<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018年 03月 30日
蔵王・杉ヶ峰 ~ 2018年3月27日
f0170180_07494713.jpg


実は24日の杉ヶ峰 ではまったくもって恥ずかしい失敗をしてしまった。杉ヶ峰へのピストンを終えてすみかわスキー場へ戻りザックを降ろした。スキーをキャリアに載せて装備を片付けながら、さてビーコンを外そうとホルダーを見ると納まっているはずのビーコンが無い。もう車に入れたかなとも思ったがそんな記憶はない。思い当たる節があり落としたのだと悟った。しばらく前にビーコンのストラップが切れてしまい、そのうち何か代用品を見つけて付け直さなければと思いつつ、まだそのままにしていたのだ。普通に歩いているだけならホルダーに納まっているビーコンが落ちることはない。しかし、何かの拍子にホルダーから抜け落ちる可能性はある。だからこそのストラップでもあるのだ。「落とす可能性のあるものはいつか必ず落とす」と常日頃から人にも話していた自分なので、これはかなり情けないことである。時間的に戻って探すこともできず、とりあえず帰るしかなかった。雪山で落し物をすれば発見はかなり困難だが、落としたビーコンは電波の発信を続けているので、別なビーコンで探知ができるだろう。探すなら天気が良くてトレースが残っている可能性の高いここ数日間だ。ビーコンの電池寿命は200時間程度とされているが、自分のビーコンは電池交換してから何日か使用しているので持っても150時間くらいだろう。いずれにしても助っ人が欲しい。K藤さんに話すと火曜日なら大丈夫とのこと。仕事も忙しいが何とか半日の時間をひねり出し捜索に向かうことにした。


山域山名   蔵王連峰 杉ヶ峰(1,744.7m)
山行期間   2018年3月27日(火)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     すみかわスキー場7:04~入山地点8:07~井戸沢8:25~金吹沢8:59~澄川9:13~杉ヶ峰10:42-11:05~岳樺沢出合11:26~
       金吹沢11:45~井戸沢12:09~観光道路12:25~すみかわスキー場12:43
行動時間   5時間39分
移動距離   12.0km
累積標高差  ±848m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-30 22:40 | 山スキー | Comments(0)
2018年 03月 29日
吾妻山・栂森(峠駅から大沢駅まで)~ 2018年3月25日
f0170180_01460500.jpg

25日の山スキーはK藤さんが都合により遅めの出発を希望。では近場にしようとお互いが考えたのが、偶然の一致で吾妻山の栂森コース。起点となる峠駅までは約55kmなのでギリギリ近場といえる。自分はこのコースを「東北山スキー100コース」で知ったのだが、いつかやろうと思ってそのままになっていた計画のひとつだった。JR奥羽本線の峠駅からスタートし、栂森に登って大沢駅に下山しJRで峠駅に戻る。もちろん逆コースもありうるが、大沢駅に下る方が標高差もあり滑りも楽しいようだ。「吾妻山の会」では毎年2月末の日曜日に一般参加募集もして実行しているようで、2010年に第50回を行ったということだから素晴らしい。


山域山名   吾妻山 栂森(1,628.2m)
山行期間   2018年3月25日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:K藤・K玉・トラ山)
行程     峠駅9:30-9:50~886m標高点10:31~1,133m標高点11:15~昼食12:05-12:25~小栂12:48~トラバース12:56-13:10~
       栂森13:45-14:10~大小屋川左俣14:37~吾妻山麓放牧場建屋15:16~大沢駅分岐15:43~大沢駅16:15-17:56=峠駅18:11
行動時間   6時間25分
移動距離   14.1km
累積標高差  +1,143m -1,322m




続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-29 23:41 | 山スキー | Comments(2)
2018年 03月 28日
蔵王・杉ヶ峰 ~ 2018年3月24日
f0170180_12274011.jpg

今週もまた金曜日は温泉泊なので土曜日は地元の蔵王で遊ぶことにした。近いので自宅に帰り準備してから向かっても問題ないのだ。目指すは杉ヶ峰とした。厳冬期に杉ヶ峰まで到達するのはなかなか難しい。しかし、3月も下旬になれば雪も締まり、天気も安定するので比較的容易になる。相方は今シーズンから山スキーを始めたM戸さん。回数を重ねてだいぶ慣れてきたのでお連れすることにした。予報では晴れで風も弱い絶好の山スキー日和のようだ。


山域山名   蔵王連峰 杉ヶ峰(1,744.7m) 前山(1,684m)
山行期間   2018年3月24日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・M戸)
行程     すみかわスキー場9:48~聖山平登山口10:40~井戸沢10:53~金吹沢11:36~前山12:37-13:07~杉ヶ峰13:28-13:40~
       岳樺沢出合14:00~金吹沢14:24~井戸沢14:52~観光道路15:12~すみかわスキー場15:31
行動時間   5時間43分
移動距離   11.9km
累積標高差  ±811m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-28 23:41 | 山スキー | Comments(7)
2018年 03月 24日
蔵王・前烏帽子岳 ~ 2018年3月17日
f0170180_22140961.jpg



山域山名   蔵王連峰 前烏帽子岳(1,432m)
山行期間   2018年3月17日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:K藤・トラ山)
行程     蔵王観測所10:28~林道から斜面取り付き10:48~1,104m標高点12:07~前烏帽子岳13:05-13:40~蔵王観測所14:16
行動時間   3時間48分
移動距離   5.9km
累積標高差  ±752m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-24 16:02 | 山スキー | Comments(4)
2018年 03月 18日
吾妻山・五色温泉からの高山下り ~ 2018年3月11日
f0170180_22014665.jpg


吾妻には日本で最も古い時代に開かれたツアールートがある。いわゆるクラシックルートというものだ。スキーが山を歩く道具そのものだった頃から、数十年前まではよく歩かれていたのだと思う。しかし、今となってはほとんど歩く人もいなくなってしまい、忘れ去られつつあるルートなのだ。自分はそんなルートを歩くことにこだわっている。単なるノスタルジックなのかもしれないが、無くなってしまうのが惜しいと思うのだ。今回は以前から考えていた五色温泉からの高山下りを歩いてみることにした。縦走になるので相方かサポートがないと難しいのだが、今回はM崎さんが相方になってくれたのでトライすることができた。


山域山名   吾妻山 五色温泉~高山下り
山行期間   2018年3月11日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れのち曇り
参加者    2人(L:トラ山・M崎)
行程     五色温泉5:25~四郎右ェ門沢7:21~東海大緑樹山荘8:30~家形山避難小屋9:40~五色沼コル10:06-10:18~
       一切経山西側コル11:03~鎌沼横断11:30-11:40~昼食11:42-12:00~スカイライン12:23~鳥子平12:36~
       高山13:26-13:36~細尾根(フンドシ)14:11~林道14:35~十字路14:53~駐車地点15:07
行動時間   9時間42分
移動距離   22.3km
累積標高差  +1,524m -1,764m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-18 06:22 | 山スキー | Comments(2)
2018年 03月 11日
蔵王・不忘山(権現沢・コガ沢) ~ 2018年3月4日
f0170180_22061801.jpg

3月4日(日)は12時までに帰宅という制約があり、地元の不忘山に登ることにした。こんな時はもちろん単独だ。ただピストンするだけでは面白くないので、権現沢源頭の滑降とコガ沢の状況確認を目的にすることにした。白石スキー場の駐車場は朝早いのに続々車が来るので聞いてみると、今日はアルペン大会とのことで納得。センターハウスはまだスタッフがいないが、カウンターに登山届を置いてスタートする。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705.3m)
山行期間   2018年3月4日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    単独
行程     白石スキー場6:42~ゲレンデトップ7:15~不忘山8:50~権現沢源頭滑降(2回)9:18-9:52~コガ沢出合10:18~
       950m地点10:50~白石スキー場11:13
行動時間   4時間31分
移動距離   9.5km
累積標高差  ±1,085m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-11 00:00 | 山スキー | Comments(0)
2018年 03月 07日
今季2回目の西吾妻山・若女平コース ~ 2018年3月3日
f0170180_16150703.jpg


このところ仕事で帰宅が遅い日が続いていた。自分で言うのもなんだが、これでも結構仕事人間だったりする。忙しくなっても、休日も午前は山で午後から仕事というように工夫して山に登った。山に登ればストレス発散して気分一新、仕事に取り組む気力も蘇ってくるのだ。しかし、この頃は気疲れする仕事も多くなり、土曜日は休みたいと思うことが多くなったのも事実だ。3月3日の土曜日は久しぶりにゆっくり休もうかとも思ったが、やはりじっとしていられない。会長が吾妻山の若女平下りを計画していたので、加えてもらうことにした。自分で計画してメンバーをまとめるのは時間もかかるので助かる。若女平は今年2回目になるが、1回目の1月13日は底なしのような深雪に苦労し、ヘッデンを点けて午後8時半過ぎにやっと下山した。その時大変な苦労をしたK玉さんも今回参加するのだが、3月ともなるとさすがに雪は締まっているので大丈夫だろう。


山域山名   吾妻連峰 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
山行期間   2018年3月3日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    6人(L:和◯・S藤・N井田・F田・K玉・トラ山)
行程     天元台湯元駅8:26-8:40=しゃくなげリフト終点9:07-9:15~ゲレンデトップ9:50~凡天岩10:38~西吾妻山10:56~
       西吾妻小屋11:19-11:49~若女平13:03~細尾根13:20~小坂13:42~西吾妻スカイバレー14:14
行動時間   4時間59分
移動距離   9.2km
累積標高差  +456m -1,226m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-07 07:33 | 山スキー | Comments(0)