人気ブログランキング |
カテゴリ:沢登り( 183 )

2019年 10月 08日
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日
吾妻・佐原沢 ~ 2019年10月6日_f0170180_07363264.jpg

松川はその上流部において間々川と名前を変える。どこから間々川となるのか正確なところは分からないが、大平温泉のところで二俣となるので、左俣が間々川となり右俣が佐原沢となるのではないかと考えている。今年は8月から3回の遡行で松川から間々川そして稜線までの遡行を終えたので、今度は佐原沢を遡行してみることにした。



山域山名   吾妻 松川・佐原沢
山行期間   2019年10月6日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々雨
参加者    2人(L:トラ山・N山)
行程     自宅6:00=駐車地点7:45-8:02~滝見台確認8:10-8:46~大平温泉8:55~30m滝9:17~25m滝9:44~1,220m二俣10:21~
       30m滝10:32~25m滝11:00~1,509m二俣12:22~登山道14:05~ママ河原15:02~駐車地点15:39
行動時間   7時間37分
移動距離   9.8kⅿ
標高     最低点1,035m 最高点1,820m
装備     ロープ 30ⅿ×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-10-08 01:48 | 沢登り | Comments(2)
2019年 09月 27日
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日
吾妻・松川上流 間々川(ママ河原~登山道)~ 2019年9月21日_f0170180_07391481.jpg

先週の間々川遡行では時間切れで上部を残してしまった。そのうちにやろうと思ってもいつになるかわからない。気持ちが間々川に向いているうちに残りの部分を遡行することにした。ママ河原から上部には厄介な滝は無いようだ。遡行そのものは3時間程度で可能だろうと読んだ。登山道で藤十郎分岐から下山すれば昼過ぎには登山口に着いてしまうだろう。それではちょっともったいない。これまで積雪期にしか歩いたことのない縦走路を歩いてみることにしよう。中大巓を経由して天元台から大平温泉に下る計画にした。



山域山名   吾妻 松川・間々川(ママ河原から登山道まで)
山行期間   2019年9月21日(土)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    3人(L:トラ山・N山・O島)
行程     自宅5:30=登山口7:10-7:35~ママ河原8:01~8m滝8:44-8:55~二俣9:15~登山道10:27-11:03~
       藤十郎分岐11:11~人形石11:48~北望台12:15~天元台12:54-13:27~明道沢コース入口13:42-13:57~
       明道沢渡渉点14:12~大平温泉14:56-15:31~登山口16:00
行動時間   8時間25分
移動距離   15.4kⅿ
標高     最低点1,035m 最高点1,948m
装備     ロープ 30ⅿ×1・20ⅿ×1




続きはこちら

by torasan-819 | 2019-09-27 06:39 | 沢登り | Comments(4)
2019年 09月 23日
吾妻 松川上流・間々川(大平温泉~ママ河原)~ 2019年9月15日
吾妻 松川上流・間々川(大平温泉~ママ河原)~ 2019年9月15日_f0170180_00260200.jpg

8月18日に吾妻の松川を大平温泉まで遡行したが、さらに上流も遡行して尾根に抜けたいと考えていた。それは2012年からの想いでもある。大平温泉からの上流部は火焔滝や剣急滝などの大滝が連なる険谷となる。火焔滝は大平温泉から沢沿いに15分ほどで滝下に至るので情報もそこそこあるが、その上流の剣急滝は数少ない遡行記録と滝見台からの遠い画像程度である。さらに上流の20m滝は高巻きが悪いらしいが情報は少ない。福島登高会では1976年に遡行しているが、その遡行タイムは現代の我々からすれば超特急レベルで参考にならない。自分なりに遡行時間を見積もって何とか尾根の登山道まで抜けることができるだろうと考えた。遅れた場合は登山道が渡渉するママ河原から下山するとしよう。



山域山名   吾妻 松川・間々川(大平温泉からママ河原まで)
山行期間   2019年9月15日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     自宅6:00=不忘閣跡7:45-8:05~大平温泉8:37-8:54~火焔滝9:05-10:05~剣急滝10:10~高巻き10:22-12:20~
       15m滝12:26~昼食12:47-13:02~燕滝13:09~高巻き13:30-16:12~ママ河原16:28-16:38~不忘閣跡17:12
行動時間   9時間7分
移動距離   4.8kⅿ
標高     最低点1,035m 最高点1,340m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-09-23 18:00 | 沢登り | Comments(2)
2019年 09月 14日
二口山塊・大行沢カケス沢 ~ 2019年9月8日
二口山塊・大行沢カケス沢 ~ 2019年9月8日_f0170180_22333739.jpg

大行沢は天国のナメというフレーズでも知られた、関東圏からの遡行者も多い比較的メジャーな沢だ。しかし、自分の周りには意外に大行沢経験者が少ないようだ。そんなこともあり初心者可として募集したところ6人が集まった。5人は大行沢が初めてで1人はナメだけ歩いたことがあるという。初心者はゼロで初級以上のメンバー構成となった。大行沢だけで物足りない場合はカケス沢の北石橋を行程に加えることにしよう。



山域山名   二口山塊 大行沢・カケス沢
山行期間   2019年9月8日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    7人(L:トラ山・W井・E藤・W部・М原・N山・F井)
行程     二口渓谷駐車場7:43~入渓7:44~ゴルジュ7:50~3m滝8:20~駒止の滝9:30~2段10m滝11:27~
       カケス沢出合13:06~北石橋15:30~大行沢渡渉点16:17~駐車場18:17
行動時間   10時間34分
移動距離   11.5km
標高     最低点360m 最高点835m
装備     ロープ 30ⅿ×2






続きはこちら

by torasan-819 | 2019-09-14 15:07 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 31日
会津駒ヶ岳・檜枝岐川下ノ沢 ~ 2019年8月24日~25日
会津駒ヶ岳・檜枝岐川下ノ沢 ~ 2019年8月24日~25日_f0170180_12305249.jpg

たまには泊りでゆったりとした沢登りをしたいと思い日帰りの沢を物色した。8月下旬だが大人の夏休みのつもりだ。ちょっと遠いので普段はなかなかその気にならない檜枝岐川の下ノ沢に行くことにした。この山域の沢登りは自分としてもお初である。なお、会としても2005年以来26年ぶりの下ノ沢となる。



山域山名   会津駒ヶ岳 檜枝岐川下ノ沢
山行期間   2019年8月24日(土)~25日(日)
山行形態   沢登り
天候     24日晴れ 25日曇り時々晴れ
参加者    3人(L:トラ山・S木・N井田・T葉)
行程     24日 自宅5:30=竜ノ門の滝駐車場9:40-10:09~入渓10:11~ゴルジュ10:33~竜ノ門の滝下段10:50~
          竜ノ門の滝上段11:02~8m滝12:06~二俣(テン場)12:47
       25日 テン場6:35~三条8m滝7:27~1,780m二俣9:24~1,870m二俣9:57~登山道10:39~
          駒ヶ岳山頂10:49-10:55~駒ノ小屋11:07-11:42~竜ノ門の滝駐車場13:32
行動時間   24日 2時間38分 25日 6時間57分
移動距離   24日 1.9km 25日 7.7km 計9.6km
標高     最低点1,060m 最高点2,133m
装備     ロープ30m×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-08-31 23:55 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 31日
吾妻・松川 ~ 2019年8月18日(その2)
吾妻・松川 ~ 2019年8月18日(その2)_f0170180_12215449.jpg



山域山名   吾妻 松川(大平集落から大平温泉)
山行期間   2019年8月18日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     自宅4:30=自転車デポ地点6:10=林道駐車地点6:40-7:00~入渓7:07~ヒョウタン淵8:45~三俣11:12~40m滝12:57~
       二俣15:02~小屋跡15:45~難関ゴルジュ16:09~大平温泉18:20~自転車デポ地点18:52~乗車地点20:05
行動時間   13時間5分
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点490m 最高点1,215m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-08-31 23:02 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 30日
吾妻・松川 ~ 2019年8月18日(その1)
吾妻・松川 ~ 2019年8月18日(その1)_f0170180_22473188.jpg

吾妻または吾妻山は福島市の西部から山形市の南部にかけて連なる火山帯の総称で、その山域は広くなだらかな尾根が続く。福島登高会(以降は会とする)では吾妻の沢を60本以上遡行しているが、主に沢登りの対象となっている沢は10本未満である。その中でも松川は最上川の源流域であり水量も豊富で、吾妻の沢の中では比較的難度が高いとされている。会としては1976年 の記録があり、自分としては2012年 に大平温泉までを遡行している。2012年の遡行では少しやり残した感があり再遡行を考えていたが、あっという間に7年の歳月が過ぎてしまった。もはや来年とは言っていられない歳なので覚悟を決めて松川に向かうことにした。遡行時間が長くなるのでパーティーは足並みのそろう3人で組んだ。



山域山名   吾妻 松川(大平集落から大平温泉)
山行期間   2019年8月18日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     自宅4:30=自転車デポ地点6:10=林道駐車地点6:40-7:00~入渓7:07~ヒョウタン淵8:45~三俣11:12~40m滝12:57~
       二俣15:02~小屋跡15:45~困難ゴルジュ16:09~大平温泉18:20~自転車デポ地点18:52~乗車地点20:05
行動時間   13時間5分
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点490m 最高点1,215m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-08-30 22:05 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 23日
二口山塊・エシコ沢遡行 高倉沢下降 ~ 2019年8月17日
二口山塊・エシコ沢遡行 高倉沢下降 ~ 2019年8月17日_f0170180_07171734.jpg


二口山塊の沢は短いので日帰りできるものが多い。自分も沢登りを始めた頃から年に1~2回は二口山塊の沢を登ってきた。広く名の知られた大行沢を始め鳴虫沢やカケス沢などだが、それでもまだ遡行していない沢がいくつもあり、そのひとつがエシコ沢だった。エシコ沢は地元山岳会の沢登り講習会でも使われる比較的易しい沢である。この17日は軽めの沢を考えていたので、この機会にエシコ沢に行くことにした。



山域山名   二口山塊・エシコ沢
山行期間   2019年8月17日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・H田・N山)
行程     林道ゲート8:05~エシコ沢出合8:43~25m滝9:03~二俣9:30~40m滝9:34~林道横断10:50~林道(遡行終了)11:21-11:38~
       高倉沢下降点11:53~8m滝12:32~宍戸沢出合13:34~林道ゲート14:05
行動時間   6時間
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点345m 最高点780m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-08-23 18:31 | 沢登り | Comments(0)
2019年 08月 13日
谷川連峰・白毛門沢 ~ 2019年8月4日
谷川連峰・白毛門沢 ~ 2019年8月4日_f0170180_21555331.jpg


山域山名   谷川連峰 白毛門沢
山行期間   2019年8月4日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    3人(L:S木k・トラ山・О島)
行程     白毛門駐車場6:10~東黒沢入渓6:20~ハナゲノ滝6:45~白毛門沢出合7:00~10m滝7:50~タラタラのセン8:27~
       大岩8:53~二俣9:21~白毛門11:06-11:41~白毛門駐車場13:33
行動時間   7時間23分
移動距離   6.8kⅿ
標高     最低点690m 最高点1,720m
装備     ロープ 30ⅿ×1・20ⅿ×1




続きはこちら

by torasan-819 | 2019-08-13 08:49 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 10日
谷川連峰・大倉沢 ~ 2019年8月3日
谷川連峰・大倉沢 ~ 2019年8月3日_f0170180_19284536.jpg

8月第1週の山行を決めかねていたところ、S木kさんから谷川連峰の沢登りの誘いが来た。こんな機会はそうはないのですぐ手を上げた。メンバーは他に最近成長著しいО島との3人だ。谷川山域が全くの初めては自分だけであるが、大倉沢はS木kさんも初遡行とのこと。自分にとっては未知の沢だが、忙しかったこともあり事前に調べることはできなかった。いや、あえて調べなかったともいえる。たまには事前情報の無いまっさらな状態で沢と向き合うのも面白いだろう。いつもはリーダーなのでそうもいかないが、今回は純粋に沢登りを楽しみたいと思ったのだ。



山域山名   谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
山行期間   2019年8月3日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    3人(L:S木k・トラ山・О島)
行程     白毛門駐車場5:41~武能沢7:12-7:23~6m魚留滝7:30~ウナギ淵8:12~十字峡・大倉沢出合8:38~40m大滝10:16~
       3mCS滝11:24~1,570m二俣12:58~朝日岳14:27-14:47~笠ヶ岳15:39-15:54~白毛門16:30-16:52~白毛門駐車場18:44
行動時間   13時間3分
移動距離   15.6kⅿ
標高     最低点690m 最高点1,945m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1・20ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-08-10 08:31 | 沢登り | Comments(4)