人気ブログランキング |
タグ:一切経山 ( 5 ) タグの人気記事

2013年 10月 29日
吾妻連峰 東吾妻山での放射線量調査 ~ 2013年10月27日
f0170180_239828.jpg

兵庫県勤労者山岳連盟の18名の方々が、福島県の山の放射線調査支援に訪れた。東吾妻山、安達太良山、磐梯山の3つの山域に分かれて調査することになったので、お手伝いというほどでもないのだが、自分も東吾妻山での調査に同行させてもらうことにした。なお、この日の調査結果はここに掲載されている。各地点とも問題のないレベルであった。なお、福島登高会としては、2011年より継続して調査を行っている。
================================================================================
 山域山名   吾妻連峰 東吾妻山(1,974.7m) 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2013年10月27日(日)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    10名(L:和○さん・兵庫の方々6名・坂○さん・河○さん・トラ山)
 行程      浄土平駐車場8:20~吾妻小舎8:35~鳥子平9:20~景場平10:03~東吾妻山頂11:47~姥ヶ原12:27~
          酸ヶ平避難小屋13:00-13:30~一切経山14:05-14:12~酸ヶ平避難小屋14:38~浄土平駐車場15:22
 行動時間   7時間2分
 移動距離   12.3km (GPS計測)
 累積標高差 ±850m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-10-29 21:54 | | Comments(0)
2013年 01月 14日
吾妻山での冬山訓練合宿 ~ 2013年1月12日・13日(その2)
f0170180_2312433.jpg

その1より続く
午前5時半頃起床。夜は1~2度目覚めたような気がするがよく眠れた。自分の貧弱な寝袋を心配し、寒さ対策にホッカイロを2個仕込んだのが功を奏したようだ。以前より寒さに対しての抵抗力が、弱くなってきているような気がする。テン場の風は弱いが、上空では強いようで風のうなりが聞こえる。朝食は昨夜の残りスープに、ワカメご飯のアルファ米を投入。餅も入れてボリュ-ムを出し、梅干しをトッピング。これで担ぎ上げた食材をほぼ使い切った。今日は一切経山を目指すのだが、大○さんはテントキーパーとして残ると言う。一緒に行動できないのは残念だが、一切経山までは楽ではない行程なのでそれもやむを得ない。
===========================================================================
 山域山名   吾妻連峰 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2013年1月12日(土)・13日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      12日晴れ・13日晴れ(稜線は雲)
 参加者    5名(L:河○さん・大○さん・杉○さん・牧○さん・トラ山)
 行程      12日 駐車場8:43~除雪終了点9:04~磐梯吾妻スカイライン横断10:26~山鳥山12:37~テン場(湯ノ平)12:58
          13日 テン場7:49~井戸溝8:05~山荘分岐8:32~大根森9:14~五色沼大岩9:52~スキーデポ11:08~
          一切経山11:20-11:27~五色沼大岩12:54~不動沢右俣上部13:05~慶応吾妻山荘13:46~山荘分岐13:58~
          井戸溝14:04~テン場14:17-15:13~山鳥山15:22~旧吾妻スキー場トップ15:44~バニーハット跡16:43~駐車場17:22
 行動時間   12日 4時間15分 13日 9時間33分
 移動距離   12日 4.1km (GPS:記録間隔10m) 13日 14.6km (一部記録無しのため参考値)
 累積標高差 12日 +654m -23m (GPS:記録間隔10m) 13日 +855m -1,500m (一部記録無しのため参考値)
 装備      山スキー・冬季テント泊装備(ザック重量約20kg)
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-14 20:59 | 山スキー | Comments(4)
2013年 01月 14日
吾妻山での冬山訓練合宿 ~ 2013年1月12日・13日(その1)
f0170180_2223644.jpg

福島登高会では毎年1月に、冬季のテント設営と生活訓練を主目的とした訓練合宿を実施している。基本的にハードな山行は行っていない会だが、山スキーをやるうえで冬山訓練は欠かせない。今年も12日~14日で2泊3日の計画であったが、会員数が元々少ないうえに、社会人山岳会にありがちな各人の都合でさらに参加者が減ると、たちまち見直しを余儀なくされた。自分も昨年は都合により参加できなかった。それでも何とか12日13日の2日間での実施となった。参加者は5名で、その中では自分が一番経験が少ない。計画自体は昨年とほぼ同じで、12日は高湯温泉~山鳥山~テン場、13日はテン場~五色沼~一切経山~五色沼~慶応吾妻山荘である。昨年は一切経山へ向かったものの中退しているので、今年は再チャレンジというわけだ。
===========================================================================
 山域山名   吾妻連峰 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2013年1月12日(土)・13日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      12日晴れ・13日晴れ(稜線は雲)
 参加者    5名(L:河○さん・大○さん・杉○さん・牧○さん・トラ山)
 行程      12日 観光協会駐車場8:43~除雪終了点9:04~磐梯吾妻スカイライン横断10:26~山鳥山12:37~
          テン場(湯ノ平付近)12:58
 行動時間   12日 4時間15分
 移動距離   12日 4.1km (GPS:記録間隔10m)
 累積標高差 12日 +654m -23m (GPS:記録間隔10m)
 装備      山スキー・冬季テント泊装備
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-01-14 16:35 | 山スキー | Comments(6)
2012年 10月 16日
秋の吾妻連峰 東吾妻山から一切経山へ ~ 2012年10月15日
f0170180_22242799.jpg

======================================================================
 山域山名   吾妻連峰 東吾妻山(1,974.7m) 一切経山(1,948.8m)
 山行期間   2012年10月15日(月)
 山行形態   無雪期一般登山
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    単独
 行程      鳥子平登山口13:18~景場平13:35~東吾妻山頂14:15~鎌沼14:39~酸ヶ平分岐14:53~
          一切経山15:14-15:25~酸ヶ平分岐15:41~浄土平駐車場16:04
 行動時間   2時間46分
 移動距離   9.8km (カシミールで図上計測)
 累積標高差 +590m -630m (カシミールで図上計測)
 装備      日帰り軽装
======================================================================
15日は和○さんにNHKの取材撮影があり、吾妻浄土平周辺で行うということで手伝いに行った。登山道の放射線測定の状況を何箇所かで撮影し、鳥子平の湿地を最後に滞りなく終了。しかし、まだ時刻は午後1時過ぎ。せっかく来たので少し歩いてみることにした。浄土平周辺は観光地となっており、山登りを始める以前も含めて幾度となく訪れているが、実は登山道をほとんど歩いたことがない。数年前にスノーシューで一切経山から前大巓、鎌沼を歩いた程度だ。吾妻連峰は沢登りと山スキーで結構歩いているのだが、普通に登山道を歩くことはあまりしていないせいでもある。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-10-16 18:52 | | Comments(8)
2009年 04月 12日
一切経山 ~ 2009年4月11日
4月11日は吾妻連峰の一角、一切経山(1,948.8m)にスノーシューで登った。
8日に観光有料道路磐梯吾妻スカイラインが開通したので、標高1,575mほどの浄土平駐車場まで車で行ける。
通行料金が1570円で浄土平駐車場も410円なので計1980円、ちと高い。
でも下から登るとなるとスノーシューハイキングどころではなくなるので致し方なし。
しかも今年は積雪が少ないし雪解けもかなり早いので、この機会を逃すともうスノーシューでは歩けなくなるかもしれない。
同行者はスノーシューが今年2回目となる友人のベンチさん。
距離も標高差もほどほどなのでベンチさんにも楽しんでもらえるだろう。
f0170180_1655094.jpg


続きます

by torasan-819 | 2009-04-12 15:13 | スノーシュー | Comments(2)