カテゴリ:山スキー( 253 )

2011年 05月 17日
飯豊連峰 門内沢 ~ 2011年5月15日
f0170180_0164628.jpg

======================================================================
山域山名   飯豊連峰 門内沢 門内岳(1,887m)
山行期間   2011年5月15日(日)
山行形態   山スキー
地形図    長者原・飯豊山
天候      晴れ
参加者    2人(L:トラ山、加○さん)
行程      梅花皮荘5:39~飯豊山荘6:36~温身平6:59~雪渓末端8:10-8:22~石転ビノ出合9:03~門内岳12:13~
         門内小屋12:25-12:57~石転ビノ出合13:22~雪渓末端13:29-13:43~温身平14:47~飯豊山荘15:11~
         梅花皮荘16:15
行動時間   10時間36分
移動距離   26.1km (徒歩分含む)
累積標高差 +2,182m -2,182m (徒歩分含む)
======================================================================
15日は鳥海山に行こうと考えていたが、天気の回復が遅れている。この時期に獅子ヶ鼻から千蛇谷を登ろうという、ちょっと厳しそうなルートを予定していたのだが、朝方は雨が残りそうで気温も上がらないという予報に迷いが出た。結局天気予報に従い、好天の約束された飯豊連峰に向かうことにしたのは山行前夜だった。飯豊の山スキーは、昨年16日に門内沢を滑っている。今回は石転び沢を滑ろうと思い慌ただしく計画書を作成した。短い仮眠しかしていないが、午前3時に目覚まし時計で叩き起こされる。すぐ車を出して加○さんを乗せると飯豊へと向かった。午前4時を過ぎると空が少しずつ明るくなってくる。梅花皮荘には5:10頃到着。一般利用者の邪魔にならないよう駐車場の手前の方に車を止める。既に釣りか山か分からないが数台の車が止まっている。準備をしていると見覚えのある車が側に止まった。蔵王仙人さんだ。やはり山スキーで、石転び沢か門内沢かは登ってから決めるという。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-05-17 20:44 | 山スキー | Comments(18)
2011年 05月 09日
鳥海山(吹浦口コース) ~ 2011年5月6日
f0170180_343131.jpg

======================================================================
山域山名   出羽山地 鳥海山(新山)(2,236m)
山行期間   2011年5月6日(金)
山行形態   山スキー
地形図    鳥海山
天候      晴れ
参加者    3人(L:和○さん、長○さん、トラ山)
行程      大平小屋(6:15)~御浜小屋(8:50)~七五三掛(9:51)~千蛇谷(10:18)~大物忌神社(11:40-12:07)~
         新山(12:19-12:40)~七五三掛(13:30)~御浜小屋(14:17)~大平小屋(14:45)
行動時間   8時間30分
移動距離   16.0km
累積標高差 +1,500m -1,500m
======================================================================
震災以降、しばらくは休み無しに働く日々が続いていたが、この頃やっと落ち着いてきた。しかしなかなか気持ちが山に向かわない。体も心も疲れていたからだろうか。でも山に登れば山から元気をもらえるはず。よし、山に登ろう。和○さん達が鳥海山に行くというので、相乗りさせてもらうことにした。神楽ヶ峰が3月6日だったから、ちょうど2ヶ月ぶりの山になる。2ヶ月の間に体重も4キロ以上増え、腹回りもだいぶボテッとしてきた。体をシェイプするのは大変だが、鈍るのは短時間であり簡単である。そんなわけで体力に一抹の不安を抱えながらも、1年ぶりの鳥海山に向かうことにした。

鳥海山の山スキーは、昨年湯ノ台口コース百宅口コースから登っている。今回は私のリクエストもあり、吹浦口(ふくらぐち)コースとなった。日本海を背にして鳥海山の西側の鳥海ブルーラインから登るルートだ。4月28日に開通したばかりの鳥海ブルーライン(鳥海公園吹浦線)だが、まだ全線開通ではなく国民宿舎大平山荘(1,000m)までとなっている。しかも駒止(548m)にあるゲートから大平山荘までは夜間通行止(17:00~8:00)となっているので、行程に余裕を持たせるため前日出発となった。交通規制については、山形県道路規制情報などから情報を事前に得ておきたい。

5日午後4時過ぎに大平山荘に到着。ここから上は終日通行止めで、開通は5月11日になるようだ。今夜は山荘の手前にある駐車場にテントを張らせてもらうのだが、既に同じ目的らしい車が何台も駐車していた。テントを張って宴会しているパーティーから少し離してこちらもテントを設営。その他のグループは車中泊らしい。テントに入りこちらも午後5時過ぎから宴会だ。いつもは簡単にすませることの多い食事だが、今日は長○さん(女性)がレタス鍋を振る舞ってくれた。食べながら飲みながら話しをしているうちに夜は更けていく。午後9時過ぎに就寝。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-05-09 07:27 | 山スキー | Comments(10)
2011年 05月 04日
苗場山・神楽ヶ峰 ~ 2011年3月6日
f0170180_102454.jpg

======================================================================
山域山名   苗場山 神楽ヶ峰(2,029.6m)
山行期間   2011年3月6日(日)
山行形態   山スキー
地形図    苗場山、土樽
天候      晴れ
参加者    5人(L:和○さん、鈴○さん、杉○さん、牧○さん、トラ山)
行程      和田小屋(7:55)=かぐら第5リフト終点(9:09-9:20)~1984mP(9:58-10:15)~中尾根休憩(10:40-10:53)~
         和田小屋(11:05)=第5リフト終点(11:32-11:42)~神楽ヶ峰(12:22-12:24)~田代分岐(12:30-12:44)~
         かぐら第4リフト(13:15-13:19)=リフト終点・ゲレンデ(13:25)~和田小屋(13:30-13:47)~
         みつまた第2リフト(13:59)=リフト終点(14:04)~みつまた下山コース~みつまたステーション駐車場(14:19)
         ※行程記録は和○さんの記録による
行動時間   6時間24分
移動距離   計測せず
累積標高差  計測せず
======================================================================
すっきりと目覚めて今日の天気はと外を見れば晴れている。天気予報では午後から崩れそうなので、午前中が勝負だろう。今日は神楽ヶ峰(かぐらがみね)から滑る予定。1,845mまでリフトで登れてしまうので、山スキーとはいってもいつもとはずいぶん違う。朝から3杯飯をかっ込み準備をして小屋を出る。時間的に小屋泊の人だけが乗れる8時運転開始のリフトで、しばしゲレンデスキーをする。一番上のかぐら第5リフトは9時運転開始なのでそれまでの時間待ちというわけだ。このかぐら第5リフトは運転期間が限られているので、事前に確認しておきたい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-05-04 07:39 | 山スキー | Comments(8)
2011年 04月 30日
谷川連峰・平標山 ~ 2011年3月5日
f0170180_14455328.jpg

======================================================================
山域山名   谷川連峰 平標山(1,983.7m)
山行期間   2011年3月5日(土)
山行形態   山スキー
地形図    三国峠
天候      晴れ
参加者    5人(L:和○さん、鈴○さん、杉○さん、牧○さん、トラ山)
行程      火打峠・三国小学校前(7:20)~除雪終了点(7:36)~ヤカイ沢(7:52)~休止(8:33-8:40)~休止(9:45-9:57)~
         平標山(11:41-12:14)~林道(13:21)~除雪終了地点(13:29)~火打峠・三国小校前(13:38)
         ※行程記録は和○さんの記録による
行動時間   6時間18分
移動距離   10.2km
累積標高差 +1,200m -1,200m
======================================================================
平標山は谷川岳のある谷川連峰の西端に位置する。一昨年11月に平票山(たいらっぴょうやま)を下見していた和○さん。滑る機会をうかがっていたようで、4日夜出発のツアーを企画したと聞いたので参加させてもらうことにした。仕事を切り上げ福島の和○さん宅に予定より30分ほど遅れて到着。和○さんの車に乗り込み、杉○さん宅に寄り高速に乗ると、一路越後湯沢を目指しひた走る。関越自動車道に入ると雪が降り出し徐々に激しくなってきた。視界が非常に悪くなりスロー走行となったが、そんな状態でも大型車はスピードを落とさず抜いていくから恐ろしい。湯沢ICで高速を降り、予定より遅れて三国小学校の先にある駐車帯で他の2名の車と合流し苗場スキー場の駐車場に移動。寝袋に潜り込んで仮眠することにした。数時間は眠れるだろう。和○さんの車は合板を敷いてフラットな寝床なので3人でも快適に眠れた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-04-30 02:37 | 山スキー | Comments(4)
2011年 03月 06日
地蔵山から蔵王ダム ~ 2011年2月27日
f0170180_0293468.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 地蔵岳(1,736m)
山行期間   2011年2月27日(日)
山行形態   山スキー
地形図    笹谷峠・蔵王山
天候      晴れ
参加者    4人(L:加○さん、高○さん、鈴○さん、トラ山)
行程      白石(6:00)=車デポ地点(7:10)=山形蔵王スキー場(7:50)=山頂駅(8:35)~地蔵山(8:48-9:00)~
         コーボルトヒュッテ(9:06)~事故発生(10:30)~ロボット雨量計(11:40)~鍋倉不動(12:50)~
         葉ノ木沢堰堤(16:30-17:35)~蔵王ダム管理所(18:34)=車デポ地点(18:42)
行動時間   約10時間(歩行分)
移動距離   8.4km(ダム管理所まで)
累積標高差 +342m -1,401m
======================================================================
2月27日は加○さんから蔵王ダムルートの提案があった。数ある蔵王の山スキールートの中でも今期滑ってみたいルートのひとつがこのルートだった。蔵王ダムルートは地蔵岳から蔵王ダムに向けて滑るのだが、地蔵山に至る方法はいくつかあるが、今回当初は蔵王ライザスキー場を利用して熊野岳から地蔵山へと縦走する予定だったが、メンバーの都合により蔵王スキー場からのアプローチに変更となった。蔵王スキー場からはロープウェイで地蔵山のすぐ下まで運んでもらえる。地蔵岳からは下り一辺倒であり、山スキーにしてはほとんど登ることもないので楽なルートになる、と思っていたのだが…

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-03-06 16:32 | 山スキー | Comments(2)
2011年 03月 03日
山岳事故(ヘリコプター搬送) ~ 2011年2月27日
f0170180_23331713.jpg


山岳事故でヘリコプターが出動し負傷者を救出するというのは時々聞く。
山岳事故は車輌の進入できる場所での事故とは異なる。
負傷者は自力にせよ他力にせよ、医療機関まで行くことが容易ではなく時間がかかることがほとんどだ。
特に自分で歩けないような怪我を負った場合は、なおさら困難になる。
治療を受けるまで時間がかかることにより、重大な結果となる場合もあるだろう。
そのような場合にヘリコプターは非常に有効な搬送手段となる。
山に入り登山をしている限り誰しも怪我をする可能性はあり、自分もまたしかりである。
そんな時に場合によってはヘリコプターに吊り上げられることもあるだろうと、漠然とだが考えてはいた。
しかし、まさかこの日に自分たちのパーティーが、ヘリコプターでの救助要請をする事態になるとは思ってもいなかった。

27日に私を含めた4人パーティーで山スキーに行った。
午前10時30分頃、山中を滑走中にメンバーの1人が立木にぶつかり負傷した。
その人は自力では移動出来なくなったので、3人で降ろそうと考え実行した。
時間も早かったし安易にヘリコプターを要請することがためらわれたのだ。
しかし事故発生場所から車の駐車場所までは標高差650m、距離6km以上だった。
標高差400m、距離2kmを6時間かけ、負傷者を人力で搬送したがそれが限界だった。
応援に下から上がってきた仲間の状況判断もあり、自力下山は諦めてヘリコプターでの搬送要請となった。
夕暮れが迫る午後5時35分頃、ヘリコプターで吊り上げてもらった。
有視界飛行ができるギリギリのタイミングだった。
あと少し遅ければビバークとなるところだった。
しかし、おそらくビバークして翌日自力下山を試みても無理だっただろうと思われる。
ヘリでの搬送後に自分たちは下山のため林道を歩いたが、雪崩により人力搬送はかなり厳しいことがわかった。
メンバーの怪我は右足脛骨(すねの骨)の骨折で、手術が必要と診断された。

実は今回のルートにおいて、ヘリでピックアップできるポイントは限られていた。
なぜならピックアップするためには樹林帯ではダメで、上空の開けた場所が必要だからだ。
この日何か条件がひとつ欠けていても、当日中の搬送はできなかっただろう。
いろんな意味で幸運であったのかもしれない。
この山スキーの記録は近いうちにまとめようと思う。
このような出来事は、ならば黙っておきたい気にもなる。
恥をさらす?いやいやそうではない。
たしかに我々が未熟だった部分については恥じ入るばかりだ。
しかし、このような事例を記録し読んで貰うことによって、事故を未然に防げることもあるかもしれない。
事故があったときの対処の仕方について考えるきっかけになるかもしれない。
なぜなら自分も他の記録から、大いに学ばせて貰っているからだ。
実際当事者になってみなければ、その場にいなければわからないこと気付かないことは多い。
それにしても山形県消防防災航空隊、警察署、消防署及びその他関係者の皆さんには感謝申し上げるしかない。

※画像はその時のもの。

by torasan-819 | 2011-03-03 23:36 | 山スキー | Comments(14)
2011年 02月 28日
蔵王・不忘山権現沢 ~ 2011年2月26日
f0170180_22524582.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2011年2月26日(土)
山行形態   山スキー
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    単独
行程      スキー場6:43~ゲレンデトップ7:20~不忘山8:53~滑降開始9:13~スキー場10:38
行動時間   3時間55分
移動距離   約9.0km(図上計測)
累積標高差  不明
======================================================================
不忘山の北斜面を源頭としているのが権現沢だ。一昨年はここを沢登りしている。1年前なら不忘山の稜線から一気に落ちていくその斜面を滑れるとは思えなかったが、この頃は何とかなりそうだと思えるようになっていた。コンパクトなルートなので午前中にやってしまおうと考え、26日に実行することにした。予定よりもだいぶ寝坊して家を出る。白石スキー場は我が家からゲレンデが見えるほど近く、20分少々でスキー場に着く。準備をしてスタートしたのは6:43になっていた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-28 22:52 | 山スキー | Comments(8)
2011年 02月 20日
蔵王・刈田岳 ~ 2011年2月16日
f0170180_19272232.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2011年2月16日(水)
山行形態   山スキー
地形図    不忘山
天候      晴れ
参加者    単独
行程      スキー場6:09~ゲレンデトップ7:10~刈田岳8:37-9:14~清渓小屋10:20~観光道路11:18~スキー場11:29
行動時間   5時間20分
移動距離   約9.7km (図上計測)
累積標高差  約+670m 約-670m (図上計測)
======================================================================
このところ温暖化の影響か以前ほどの樹氷は見られなくなっていた。しかし、今シーズンの樹氷は立派に育っているらしい。見どころが過ぎないうちに見たいと思っていたところ、予報で明日は快晴との情報。なんとか仕事の都合をつけ刈田岳へと登ることにした。しかし休めたのは午前中だけで午後からは仕事。そんなわけで刈田岳のピストン山行とした。さて樹氷といえば蔵王や吾妻、八幡平などで見られる。というか日本でも他では見られないし、世界的にもそれらの地域だけという珍しい現象なのだという。樹氷が出来るには数々の条件があり、どれひとつ欠けても樹氷にはならない。そんな貴重な自然の造形美を見に行くことにした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-20 14:50 | 山スキー | Comments(8)
2011年 02月 14日
吾妻山・不動沢右俣 ~ 2011年2月13日
f0170180_336486.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻連峰 吾妻山 五色沼(1,810m)
山行期間   2011年2月13日(日)
山行形態   山スキー
地形図    土湯温泉・板谷・吾妻山
天候      曇り時々晴れ
参加者    3人(L:河○さん、佐○さん、トラ山)
行程      除雪終了点8:36~スカイライン横断9:32~水飲場9:41~賽ノ河原10:24~山鳥山10:42~井戸溝11:14~
         慶応山荘分岐11:32~五色沼12:36~不動沢右俣上部12:57~慶応山荘13:40-14:28~慶応山荘分岐14:36~
         井戸溝14:44~山鳥山14:54~旧あづまスキー場トップ15:00~バニーハット15:23~除雪終了点15:54
行動時間   7時間18分
移動距離   13.0km
累積標高差  +1,124m 約-1,124m
======================================================================
河○さんが吾妻山の不動沢右俣に行く計画を立てていたので、パーティーに入れてもらうことにした。不動沢右俣は昨シーズンに2回登っている。今年は雪の量も多いだろうし昨日も降っているだろうから、ラッセルの状況によっては慶応山荘までになるかもしれないと河○さんは考えていたようだ。高湯温泉から磐梯吾妻スカイラインへとつながる県道70号にあるチェーン脱着所に集合。乗り合わせて高湯温泉を目指して車を走らせる。高湯温泉からスカイラインの料金所を過ぎると、昨日降った雪がまだ除雪されていない。20センチ程度なので4躯の我々はそのまま除雪終了点へと向かう。除雪終了点には既に1台の車があったが、積もった雪からすると昨日あたり入山したようだ。除雪車が入った時に邪魔にならないようにギリギリまで路端仁寄せたらスタックしてしまった。大したスタックではないが、脱出に少々時間を食ってしまう。そんなわけで準備をして雪が少し降っている中をスタートしたのは8:36だった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-14 22:24 | 山スキー | Comments(10)
2011年 02月 12日
安達太良山・迷沢 ~ 2011年2月11日
f0170180_072259.jpg

======================================================================
山域山名   安達太良連峰 箕輪山(1,728m)
山行期間   2011年2月11日(金)
山行形態   山スキー
地形図    安達太良山
天候      曇り
参加者    2人(L:加○さん、トラ山)
行程      白石7:40=箕輪スキー場9:00=Cリフト終点9:30-9:44~箕輪山10:55-11:05~コル11:35~
         鉄山避難小屋12:14-12:50~迷沢14:18~国道115号14:44~箕輪スキー場15:19
行動時間   5時間49分
移動距離   約10.5km
累積標高差  約+850m 約-1,200m
======================================================================
箕輪山は昨年山スキーに行きたいと思いながら結局実行出来なかった山だ。特にこの頃は迷沢ルートが気になっていたのだが、やっと11日にいつもの加○さんと行くことが出来た。箕輪山は2年前に初めて登ったが、その時はスノーシューだった。箕輪山の北側を国道115号の土湯トンネルが貫通していて、度々通って箕輪山はその度見ているわりには「遠い」山だったわけだ。さて箕輪山~鉄山周辺は風が強いこと、ガスがかかると迷いやすいことでも知られていて、ホワイトアウトで下山方向を見失うことも多い。今年は1月16日に箕輪山に向かった山スキーヤー2名が、行動不能になり2晩ビバークして救出されるということもあった。表面には出ないが遭難もどきも結構あるのかもしれない。今日のリーダー加○さんは何度か迷沢ルートに来ている。私としては百人力の気分で箕輪山へと向かった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-12 14:53 | 山スキー | Comments(18)