タグ:吾妻山 ( 53 ) タグの人気記事

2012年 03月 19日
クラシックルートを行く 吾妻山 五色温泉 ~ 2012年3月11日 (後編)
f0170180_1784012.jpg
======================================================================
山域山名   吾妻連峰 吾妻山 五色沼(1,810m)
山行期間   2012年3月11日(日)
山行形態   山スキー
天候      晴れのち曇り
参加者    2名(L:佐○さん、トラ山)
行程      福島7:30=除雪ゲート前7:10-7:24~スカイライン横断8:27~水飲場8:41~山鳥山9:37-9:48~井戸溝10:17~
         慶応吾妻山荘分岐10:41-10:45~大根森11:14~五色沼・大岩11:40~ガンチャン落とし上部11:57-12:15~
         家形山避難小屋12:27-12:48~東海大緑樹山荘14:52-14:58~四郎右ェ門沢横断16:20~1077mとのコル18:14~
         五色温泉20:07
行動時間   12時間43分
移動距離   15.9km (GPS計測)
累積標高差 +1,287m -1,315m (カシミール計測)
======================================================================
前編より続く
呼びかけた声に反応がない。正直焦った。再度呼ぶとやっと声が返ってきた。大丈夫か確認すると、ケガもなく穴にも落ちなかったようだ。ホッと胸をなで下ろす。ケガをしていたらなどど、いろいろなことが脳裏をよぎったがともかくひと安心。佐○さんがスキー1本を持ち、キックステップで登り返してくる。こちらはスキー3本を持ち先行して登る。勾配が緩くなったところでひと息つき、和○さんに無線で状況報告をする。さらに上へと登山道の辺りまで登る。沢からだと100m近く上がったので佐○さんはキツかっただろう。登り上げて一息つくと時刻は14:25。このルートミスで1時間近くロスしてしまったようだ。しかし、計画にはかなり余裕を持たせていた(と思っていた)ので、この後にミスしなければ大丈夫だろうと、まだこの時は考えていた。しかしその考えは甘かったことを、やがて思い知ることになる。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-03-19 05:19 | 山スキー | Comments(16)
2012年 03月 16日
クラシックルートを行く 吾妻山 五色温泉 ~ 2012年3月11日 (前編)
f0170180_16394286.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻連峰 吾妻山 五色沼(1,810m)
山行期間   2012年3月11日(日)
山行形態   山スキー
天候      晴れのち曇り
参加者    2名(L:佐○さん、トラ山)
行程      福島7:30=除雪ゲート前7:10-7:24~スカイライン横断8:27~水飲場8:41~山鳥山9:37-9:48~井戸溝10:17~
         慶応吾妻山荘分岐10:41-10:45~大根森11:14~五色沼・大岩11:40~ガンチャン落とし上部11:57-12:15~
         家形山避難小屋12:27-12:48~(続く)
行動時間   ?
移動距離   ?
累積標高差 ?
======================================================================
吾妻連峰には多くの山スキールートが存在する。日本の山スキーの草創期といえる1920年代後半から、東京の大学山岳部などが五色温泉を拠点にし、ツアーを行うようになったのだという。しかし、以前はもてはやされたルートであっても、時代の移り変わりと共にほとんど使われなくなり、もはや完全に失われてしまったルートもある。今では五色温泉からツアーをしようなどという人は皆無だろう。なお、五色温泉は古い温泉であり華やかな時代もあったようで、その歴史を調べてみると興味深い。五色温泉から家形山へは登山道が延びているが、スキールートは登山道をある程度なぞりながらも、随所にスキーなりの線形となっていたようだ。家形山の東側には「ガンチャン落とし」という斜面があり、その名称に興味が湧き一昨年から滑ってみたいと思っていたのだが、クラシックルートを知ったことにより、どうせならガンチャン落としから五色温泉まで下りてみようと考えた。ネットで探しても近年このルートに踏み込んだ記録は、我が会の2009年の記録のほかには1件しか見あたらなかった。ネットに記録がすべてアップされるわけではないが、いずれにしても訪れる人は極端に少ないのだろうと思われた。そんなルートなので、事前調査のつもりもあり昨年11月20日に登山道を歩いてみたが、登山道でさえ自然に還りつつあるような状態だった。2009年にこのルートを下りた和○さんにこの計画を話していたところ、付き合ってもらえることになり11日の計画となった。これでルートの不安は解決されたと大船に乗ったような気になっていたところ、急に和○さんが行けなくなり佐○さんと自分の2名パーティーとなってしまった。和○さんから2009年のGPSデータはもらったが、山の状態は行ってみなければわからない。家形山から五色温泉まで7km以上にもなるルートを下り始め、家形避難小屋を過ぎれば、何かあったとしてもエスケープルートは無いのだ。救いは今日の天気予報が晴れで、風も穏やかということ。天候が原因で足が止められる心配は無さそうだ。よし大丈夫だろうと自宅を出たが、その時は今日のツアーが困難なものになるとは想像もしていなかった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-03-16 01:42 | 山スキー | Comments(5)
2012年 01月 29日
あえなく敗退の天元台若女下り ~ 2012年1月28日
f0170180_1725010.jpg

今シーズンはまだ日本海側に足を踏み入れていない。今週末も日本海側は雪の予報だったが、まだ滑ったことのない天元台から若女平下りのルート状況を見に、和○さんと2人で行ってみることにした。ロープウェイとリフト3本を乗り継いで、標高1820mの天元台高原スキー場トップへ。雪はサラサラと降り続いているが、風はそれほど強くない。ホワイトアウトではないが、視界はあまり良くない。斜面にトレースは皆無で、今日は誰も上に向かっていないようだ。シールを付けて登り出すが、降り積もった雪は柔らかく、スキーでも膝上まで沈んでしまう。雪と格闘するがなかなか登れない。ストックを突くとずぶずぶと1本分潜ってしまい支えにならない。同行の和○さんは先に行ってしまった。そのうち左のシールが剥がれてしまうトラブル発生。そういえば一昨年シール剥がれのトラブルがあったのも、この天元台から歩いているときだった。-15度以下と思われる気温も影響しているだろう。スキーを外すとたちまち胸まで沈んでしまうのに驚く。とりあえずシールをジャケットの懐に入れて暖める。戻った和○さんと相談する。今日の雪では登りだけでなく下りもラッセルになるだろうから2人では困難ということ、シールの不安があること、だいぶ時間も押していること、視界もあまり良くないことから、潔く撤退することになった。いくらも歩いていないのは残念だったが、山を相手にしていればこんな日もある。ハンドテストをしてみると一気に降り積もった雪がほとんど抵抗無く滑る。うかつに斜面にスキーで切り込んでいけば雪崩れる可能性も高い。しばらくラッセル訓練をした後、パウダースノーのゲレンデを滑り降りる。トップから下のロープウェイ駅までは6キロあるというが、滑ればさほどの時間もかからない。雪が落ち着いたらまた来てみよう。

その他の画像(たいした画像はありません)

by torasan-819 | 2012-01-29 17:47 | 山スキー | Comments(16)
2012年 01月 16日
山スキーで吾妻山・五色沼へ ~ 2012年1月9日
f0170180_5295749.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻連峰 吾妻山 五色沼(1,810m)
山行期間   2012年1月9日(月)
山行形態   山スキー
天候      曇り時々晴れ
参加者    単独(五色沼で合宿の4人と合流)
行程      除雪終了点8:21~スカイライン横断9:13~水飲場9:19~山鳥山10:07~井戸溝10:30~慶応山荘分岐10:50-11:00~
         大根森11:33~五色沼12:13~不動沢右俣上部13:23~慶応吾妻山荘13:54~慶応山荘分岐14:22~
         ~井戸溝14:27~テント撤収~山鳥山15:27~旧吾妻スキー場トップ15:37~除雪終了点16:14
行動時間   7時間53分
移動距離   13.3km(GPS計測)
累積標高差 ±1,270m(GPS計測)
======================================================================
いろいろあって1ヶ月も山から遠ざかってしまった。3連休もダメかと思っていたが9日だけ時間が取れた。角膜感染症の右目はだいぶ良くなってきたが、まだ少し白く濁って見える。普通なら大人しくするべきなのかもしれないが、山の澄んだ空気はかえって目に良いかもしれないと自分に都合よく考えた。8~9日はの冬合宿が行われているが、自分は参加出来なかったので、その後を追いかけることにして急ぎ単独行の計画書を作成し前夜提出した。天気も安定しているようだし、上手くすればどこかで追いつけるだろう。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-01-16 22:33 | 山スキー | Comments(17)
2011年 02月 14日
吾妻山・不動沢右俣 ~ 2011年2月13日
f0170180_336486.jpg

======================================================================
山域山名   吾妻連峰 吾妻山 五色沼(1,810m)
山行期間   2011年2月13日(日)
山行形態   山スキー
地形図    土湯温泉・板谷・吾妻山
天候      曇り時々晴れ
参加者    3人(L:河○さん、佐○さん、トラ山)
行程      除雪終了点8:36~スカイライン横断9:32~水飲場9:41~賽ノ河原10:24~山鳥山10:42~井戸溝11:14~
         慶応山荘分岐11:32~五色沼12:36~不動沢右俣上部12:57~慶応山荘13:40-14:28~慶応山荘分岐14:36~
         井戸溝14:44~山鳥山14:54~旧あづまスキー場トップ15:00~バニーハット15:23~除雪終了点15:54
行動時間   7時間18分
移動距離   13.0km
累積標高差  +1,124m 約-1,124m
======================================================================
河○さんが吾妻山の不動沢右俣に行く計画を立てていたので、パーティーに入れてもらうことにした。不動沢右俣は昨シーズンに2回登っている。今年は雪の量も多いだろうし昨日も降っているだろうから、ラッセルの状況によっては慶応山荘までになるかもしれないと河○さんは考えていたようだ。高湯温泉から磐梯吾妻スカイラインへとつながる県道70号にあるチェーン脱着所に集合。乗り合わせて高湯温泉を目指して車を走らせる。高湯温泉からスカイラインの料金所を過ぎると、昨日降った雪がまだ除雪されていない。20センチ程度なので4躯の我々はそのまま除雪終了点へと向かう。除雪終了点には既に1台の車があったが、積もった雪からすると昨日あたり入山したようだ。除雪車が入った時に邪魔にならないようにギリギリまで路端仁寄せたらスタックしてしまった。大したスタックではないが、脱出に少々時間を食ってしまう。そんなわけで準備をして雪が少し降っている中をスタートしたのは8:36だった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-14 22:24 | 山スキー | Comments(10)
2011年 02月 05日
西吾妻山・二十日平 ~ 2011年2月4日
f0170180_2210617.jpg
======================================================================
山域山名   吾妻連峰 西大巓(1,981.8m) 西吾妻山(2,035m)
山行期間   2011年2月4日(金)
山行形態   山スキー
地形図    吾妻山
天候      晴れ(山頂はガス)
参加者    5人(L:和○さん、佐○さん、河○さん、長○さん、トラ山)
行程      グランデコ駐車場8:35=リフト終点9:23~西大巓10:46~西吾妻小屋11:48-12:10~西吾妻山12:22-12:38~
         中ノ沢渡渉点14:17~グランデコスキーセンター14:34
行動時間   5時間11分
移動距離   10.0km
累積標高差  +720m -1,280m
======================================================================
福島市内の集合場所には、私にしては珍しく一番乗り。4人で乗り合わせてグランデコスノーリゾートへと向かう。今日の天気予報は曇りだが、道すがら眺められる東吾妻山、安達太良山はクリアーに見えている。しかし土湯峠を越えると天気が変わるのはよくあること。ところが峠を越えても空は青く、磐梯山がクッキリと見えてきた。裏磐梯で長○さんと合流。長○さんは山スキーを始めたばかりで今日で3回目。そういえば昨年、私が和○さんに今日と同じルートに連れてきて貰ったときも3回目だったことを思い出す。昨年は登りは良かったのだが、西吾妻山からいざ滑ろうという頃にホワイトアウトになり初心者の私は結構大変だった。さて今回はどんな山スキーになるだろうか。

続きはこちら

by torasan-819 | 2011-02-05 22:17 | 山スキー | Comments(4)
2010年 09月 07日
姥滝沢で大人の水遊び ~ 2010年9月5日
f0170180_20423934.jpg


9月5日は姥滝沢の沢登り。おなじみのナマステさんが毎年(6回目とか)姥滝沢に来ているようで相乗り企画とした。ナマステさんパーティーは5人。こちらは4人。大きな違いは向こうは女性が2名だということ(笑)

合計9人だが、そのうちなんと7人はブロガーなのだ!こちらの4人は全員がブロガーだし。愉快な面々で始めから終わりまで笑いが絶えない沢登りとなった。姥滝沢のように明るい沢には賑やかな沢登りがピッタリだ。たまにはこんな沢登りもいいね。

皆さんブログへのアップが早いこと。
遅筆の私はとりあえず画像だけアップしよう。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-09-07 20:27 | 沢登り | Comments(8)
2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その2)
f0170180_21181426.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

その1からの続き=

作る雪洞は横穴式なので、まず斜面を身長くらいまで掘り下げる。
掘り下げる幅は雪洞の収容人数により変わるが、この日は5mくらいだった。

それから左右に離して2箇所横穴を掘る。
この横穴は雪洞の入口になるが、大きすぎない程度にする。
2mほど横に掘り進んだら、今度は左右の穴をつなげるため90度横に掘り進める。

貫通したら内部を人数に合わせて広げるとコの字形の雪洞になる。
片方の横穴ををツェルトかシートでふさぎ入口とし、もう片方を雪のブロックでふさげば完成だ。
書いてしまうとこんな具合だが、イメージしたようには掘れず計画は変更を余儀なくされた。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-30 21:18 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その1)
f0170180_862168.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

3月20日からの3連休は雪洞訓練が福島登高会の山行として計画されていた。
2泊3日の山行で20日に横穴式、21日に竪穴式の雪洞を予定している。
まだ雪洞経験が無い自分はなんとしても参加したかった。
仕事やら何やらやりくりして参加することに。
家族よスマン(笑)

当初の案では天元台から東大巓、家形山から高山を経て土湯までの縦走となっていた。
しかし天気予報で21日は大荒れの天気になるといっている。
そのため荒天時のエスケープを考え、高湯~五色沼~高山~土湯のいわゆる高山下りルートに変更となった。
山行自体を中止にはせず、荒天時は荒天時なりの対処を考えるのも登山ということなのだ。
いざとなれば20日も21日も山小屋に避難できるルートになっている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-30 07:02 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 06日
吾妻山(天元台・大沢下り) ~ 2010年2月28日
f0170180_1016428.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月28日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    8名(L:和○さん・小○さん・河○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・加○さん・オイラ)
行程      天元台湯元駅8:55=天元台駅=リフト終点9:31-9:43~人形石10:23-10:34~明月荘11:45-12:10~
         渋川13:13-13:25~砂盛13:36-13:50~吾妻山麓放牧場14:49~大沢・大小屋15:16=天元台
行動時間   5時間33分
移動距離   17.9km (沿面距離)
累積標高差 +489m -1,882m (GPS計測)
============================================================

28日は2周続けての天元台へ。
この日は大沢下りコースだが、もちろん初めてのコース。
早朝、加○さんを乗せ出発して少したってオーバーズボンを履いてこなかったことに気づく。
すぐ自宅に戻りオーバーズボンを履いたが、こんなことは初めてだ。
途中で他のメンバーと待ち合わせ、計4台で向かう。
デポ車が必要なので、8人だと4台になってしまうのだ。
天候は曇りだが、予報では回復傾向にあるらしい。
山だから風とガスさえ無ければ儲けものという気持ちでいればいい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-06 10:49 | 山スキー | Comments(10)