人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2022年 11月 24日
霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15084442.jpg


山域山名   霊山・古霊山
山行期間   2022年11月16日(水)
山行形態   一般登山
天候     晴れ時々曇り
参加者    2人(L:トラ山・N井田)
行程     登山口9:43~日枝神社跡11:20~昼食11:54-12:04~NTT中継所12:33~古霊山12:58-13:02~日枝神社跡14:06~登山口15:03
行動時間 5時間20分 移動距離 14.0km 累積標高差 ±1,038m





吾妻の高山を予定していたが、気温低下と強風で時雨そうなので霊山に変更した。ただ、普通に歩くのでは飽き足らないので、古霊山までピストンすることにした。急な誘いにもかかわらずお付き合いいただくこととなったN井田さんとは現地集合とした。霊山はかなり久しぶりだなと思って過去記録を見たところ、なんと2008年の家族ハイキング以来14年ぶりだった。その時一緒だった6歳の息子も成人を過ぎ、当時は元気に登った母も今では88歳になりだいぶ足腰が弱くなってしまった。

紅葉の頃はかなり混雑する霊山だが、もう落葉時期なので平日とはいえ駐車場の車は5~6台だけ。霊山の開山は859年慈覚大師によるとされていて、非常に古く深い歴史のある山である。奇岩も多く景観にあふれ見どころの多い霊山だが、今回の主目的は古霊山(ふるりょうぜん)まで歩くことにあった。霊山を訪れる多くの登山者やハイカーの歩く範囲は、登山口から道が続いている日枝神社跡及び霊山寺跡までが一般的だろう。案内図を見ても日枝神社跡から先に道の記載はない。しかし、尾根には土塁が続いていて薄い踏み跡がある。尾根は概ね雑木林と笹ヤブだが、土塁とピンクテープを目印にすれば迷うことは無いだろう。ヤブ漕ぎもあるが難儀するほどではない(主観だが)。日枝神社跡から300mほど北へ進んだ所に、暖炉と土台だけ残っている廃墟がある。進駐軍の無線中継基地だったとのこと。さらに200mほど進むと左の鷲岩の上あたりに木造の小屋がある。雨量観測小屋らしいのだが、まだ朽ちてはおらず比較的しっかりしている。紫明峰の三角点(点名:霊山)791.5mを確認し、土塁に沿って進んでいく。土塁の左になったり右になったり、時には土塁の上と歩きやすいところを歩く。ドコモの無線施設があり、そこから古霊山までは30分とかからない。霊山寺が創建されたのはこの場所であったことから古霊山というようだ。その後何らかの理由で移転されたということだ。林を透かして斜面下には民家の屋根が見えることから、下の集落から登ればたやすく古霊山まで来ることができそうだ。車を回しておいて縦走もいいだろう。今回はピストンなので折り返す。途中の岩から眺めたり、霊山城跡に寄ったりしながら登山口に戻った。栄枯の歴史の片りんも感じながらの今回の山行だった。



登山口
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14301397.jpg


霊山は見どころ一杯
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14311794.jpg


紅葉は上は終了し下の方に残るのみ
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14321372.jpg


蟻の戸渡り
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14340723.jpg


三等三角点・点名「猿跳」804.6m
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14393861.jpg


霊山の最高地点「東物見岩」825m
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14415993.jpg


太平洋が見える
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14422669.jpg


日枝神社跡前の分岐
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14451920.jpg


霊山寺跡
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14460546.jpg


薄いヤブを漕いで古霊山へ
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14481303.jpg


尾根の土塁沿いに進んでいく
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14560263.jpg


突然現れる廃墟の暖炉
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14495407.jpg


雨量観測所だったらしい
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14503902.jpg


二等三角点・点名「霊山」791.5m
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14542137.jpg


思ったより歩きやすい
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_14591427.jpg


NTTドコモ中継所に出る
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15005602.jpg


いったん広くなる
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15021342.jpg


土塁沿いの尾根道に戻る
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15030107.jpg


土塁が続く
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15042959.jpg


土塁が左に直角に曲がる
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15274628.jpg


小さな標識あり
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15065035.jpg






三等三角点・点名「副霊山」782.1m
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15065924.jpg


往路を戻る
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15290534.jpg



日枝神社跡
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15102952.jpg


まだモミジは残っている
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15131943.jpg


釣瓶落岩からの南方向
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15152196.jpg


GPSトラック
 霊山・古霊山 ~ 2022年11月16日_f0170180_15175188.jpg


by torasan-819 | 2022-11-24 13:05 | | Comments(0)


<< 吾妻連峰・高山 ~ 2022年...      吾妻連峰・東吾妻山と駕篭山稲荷... >>