2018年 05月 04日
蔵王・熊野岳東面 ~ 2018年4月30日
f0170180_00364531.jpg

蔵王は樹氷のイメージなどで多雪の印象があるかもしれないが、宮城県側は太平洋側気候となり月山や鳥海山などの日本海側の山からすればかなり少ない。さらに、今年はどこもそうだが雪解けが早い。山スキーシーズンも例年より早く終了となりそうだ。もう無理かとも思われたが、3日前にF井さんが滑ったとの情報を得て、熊野岳の東面を滑ってみることにした。刈田駐車場ではあまりの雪の少なさに帰ろうかと一瞬思ったくらいだが、気を取り直してスタートした。当然、途中から板を担いで雪渓上端に到達。スキーの跡が残っており、午前中に複数の先行者がいたらしい。丸山沢の上まで滑り降りてから左へトラバースし、東面の大きな天然ゲレンデ上端に出る。駒草平の観光客が小さく見え、同じ蔵王でもあちらとこちらの違いに何やらおかしくなる。蔵王での今シーズン最後となるであろう滑降なので、ターンをひとつひとつ丁寧にしながら滑り降りる。時間があればもう1本と行きたいが、午後スタートではそれもかなわない。シールを貼って登り始めると、2日間の鳥海山ツアーの疲れを感じる。ペースを落としてゆっくりと登り返すことにした。


山域山名   蔵王・熊野岳(1,841m)東面
山行期間   2018年4月30日(月)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ
参加者    単独
行程     刈田駐車場12:30~雪渓上端13:33~1,410m地点13:46-13:54~雪渓上端15:09~刈田駐車場15:50
行動時間   3時間20分
移動距離   6.8km
累積標高差  ±633m



# by torasan-819 | 2018-05-04 23:28 | 山スキー | Comments(0)
2018年 05月 03日
鳥海山・中島台ルート(北面滑降) ~ 2018年4月29日
f0170180_21335557.jpg

鳥海山の山スキーでの日帰りピストンとしては、中島台ルートが最長となるだろう。鳥海山はどこから登っても印象的な景観なのだが、中島台から千蛇谷を通り新山へ至るルートは特に素晴らしいと感じる。自分は6年前に一度中島台ルートをやったことがあるが、それ以来久しぶりのトライとなる。その時も北面を滑ったので今回も条件が良ければ滑ってみようと考えた。メンバーは5年前に一緒に北面を滑ったことのあるsharizakaさんと近頃成長著しいО島との3人である。


山域山名   鳥海山 新山(2,236m)
山行期間   2018年4月29日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    3人(L:トラ山・О島・sharizaka)
行程     中島台レクリエーションの森5:00~あがりこ大王5:32~スキー歩行開始5:55~750m地点6:22~七五三掛付近10:00~
       新山山頂11:32-11:53~赤川右俣源頭12:18~750m地点13:04~中島台レクリエーションの森14:00
行動時間   9時間
移動距離   20.1km
累積標高差  ±1,840m




続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-05-03 23:55 | 山スキー | Comments(4)
2018年 05月 02日
鳥海山・吹浦口から笙ガ岳へ ~ 2018年4月28日
f0170180_13051361.jpg


山域山名   鳥海山 笙ガ岳(1,635m)
山行期間   2018年4月28日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・О島)
行程     大平登山口12:25~笙ガ岳Ⅲ峰13:56~Ⅱ峰14:04~鳥海湖15:00~大平登山口15:57
行動時間   3時間32分
移動距離   8.9km
累積標高差  ±915m




続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-05-02 01:11 | 山スキー | Comments(0)
2018年 05月 01日
山スキー記事作成中
f0170180_13331730.jpg
以下の山スキーについて記事を作成中ですが、忙しくて全然追いつかない状況です。順次アップしますが少々時間がかかりそうです。

月山・肘折ツアー ~ 2018年4月22日

鳥海山・笙ガ岳 ~ 2018年4月28日

鳥海山・中島台からの北面滑降 ~ 2018年4月29日



# by torasan-819 | 2018-05-01 00:34 | Comments(0)
2018年 04月 25日
月山肘折ツアー ~ 2018年4月22日
f0170180_01315496.jpg

今年の月山肘折ツアーは15日に予定していたが、天候が芳しくないため1週間延期し22日に行うこととした。日程変更によりメンバーの都合により7人パーティーが5人となってしまったが致し方ない。ロングルートを多人数のパーティーなので、天候の判断はツアーの成否に直結するからだ。小屋などを利用して2日間でのツアーという考えもあるが、自分は軽装によるワンデイツアーがすっきりしていて好みなので、初めてツアーを行った2013年以来のやり方だ。実際に15日は雨模様だったので延期の判断は正しかった。22日に延期したことにより少し計画を変更した部分がある。今年は月山スキー場のリフトが雪の影響か1基傾いていて修復工事中であり、28日までは使えないのでリフト分を自分の足で登ることになる。問題は4月下旬まで夜間閉鎖(19時~7時)となる志津温泉のゲートから姥沢駐車場までをどう解決(姥沢駐車場に車で上がるとツアー後に回収できなくなる)するかだが、昨年のようなヒッチハイク作戦はスキー場がオープンしていないのであまり期待できない。そのため15日の計画では全員がジャンボタクシーで上がろうと考えていたが、延期したことにより考えを変えた。志津温泉のゲート前から歩いてしまうことにしたのだ。このためさらに距離と標高差が追加され、リフトが利用出来る場合と比べると距離で5.1キロ、標高で実に770mのプラスとなり、この部分だけでも半日ルートほどのボリュームがある。参加メンバーの体力について考えてみたが、月山越えまでの登りでペースを抑えぎみにすれば大丈夫だろうと判断した。無茶と挑戦の狭間に可能性の糸を繋いでいく脳内トレースは、ツアー責任者として楽しくも緊張感のある作業である。


山域山名   月山(1,984m) 小岳(1,226m) 大森山(791.2m)
山行期間   2018年4月22日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    5人(L:トラ山・S木・W井・U井・M崎)
行程     志津5:30~ネイチャーセンター6:00~標高1,250m地点7:13-7:25~リフト上駅8:02-8:08~月山9:52-10:15~
       千本桜10:28~清川橋10:58-11:30~念仏ヶ原避難小屋12:15-12:25~小岳13:20-13:31~赤沢川二俣13:43~
       ネコマタ沢源頭14:13~大森山コル15:13~大森山頂15:46-16:10~林道16:33~朝日台17:10~小学校跡17:30
行動時間   12時間
移動距離   25.2km
累積標高差  +1,894m -2,303m
参考データ  肘折積雪深112cm(4月21日アメダス)



続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-04-25 04:37 | 山スキー | Comments(13)
2018年 04月 14日
湯殿山(姥ヶ岳経由の周回ルート)~ 2018年4月14日
f0170180_05323635.jpg

この週末は全国的に春の嵐との予報で、東北では土曜日夜から日曜日いっぱい強風となるらしい。そのため15日に予定していた月山肘折ツアーは翌週に延期することにした。14日も微妙な予報だったが、山は行ってみなければ分からないということで湯殿山に向かうことにした。朝から晴れていたので期待しながら高速を走っていると、月山がくっきりと見えてきたのでテンションが上がる。いずれ曇ってくるとは思うが、今日はガスがかからず持ってくれればいいと祈るような気持ちだ。


山域山名   月山 姥ヶ岳(1,670.1m) 金姥(1,688m) 湯殿山(1,500m)
山行期間   2018年4月14日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    4人(L:トラ山・О島・K藤・F井)
行程     ネイチャーセンター7:45-8:06~標高1,250m地点9:25~姥ヶ岳10:17-10-33~金姥10:40-10:50~昼食11:20-11:44~
       湯殿山12:20-12:31~ネイチャーセンター13:00
行動時間   4時間54分
移動距離   10.6km
累積標高差  ±1,146m



続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-04-14 20:45 | 山スキー | Comments(0)
2018年 04月 13日
蔵王・不忘山 ~ 2018年4月8日
f0170180_00025500.jpg

8日の予報では山の天気はあまり良くなかったが、山仲間から山スキーのオファーがあり行くことになった。ただし、所用のため午後2時には帰宅したいのであまり選択の余地はない。結局、時間の読める近場の不忘山に登ることにした。今シーズンは不忘山への山行が多いのだが、自宅から近いこともあり半日で山頂ピストンが可能なことも理由になっている。



山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2018年4月8日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ・上部ガス
参加者    3人(L:トラ山・N井田・W井)
行程     白石スキー場8:33~ゲレンデトップ9:18~不忘山11:10-11:16~ゲレンデトップ12:02~白石スキー場12:19
行動時間   3時間46分
移動距離   7.4km
累積標高差  ±867m



続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-04-13 22:06 | 山スキー | Comments(0)
2018年 04月 11日
南蔵王スキー縦走 ~ 2018年3月31日


f0170180_11214445.jpg


山域山名   南蔵王縦走 前山(1,684m) 杉ヶ峰(1,744.7m) 屏風岳(1,825m) 南屏風岳(1,810m) 不忘山(1,705m)
山行期間   2018年3月31日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    9人(白峰会8人・トラ山)
行程     すみかわスキー場8:30-8:48~ゲレンデトップ9:30~南蔵王縦走路口10:26~前山11:12~杉ヶ峰11:35~
       昼食12:02-12:25~屏風岳12:55~南屏風岳13:38~不忘山14:07~ゲレンデトップ14:37~白石スキー場14:45
行動時間   5時間57分
移動距離   15.3km
累積標高差  +1,074m -1,344m




続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-04-11 01:59 | 山スキー | Comments(0)
2018年 03月 30日
蔵王・杉ヶ峰 ~ 2018年3月27日
f0170180_07494713.jpg


実は24日の杉ヶ峰 ではまったくもって恥ずかしい失敗をしてしまった。杉ヶ峰へのピストンを終えてすみかわスキー場へ戻りザックを降ろした。スキーをキャリアに載せて装備を片付けながら、さてビーコンを外そうとホルダーを見ると納まっているはずのビーコンが無い。もう車に入れたかなとも思ったがそんな記憶はない。思い当たる節があり落としたのだと悟った。しばらく前にビーコンのストラップが切れてしまい、そのうち何か代用品を見つけて付け直さなければと思いつつ、まだそのままにしていたのだ。普通に歩いているだけならホルダーに納まっているビーコンが落ちることはない。しかし、何かの拍子にホルダーから抜け落ちる可能性はある。だからこそのストラップでもあるのだ。「落とす可能性のあるものはいつか必ず落とす」と常日頃から人にも話していた自分なので、これはかなり情けないことである。時間的に戻って探すこともできず、とりあえず帰るしかなかった。雪山で落し物をすれば発見はかなり困難だが、落としたビーコンは電波の発信を続けているので、別なビーコンで探知ができるだろう。探すなら天気が良くてトレースが残っている可能性の高いここ数日間だ。ビーコンの電池寿命は200時間程度とされているが、自分のビーコンは電池交換してから何日か使用しているので持っても150時間くらいだろう。いずれにしても助っ人が欲しい。K藤さんに話すと火曜日なら大丈夫とのこと。仕事も忙しいが何とか半日の時間をひねり出し捜索に向かうことにした。


山域山名   蔵王連峰 杉ヶ峰(1,744.7m)
山行期間   2018年3月27日(火)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     すみかわスキー場7:04~入山地点8:07~井戸沢8:25~金吹沢8:59~澄川9:13~杉ヶ峰10:42-11:05~岳樺沢出合11:26~
       金吹沢11:45~井戸沢12:09~観光道路12:25~すみかわスキー場12:43
行動時間   5時間39分
移動距離   12.0km
累積標高差  ±848m



続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-03-30 22:40 | 山スキー | Comments(0)
2018年 03月 29日
吾妻山・栂森(峠駅から大沢駅まで)~ 2018年3月25日
f0170180_01460500.jpg

25日の山スキーはK藤さんが都合により遅めの出発を希望。では近場にしようとお互いが考えたのが、偶然の一致で吾妻山の栂森コース。起点となる峠駅までは約55kmなのでギリギリ近場といえる。自分はこのコースを「東北山スキー100コース」で知ったのだが、いつかやろうと思ってそのままになっていた計画のひとつだった。JR奥羽本線の峠駅からスタートし、栂森に登って大沢駅に下山しJRで峠駅に戻る。もちろん逆コースもありうるが、大沢駅に下る方が標高差もあり滑りも楽しいようだ。「吾妻山の会」では毎年2月末の日曜日に一般参加募集もして実行しているようで、2010年に第50回を行ったということだから素晴らしい。


山域山名   吾妻山 栂森(1,628.2m)
山行期間   2018年3月25日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:K藤・K玉・トラ山)
行程     峠駅9:30-9:50~886m標高点10:31~1,133m標高点11:15~昼食12:05-12:25~小栂12:48~トラバース12:56-13:10~
       栂森13:45-14:10~大小屋川左俣14:37~吾妻山麓放牧場建屋15:16~大沢駅分岐15:43~大沢駅16:15-17:56=峠駅18:11
行動時間   6時間25分
移動距離   14.1km
累積標高差  +1,143m -1,322m




続きはこちら

# by torasan-819 | 2018-03-29 23:41 | 山スキー | Comments(2)