人気ブログランキング |
タグ:ヤマケイ ( 2 ) タグの人気記事

2014年 02月 21日
読書 「ヤマケイ入門&ガイド バックカントリー スキー&スノーボード」
f0170180_0175762.jpg

山と渓谷社の技術書とガイドブックが一体化した入門&ガイドシリーズの第4弾で、昨年11月に2,079円で購入した。
少しずつ読んでいたが、バックカントリーにおけるスキー&スノーボードの技術と知識をギュッとまとめた好書である。

63項目におよぶ技術解説は1項目が見開き2ページで、図解も豊富に使って上手くまとめられている。
また、ルートガイドも50エリアを収録してあり、まだ行ったことのないエリアをあれこれ想像してみるのも楽しい。

「入門&ガイド」というだけあって内容的には初~中級レベルなのだろうが、ベテランであっても初心に立ち返り読んでみる価値は大いにある。
技術解説編の最後の項目は「今、実践あるのみ」となっている。
本書をしっかり読み込んだなら、あとは実際のバックカントリーで実践すべしということなのだ。

by torasan-819 | 2014-02-21 00:24 | | Comments(3)
2013年 10月 02日
読書 「ヤマケイ入門&ガイド 沢登り」
f0170180_1543694.jpg

沢登り関係の出版物はそう多くないが、この本は今年4月の発刊で、その手の本の中では最新刊となる。
著者の手嶋氏は「童人トマの風」の代表だが、トマの風は言わずと知れた沢登りを主体とする山岳会だ。
自分にとっては憧れの山岳会で、記録を参考にさせてもらったりもしている(自分でも行けそうな沢だけだが)。
本書は沢登りの技術解説に加え、ルートガイドもなんと57本を収録しているので、技術解説部分にはそれほどページを当てられないだろうと思った。
しかし、コンパクトでありながら内容はギュッと核心を掴んだ解説で充実している。
さすがに沢登りの第一線で、数々の経験を積み技術を培ってきたトマの風であり手嶋氏と感じた。
そのうえ、文章から手嶋氏の沢登りに対する考えというか思想も伝わってくる。
沢登りの本ではあるが、久々に山を自然を愛する人間の、想いのこもった本を読んだという感じがした。

by torasan-819 | 2013-10-02 19:00 | | Comments(4)