人気ブログランキング |
<   2019年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2019年 07月 31日
蔵王・コガ沢黒滝沢 ~ 2019年7月28日
f0170180_00051448.jpg

事情により遠出ができない5日は地元のコガ沢にした。コガ沢を詰め上げれば南屏風岳だが、今回は枝沢の黒滝沢に入ることにした。黒滝沢はそのうちにと思いながら未遡行だった沢だ。ほとんど記録の無い沢で、登山大系には出合の滝が10mと記載されているだけで説明文は無い。仙台YMCA山岳会の古い会報にはあるかもしれないが、そこまで調査することもないだろう。小さい沢で行程も短いし事前情報が無いほうが沢登りは楽しめる。なお沢登りではないが、昨年2月には雪に埋もれた黒滝沢をスキーで途中まで登っている。



山域山名   蔵王 コガ沢・黒滝沢
山行期間   2019年7月28日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    4人(L:トラ山・N山・F井・H田)
行程     スキー場5:24~入渓6:07~5mナメ滝6:37~権現沢出合7:20-7:40~10mナメ滝8:07~8m滝9:06~滝沢出合9:52~
       黒滝沢出合9:56~登山道11:34-11:48~水引入道12:02~無名沢12:20~コガ沢出合13:40~スキー場15:00
行動時間   9時間36分
移動距離   9.1km
標高     最低点840m 最高点1,656m
装備     ロープ50m×1・20m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-31 13:06 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 24日
吾妻・大滝沢 ~ 2019年7月21日
f0170180_22590730.jpg

7日の会主催の沢登り講習会は中止となったので、その代わりというわけではないが大滝沢の沢登りを計画した。11人パーティーとなったが、今シーズン初沢登りの者多数、初心者数名、まったく初めてが1人という構成である。自分としても大滝沢は4年前に遡行して以来なので久しぶりということになる。事前情報では我々以外にも他会など少なくとも3パーティーが入渓するようで、いずれも講習会または初心者トレーニングのようだ。そのため駐車場所はいつもの場所でなく滑川橋の数百m手前の空き地とした。


山域山名   吾妻山・阿武隈川松川流域前川支流 大滝沢
山行期間   2019年7月21日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    11人(L:トラ山・N井田・T甲・N山・W井・S木k・S木y・T内・О島・F井・K東)
行程     駐車地点7:47~入渓7:53~F1(15m)8:15-9:00~滑川大滝9:36-9:50~大滝落ち口10:25~ネコノ沢出合11:07~
       ホラガイ沢出合11:44~ヒョングリ滝12:25-12:35~登山道12:45-13:00~駐車地点14:09
行動時間   6時間22分
移動距離   6.5km
標高     最低点815m 最高点1,225m
装備     ロープ30m×3



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-24 19:34 | 沢登り | Comments(4)
2019年 07月 24日
安達太良山・杉田川 ~ 2019年7月13日
f0170180_07563324.jpg



山域山名   安達太良山 阿武隈川支流杉田川
山行期間   2019年7月13日(土)
山行形態   沢登り
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・N山・W部)
行程     駐車場9:21~遠藤ヶ滝9:41~二条8m滝11:44-12:07~1060m二俣12:46~2段8m滝12:59-13:40~
       遡行終了点(1,180m)13:52~仙女平14:11~駐車場15:07
行動時間   5時間46分
移動距離   8.0km
標高     最低点672m 最高点1,220m
装備     ロープ30m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-24 07:57 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 23日
蔵王・後烏帽子岳 ~ 2019年7月20日
f0170180_07212524.jpg



山域山名   蔵王・後烏帽子岳(1,681m)
山行期間   2019年7月20日(土)
山行形態   トレーニング
天候     雨
参加者    単独
行程     小阿寺沢登山口10:57~前烏帽子岳12:40~後烏帽子岳13:23~秋山沢登山口14:44~神嶺林道~小阿寺沢登山口15:15
行動時間   4時間18分
移動距離   11.1km
累積標高差  ±1,048m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-23 07:27 | | Comments(0)
2019年 07月 11日
蔵王・不忘山 ~ 2019年7月11日
f0170180_22074603.jpg

トレーニングで不忘山へ。予想したとおり山頂は晴れていた。すがすがしい朝の不忘山からの眺めを独り占めする。山頂に10分ほど滞在したのち下山にかかる。走れるところは駆け下る。平日の早朝ということもあり誰にも会わずに登山口に戻る。さて帰宅して出勤だ。



山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2019年7月11日(木)
山行形態   トレーニング
天候     曇り(山頂晴れ)
参加者    単独
行程     硯石登山口4:26~不忘山5:59-6:09~硯石登山口7:00
行動時間   2時間34分
移動距離   7.8km
累積標高差  ±995m




その他の画像

by torasan-819 | 2019-07-11 18:50 | | Comments(4)
2019年 07月 07日
蔵王・小阿寺沢 ~ 2019年7月7日
f0170180_21001908.jpg

7日は福島登高会で沢登り講習会を吾妻の大滝沢で計画していた。前日から6人で滑川温泉に泊まり(湯治部屋だが)準備万端参加者を迎える手はずだった。しかし土曜日午後から降り出した雨が止まない。結局夜通し降り続けて日曜日の朝になっても時折雨脚が強くなるほどだった。いわゆる「やませ」の影響であり、奥羽山脈の太平洋側は冷たい風が吹き付け山間部では雨となるのだ。大滝沢の状況はといえば当然ながらかなり増水している。とても初心者対象の沢登り講習会が出来る状況ではないということで中止となった。ちなみに同じ吾妻でも山形側は雨も降らずに沢も穏やかだったようだ。現地解散となったが自分は今年初の沢登りと思っていたので残念至極。諦めきれないので地元の蔵王で沢登りをすることにした。小阿寺沢なら何度も遡行しているので勝手が分かる。少々増水していても遡行可能と考えた。相方は同じ市内のN山さんで沢登りは今日が初めて。とはいえ山スキーで何度も一緒に滑っているので、N山さんの身体能力の高さは分かっている。



山域山名   蔵王・小阿寺沢
山行期間   2019年7月7日(日)
山行形態   沢登り
天候     雨
参加者    2人(L:トラ山・N山)
行程     登山口10:10~入渓10:21~F1(10m)10:41~F3(2段15m)11:18~F4(7m)12:06~F6(6m)12:56~
       枝沢出合13:03~10m滝13:25~管理道13:42~スキー場ゲレンデ14:00~登山口14:50
行動時間   4時間40分
移動距離   6.7kⅿ
標高     最低点629m 最高点1,193m
装備     ロープ 30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-07 22:54 | 沢登り | Comments(6)
2019年 07月 03日
蔵王・水引入道 ~ 2019年7月3日
f0170180_22552519.jpg


山域山名   蔵王連峰 水引入道(1,656m)
山行期間   2019年7月3日(水)
山行形態   トレーニング
天候     曇り時々晴れ
参加者    単独
行程     ジャンボリーコース登山口4:53~大日向6:11~水引入道山頂6:17-6:25~ジャンボリーコース登山口7:08
行動時間   2時間15分
移動距離   7.4km
累積標高差  ±820m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-07-03 22:56 | | Comments(4)
2019年 07月 02日
蔵王・ 不忘山 ~ 2019年7月2日
f0170180_18351633.jpg

朝のうちは晴れる予報だったと思ったがハズレた。しかし、どんより雲に覆われた山登りはある意味トレーニングには適している。山頂までの所要時間は、登りながら自分の感覚で想定したタイムより10分程余計にかかった。このくらいで登れるだろうとの見込みと現実とのギャップがあるのだ。タカネバラやミネウスユキソウの画像を撮りながら下山した。



山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2019年7月2日(火)
山行形態   トレーニング
天候     曇り
参加者    単独
行程     硯石登山口4:31~不忘山6:10~硯石登山口7:12
行動時間   2時間41分
移動距離   7.6km
累積標高差  ±1,007m



f0170180_22033420.jpg


by torasan-819 | 2019-07-02 07:51 | | Comments(0)