人気ブログランキング |
カテゴリ:沢登り( 183 )

2019年 07月 31日
蔵王・コガ沢黒滝沢 ~ 2019年7月28日
f0170180_00051448.jpg

事情により遠出ができない5日は地元のコガ沢にした。コガ沢を詰め上げれば南屏風岳だが、今回は枝沢の黒滝沢に入ることにした。黒滝沢はそのうちにと思いながら未遡行だった沢だ。ほとんど記録の無い沢で、登山大系には出合の滝が10mと記載されているだけで説明文は無い。仙台YMCA山岳会の古い会報にはあるかもしれないが、そこまで調査することもないだろう。小さい沢で行程も短いし事前情報が無いほうが沢登りは楽しめる。なお沢登りではないが、昨年2月には雪に埋もれた黒滝沢をスキーで途中まで登っている。



山域山名   蔵王 コガ沢・黒滝沢
山行期間   2019年7月28日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    4人(L:トラ山・N山・F井・H田)
行程     スキー場5:24~入渓6:07~5mナメ滝6:37~権現沢出合7:20-7:40~10mナメ滝8:07~8m滝9:06~滝沢出合9:52~
       黒滝沢出合9:56~登山道11:34-11:48~水引入道12:02~無名沢12:20~コガ沢出合13:40~スキー場15:00
行動時間   9時間36分
移動距離   9.1km
標高     最低点840m 最高点1,656m
装備     ロープ50m×1・20m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-31 13:06 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 24日
吾妻・大滝沢 ~ 2019年7月21日
f0170180_22590730.jpg

7日の会主催の沢登り講習会は中止となったので、その代わりというわけではないが大滝沢の沢登りを計画した。11人パーティーとなったが、今シーズン初沢登りの者多数、初心者数名、まったく初めてが1人という構成である。自分としても大滝沢は4年前に遡行して以来なので久しぶりということになる。事前情報では我々以外にも他会など少なくとも3パーティーが入渓するようで、いずれも講習会または初心者トレーニングのようだ。そのため駐車場所はいつもの場所でなく滑川橋の数百m手前の空き地とした。


山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域前川支流 大滝沢
山行期間   2019年7月21日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    11人(L:トラ山・N井田・T甲・N山・W井・S木k・S木y・T内・О島・F井・K東)
行程     駐車地点7:47~入渓7:53~F1(15m)8:15-9:00~滑川大滝9:36-9:50~大滝落ち口10:25~ネコノ沢出合11:07~
       ホラガイ沢出合11:44~ヒョングリ滝12:25-12:35~登山道12:45-13:00~駐車地点14:09
行動時間   6時間22分
移動距離   6.5km
標高     最低点815m 最高点1,225m
装備     ロープ30m×3



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-24 19:34 | 沢登り | Comments(6)
2019年 07月 24日
安達太良山・杉田川 ~ 2019年7月13日
f0170180_07563324.jpg



山域山名   安達太良山 阿武隈川支流杉田川
山行期間   2019年7月13日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・N山・W部)
行程     駐車場9:21~遠藤ヶ滝9:41~二条8m滝11:44-12:07~1060m二俣12:46~2段8m滝12:59-13:40~
       遡行終了点(1,180m)13:52~仙女平14:11~駐車場15:07
行動時間   5時間46分
移動距離   8.0km
標高     最低点672m 最高点1,220m
装備     ロープ30m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-24 07:57 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 07日
蔵王・小阿寺沢 ~ 2019年7月7日
f0170180_21001908.jpg

7日は福島登高会で沢登り講習会を吾妻の大滝沢で計画していた。前日から6人で滑川温泉に泊まり(湯治部屋だが)準備万端参加者を迎える手はずだった。しかし土曜日午後から降り出した雨が止まない。結局夜通し降り続けて日曜日の朝になっても時折雨脚が強くなるほどだった。いわゆる「やませ」の影響であり、奥羽山脈の太平洋側は冷たい風が吹き付け山間部では雨となるのだ。大滝沢の状況はといえば当然ながらかなり増水している。とても初心者対象の沢登り講習会が出来る状況ではないということで中止となった。ちなみに同じ吾妻でも山形側は雨も降らずに沢も穏やかだったようだ。現地解散となったが自分は今年初の沢登りと思っていたので残念至極。諦めきれないので地元の蔵王で沢登りをすることにした。小阿寺沢なら何度も遡行しているので勝手が分かる。少々増水していても遡行可能と考えた。相方は同じ市内のN山さんで沢登りは今日が初めて。とはいえ山スキーで何度も一緒に滑っているので、N山さんの身体能力の高さは分かっている。



山域山名   蔵王・小阿寺沢
山行期間   2019年7月7日(日)
山行形態   沢登り
天候     雨
参加者    2人(L:トラ山・N山)
行程     登山口10:10~入渓10:21~F1(10m)10:41~F3(2段15m)11:18~F4(7m)12:06~F6(6m)12:56~
       枝沢出合13:03~10m滝13:25~管理道13:42~スキー場ゲレンデ14:00~登山口14:50
行動時間   4時間40分
移動距離   6.7kⅿ
標高     最低点629m 最高点1,193m
装備     ロープ 30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-07 22:54 | 沢登り | Comments(6)
2018年 11月 17日
栗子山塊・銅沢遡行/横川左俣下降 ~ 2018年11月11日
f0170180_22593904.jpg

阿武隈川水系の一級河川摺上川の支流のひとつである小川には支沢が多い。しかし、いずれも概して行程は短く渓相も平凡であり、沢登りの対象として興味を引かれる沢は少ないようだ。福島登高会では1980年代に小川流域の支沢をほぼすべて遡行調査している。今回はそのうちのひとつである銅沢を遡行することにした。会としては前回の遡行が1983年なので実に35年ぶりということになる。


山域山名   栗子山塊 摺上川小川流域 銅沢(遡行)横川左俣(下降)
山行期間   2018年11月11日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・W井)
行程     中野第2トンネル西口9:06~銅沢出合9:25~410m二俣10:40~500m二俣11:23~640m二俣12:10~820m鞍部12:56~
       中俣出合14:12~林道末端15:04~駐車地点16:19
行動時間   7時間13分
移動距離   11.3kⅿ
標高     最低点275m 最高点820m
装備     ロープ 30ⅿ×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-11-17 03:41 | 沢登り | Comments(0)
2018年 11月 01日
御神楽岳霧来沢・前ヶ岳南壁V字第1スラブ ~ 2018年10月28日
f0170180_01190769.jpg

2年ぶりに御神楽岳霧来沢を遡行して前ヶ岳南壁のスラブを登ることにした。今年は早めに計画を立て、土曜日は尾根を挟んだ鞍掛沢を遡行し、日曜日はV字スラブという歳も考えない意欲的な計画をぶち上げていた。南壁のV字スラブと言っても何本ものルートがあるが、第1スラブか第2スラブか現地判断で登ることとした。しかし、よく考えてみれば鞍掛沢は上手くいっても行動時間が結構かかるだろう。日の短いこの時期はヘッデン下山もありうると思うと、翌日のためにもリスクは避けたい。もはや勢いで登れるほど自分もメンバーも若くはないのだ(20代のO島は別にして)。特に自分とN井田さんは還暦コンビなのだ。そんな思いになっていたところ、ちょうど都合よく?土曜日の天気があまり良くない予報になった。これ幸いと天気のせいにして土曜日の鞍掛沢はキャンセル。日曜日のV字スラブ1本にすることにして、土曜日は道の駅奥会津かねやまへ移動し翌朝現地に向かう計画に変更した。


山域山名   御神楽岳霧来沢・前ヶ岳南壁V字第1スラブ
山行期間   2018年10月28日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    4人(L:トラ山・N井田・W井・О島)
行程     駐車地点6:59~登山口7:20~入渓7:56~鞍掛沢出合7:59~二俣(右俣へ)8:31~二俣(右沢へ)9:18~V字の広場10:38~
       稜線14:04~避難小屋14:40-14:56~登山口16:32~駐車地点16:55
行動時間   9時間56分
移動距離   12.6kⅿ
標高     最低点430m 最高点1,145m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-11-01 19:49 | 沢登り | Comments(4)
2018年 10月 25日
安達太良山・東鴉川 ~ 2018年10月21日
f0170180_02520430.jpg

安達太良山の東鴉川を訪れた。自分としては2009年以来なので9年ぶりということになる。東鴉川は登山大系にもあるとおり、大滝の直登にこだわらなければ難しい滝もなく易しい沢といえるだろう。安達太良山はコンパクトな山域なので日帰りが容易な沢ばかりだが、その中でも東鴉川は地味な印象があるのか遡行するパーティーは少ない。ネットで検索しても福島登高会の記録の他はわずかしか見当たらない。周回ルートが取れないということもネックになるのだろう。しかし、ゆったりとした沢登りをしたいとき、初心者トレーニングとして遡行したい時などは頃合いの沢なのではないだろうか。今回のパーティーは初心者2名を含めた6人だが、紅葉を楽しみながらのんびり遡行することにした。


山域山名   安達太良山・東鴉川
山行期間   2018年10月21日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    6人(L:トラ山・S木・N井田・W井・K玉・О田)
行程     旧東鴉川橋8:30~新東鴉川橋8:45~18ⅿ滝9:20~15ⅿ滝10:15~2段8m滝10:35~5m滝12:11~
       登山道12:27-12:54~僧悟台13:21~塩沢登山口P14:20
行動時間   5時間50分
移動距離   7.6kⅿ
標高     最低点780m 最高点1,509m
装備     ロープ 30ⅿ×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-10-25 20:26 | 沢登り | Comments(4)
2018年 09月 29日
和賀山塊・マンダノ沢 ~ 2018年9月22日~24日
f0170180_22473570.jpg
マンダノ沢は8月上旬にN井田さんが計画したのだが、事情により延期となっていた沢だ。9月のシルバーウィークにゆっくり3日間かけて歩く計画となったのだが、またしても台風の影響で雨が残りそうな予報で悩ましい。結局、初日は雨が残るだろうと考え、入渓は避けて現地への移動のみとすることにした。実質2日間での遡行となるので、ゆったりと遡行するわけにはいかないが、今回は足並みがそろったパーティーなので特に問題はないだろう。



山域山名   和賀山塊 堀内沢マンダノ沢下天狗沢(遡行)部名垂沢(下降)
山行期間   2018年9月22日(土)~24日(月)
山行形態   沢登り
天候     22日曇り時々雨 23日 曇り時々晴れ 24日 曇り時々晴れ
参加者    3人(L:N井田・S木・トラ山)
行程     22日 白石14:00=夏瀬温泉18:30
       23日 夏瀬温泉5:26~堀内沢入渓6:25~朝日沢出合7:38~シャチアシ沢8:08~マンダノ沢出合9:00-9:28~蛇体淵12:03~
          上天狗沢出合12:48~テン場12:55
       24日 テン場6:13~898m二俣6:38~奥の二俣8:10~朝日岳9:22-9:38~部名垂沢下降点10:30~二俣11:38-11:53~
          林道末端13:47~林道分岐14:10~堀内沢渡渉点15:00~夏瀬温泉15:17
行動時間   23日 7時間29分 24日 9時間4分
移動距離   23日 13.0km 24日 14.3km 計27.3km
標高     最低点150m 最高点1,376m
装備     ロープ30m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-09-29 23:17 | 沢登り | Comments(4)
2018年 09月 21日
焼石岳・尿前川本沢 ~ 2018年9月17日
f0170180_17093259.jpg


焼石岳の東面を流れる尿前沢を5年前に初めて遡行した。初秋の晴れ渡った日に陽光きらめく沢登りとなり、何て美しい沢なのだと感激したのだった。また行きたいと思いつつ再訪の機会を得ることが出来ないでいたが、今回企画したところパーティーを組むことが出来た。予報では今ひとつはっきりしない不安定な天気だが、山は行ってみなければわからないので決行することにした。


山域山名   焼石岳・北上川水系胆沢川支流 尿前沢(尿前川本沢)
山行期間   2018年9月17日(月)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々雨時々晴れ
参加者    6人(L:トラ山・W井・E藤・Y島・K樹・H田)
行程     中沼登山口7:34~入渓7:56~フロ沢出合8:12~万円沢出合8:21~三ツ折滝9:02~30m滝10:04~
       二俣・夫婦滝12:36~奥の二俣14:48~登山道15:24-15:40~中沼登山口17:18
行動時間   9時間44分
移動距離   10.2kⅿ
標高     最低点707m 最高点1,366m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1




続きはこちら

by torasan-819 | 2018-09-21 21:42 | 沢登り | Comments(4)
2018年 09月 15日
遡行図追加(悪沢・大倉沢)
3年ぶりの遡行図作成で結構時間がかかってしまいましたがとりあえず完成です。リンクしている元記事に大きいサイズの遡行図があります。
f0170180_22273444.jpg



by torasan-819 | 2018-09-15 19:59 | 沢登り | Comments(0)