人気ブログランキング |
タグ:コシアブラ ( 5 ) タグの人気記事

2016年 05月 04日
タラノメ・コシアブラ・ハリギリ・シドケ ~ 2016年5月3日
f0170180_23505737.jpg

5月3日午後、いつものポイントで山菜採り。10日前に偵察したときはまだだったが、今日来てみると既に数日前に採り頃だったようだ。しかも、他の山菜ハンターにあらかた採られていた。それでも、採り残しやタラノキが大きくて採ることができなかったものが結構ある。タラノメの次はコシアブラだが、これも採り頃を少し過ぎたようで、大きくなってしまい葉が開いたものが多かった。とはいえ自家消費には問題ないレベルで、開いたものは刻んでコシアブラご飯も美味しい。タラノメもコシアブラも十分な量が採れたので、最後にシドケを探してみた。タラノメとコシアブラは日の当たる場所に生育しているが、シドケは半日陰の湿り気のある斜面に生えている。急斜面を下りていくと沢筋に採り頃のシドケがあった。こちらは誰も入った形跡は無い。シドケはデリケートなので、採り過ぎないよう注意が必要だ。独特の風味があり苦手という人もいるが、好きな人にとってはこれほど美味い山菜も無い。おひたしも良いが味噌漬けも美味い。その他には出始めたばかりのヤマブドウの芽を少々。ヨブスマソウもあったが、後で採ろうと思いながら忘れてしまった。数日中に時間を作って採りに行こう。春の山は楽しくもまた忙しい。

その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2016-05-04 01:16 | 山菜・木の実 | Comments(4)
2014年 05月 03日
春の山菜~その5(コシアブラ・ハリギリ・ヤマブドウの芽)
f0170180_19432364.jpg
今日は午後も遅くなってから標高700m程のところで山菜採り。タラノメはお目当ての場所が既にほとんど採り尽くされていてがっかり。まあ仕方ない。それでもあちこち探してそこそこの量は採れた。その他にはコシアブラとハリギリがどっさり。ハリギリは採る人がいないせいか手つかずのまま。新芽が出てきたばかりのヤマブドウの芽も少し採ってきた。

その他の画像

by torasan-819 | 2014-05-03 19:45 | 山菜・木の実 | Comments(4)
2013年 05月 12日
タラノメ・コシアブラ・ハリギリ
f0170180_042179.jpg


5月12日、標高700m辺りの山中にて山菜採り。
タラノメやコシアブラが最盛期を迎えていた。
こんな大物タラノメもどっさりある。

その他の画像

by torasan-819 | 2013-05-12 22:21 | 山菜・木の実 | Comments(13)
2012年 05月 14日
ワラビ・コシアブラ
f0170180_7595930.jpg


12日
田植えが早く終わったので、お袋を連れて裏山へワラビ採り。
軽トラで山道を登り、標高550mほどの採草地へ。
あるあるワラビがどっさり。
食べる分だけでいいのだが、採るのが面白くてついつい採りすぎてしまう。
ワラビは次々と生えてくるので、まだしばらくはワラビ採りが出来そう。

13日
今日も用事があり山スキーはお休み。
でも山は休みたくない(笑)
所用を済ませると午後も2時半から山に向かった。
毎年コシアブラ採りに行く自分のフィールドがあるのだが、今年はまだ行ってなかった。
途中で倒木がありしばらく歩くことになったがそれもまた楽しい。
今年は山菜も遅れていたので、ちょうど頃合いかと思っていたが少々大きくなりすぎていた。
発生が遅れてもその後は急速に追いつくようだ。
それでもあちこち歩き回ると結構いい具合のコシアブラをどっさり採ることが出来た。
やれやれまた誰かにあげなければ。

※地元でも放射能を気にして山菜は食べないという人がいる。しかし市の測定では、山菜はほとんど不検出(ゼロというわけではなく測定器の検出限界以下ということ)と発表されている。放射能は正しく怖がりたいものである。
 放射能測定結果はここ

その他の画像

by torasan-819 | 2012-05-14 07:37 | 山菜・木の実 | Comments(3)
2011年 05月 16日
タカノツメ・コシアブラ・ハリギリ
f0170180_21294943.jpg

時期的に少し遅くなったかもしれないと思いながら、自分だけの場所に行ってみた。
林道をかなり深く入っていくので、ここまで入ってくる人は少なく、コシアブラとタカノツメが豊富に採れる。
荒れた林道を入っていくと1台福島ナンバーの車があった。
しかし、山に入っていったら誰も採った形跡が無く、この春ここでコシアブラを採るのは自分が初めてのようだ。

トップの画像がタカノツメなのだが、特徴的な葉の開き方をするので覚えやすい。
天ぷらやおひたしが定番だが、ちょっと苦みがあるので天ぷらの方が食べやすいかもしれない。
コシアブラは大きくなったものが多く、1週間ほど遅かったようだ。
しかし、少々大きくなっても食べられるので、大量にコシアブラを採った。

その他には前記事にあるタラノメとハリギリも採れた。
タラノメは誰でも知っていると思うが、ハリギリはあまり知られていない。
ハリギリはアクタラとも呼ばれていて、タラノメよりアクが強いという人もいるが自分はタラノメより美味いと感じる。

実家にはヒメウコギが植えてあり、枝を1本折ってきてウコギご飯にした。
味は特にないが香りが良く、自分はおかずなしでいくらでも食べられるほど好きだ。
ところで、コシアブラ・タカノツメ・タラノメ・ハリギリ・ヒメウコギに共通していることがある。
すべて植物分類上ウコギ科になるのだ。
ついでにいえばウドもウコギ科なのだという。
かようにウコギ科の植物には山菜として好まれるものが多く、春に我々を楽しませてくれる。

他の画像はこちら

by torasan-819 | 2011-05-16 22:21 | 山菜・木の実 | Comments(4)