人気ブログランキング |
タグ:吾妻山 ( 63 ) タグの人気記事

2020年 10月 25日
吾妻山・中津川 ~ 2020年10月18日~19日
吾妻山・中津川 ~ 2020年10月18日~19日_f0170180_01114303.jpg

8月に中津川を遡行した。雨と増水で苦労したこともあり、ある意味達成感と充実感のある遡行であった。しかしやり残した感もまたあった。滝の高巻きでのルートファインディングミスと見ることが出来なかった滝があったことによる。そのような訳で秋には中津川を再訪したいと考えたのだ。しかし2泊3日の沢登りに付き合ってくれるパートナーは簡単には見つからない。1泊2日でも遡行は可能だが日の短い秋は行動時間的に厳しい。頑張って何とかできる年齢でもないので少しでもアクシデントがあれば結局3日間になってしまう。そこで大滝の連なる中流域だけを2日間で遡行することを思いついた。



山域山名 吾妻山・中津川
山行期間 2020年10月18日(日)~19日(月)
山行形態 沢登り
天候 18日晴れのち曇り 19日雲り
参加者 2名(L:トラ山・O島)
行程 18日 中津川レストハウス9:04~登山口9:49~吾妻山神社12:30-13:40~権現沢13:47~中津川出合15:12~神楽滝15:20~神楽滝高巻き15:27-16:02~夫婦滝16:03~静滝16:11~熊落滝16:35~テン場16:43
 19日 テン場7:00~高巻き開始7:02~不忘滝観瀑7:58-8:22~中津川(不忘滝落ち口)8:35-8:50~筋滝9:09~朱滝10:33~高巻き10:54-11:35~ヤケノママ12:20-12:32~二俣13:03~尾根乗越地点14:25~大倉川出合15:19~登山道15:53~谷地平避難小屋16:24~姥ヶ原分岐17:33~兎平駐車場18:24
行動時間 18日7時間39分 19日11時間24分 計19時間3分 移動距離 18日9.5km 19日14.4km 計23.9km
標高 最低点816m 最高点1,780m 装備 ロープ30m×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-10-25 20:39 | 沢登り | Comments(7)
2020年 10月 09日
一切経山(シモフリ新道) ~ 2020年10月4日
一切経山(シモフリ新道) ~ 2020年10月4日_f0170180_13134270.jpg

これまで福島登高会では会として取り組む山行といえば、合宿と沢登り講習会くらいのものであり、あとはほとんどが個人山行であった。しかし、時代とともに会員も高齢化し取り巻く環境も変化している。特に今年は新型コロナという想定外の事態により、会員の山行も大きな制限を受けることとなり活動量が減少していた。制限も解除となり山登りに弾みをつけようと、これまでやったことのなかった月例山行を試験的に企画してみた。参加者は10名となったが30代から70代までと幅広い。毎週のように山歩きしている人にだいぶご無沙汰の人と様々だ。余裕のある計画が必要だがあまりにも普通の山では面白くない。会員でもまだ歩いた人が少ないシモフリ新道からの一切経山とした。



山域山名 吾妻山 一切経山(シモフリ新道)
山行期間 2020年10月4日(日)
山行形態 一般登山
天候 曇り
参加者 10名
行程 不動沢登山口7:20~賽河原7:54~不動沢徒渉点8:38~新道・駱駝尾根分岐9:28~駱駝山10:00~一切経山11:17~鎌沼・昼食12:18-12:54~浄土平13:44=不動沢登山口14:00
行動時間 6時間24分 移動距離 10.1km 累積標高差 +986m -554m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-10-09 18:56 | | Comments(0)
2020年 09月 20日
吾妻山神社 ~ 2020年9月19日
吾妻山神社 ~ 2020年9月19日_f0170180_03185500.jpg

吾妻山の地形図を見ると中吾妻山の西側に延びている道の北端に吾妻山神社とある。こんな山中深くにあることに興味をひかれ、いつか辿ってみたいと思っていたが、今回予定がぽっかりと空いたので急きょ歩いてみることにした。吾妻山神社についてはそこそこ記録があり、登山口までのアプローチは中津川レストハウスからと金堀地区の林道からとふた通りあることが分かった。金堀地区からの林道でアプローチすることにして向かうと、林道は伐採作業中で徒歩でも通れないということが分かり引き返すことになった。そういえば今日は土曜日だ。日曜日は作業がないので徒歩で通れるということだが、登山口までは林道のゲート手前に車を止めて小一時間の歩きとなるようだ。


山域山名 吾妻山神社
山行期間 2020年9月19日(土)
山行形態 一般登山
天候 曇り時々晴れ
参加者 単独
行程 中津川レストハウス10:44~登山口11:40~奥姥神13:49~奥の院14:11-14:30~奥姥神14:54~登山口16:23~中津川レストハウス17:00
行動時間 6時間16分 移動距離 15.0km 累積標高差 ±1,120m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-09-20 05:32 | | Comments(0)
2020年 08月 15日
吾妻山・中津川 ~ 2020年8月8日~10日
吾妻山・中津川 ~ 2020年8月8日~10日_f0170180_23174763.jpg


吾妻山の沢は数々あるが、渓谷の大きさや遡行の長さと滝などにより三大渓は松川と塩ノ川に中津川ともいわれている。その中でも中津川は最も古典的なルートであり、その昔は軌道跡の登山道が左岸についていてルートも整備されていたので良く遡行されていたようである。自分は中津川を2014年7月に一度遡行しようとしたのだが、アクシデントにより中途退却したままとなっていた。松川と塩ノ川は遡行しているので、次は中津川とそれ以来思っていたのだが、なかなかタイミングを掴むことができずに時間ばかり過ぎてしまった。先月Tくんと話していると彼が中津川の遡行を考えていることを知り、とんとん拍子に2人で行くことになった。中津川は2日で遡行しているパーティーもあるが計20時間以上の行動時間が予想される。自分の年齢と雨の可能性も考えると3日間の日程が望ましい。3日間なら朝自宅を出てから帰宅までを8/8~8/10の連休で完結できる。そう決めたものの天気が不安定で予報も毎日変化する。前日までやきもきしながら悩んだが、初日の雨さえしのげばそれ以降は回復するように思えたので決行することにした。撤退もしくはエスケープも覚悟のうえである。



山域山名 吾妻山・中津川
山行期間 2020年8月8日(土)~10日(月)
山行形態 沢登り
天候 8日曇りのち雨 9日雲り一時雨 10日晴れ
参加者 2名(L:トラ山・T葉)
行程 8日 中津川レストハウス9:48~入渓9:55~白滑八丁10:24-10:59~魚止の滝11:43~取水堰12:53~観音滝14:06~テン場14:21
   9日 テン場8:20~神楽滝10:34~夫婦滝13:08~静滝13:45~熊落滝14:11~テン場16:56
   10日 テン場6:00~朱滝6:15~ヤケノママ8:09~登山道12:02-12:21~西吾妻山13:06~西大巓13:53-14:10~ゴンドラ駅15:43~グランデコ駐車場16:50=中津川レストハウス17:40
行動時間 8日4時間33分 9日8時間36分 10日10時間50分 計23時間59分 移動距離 8日6.2km 9日4.1km 10日14.5km 計24.8km
標高 最低点785m 最高点2,035m 装備 ロープ30m×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-08-15 00:30 | 沢登り | Comments(2)
2020年 08月 07日
吾妻山・不動沢(高湯から不動沢橋まで)~ 2020年8月2日
吾妻山・不動沢(高湯から不動沢橋まで)~ 2020年8月2日_f0170180_17011431.jpg

近場の沢登りということで吾妻の不動沢へ。高湯温泉から不動滝までなら半日遡行が可能で、暑い日の水遊びには手ごろである。しかし、それでは沢登りとしてもメンバー的にもちょっと物足りない。不動滝から上流は自分も含めてメンバー全員遡行したことが無いので、良い機会と思い磐梯吾妻スカイラインの不動橋までの計画とした。



山域山名   吾妻山・阿武隈川水系須川支流 不動沢
山行期間   2020年8月2日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    4名(L:トラ山・S木・N山・T葉)
行程     駐車場7:45~入渓8:04~7m滝8:27~不動滝10:03~熊滝11:34~不動沢橋下12:31~展望所12:52~駐車場14:00
行動時間   6時間15分
移動距離   6.4km
標高     最低点680m 最高点1,200m
装備     日帰り沢装備 ロープ30m×1・20m×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-08-07 08:04 | 沢登り | Comments(0)
2020年 07月 24日
吾妻・三代道沢(藤右ェ門沢)左俣左沢 ~ 2020年7月24日
吾妻・三代道沢(藤右ェ門沢)左俣左沢 ~ 2020年7月24日_f0170180_10125263.jpg

会の古い記録を見ていると吾妻山の三代道沢が目に留まった。1977年から1979年にかけて右俣、左俣右沢、左俣左沢が遡行されている。三代道沢は大樽川の支流のひとつで現在の地形図では藤右ェ門沢と記載されている。しかも、右俣上流は小和須知沢と記載されている。会長に聞いてみると当時の記録で三代道沢とされているのは、現地での聞き取りによるものだったとのこと。会長は当時の遡行メンバーのひとりでもある。前回の横川と温海沢もそうだが沢の名前は難しい。同じ沢が上流下流で名前を変えることは当たり前で、地形図に表記されている沢名が必ずしも上流までそうだとは言えない。複数の名前がある沢もあり「正しい」名前も複数あるといえる。今回は三代道沢(藤右ェ門沢)として整理することにした。さて、沢を地形図で追ってみると右俣に比べて左俣はその半分ほどである。よって集水域も狭いかなりコンパクトな沢のように思われる。しかし、記録には大きな滝がいくつもかかるとのことで、面白そうな沢との印象だったので遡行してみることにした。


山域山名   吾妻山・大樽川支流三代道沢(藤右ェ門沢)左俣左沢
山行期間   2020年7月24日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    2人(L:トラ山・S木)
行程     若女平登山口8:59~入渓9:01~二俣(左俣へ)9:47~二俣(左沢へ)10:08~枯れ沢12:17~ゲレンデ13:35-13:55~
       ロープウェー駅14:11~若女平登山口14:58
行動時間   5時間59分
移動距離   7.8kⅿ
標高     最低点855m 最高点1,595m
装備     ロープ 30ⅿ×1・20ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-07-24 20:32 | 沢登り | Comments(2)
2020年 04月 18日
吾妻山・前大巓 ~ 2020年4月17日
吾妻山・前大巓 ~ 2020年4月17日_f0170180_09253014.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2020-04-18 06:30 | 山スキー | Comments(0)
2019年 08月 17日
吾妻山・シモフリ新道(駱駝山まで)~ 2019年8月15日
吾妻山・シモフリ新道(駱駝山まで)~ 2019年8月15日_f0170180_07212778.jpg

午後から時間が空いたのでK藤を誘って吾妻のシモフリ新道を歩いてみた。シモフリ新道は地形図にも記されているが長らく廃道状態だった。それを近年再整備に尽力された人達がいて歩くことができるようになった。とはい目印は最小限で不明瞭なところもあり、誰でも歩ける道とは言えない。整備された登山道しか知らない人だけで歩くのは危なっかしい。そんなシモフリ新道だが新鮮な風景が広がり静かな山歩きが楽しめる。そう期待して行ったわけだが思ったより台風の影響が早かった。駱駝山に近づいたころには風がかなり強くなり、体があおられて尾根歩きが危なっかしくなってきた。一切経山まではさらに強くなると思われたので引き返すことにした。また日を改めて登りに来ることにしよう。



山域山名   吾妻山 駱駝山(1,704m)
山行期間   2019年8月15日(木)
山行形態   一般登山
天候     晴れ時々曇り
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     不動沢登山口12:45~賽河原13:09~駱駝山14:37~水場12:25~賽河原16:02~不動沢登山口16:25
行動時間   3時間40分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測



by torasan-819 | 2019-08-17 07:19 | | Comments(0)
2019年 06月 07日
家形山 ~ 2019年6月2日
家形山 ~ 2019年6月2日_f0170180_00454907.jpg


毎年恒例の清掃登山だが開催日が6月第2日曜日ということで、これまでは地域の行事と必ず重なり参加できなかった。今年は日程が変更になったので、初めての参加となった。コースは高湯温泉から家形山のピストンだが、ゴミは本当に少なかった。比較的地味なルートということもあるが、以前より全般的に登山者のマナーも良くなったような気がする。上の画像は魔女の瞳とも呼ばれている五色沼だが、吾妻山は5月9日に噴火警戒レベル2になり、現在は一切経山側から見ることができない。見たい方はこちら側から是非どうぞ。
※今回はカメラを忘れてしまい画像なしです


山域山名   家形山(1,877m)
山行期間   2019年6月2日(日)
山行形態   一般登山(清掃登山)
天候     晴れ
参加者    10人
行程     遊歩道駐車場8:35~賽河原9:40~慶応吾妻山荘分岐10:25~家形山11:50-12:00~遊歩道駐車場14:00
行動時間   5時間25分
移動距離   12.2km(参考)
累積標高差  ±1,060m(参考)


家形山 ~ 2019年6月2日_f0170180_01162572.jpg


by torasan-819 | 2019-06-07 01:12 | | Comments(0)
2018年 03月 07日
今季2回目の西吾妻山・若女平コース ~ 2018年3月3日
今季2回目の西吾妻山・若女平コース ~ 2018年3月3日_f0170180_16150703.jpg


このところ仕事で帰宅が遅い日が続いていた。自分で言うのもなんだが、これでも結構仕事人間だったりする。忙しくなっても、休日も午前は山で午後から仕事というように工夫して山に登った。山に登ればストレス発散して気分一新、仕事に取り組む気力も蘇ってくるのだ。しかし、この頃は気疲れする仕事も多くなり、土曜日は休みたいと思うことが多くなったのも事実だ。3月3日の土曜日は久しぶりにゆっくり休もうかとも思ったが、やはりじっとしていられない。会長が吾妻山の若女平下りを計画していたので、加えてもらうことにした。自分で計画してメンバーをまとめるのは時間もかかるので助かる。若女平は今年2回目になるが、1回目の1月13日は底なしのような深雪に苦労し、ヘッデンを点けて午後8時半過ぎにやっと下山した。その時大変な苦労をしたK玉さんも今回参加するのだが、3月ともなるとさすがに雪は締まっているので大丈夫だろう。


山域山名   吾妻連峰 西吾妻山(2,035m) 若女平コース
山行期間   2018年3月3日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    6人(L:和◯・S藤・N井田・F田・K玉・トラ山)
行程     天元台湯元駅8:26-8:40=しゃくなげリフト終点9:07-9:15~ゲレンデトップ9:50~凡天岩10:38~西吾妻山10:56~
       西吾妻小屋11:19-11:49~若女平13:03~細尾根13:20~小坂13:42~西吾妻スカイバレー14:14
行動時間   4時間59分
移動距離   9.2km
累積標高差  +456m -1,226m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-07 07:33 | 山スキー | Comments(0)