人気ブログランキング |
カテゴリ:山( 232 )

2020年 12月 23日
ビーコン訓練 ~ 2020年12月20日
ビーコン訓練 ~ 2020年12月20日_f0170180_20000116.jpg

山岳会でビーコン訓練を行った。場所は蔵王のすみかわスキー場の某所だが、積雪量も充分で良い訓練が出来た。12月中旬はまだ山スキーのシーズン始めであり、ビーコンに初めて触れるという初心者もいるので、操作に習熟するための訓練は大事になる。いざというときに使えないのであれば、持っている意味はないからだ。自分の場合は山スキー歴とビーコン歴は一緒になる。とはいえビーコンについて特別詳しいわけではないが、山スキー歴もある程度あるので色々聞かれることがある。一般的なことは理解しているつもりだし説明もできるのだが、問題は機種ごとに操作方法が異なることだ。以前のビーコンは発信と捜索の2モードだけであり、機種が異なっても感覚的に何となく操作できた。現在のビーコンも基本的な機能は変わらないのだが、複数の埋没者に対応するマーキング機能や、ツアーなどの際に参加者のビーコンを確認するグループチェック機能などが備わるようになっている。通常は自分のビーコンの操作方法が分かっていれば問題ないのだが、訓練となるとそうもいかない。機種により機能の切り替え操作が異なるので、あまりなじみのない機種に対応することは難しい。以上は講習会などで他機種の操作をする場合のことであり、基本的には自分の所持する機種の操作方法に習熟しておけば問題はないといえる。いずれにしても雪崩に埋没した時、生存可能性の高い15分間以内に救出するためにビーコンは必須と言える。山スキーなどでパーティーを組む場合に、自分が捜索する側になることも充分にあるということを認識し、ビーコンの操作に慣れておく必要がある。


by torasan-819 | 2020-12-23 02:39 | | Comments(0)
2020年 11月 30日
蔵王:水引入道から馬ノ神岳へ ~ 2020年11月23日
蔵王:水引入道から馬ノ神岳へ ~ 2020年11月23日_f0170180_00342593.jpg

南蔵王の馬ノ神岳(まのかみだけ)に行くという2人(S藤さん・K藤さん)に同行させてもらうことにした。地形図を見ても馬ノ神岳に山頂までの登山道は記されてない。林道から踏み跡が山頂方向に伸びているのだが途中でヤブの中に消えてしまう。なので山頂へ到達するにはヤブ漕ぎか積雪期ということになる。自分は何度か雪を踏んで登っているがそれ以外には登ったことがなかった。そんなわけで2人に興味半分でついていくことにした。



山域山名 水引入道(1,656m) 馬ノ神岳 (1,551m)
山行期間 2020年11月23日(月)
山行形態 一般登山
天候 曇り
参加者 3人(L:S藤・K藤・トラ山)
行程 駐車地点8:10~水引入道12:11-12:26~馬ノ神岳15:55-16:03~駐車地点16:55
行動時間 8時間45分 移動距離 6.1km 累積標高差 ±787m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-11-30 21:20 | | Comments(0)
2020年 11月 25日
地元の里山:弥太郎山 ~ 2020年11月21日
地元の里山:弥太郎山 ~ 2020年11月21日_f0170180_17463979.jpg


里山散歩ついでにキノコでもと思ったがキノコは少ししか見つからず。今年の自分はどうにも調子が悪い。早々と諦めて未踏の弥太郎山の頂上を目指した。踏み跡は見当たらないが山頂には祠があった。以前はお参りに来る人もいたのだろうが荒れている。麓の小さな集落から住民の姿が消えて久しいのだから無理もない。地形図には三角点が記されている。見当たらないのでしばらく探したが見つけることは出来なかった。すっかり葉を落とした林を風が吹き抜ける。傾き始めた陽に促されるようにして山を下った。途中ですっかり暗くなりヘッデンを点けて車へ戻った。


山域山名 弥太郎山 (816.2m)
山行期間 2020年11月21日(土)
山行形態 一般登山
天候 曇り時々晴れ
参加者 単独
行程 駐車地点13:50~弥太郎山15:55-16:04~駐車地点17:20
行動時間 3時間30分 移動距離 6.8km 累積標高差 ±705m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-11-25 20:43 | | Comments(0)
2020年 11月 08日
亘理地塁山地・七峰縦走路 ~ 2020年11月8日
亘理地塁山地・七峰縦走路 ~ 2020年11月8日_f0170180_23055512.jpg

今回歩いた小斎峠~鹿狼山は阿武隈山地に属する。阿武隈山地は宮城県南部から茨城県北部にかけて連なる山地で、大半は福島県内にあり北端は宮城県岩沼市の阿武隈川に接している。自分は呼称として阿武隈山地がなじんでいるが阿武隈高地が本来の様でもある。この阿武隈山地の中でも福島県新地町から太平洋岸沿いに阿武隈川まで南北に続く山々を亘理地塁山地と呼んでいる。亘理地塁山地のある地域は温暖で穏やかな気候で冬も比較的暖かい。ゆえに年中歩くことが出来るのだが秋の深まった11月から新緑のまぶしい5月頃までが特に登山適期と言えるだろう。その亘理地塁山地の中でも鹿狼山から小斎峠までの尾根道を七峰(ななうね)縦走路と言っている。標高300mほどの山が連なり北から金華山、音羽森、主義山、権現森、地蔵森、五社壇、鹿狼山と7つのピークを数える。縦走路はアップダウンの繰り返しで累積標高差は大きくなるので低山だからとなめてはいけない。



山域山名 阿武隈高地亘理地塁山地 金華山(235m) 音羽山(287.6m) 主義山(310m) 権現堂山(325m) 地蔵森(347.3m) 五社壇(383m) 鹿狼山 (429.3m)
山行期間 2020年11月8日(日)
山行形態 ハイキング
天候 晴れ
参加者 2人(L:トラ山・H田)
行程 小斎峠登山口(10:48)~金華山(10:56)~音羽山(11:13)~花嫁峠(11:21)~主義山(11:29)~権現堂山(11:51)~地蔵森(12:18)~福田峠(12:34)~五社壇(12:54-13:09)~鈴宇峠登山口(13:23)~鹿狼山(14:06)~鹿狼温泉登山口(14:24)
行動時間 3時間36分 移動距離 9.8km 累積標高差 +993m -1,013m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-11-08 22:10 | | Comments(4)
2020年 11月 07日
青麻山(40回目) ~ 2020年11月7日
青麻山(40回目) ~ 2020年11月7日_f0170180_19551316.jpg


山域山名 青麻山 (799.2m)
山行期間 2020年11月7日(日)
山行形態 トレーニング
天候 曇り
参加者 単独
行程 下別当登山口15:57~青麻山16:40~下別当登山口17:03
行動時間 1時間6分 移動距離 3.7km 累積標高差 ±492m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-11-07 23:59 | | Comments(4)
2020年 11月 06日
七ヶ宿・傾城森 ~ 2020年11月3日
七ヶ宿・傾城森 ~ 2020年11月3日_f0170180_22132453.jpg

山形からの帰り道すがら七ヶ宿町を通過中に国道からほど近い傾城森が目に入った。傾城森は登ってもあっけなく終わってしまいそうで、いつでも立ち寄れるという意識もあり登ったことが無かった。今日は帰りが早く時間に余裕があったこともあり良い機会なので登ってみることにした。傾城森は山伏森と隣り合わせにある小さな岩山であり、手前にあって国道からよく目立つ方が山伏森、その後ろというか南側が傾城森である。実は今回登ってみるまでなんとなく手前が傾城森だと思っていた。しかし案内板を見て手前は山伏森と初めて分かったという次第。見てのとおり登るといっても標高差は大したことはない。1~2時間の散策にちょうど良いくらいである。
※傾城とは絶世の美女のこと。君主が夢中になって国を城を傾けるほどの美人の意。日本では「遊女」の意味にも用いられ、近世では特に「太夫」を指した。



山域山名 傾城森 (416.7m)
山行期間 2020年11月3日(火)
山行形態 ハイキング
天候 晴れ
参加者 単独
行程 駐車場15:15~傾城森分岐15:30~傾城森15:33~林道周回して傾城森分岐戻り16:03~山伏森分岐16:12~山伏森16:16~駐車場16:27
行動時間 1時間12分 移動距離 3.5km 累積標高差 ±296m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-11-06 22:27 | | Comments(0)
2020年 10月 16日
長井葉山・白兎コースから昭和堰の周回 ~ 2020年10月14日
長井葉山・白兎コースから昭和堰の周回 ~ 2020年10月14日_f0170180_13075654.jpg

会長の和○さんが葉山(長井市)に登るというのでパーティーに加えてもらうようお願いした。自分はまだ葉山に登ったことがなかったのだ。山形県内に葉山と呼ばれる山は4つあるようだ。村山市、鶴岡市、上山市そして今回登る長井市の葉山だ。区別するために村山葉山、長井葉山(または置賜葉山)と地名を付けて呼ぶことも多い。なお葉山という名前は「端の山」が由来なのだという。長井葉山の山頂には葉山神社と奥の院があり、戦国時代に開かれた朝日軍道の始点が草岡登山口となっているなど歴史と信仰の山である。登山口は草岡の他に白兎と勧進代と3箇所でいずれも3時間台で山頂に至る。今回は白兎口から登り勧進代口へと下る予定である。


山域山名 葉山「長井葉山」(1,237m)
山行期間 2020年10月14日(水)
山行形態 一般登山
天候 曇り時々晴れ
参加者 4人(L:和◯・N井田・S木y・トラ山)
行程 葉山森林公園7:46~白兎登山口7:50~鉾立の水10:00~葉山山荘10:16~奥の院10:32,10:39~昭和堰入口11:52~勧進代分岐12:01-12:25~かんかね館跡分岐13:17~林道13:54~ゲート14:04~葉山森林公園14:28
行動時間 6時間42分 移動距離 13.1km 累積標高差 ±1,011m




続きはこちら

by torasan-819 | 2020-10-16 23:43 | | Comments(0)
2020年 10月 12日
安達太良山・和尚山からの周回 ~ 2020年10月11日
安達太良山・和尚山からの周回 ~ 2020年10月11日_f0170180_23384564.jpg

10月になりカラッと晴れが続くかと思いきや週末の天気のめぐりが悪い。今週末も台風の影響なので諦め気分だった。しかし予報では土曜日はダメだが日曜日は曇りとはいえ天気が持ちそうな山がある。吾妻も何とかなりそうなので縦走路を浄土平から谷地平の周回で歩いてみようと思った。K藤さんを誘い磐梯吾妻スカイラインを登っていくと天気が悪くなりだした。浄土平に着いたころには雨になりがっかりする。しばし待ったが止みそうにもない。仕方ないので転進することにした。移動時間も考えると範囲は限られる。会長に転進の連絡をして雨から逃げられる山のアドバイスを乞うた。その結果は安達太良山の和尚山に登れとの指示であり向かうことにした。



山域山名 和尚山(1,635m) 安達太良山(1,699.7m) 船明神(1,667m)
山行期間 2020年10月11日(日)
山行形態 一般登山
天候 曇り
参加者 2人(L:トラ山・K藤)
行程 銚子ヶ滝駐車場9:31~登山口9:41~石筵川渡渉点10:11~和尚山12:00-12:30~安達太良山13:25~沼尻分岐13:38~船明神山13:57~石筵分岐14:08~1,210m分岐15:17~銚子ヶ滝登山口16:08~銚子ヶ滝駐車場16:18
行動時間 6時間47分 移動距離 17.8km 累積標高差 ±1,298m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-10-12 18:15 | | Comments(0)
2020年 10月 09日
一切経山(シモフリ新道) ~ 2020年10月4日
一切経山(シモフリ新道) ~ 2020年10月4日_f0170180_13134270.jpg

これまで福島登高会では会として取り組む山行といえば、合宿と沢登り講習会くらいのものであり、あとはほとんどが個人山行であった。しかし、時代とともに会員も高齢化し取り巻く環境も変化している。特に今年は新型コロナという想定外の事態により、会員の山行も大きな制限を受けることとなり活動量が減少していた。制限も解除となり山登りに弾みをつけようと、これまでやったことのなかった月例山行を試験的に企画してみた。参加者は10名となったが30代から70代までと幅広い。毎週のように山歩きしている人にだいぶご無沙汰の人と様々だ。余裕のある計画が必要だがあまりにも普通の山では面白くない。会員でもまだ歩いた人が少ないシモフリ新道からの一切経山とした。



山域山名 吾妻山 一切経山(シモフリ新道)
山行期間 2020年10月4日(日)
山行形態 一般登山
天候 曇り
参加者 10名
行程 不動沢登山口7:20~賽河原7:54~不動沢徒渉点8:38~新道・駱駝尾根分岐9:28~駱駝山10:00~一切経山11:17~鎌沼・昼食12:18-12:54~浄土平13:44=不動沢登山口14:00
行動時間 6時間24分 移動距離 10.1km 累積標高差 +986m -554m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-10-09 18:56 | | Comments(0)
2020年 09月 20日
吾妻山神社 ~ 2020年9月19日
吾妻山神社 ~ 2020年9月19日_f0170180_03185500.jpg

吾妻山の地形図を見ると中吾妻山の西側に延びている道の北端に吾妻山神社とある。こんな山中深くにあることに興味をひかれ、いつか辿ってみたいと思っていたが、今回予定がぽっかりと空いたので急きょ歩いてみることにした。吾妻山神社についてはそこそこ記録があり、登山口までのアプローチは中津川レストハウスからと金堀地区の林道からとふた通りあることが分かった。金堀地区からの林道でアプローチすることにして向かうと、林道は伐採作業中で徒歩でも通れないということが分かり引き返すことになった。そういえば今日は土曜日だ。日曜日は作業がないので徒歩で通れるということだが、登山口までは林道のゲート手前に車を止めて小一時間の歩きとなるようだ。


山域山名 吾妻山神社
山行期間 2020年9月19日(土)
山行形態 一般登山
天候 曇り時々晴れ
参加者 単独
行程 中津川レストハウス10:44~登山口11:40~奥姥神13:49~奥の院14:11-14:30~奥姥神14:54~登山口16:23~中津川レストハウス17:00
行動時間 6時間16分 移動距離 15.0km 累積標高差 ±1,120m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-09-20 05:32 | | Comments(0)