2009年 10月 13日
懐かしの紅玉
オイラは福島にちょくちょく行くのだが、その時によく「フルーツライン」を通る。
フルーツラインとは…「福島市の西側に広がる吾妻連峰の麓を走る、約14kmにわたる道の愛称。この区間には果物畑が広がり、販売店や果物狩りができる観光果樹園が数多く並んでいる。」なのだ。
季節により、サクランボに始まり、もも、なし、ぶどう、りんごが栽培されている。
直売所も多いのだが、オイラはそんなまともな値段の所では買わない。
少々形が悪かったり傷が付いている物を沿道の無人販売所で売っているので、いつもそれを買う。
値段は一袋おおむね200~300円だが、なかには100円というのもある。
この時期りんごは既に結構食べているのであまり買う気もなかったのだが…
一昨日通るとなんと紅玉の看板があったではないか!
オイラが子供の頃はりんごというと紅玉が多かった。
その他にはスターキングとか国光とか。
若い人にはわからないと思うけど(笑)
あの頃の紅玉は他のりんごより酸味が強い印象だった。
時代と共に甘みの強いりんごが好まれるようになり、店頭から紅玉は姿を消したかに見えた。
オイラにはいつしか紅玉が食べたいという恋心にも近い思いが募っていた(笑)
そしたら無人販売所にあったんだね~
すかさず買いましたよ。
さっそく食べたら懐かしい甘酸っぱい味わいが口の中に広がり、大げさだが涙が出そうだった。
子供の頃の味覚は一生物だというけど、オイラにとってりんごの味の原点は紅玉なんだということを実感した。
ところでこの紅玉が無人販売所でいくらで売っていたかというと、1袋200円だがなんと8個でなのだ。
1個あたり25円は、いいのこの値段で?と言いたくなる安さじゃないか。
また買わせていただきま~す。
f0170180_20244392.jpg


もう1枚

# by torasan-819 | 2009-10-13 20:25 | 食いもん | Comments(2)
2009年 10月 11日
沢登り・権現沢 ~ 2009年10月10日
10月10日に宮城県山岳連盟60周年南蔵王集中登山という行事があった。
7コースの登山者が不忘山で集合するというものだ。
うち2コースは沢登りで、コガ沢コースと権現沢コース。
オイラは権現沢コースに参加させてもらった。

聖山平コースには登山家の田部井淳子さんがゲストとして招かれていたので人気だったらしい。
でもこの時期沢シーズンは終わりに近いせいか、権現沢コース10名募集で参加は計4人。
まあ人数が少なければサクサク登れるからいいかもしれない。

6:45頃白石スキー場から出発。
天気が良いのが嬉しい。
f0170180_755033.jpg


続きはこちら

# by torasan-819 | 2009-10-11 07:55 | 沢登り | Comments(4)
2009年 10月 09日
オヤジでもできる?ボルダリング
今日は仙台にあるビーナッツというクライミングジムでボルダリング(の真似事)をやってきた。
ボルダリング(Bouldering)とは「フリークライミングの一種で2mから4m程度の岩や人口壁を確保無しで登るスポーツ」ということだ。
必要な道具はクライミングシューズくらいなもので、非常にシンプルなスポーツだ。
実際にやってみると、オイラの場合どうしても腕力に頼りがちになってしまう。
しかしそれではすぐに腕がパンパンになって登れなくなる。
なかなか難しいがそれがまた面白い。
若者がほとんどのボルダリングだがオヤジがやってもいいと思う。
いやオヤジこそやるべきだ(ととりあえず言い切ってみる)。
日々少しずつだが低下していく身体機能をなるべく長く維持するため、中高年にこそ全身運動のボルダリングはいいかもしれない。
ちなみに画像に写っているのはオイラではありません(笑)
f0170180_23491983.jpg


# by torasan-819 | 2009-10-09 23:50 | その他 | Comments(2)
2009年 10月 04日
クライミング講習会
福島市にある「あづま総合運動公園」には、高さ12mのフリークライミング用ウォールがある。
この施設を利用するには、グループのうち最低一人は認定証を持っていなければならない。
4日(日)はその認定証を取るためのクライミング講習会に行ってきた。


12mというとそれ程でもないと思っていたが、実際にボードを見上げると思ったより高く感じる。
向かって右半分のボードの方が難度が高い。
f0170180_21182197.jpg


続きはこちら

# by torasan-819 | 2009-10-04 21:02 | その他 | Comments(10)
2009年 10月 01日
むかご
ナガイモに「むかご」ができた。
さっそく取ってむかごご飯にした。
秋の味覚のひとつ。
f0170180_32938.jpg

f0170180_353985.jpg


# by torasan-819 | 2009-10-01 03:03 | 食いもん | Comments(2)
2009年 09月 29日
稲刈り
26日(土)と27日(日)は我が家の稲刈り。
刈るのにはコンバインなんて使わない…というか持って無い(笑)
バインダーで刈って天日乾燥。
コンバインとは乗ったまま稲刈りをしてそのまま脱穀までやってしまう便利な機械。
バインダーは刈って束ねるだけの機械で歩いて操る。
圧倒的にコンバインのほうが労力は少なくてすむ。
しかし値段も圧倒的にコンバインは高いのだからして、小規模農家では買えないというか買ったら大赤字。
手間はかかるが田んぼが小さい我が家はバインダーでも何とか家族だけでやれる。
バインダーで刈った場合は必然的に天日乾燥になる。
お日様をたっぷり吸った米は美味しい(とよく言われる)。
でも大事な労働力のオイラのオヤジ(75歳!)が体調不良で作業があまりできなかった。
そのオヤジが月曜日に医者に行ったら肺炎といわれてそのまま入院してしまった(笑)
いや笑い事じゃないか。
ん~来年はあてにできないかもしれない。
かといってオイラが勤めのかたわらできるのか?
悩む…

頭をたれる稲穂
f0170180_23174427.jpg

子供もできちゃうバインダー
f0170180_23183136.jpg

刈った稲は’くいがけ’で乾燥させる
f0170180_2318438.jpg


# by torasan-819 | 2009-09-29 23:18 | その他 | Comments(6)
2009年 09月 21日
吾妻塩ノ川で沢登り ~ 2009年9月20日
20日は吾妻山域の塩ノ川で沢登り。
この沢は全部遡行すると2日間かかるが、この日は上半分を遡行する予定だ。
メンバーは既に何度か沢を共にしているIさん、Kさん、Sさんと悪友?のYさんとオイラの5人。
スピーディーに沢登りをするには5人くらいまでがいいという。
人数が多くなると、どうしても時間がかかりアクシデントの確率も高くなる。
沢に限らず山ではスピードが大事な要素になる場合が多い。

塩ノ川の遡行記録はあまり無く、事前にネットで調べたが4つしか見つけられなかった。
しかし今日のリーダーのIさんはなんと40年以上前、18歳の時にも登っているという。
どんな沢も遡行記録があろうとなかろうと、日本の沢のほとんどは人が踏み込んでいるのだろう。
古来より狩猟や山頂に至るルートの一つとして、山の民は生活の中で利用してきたに違いない。
沢登りをしていると、楽しくて沢を登っているだけのオイラでも、たまにはそんなことも考える。

昨日の内に遡行終了点の浄土平に車をデポしテント泊していた班と合流。
車を1台にして遡行開始点の近くまで、作業道のような細い道を進む。
行き止まりに車を停め、そこから歩いて16分ほどで塩ノ川に出た。
f0170180_17195568.jpg


続きはこちら

# by torasan-819 | 2009-09-21 15:26 | 沢登り | Comments(8)
2009年 09月 18日
沢登り~ミテノ沢
9月13日は秋田県の三ツ又温泉からの帰り道すがら、鳴子温泉鬼首地区のミテノ沢に登った。
ミテノ沢は宮城県と秋田県の県境にある須金岳にある沢の一つだ。
この沢はあちこちネットで沢の情報を探していて偶然見つけた。
しかし、1/25,000地形図でも水線が表現されていない小沢で、地形図に表記のある寒湯沢の支沢になるようだ。
ネット上でも遡行記録が3つ(しかもうち2つは同パーティーの2人がそれぞれ書いていた)しか見つからなかった。

寒湯沢沿いの林道を入り、須金岳登山口を目指す。
看板によると寒湯沢は「ぬるゆさわ」と読むらしい。
f0170180_6342257.jpg


ここから続きをどうぞ

# by torasan-819 | 2009-09-18 06:43 | 沢登り | Comments(2)
2009年 09月 15日
沢登り 姥滝沢 ~ 2009年9月7日
7日(月)は吾妻山域にある姥滝沢に登った。
ブログが縁でお世話になることになったHさんのパーティーは男女2名ずつの計4名。
そこへオイラと遊び仲間のYさんの2名をゲストとして参加させてもらったので、6人のパーティーとなった。

オイラもYさんも姥滝沢は初めて。
微温湯(ぬるゆ)温泉から出発し20分ほどで入渓となる。
f0170180_12215269.jpg


続きはこちらです~

# by torasan-819 | 2009-09-15 02:49 | 沢登り | Comments(6)
2009年 09月 11日
木の実いろいろ
平地より一足先に秋になった山では、高山植物の実がなっている。
6日と7日の沢登りで、ガンコウラン、クロマメノキ、シラタマノキ、ムシカリの実を見つけることができた。


ガンコウランは高山に生育する低木で、紫黒色の甘酸っぱい実がなる。
この実を食べられるのは、この時期山登りする者の楽しみでもある。
名前にランがついているが、蘭とはまったく違う種類の植物。
f0170180_2320527.jpg


他の画像

# by torasan-819 | 2009-09-11 23:06 | 植物 | Comments(2)