たのだろう。やがてガスの中に再突入するとガス酔いしそうなほどだ。2度転倒したものの雲の下に抜ければまた視界が戻る。気持よく滑っていくと瞬く間に高度を下げる。緩斜面になっても最後まで板が走る雪だった。自分の過去の中島台の中では一番滑りやすかったように思える。橋の手前でスキーを外し戻る。今朝あった雪はだいぶ解けていた。14:39駐車場に到着。山頂からは1時間20分だった。帰り道で眺める鳥海山は中腹以下で雪の無い部分が目立つ。例年より2週間ほど早いという感じだ。



GPSトラック( 赤=往路 青=復路 )
鳥海山・中島台ルート_f0170180_01241735.jpg


by torasan-819 | 2021-04-12 08:22 | 山スキー | Comments(6)
Commented by 米沢の高橋です at 2021-04-14 19:30 x
トラ山さん、お晩です。
ちょうど入れ違いの11・12日で同じルートで入ってきました。
中島台口は初めてで、日帰りで山頂到達できないともったいないと思ったのと、12日休みが
取れたので、好天確実の2日狙いで、1400m付近でビバークっぽいイグルー泊しました。
今度はルートもわかったので日帰り装備でスピーディにいきたいもんです。

12日7:00頃出発しようとしていると、3:00歩き出しという人たちが登ってきました。
11日は40人くらいの人とすれ違いでしたが、12日も20人くらいが登っていて、自分のことを
棚に上げて言ってしまうと、いくら好天確実でもこんなに人が入るのかー、とちょっと驚き、
なんか日本経済もまだまだ大丈夫か、みたいな気になりました。
上はまだ軽いパウダーで、たぶん今シーズン最後の良いコンディションの滑りを楽しめました。
あとはザラメ雪をいつまでどこで楽しめるかですねー
Commented by fck_mototyan at 2021-04-15 12:30
今シーズンはじめてご一緒できましたね。コンディション最高でしたね。滑走中すれ違った人にドヤ顔することが出来て満足しました。
Commented by torasan-819 at 2021-04-15 20:27
米沢の高橋さん
おや考えることは同じですね(笑)
もう南東北でまともに滑ることが出来る山は限られているので被りやすいということもありますが。
私も12日に休みを予定していましたが仕事が入り日帰りにしたという経緯があります。
高橋さんが初中島台というのはちょっと意外です。

それにしても3:00から歩き出す人がいるんですね~モルゲンロート狙いでしょうか。
10日の雪はもちろん良かったのですが12日も温存されていたようで何よりでした。
それにしても雪解けの早さには驚くばかりです。
残りシーズンを駆け足で追いかけないとあっという間に終わってしまいそうです。
有休休暇を取るぞ~(笑)
Commented by torasan-819 at 2021-04-15 20:39
fck_mototyanさん
やっと一緒になれました!
お互いの行きたい山もありなかなかタイミングが合いませんでしたがこれでホッとしました(笑)
後で分かったのですが上でスライドした4人パーティーにちょっと知っている人がいました。
またタイミング合えばよろしくお願いします。
Commented by デンキ at 2021-04-17 22:39 x
とらさん、こんばんは。
当日オイラも天泊で午後から入山していました。
905mピーク付近で滑り降りるとらさん達を見かけました。
11日は3時半発の福島の方に続いて2番目に滑り降りましたが、登りで喘いでいる人たちに羨望の目で見られました。(そんなに上手じゃないんだけどね)
11日は天気も雪の状態も最高でした。
Commented by torasan-819 at 2021-04-17 23:54
デンキさん
いや~お会いしたかったです。
と言ってもお顔存じ上げないのですれ違ってもワカラナイカナ(・・?
テン泊いいですね!実は私も鳥海山2dayを考えていたのですが所用で断念しました。
日曜日も雪が良かったようで何よりでした。
それにしても今年は雪解けが早いのですが鳥海山も御多分に漏れずですね。
急がないとシーズンが終了してしまいそうです。


<< 南会津ツアー・会津駒ヶ岳と大戸...      春の山菜~その1(コゴミ・タ... >>